Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その43 朝食でアレを発見!

朝スノから帰り、シャワーを浴びて、爆睡している主人を起こして、
朝食に出かけます。
1年に1度しか来られないモルディブで、よくそんなに爆睡できるもんだ。
わたしなんて、もったいなくて、起きていられるものならずーっと起きていたいよ。

c0147790_14245664.jpg

今日もOceanにやってきました。

c0147790_14245624.jpg

今日も外の席に案内してもらいました。

c0147790_14245686.jpg

朝は曇っていたけど、いいお天気になりました。


あ、ところで書き忘れましたが、
本当は今日は午前2本ダイビングの講習があるはずでした。
ところが、昨夜ディナーの前にミチさんから電話がかかってきまして、

「申し訳ありません。明日午前2本の予定でしたが、
 急にプライベートスノーケリングの予定が入って、ボートが使えなくなりました。
 午後に1本だけに変更させていただけませんか?」

ということだったので、14時から「ナチュラリスト」の講習をすることになりました。
なので朝はゆっくりと食べることができます。

c0147790_14250263.jpg

すぐにジュースボーイがやってきて、本日のジュースを紹介してくれます。

c0147790_14250232.jpg

これはビーツとジンジャーとマンゴーのミックスだったかな?


お姉さんがオーダーのメニューを持ってきてくれました。

c0147790_14245791.jpg

c0147790_14245737.jpg

すごいでしょ? Buffetのほかに、こんなに種類があるのよ。
コーヒーだけでも7種類もあって、ここは都会のカフェですかい? って感じ。

c0147790_14250465.jpg

わたしは紅茶が好きだけど、主人はこれを頼みました。


で、今日はダイビングのことを気にしなくていいので、お腹いっぱい食べてみようか、と思い、
卵料理もオーダーすることにしました。

c0147790_14251359.jpg

c0147790_14251364.jpg

主人の目玉焼きと、わたしのエッグベネディクト。


で、Buffetをとりにいこうと席を立ったら、
隣のテーブルのおじさんが、なななんと、ピンクの泡を飲んでいます。
昨日も一昨日も、朝シャンはないのか!?と探したけど、Buffetの中には見当たらなかったので、
ミライドゥには朝シャンはないんだと思っていましたが。
(いや、あってもダイビングが午前中にある日には飲めないんですが)


主人に
「ちょっと! あのおじさんを見て! ロゼのシャンパン飲んでるよ!」
と耳打ちしたら、
「ほんとだ。どこにあるんだろう!?」

とおバカな夫婦で目を皿のようにして探したあげく、
Buffetとはちがうところに置いてありました。

c0147790_14250295.jpg

こんなところに!!

さっそくスタッフに「ロゼを2杯おねがいね♡」

c0147790_14250309.jpg

c0147790_14250317.jpg

朝シャンがあるなら、今日はチーズもいろいろと持ってかなくっちゃね。
生ハムもね。

c0147790_14250448.jpg

c0147790_14250380.jpg

というわけで、いつもにも増して「こんなに朝から食べるんかい!」という量になってしまいました。

c0147790_14251488.jpg

はい、乾杯。

c0147790_14251339.jpg

青い海をバックに、朝からシャンパン。最高です。
人生には、たまにこういう日がないとね。


スタッフが

「おはようございます。元気ですか?
 昨夜はすごい雨と風だったけど、雨が降り始める前にディナーが終わって、よかったですね」

って言うの。
こういうこと言われると、心をぎゅっとわしづかみにされちゃいますよね。
ゲストひとりひとりをケアしてますよ、って感じで。惚れてまうやろ。
そういうところ、ちょっとアマンちっくです。


1時間以上、ゆっくりと朝食を食べて、
(もちろんシャンのおかわりをし)、お部屋に帰りました。

c0147790_14251444.jpg




# by powderblueY | 2017-05-30 14:52 | 2017 Maldives | Comments(0)

Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その42 朝スノ

さて、朝スノです。
マスク・スノーケルとフィン、カメラを持って、裸足で出かけます。
今日はスパの横からエントリーして、南に流してみることにしました。
つまりビーチヴィラの並んでいる沖合いです。

c0147790_15152804.jpg

ドロップオフに出るまでの間にも、いろいろいます。

c0147790_15152415.jpg

これは親のムスジだし、

c0147790_15152429.jpg

これは子供のムスジね。

c0147790_15152444.jpg

子供のムスジは色や模様が幼い感じで、かわいいよね。
でもこれはだいぶ成人に近づいている感じ。ジロくらいかな。

c0147790_15152388.jpg
ニシキヤッコって、尻尾は黄色いのね。なんか意外。今まで青だと思っていた。

c0147790_15154078.jpg

お、いるいる。

c0147790_15154194.jpg
c0147790_15154522.jpg

c0147790_15153551.jpg

これはガードナーズバタフライフィッシュ? ホンソメワケベラにつきまとわれています。

c0147790_15154605.jpg

これはマダラタルミの幼魚だよね。親と全然ちがう模様。
親はちょっとオネエ系で、人なつっこくて、じっとこっちを見ていたりする。

c0147790_15154600.jpg

コラーレバタフライフィッシュが現れました。

c0147790_15154000.jpg

c0147790_15155189.jpg

c0147790_15155194.jpg

c0147790_15154741.jpg

これも会えるとうれしいモルディブの魚です。


c0147790_15155205.jpg

ビーチヴィラが途切れるあたりまでドロップオフを泳ぎ、
この向きは流れに乗れるので楽チンだわと思いつつ、浅瀬に戻ると、
遠くになにか団体さんがいます。

c0147790_15155676.jpg

ギンガメアジです。
この間、スパのトリートメントルームの下にいた団体さんだね。

c0147790_15155712.jpg

c0147790_15155761.jpg

みんなそろって向きを変える様子は、どれだけ見ていても見飽きません。

c0147790_15155796.jpg

今日も大満足な朝スノでした。
ビーチに上陸し、島の中の道を歩いて部屋に帰りました。
朝早いスタッフに会って「Good morning!」と挨拶を交わすとき、
こっちは全身びしょぬれで裸足でスッピンで、すごーく恥ずかしいんですけどね。




# by powderblueY | 2017-05-29 23:59 | 2017 Maldives | Comments(1)

Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その41 朝の散歩2

c0147790_07310456.jpg

ミライドゥのスタッフのおもてなし精神に感動したところで、
散歩を続けます。

c0147790_07310466.jpg

Arrival Jettyの根元には、ミライドゥの看板が。
このミントグリーンはミライドゥのテーマカラーです。

c0147790_07310888.jpg

朝はちょっと雲が多いけど、きっとお昼には晴れてくるでしょう。

c0147790_07310896.jpg

アミラフシが見えています。
白い邸宅のような水上ヴィラ、アミラフシでは確か「ハウス」と呼ばれているのよね。

c0147790_07311324.jpg

このあたりのビーチはとても広くなっています。
毎朝、スタッフがビーチのお掃除をしていました。

c0147790_07311352.jpg

ビーチをぐるっとまわり込んで、東側のビーチに出ると、
朝日にヤシの木がシルエットになっています。

c0147790_07311301.jpg

c0147790_07312076.jpg

こちら側にはビーチヴィラがずらりと並んでいますが、
これは大きなビーチレジデンスです。
プールもとっても大きくて、ちゃんと泳げる大きさがあります。

c0147790_07312633.jpg

c0147790_07312625.jpg

じろじろ見たわけではありませんが、
ビーチヴィラも、お庭に干してあるものとかデッキチェアのタオルの様子から見ると、
3分の2くらいはゲストが入っている模様。
ビーチヴィラは広いデッキがあり、お庭がとても広くて、プールも広くて、余裕のある作りです。
実は水上ヴィラよりもビーチヴィラの方が少しお高いのよん。


c0147790_07312015.jpg

さあ、島を一周したら、今日は朝スノをしましょう。




# by powderblueY | 2017-05-28 23:08 | 2017 Maldives | Comments(0)

Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その40 朝の散歩1

モルディブ4日目の朝です。
また3時に起きて、天気が心配なので、カーテンから外をのぞいてみたら、
雨は止んでいるようでした。
ネスプレッソでコーヒーを淹れて、ごそごそしているうちに
だんだん明るくなってきました。

c0147790_07303135.jpg

テラスが湿っていて、昨夜の雨の残りを感じさせます。
でも今日は晴れてきそうだね。

c0147790_07303191.jpg

ちなみに、昨夜のターンダウン時のお菓子はこちら。

c0147790_07303091.jpg

ブラウニー。味が濃くて、コーヒーによく合って、おいしい。
主人の分もわたしのお腹に。


6時を過ぎたので、そろそろ日が昇るかな、と玄関を開けたら、

c0147790_07303292.jpg

いきなりこの光景です。
うひゃー。
まだ雲が残っているので、これから昇ってくる朝日が照り映えて、とってもきれい。

c0147790_07303659.jpg

ジェッティの一番東の端まで、急いで朝日を見に行かなくっちゃ。

c0147790_07303725.jpg

c0147790_07303799.jpg

部屋を出て、

c0147790_07304152.jpg

ジェッティを小走りに、

c0147790_07304287.jpg

昇ってきたよ!

c0147790_07304263.jpg

c0147790_07304687.jpg

なんか、神々しいね。

c0147790_07304763.jpg

今日の1日も、楽しく過ごせますように。

c0147790_07305241.jpg

朝日をうっとりと眺めたところで、このまま散歩に行きましょう。

c0147790_07304767.jpg

わたしたちの滞在していた間、毎朝7時ごろが干潮でした。
それでジェッティの下は、

c0147790_07305243.jpg

波よけのブロックが出て、サギが歩いています。

c0147790_07304793.jpg

水上ヴィラとジェッティで囲まれたこの海は波もなくとても静か。

c0147790_07305219.jpg

島内の道に入ります。

c0147790_07305335.jpg

朝早いのでとても静かですが、Oceanではもう朝食のゲストを迎える準備をしている気配が漂ってきます。

c0147790_07305794.jpg

ほんとに美しく整えられたグリーンたち。

c0147790_07305715.jpg

この小道を行くと、昨夜ディナーをいただいたBa'theliだね。

c0147790_07305792.jpg

夜、ライトアップされたロマンチックな姿とは違って、
明るいときは爽やかな印象です。

c0147790_07310306.jpg

c0147790_07305880.jpg

と、Arrival Jettyをカートがごとごとと走って、これから出発するゲストがいるようです。

これから帰るのね、せつないなあ、と思いながら見ていました。
ヨーロピアンのようでしたが、ジェッティで手厚いお見送りを受けて、ボートに乗り込み、

c0147790_07310824.jpg

ボートはすぐに、沖合いに停泊している水上飛行機のもとへ。
ゲストと荷物を降ろすと、ボートはすぐに筏を離れます。
離発着のときボートがそばにいると危ないからね。


そしてしばらくして水上飛行機は轟音とともに飛び立って行きました。

c0147790_07310412.jpg

せつないなあと思いながら、遠くから見送っていたわたしですが、
このとき、はっと気がついたことが。


Arrival Jettyの先端で出発するゲストを見送ったスタッフたち、4、5人はいたでしょうか、
全員が、水上飛行機が飛び立って小さく見えなくなっていくまで、ずっと手を振って見送っているんです。


こんなお見送りをしてくれるリゾートが今まであったかしら。
朝早い時間帯、ほかに仕事もあるだろうに、
それにゲストを乗せたボートがジェッティを離れてから水上飛行機が飛び立つまでは、
なんやかんやで10分くらいはかかります。
しかも水上飛行機で飛び立つゲストからは、スタッフの姿は多分見えないわよ。
それでもずっと、帰っていくゲストを見送る。
まだオープンして4ヶ月、あまり名前も知られていない小さな島に来てくれたゲストへの感謝の気持ちと
帰りの旅路の安全を祈って。
これぞ、おもてなしの心だね。
なんだか胸が熱くなっちゃいました。


この島がいつまでも、こんなホスピタリティにあふれた島でありつづけますように。




# by powderblueY | 2017-05-27 08:46 | 2017 Maldives | Comments(0)

Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その39 ディナーはBa'theliで

夕日を見終わって、シャワーとお風呂を楽しんでいたら、
なんだか外の雰囲気があやしくなってきました。


テラスから外を見ると、遠くに稲光がぴかっぴかっ。
ものすごく遠いので、雷鳴は聞こえないのですが、1ヶ所だけでなくあちらでもこちらでもぴかぴかしていて、
不気味です。
雨が降るのかなあ。


考えてみると、周りは海ばかりで、ずーっと平面なわけで、
ものすごく遠くの稲光も、さえぎるものなく見えるのです。
日本だったら、山の向こうの稲光は見えないよね。


「今日はBa'theliでディナーだけど、
 屋根の下なのかな? それとも屋外?」
「う〜ん、行ってみないとわからないけど、雨降りそうだよね」

と言いながら、着替えをして、19時に間に合うように部屋を出ました。


外の空気も、なんとなく雨の前の雰囲気になってきています。

c0147790_14442927.jpg

遠くに見える海の上のレストラン。ドーニの形をしたBa'theliです。

c0147790_14442921.jpg

ジェッティを歩いて島の中の道に入り、
まず手前からCompass Pool Bar。

c0147790_14442937.jpg

そしてグリルレストランのthe shoreline grill。

c0147790_14442940.jpg

さらに歩くと、Boutiqueが見えてきて、

c0147790_14443457.jpg

その前は広場になってます。
広場の一角に、

c0147790_14443431.jpg

Ba'theliに向かうジェッティが。
スタッフはみんな「バッテリ」と発音してました。
モルディブの言葉だと思うけど、意味を聞いてみればよかったわ。

c0147790_14443448.jpg

このジェッティを歩いていきます。

c0147790_14443478.jpg

ドーニの形をしたものが3艘並んでいるのですが、
手前から、バー、レストラン、厨房になってます。
バーとレストランには、それぞれ屋内の席と、屋外の席があります。


入り口にいた女性スタッフに名前を言うと、席に案内されました。
19時でしたが、かなりの席が埋まってました。

「こちらでよろしいですか?」

と屋外の席を案内されたので、

「雨降らないかしら?」

と聞いたら、

「大丈夫、お食事の間は降りませんよ」

と言われました。
本当かっ!? と心のなかでつっこみながら、席に座りました。
テーブルは船べりに並べてあって、とってもいい雰囲気です。
雨が降りそうでもやっぱり屋外の席のほうが人気らしく、6つか7つ並んだテーブルは、わたしたちで満席となりました。
クーラーのきいている屋内の席は、誰もいませんでした。

c0147790_14444140.jpg

照明は抑えてあって、ロマンチックな雰囲気です。


メニューを見ると、モルディブらしいお料理として、ガルディア(魚のスープ)とか
リーフフィッシュをスパイシーにグリルしたもの、などがあり、
それ以外にも、モルディブ料理で使われているスパイスは、どこから伝わってきてどこへ伝わっていったのか、ということをテーマに
中東のお料理や、インド、インドネシアのお料理も並んでいました。


ガルディア、なつかしいね。ハイダウェイで何度も食べたよね。
作る人によって全然味が違って、びっくりするくらい美味しい日もあれば、イケてない日もあったよね。

c0147790_14444206.jpg

c0147790_14444103.jpg

今日は白ワインで乾杯です。

c0147790_14445052.jpg
c0147790_14444104.jpg

おいしいパンがたくさん来ました。
上の平べったいのは、モルディブのロシだと思います。多分。

c0147790_14445011.jpg

写真撮ってもらいました。

c0147790_14445060.jpg

これは大きなエビをスパイシーにグリルしたもの。
エビ、ぷりぷりでおいしいです。
お皿がとても変わっていて、中にモルディブの砂が入っているの。
透明なフタの上にお料理が乗っているので、もちろん砂が口に入ったりはしません。

c0147790_14445163.jpg

これは主人の前菜ですが、手前のはマグロのスモーク、サラダにもスパイシーなマグロのフレークが入っていました。

お料理はどれも繊細で、モルディブでもこんなお料理をいただけるようになったのね! と感動しました。

c0147790_14445577.jpg

そしてこれがガルディアです。
白いお皿の中に、魚の切り身や野菜が入っていて、手前のガラスのポットからスープを注ぎます。
そしてライムをしぼっていただきます。
そのお味は、とっても上品!
ハイダウェイでいただいたガルディアとは、違う食べ物みたい。上品すぎて。
でも魚の出汁がよく出ていて、おいしいの。

c0147790_14445566.jpg

ここでお口直しのソルベが来て、
(このお皿もおしゃれでしょ。洗うのや保管が大変だと思うわ、主婦目線で)

c0147790_14445535.jpg

そしてメイン。わたしのはリーフフィッシュのスパイシーグリル。

c0147790_14445643.jpg

主人のはビリヤニだったかな。インドのお料理?で、炊き込みご飯みたいなのです。
昔、タージエキゾティカで食べて、おいしかったわ。
これもスパイシーでエキゾチックなお味でした。


お料理は「スパイス」をテーマにしているだけあって、どれもスパイスが効いていますが、
日本人的に、食べられないような辛いものはなく、どれもすごくおいしいです。
Ba'theli、オススメ。席数も少ないから、そりゃ予約もとりづらいわけだわ。

c0147790_14450033.jpg
c0147790_14450052.jpg

今日はデザートに進む余裕あり。
とーっても満足なディナーでした。


途中、イフーさんがやってきて、
「お料理はいかがですか? なにかお困りのことはありませんか?」
といたれりつくせりなおもてなしです。


結局、最後まで雨は降らず、
でも会計を終えて、お部屋に帰ると同時に、豪雨になりました。
夜中も雨の音がすごく、がらがらと雷の鳴る音も。
ひえええ、明日は大丈夫かな。



# by powderblueY | 2017-05-26 20:56 | 2017 Maldives | Comments(4)