Cocoa Island 2012 - 5 お部屋の様子

今回、わたしたちの泊まるお部屋は、2 Bedroom の Como Villa。

c0147790_22595726.jpg


このように、ココアアイランドは東西に長い島で、
島の南側に水上のお部屋がいくつも並んでいます。
Como Villaは2つあって、1番東側(Sunrise側)のVillaと、
1番西側(Sunset側)のVillaがあります。
西側のは、Como Sunset Villaともいいます。
予約の際に、どちらを希望するかずいぶん迷ったんですけど、
部屋から夕日を見られたらいいなあ、と思い、Sunset Villaをお願いしてありました。


さあ、そのお部屋です。


玄関を入ると、広い広いリビング。

c0147790_2382244.jpg


この写真に写ってる部分は、リビングの半分くらいで、
向こう半分に、ダイニングテーブルがあり、椅子が6脚あります。


リビングには、こんなものも。

c0147790_23263166.jpg


これで天体観測なんてしたら、素敵でしょうね。

c0147790_2327162.jpg



このリビングの、向かって左側に1つめのベッドルームがあります。

c0147790_2310918.jpg


ダブルベッドの向こうには、ソファとテレビ、オーディオシステムなど。

c0147790_23104624.jpg


そしてクローゼット。

c0147790_23114561.jpg


広いでしょう?
うちは荷物が多いので、クローゼットの大きい部屋は大好きです。
服を掛けておくハンガースペースも広く、
ハンガーもたくさん用意されています。
引き出しもたくさん。


そしてそのそばがバスルーム。

c0147790_23132048.jpg


バスタブの左側は、屋内のシャワーです。
バスタブの右側には、屋外に出るドアがあり、外にも水上のデッキにシャワーがあります。
外のシャワーは、完全に木製の壁で覆われているので、裸でも大丈夫。

c0147790_23151735.jpg


もちろんダブルシンク。
アメニティはとってもシンプルなレイアウトです。
シャンプー・コンディショナー・シャワージェルは、シャワーやバスタブのそばに豊富に置いてあり、
このシンクのところには、ボディローションと、それから白い縦長の壺だけ。
この壺の中に、コットンやら耳かきやらシャワーキャップやらが、
1つずつ小分けにして入れてあります。
とってもシンプルで、「アメニティ、こんなにあるのよー!」みたいないやらしさがなくて、
好感が持てます。
海外リゾートではいつものことですが、歯ブラシはありません。
クローゼットも、バスルームも、白が基調になっていて、とても清潔感があります。
タオルも豊富にあります。
替えてほしいタオルは、床の上に置いておくか、ランドリーのバスケットに入れてください、と言われました。
わたしたちはバスケットは、脱いだものを入れるのに便利に使わせてもらったので、
使用済みタオルは床の上に置いておきました。


さて、リビングをはさんで反対側には、もう1つベッドルームがあり、
ちょうど左右対称のレイアウトになっています。
この日はこちらの写真がないんだけど、ツインベッドです。
こちらを子供たちが使用しました。
こちらにも大きなソファとオーディオシステム。
そして同じようにクローゼットとバスルームがあります。


そしてリビングに隣接して、キッチンがあります。

c0147790_23273697.jpg


うちの家のキッチンより大きいくらいの、フルサイズキッチン。
電子レンジとIHヒーターもあります。
引き出しや上の棚に、お皿やグラスやカトラリーが、
もう何人のゲストが来てもパーティーできますよ、って感じに揃えてあります。


キッチンがあるお部屋なんて、ものすごく贅沢だと思うけど、
でもウェルカムフルーツをむいたりするのに、とっても便利です。

c0147790_23551432.jpg


冷蔵庫も「ミニバー」という規模ではなく、

c0147790_23304378.jpg


普通の家庭にあるような、大きな冷蔵庫。
中を確認しながら、Mikerは
「これはComplimentaryのシャンパンです。
 こちらは牛乳で、これもComplimentaryです」
と説明してくれました。
牛乳は3種類あり、スキムミルク(低脂肪乳)と、豆乳と、Whole cream milk(多分、普通の牛乳)が
それぞれ1リットルずつ用意されていました。
いくらなんでも、そんなに飲めないけどね。
牛乳がComplimentaryなのは、確か、ハイダウェイでもそうだったし、ソネバギリもそうだったような気がする。
子供連れには助かります。


それからネスプレッソと、ティファールの湯沸かし。

c0147790_2337493.jpg


お砂糖に、Low calorie sugar(Sweetener)があるのも、好感度大。
(あ、ダイエットのことは、もう忘れたんだった)


こうして、お部屋をざっと見渡して、感想は、

「ひ、広い!!」
「うちの一家だけでは、広すぎる」

このときは、夜で真っ暗だったので、外の水上デッキの写真がありませんが、
これに加えて、広い広い素敵な水上デッキがあるんです。


う〜ん、ミナオちゃん一家と一緒に、8人でこのお部屋にすればよかった。


それぞれのベッドルームに、ものすごくでっかいソファがあるし、
これでエキストラベッドをもう1つずつ入れてもらえば、
十分、4人ずつで寝られます。


もしまたここに来ることがあったら、
今度は2家族でこのお部屋にしよう。


さて、Mikerさんにお部屋の中をざっと案内してもらったあと、
ウェルカムヤシの実ジュースを飲んで、

c0147790_23453176.jpg


(よく冷えていて、意外にもおいしかった)

「なにかありましたら、24時間いつでも、この番号におかけください」
とMikerさんの携帯の電話番号を教えてもらって、
「それではまた、明朝」
とMikerさんが去っていったのが、現地時間の1時でした。
日本時間の朝の5時です。


子供たちはパジャマに着替えるやいなや、ベッドに潜り込んで寝てしまいました。
わたしと主人は、例によって、冷蔵庫からComplimentaryのシャンパンを出してきて、

c0147790_23484612.jpg


「あらら、ヴーヴクリコだ。うれしいねえ」
「ミナオちゃんたちも呼ぶ? もう寝ちゃったかな?」

と言いつつ、

c0147790_23483062.jpg


「10回目のモルディブに乾杯!」

「おいしいけど、これ全部は飲みきれないなあ。
 シャンパンストッパーをいつも持ってこようと思いつつ、忘れちゃうのよね」

と言っていたのもつかの間、

「明日からなにする? 
 この”明日からなにする?”って考える時が、一番幸せよね〜」

などと酔っぱらいモードになり、
気がついたらボトルは空に・・・。


この頃から、体の中はすっかり日本時間の朝になり、
元気が出てきて、
スーツケースを開け、
洋服を全部ハンガーに掛け、引き出しに入れ、
洗面所に化粧品を並べ、
玄関に靴やサンダルを並べ、
整理しきったところで、寝ました。
現地時間の3時でした。
by powderblueY | 2012-04-06 23:55 | 2012 Maldives | Comments(2)
Commented by sachi at 2012-04-07 19:10 x
わぁー、ほんとにすっごく広いヴィラですね。
私たちには一生縁がなさそうなので普通のヴィラの感じも教えて頂けるとうれしいです^^;
それにしても到着早々ヴーヴクリコ空けちゃうなんてさすがです!
シャングリラもこれが置いてあったのですが、私は甘くないと飲めないので駄目で旦那もそんなには飲めず半分以上残しちゃいました。
その後アニバーサリーにもう1本頂いたのですが未開封のまま置いてきました。パウダーブルーさんがいらっしゃってたらお届け出来たのに残念です^^
Commented by powderblueY at 2012-04-08 00:00
sachiさん
ミナオちゃんたちのLoft Villaの写真も撮らせてもらってきたので、
またおいおいご紹介しますね。
シャングリラにもヴーヴクリコ、あったんですね!
半分以上お残しなんて、もったいないわ〜!!
未開封のままだなんて・・・もうもったいないの極致!!
それだけをいただきに、モルディブに行っちゃうかも(笑)。
sachiさんは甘いのならイケルんですか? アスティとかなら飲めるのかな?


<< Cocoa Island 20... Cocoa Island 20... >>