Dusit Thani Maldives デュシタニ・モルディブ 2013 - 5 マーレ到着〜水上飛行機へ

c0147790_21402058.jpg


とうとうマーレに到着しました。
SQの機体をバックに。


このときマーレ時間の午前11時半、体内時計も日本時間の15時半くらいなので、
体も元気で、わくわくします。
いつもの夜便でマーレに到着すると、
頭はうれしくて冴えてるのに、体はどんより疲れてるからね。


昼便ってかなりいい感じ。

c0147790_21444291.jpg


この空港ビルの表示も、明るいところで見ると、違う感じがするわねえ。

c0147790_21452099.jpg


むうっと蒸し暑い外から、
すぐにクーラーの効いたビル内に入り、
入国審査、荷物の受け取り。
この時間、他に到着する国際線はないようで、
スムーズに列が流れます。
去年だったかな、国際線3便がほぼ同時に着いたときは、入国審査もターンテーブルも大変な混雑でしたから、
今年はありがたいです。

c0147790_21503510.jpg



ジロも大きくなったもので、荷物の運搬などをさりげなく手伝ってくれるようになりました。
スーツケースにおむつをいっぱい詰めて、ベビーカーにジロを乗せて
グアムに行っていたころに比べたら、
本当に旅行が楽になりました。うるうる。


さて、出口から外に出てみると、

c0147790_21535566.jpg


これが出口の正面です。
まるっきり変わりましたね!!


アイスクリーム屋さんがなくなったのは、去年も気づいてましたが、
各リゾートのブースも、こんなに変わったのね。
以前は出口を出て、右手にずらりとブースが並び、
どれも木でできた素朴なブースで、すごくモルディブらしかったのに、
今や液晶画面ですよ。

c0147790_21562757.jpg


モルディブも変わりつつあるのねえ。

c0147790_21572357.jpg


あまりに驚いたので、ついたくさん写真を撮ってしまった。


さて、わたしたちの今回の現地代理店さんは「Travel Factory」といいます。
ここは初めてかも。

c0147790_21582262.jpg


無事に担当の人と会え、
書類を渡されて説明を受け、荷物の確認です。
モルディビアンだと思うんだけど、ものすごく流暢な日本語を話す方です。
「リゾートで困ったことがありましたら、いつでもこちらの番号にお電話ください」
うーん、すごいなあ。
到着して緊張しているときに、日本語で話してもらえるとほっとするなあ。


Travel Factoryの担当の方は、荷物をカートに乗せてすたすたと隣のコーナーに歩いたかと思うと、
そこが水上飛行機のチェックインカウンターでした。
これもびっくり!

c0147790_2214751.jpg


ここで搭乗券を渡されたり、荷物の重さを測ったりするのです。
いつからこうなってたの?
うちは水上飛行機のリゾートは6年ぶりなのですが、
当時は空港を半周バスで走った水上飛行機の離発着場でチェックインをしていたと思うのですが。


とにかく、今回はTrans Maldivianの青と黄色の会社なのね。
うれしいわ。

c0147790_2242914.jpg


もちろん隣に、こちらの会社のカウンターもあります。

c0147790_2245931.jpg


搭乗券です。

c0147790_2253375.jpg


荷物はまとめて、荷物用の車で運ばれていきます。

c0147790_2271060.jpg


待つこともなく、人はバスに案内されます。


ここまですごーくスムーズな流れ。
SQの機体を降りてから、ここまでたったの40分しかかかっていません。


バスは空港の周回道路を走り始めました。

c0147790_2285896.jpg


対岸に見える首都の島マーレ。
すごい密集ぶりですね。
島が沈んじゃわないのかしら。ヴェネチアみたいに。


「もうここでも十分、海がきれいだよねー」
なんてミナオちゃんたちと話しているうちに、
空港島を半周走って、建物の前に到着しました。
あれ? これ赤と緑のMaldivian Air Taxiの建物ですけど。

c0147790_2212105.jpg


中に案内されると、

c0147790_22123084.jpg


この建物の中に、いくつかのリゾートのラウンジがあるんです。
それが利用する水上飛行機の会社と、一致していないってわけ。
つまり、MATを利用するリゾートのラウンジが、TMAの建物の中にあったり、
TMAを利用するリゾートのラウンジが、MATの建物の中にあったりするってこと。
なんかモルディブらしい・・・。

c0147790_22145668.jpg


デュシタニのラウンジは、1階にありました。

c0147790_22155942.jpg

by powderblueY | 2013-04-05 22:16 | 2013 Maldives | Comments(4)
Commented by たいよう at 2013-04-06 00:54 x
マーレ空港の変わり様には驚きですね。
そういえば、空港名がいつの間にかイブラヒムナシール国際空港って変わった時にも驚いたっけ。
あ~、昔のあの暗くて木のブースだった時代・・懐かしく感じます。

それに、水上飛行機搭乗へのアクセスもかなり変わりましたね。
次から次へとベルトコンベアー式になってる気がしますわ。
気が付いたらラウンジにいた~って感じですね。

そういえば、MATとTMAは一度にアメリカ?の投資会社に買収されたんではなかったでしたっけ?・・どこかで情報を見た気がします。私の記憶違いかな?
買収されても実運営は両社が頑張っているんですね。
Commented by suzuq at 2013-04-06 04:07 x
マーレ空港は随分変わりましたね。
デュシタニは、私もすごく気になっていたので、旅行記楽しみにしています。

我々は、今年ランダーギラーヴァル、と考えていましたが、第二候補のギリ・ランカンフシが随分おトクな値段でしたので、ギリに行く事にしました。
予約して、部屋のリクエストをして、パウダーブルーさんの旅行記を読み返していたら、なんと、リクエストした部屋が同じ#39でした。
なんたる偶然!…というより人気の部屋なのでしょうね。
無事リクエストが通る事を祈るばかりです。
Commented by powderblueY at 2013-04-06 21:57
たいようさん
え〜、MATとTAMって同じ会社に買収されたんですか? ってことは
機体の色も変わるかもしれないの? 一体何色に・・・?

水上飛行機搭乗までは、ものすごくスムーズでした。
マーレ空港も変わっていきますね。
もっと驚いたのは、帰りに出国審査をすませてからの免税エリアでした。
化粧品やお酒が充実して、グアムの免税エリアと変わらないくらい(というとちょっと大げさかな)。
免税店ならではの、あの香水の匂いがぷんぷんしてました。
快適さもアップしていましたよ。
Commented by powderblueY at 2013-04-06 22:11
suzuqさん、こんにちは。
ギリに決定したんですね!
そしてそして、同じ#39をリクエストとは!!
でもね、ハウスリーフがよい側はJetty 3だし、
Jetty 3でレジデンスのお部屋(スパスイートではない)となると、#39しかないんですよね〜。
1本椰子の島がきれいに見えて、スノーケリングも楽しく、いいお部屋でしたよ。
リクエストが通るといいですね。


<< Dusit Thani Mal... Dusit Thani Mal... >>