お買い物ごっこ

4歳の息子がいる同僚が

「今、息子がお買い物ごっこにはまってるんですよー。
 画用紙で、りんごとかケーキとかお金とか作って、
 ”それください” ”150円です”とか、毎日やってます」

と言うのよ。


あー、お買い物ごっこ、なつかしいなー。
わたしも子供の頃、大好きだった。
画用紙で作ったお金とか、今でも思い出すだけでワクワクしちゃうなー。


でもわたしの3歳下の妹は、わたしとは正反対で、
今でも貯金が趣味で、乏しいお給料の中から毎月少しずつ貯金して、
通帳の残高がだんだん増えていくのを眺めるのが趣味、っていう変わった性格です。
彼女は、

「お買い物ごっこって大嫌いだった。
 別にほしいものもないのに何かを買わなきゃいけないっていうのが、イヤだった。
 どうしてみんながお金使いたがるのかわからない。どうして貯金しちゃいけないの? っていつも思ってた」

って言うんですよ。
三つ子の魂百まで、とはよく言ったものですね。
 



# by powderblueY | 2018-02-17 23:28 | 日常 | Comments(0)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -6

ディナーを終えて、レストランを出て、ロビーに行ってみました。
ラネージュはお部屋も素敵ですが、パブリックスペースがくつろげる感じで、とっても素敵なんです。

c0147790_22325686.jpg

スキーから帰ってきた時は、外国人でごった返していましたが、今は静かです。

c0147790_22325625.jpg
c0147790_22325692.jpg

花瓶にはいつも新鮮な花が生けられていて、
こんな冬にはどこからお花を届けてもらうんだろう、白馬村内にお花屋さんはあるのかな、なんて
いらぬ心配をしてしまいます。

c0147790_22325753.jpg

このロビーでは、ミニコンサートが開かれることもあります。

c0147790_22330063.jpg

2階に上がると、ここにもくつろげるスペースが。

c0147790_22330066.jpg

酔っ払った人ひとり。

c0147790_22330032.jpg

このつらら、すごくないですか?

c0147790_22330516.jpg

表の道からラネージュに入ってくる道。
夜はライトアップされてきれいです。

c0147790_22330586.jpg

c0147790_22330562.jpg

c0147790_22330531.jpg

静かな館内を楽しんで、部屋に帰りました。

c0147790_22330994.jpg

c0147790_22330913.jpg

c0147790_22330990.jpg

明日はお天気がよいようです。



# by powderblueY | 2018-02-16 22:44 | 国内旅行 | Comments(0)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -5

19時からディナーです。

c0147790_22001229.jpg
ラネージュの宿泊客は外国人が多くて、
昨夜泊まっていた日本人は2組だけだとか。(全28室です)
でも外国人ゲストは、ほとんどの方が夕食は外に食べに出かけるので、
夜のレストランはとても静かです。
これが朝になると、外国人のテーブルばっかりで、びっくりするんだけどね。


c0147790_22001150.jpg

外は雪景色。

c0147790_22001203.jpg

c0147790_22001224.jpg

c0147790_22001689.jpg

まずはアミューズが出てきました。

c0147790_22001791.jpg

わたしの前菜は、ハンガリー産フォアグラのテリーヌ仕立て。白馬産ほおずきのコンフィチュールとパンドエピスを添えて。

c0147790_22001649.jpg

パンもとても美味しいんです。

c0147790_22001752.jpg

主人の前菜は、エスカルゴ、安曇野野菜と共にブルゴーニュ風フリカッセ。

c0147790_22002344.jpg

次はお魚です。信州サーモン。クッキングペーパーに包んでオーブン焼き。安曇野野菜とそのブイヨンと共に。

c0147790_22002335.jpg

そしてお肉。わたしのは高山村獲猪肉、カカオ風味のソースで。

c0147790_22002318.jpg
主人のは、仏シャラン産鴨肉、山椒風味のジュのソース。

c0147790_22002328.jpg

ワインもすすみますことよ。
さっきお部屋でシャンパン1本あけちゃったんだけどさ。

c0147790_22002890.jpg

お口直しの八ヶ岳ヨーグルト。

c0147790_22002817.jpg

デザート。プラリネ、ダックワーズ仕立て。軽く火を入れた洋梨とベリーフルーツのソース。


窓の外の雪景色を見ながら、美味しいディナーでした。
サーブの間も申し分なく、
ソムリエ兼レストランマネージャーの吉田さんとお話をしながらお食事が進みました。
ここには長年通っているので、スタッフもたいていの方が顔見知りだし、
わたしたちが飲んべえなこともご存じなので、おいしいワインを勧めていただきました。
食後にはチーズもあるのですが、もうお腹いっぱいで入りません。残念。

c0147790_22002886.jpg

ときどき、外にタヌキがやってきます。
このタヌキは用心深くて、窓越しに写真を撮られているのを見ると、すたこらと逃げて行きました。
時にはテンやキツネもやってくるそうです。



# by powderblueY | 2018-02-15 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -4

c0147790_22263207.jpg

こうして写真で見ると、けっこう雪降ってるわ。


ラネージュに帰りつくと、スタッフが「おかえりなさいませ」と迎えてくれ、
座ってスキーブーツを脱げるように、さっと玄関に椅子が出てきます。
脱いだブーツやスキーはスタッフに預けておけば、
乾燥室に保管してくれて、翌朝、部屋番号の札がつけられて、玄関に並べてあります。
だからここにはスキーロッカーというのはないの。

c0147790_22263290.jpg

暖炉に火が入ってあたたかなロビー。
外国人でにぎわっています。

c0147790_22263307.jpg

お茶やお菓子が並んでいて、
右端のはポップコーンを作る機械。
子供たちに大人気です。

c0147790_22263990.jpg

c0147790_22263965.jpg

「クラブラネージュ」というのに入会していると(登録無料)、到着時にシャンパンのサービスがあるのですが、
わたしたちは昨夜到着した時間が遅く、そのままグリルレストランに入ったので、
「明日、スキーからお帰りの時にご用意させていただきます」とご案内がありました。
そしてこの時、用意していただきました。


外国人の子供たちが、長い串にマシュマロを刺して暖炉で焼いていたり、
ポップコーンを機械で何度も何度も作っていたりするのを見ると、
ああ、うちの子供たちもついこの間まであんなふうだったなー、と思ったり。
すっかり老夫婦の心境です。

c0147790_22264084.jpg

さてお部屋に帰ると、きれいにお掃除されていました。

c0147790_22263999.jpg

c0147790_22264429.jpg

c0147790_22264313.jpg

c0147790_22264402.jpg

c0147790_22264489.jpg

お風呂にお湯を張って、ジャグジーで疲れた筋肉をほぐしましょ。
って、疲れるほど滑ってないか。


お風呂上りには当然、部屋でビールを飲んで。
まだ明るいのに、すっかりできあがっちゃったのでした。




# by powderblueY | 2018-02-14 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -3

c0147790_13515394.jpg

ラネージュの車に送ってもらって、八方尾根スキー場の国際ゲレンデに着きました。
すぐ前にはリゾートマンションみたいのができあがっていました。
看板が英語オンリーだったから、外国人向けなのかしら?


ニセコと同じように、八方も外国人スキーヤーの多いスキー場なのですが、
ここ国際ゲレンデには、外国人専用のレンタルショップやスキー/スノボスクールがあるため、
ここだけ特に外国人が多いです。


この日は小雪がちらついており、

c0147790_13515657.jpg

上部ゲレンデに上がっても、眺望も今ひとつでしたが、
でも人が少なく、ゆったりと滑れました。


兎平テラスのすぐ下に、

c0147790_13514889.jpg

コロナビールの主催するESCAPEテラスというのができていました。(あれ? 去年もあったかな?)

入ってみると、

c0147790_13514883.jpg
c0147790_13515388.jpg

屋外のカウンターで、

c0147790_13515321.jpg

ビールやBBQのお肉が売られており、

c0147790_13515306.jpg

ここで焼いて食べるようなんだけれども、

c0147790_13515667.jpg

ウィンナー凍ってるし。

c0147790_13515629.jpg

コロナビールも冷えっひえ。

でももっとお天気のいい日とか、春スキーとかには、楽しい施設だと思います。


主人と二人だけのスキーなので、がんばって滑ろうとか、上手くなりたいとかは全然なく、
足が痛くならない範囲でたらたらと滑り、
お昼はビール飲んでゆっくりとして、
早々と下山。
ほとんどシニアスキーの気分です。
(いや、本当のシニアの人たちは、若い頃からスキーやっててめちゃめちゃ上手なので、
 バリバリ滑ってます)


今年は雪も多いので、閉鎖になっているゲレンデはなく、下山も滑って帰れます。
(去年は下部ゲレンデに雪がないので、下りのリフトに乗って帰ったわ)


咲花ゲレンデに降りて、

c0147790_13515672.jpg

和田野の森教会の横を滑ってラネージュに帰りました。




# by powderblueY | 2018-02-13 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)