Amanwana アマンワナ 2017-48 チェックアウト

朝食を終えて、お部屋に帰ると、

c0147790_11541512.jpg

昨夜出しておいた主人の靴が、
ぴっかぴかに磨き上げられて返ってきていました。
ありがたいサービスです。

c0147790_11541617.jpg

もうこれからチェックアウトなのに、お部屋はきれいにお掃除されています。
これもアマンの特徴です。
最後までいい気持ちでいられて、本当にありがたいです。
もう一つ、今回思ったのは、
ブログとかインスタとかに写真を載せたい場合、
最後の日に部屋が美しく整っているのは本当に助かります。
到着時はバタバタとして、写真を撮る間もなく荷物を広げちゃうことが多いですもんね。

c0147790_11541696.jpg

ね、シーツがだらしなくべろーんとなったりせず、
到着した時と同じように部屋がきれいに整っていると、
また来よう!っていう気持ちになるでしょ。

c0147790_11542007.jpg

予定どおり、9時にスタッフが荷物をとりにいらっしゃいました。
そのままわたしたちも部屋を出て、フロントへ向かいます。

c0147790_11551167.jpg

3泊を過ごしたテント。
楽しかったよ。

c0147790_11551247.jpg

c0147790_11550756.jpg

c0147790_11551370.jpg

今日もお天気がよく、木々の間から見える海が青いです。

c0147790_11551310.jpg

レストランを通ってフロントへ行きます。
スタッフが「またね」「よいフライトを」と手を振ってくれます。


フロントオフィスではSusanさんが出てきて、チェックアウトの手続きを行ってくれました。
インドネシアルピアでの表示なので、90,000,000越えの数字が出てきて、
9000万!?とびっくりしましたが、
0を2つ取って、さらに0.8をかけるくらいで、日本円になります。
フロートプレーンが1人片道 US$450なので、2人で往復で US$1800。
それだけでかなりの金額です。でも絶対にフロートプレーンがオススメ。
国内線で来ようとか、考えちゃダメよ。


Susanさんに「またぜひいらしてください」と言われて、
「そのときはまたあなたが予約のアレンジをしてね」とお願いしておきました。


c0147790_11551788.jpg

お会計を終えてビーチをのんびりと歩いていると、わたしたちの乗るフロートプレーンが到着したようです。

c0147790_11551807.jpg

c0147790_11551824.jpg

こんなにのんびりと穏やかな気持ちになれるリゾートは初めてかも。

c0147790_11551862.jpg
c0147790_11552299.jpg

フロートプレーンは桟橋に着き、
ゲストが1組降りてきました。

c0147790_11552318.jpg

あそこで歓迎のセレモニーを受けています。
これからここで何泊か過ごせるなんて、いいな〜。


ふと見ると、ハンモックがあったので、寝ころがってみました。

c0147790_11552779.jpg

そよそよと風がさわやかで、日本で言えば「春」って感じ。
いつまでもこの風に吹かれていたいわ。
大変な思いをして来たので、3泊じゃもったいないわね。もっとゆっくりしたかったわ。


また次回ね。


c0147790_11552708.jpg

スタッフが「そろそろお時間です」と呼びに来て、
桟橋へ向かいます。



by powderblueY | 2017-10-16 23:59 | 2017 Amanwana | Comments(0)


<< Amanwana アマンワナ ... Amanwana アマンワナ ... >>