2017年 05月 14日 ( 1 )

Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その34 ダイビング1本目 Deep Dive

朝食のあと、部屋でさくっと着替えて、ダイビングの用意をしてArrival Jettyへ。
午前2本もぐるときは、8時半集合です。


Jettyにはミチさんやボートクルーがずらりと並んでお出迎え。
ミライドゥのジェッティは、先がマリーナのようになっていて、
ダイビング船もここから出ます(ダイビングジェッティというのはありません)。
ゲストはわたしたちだけでした。


すぐに出航し、南へ向かいます。
朝スノができなかったことからもわかるように、風が強く波が高く、
ボートはけっこう揺れました。


ボートの中でミチさんからブリーフィングを受けます。

「今日はディープダイブの講習で、30mまで行きます。
 海の中で手技を3つやります。手技といっても簡単なものばかりです
 まず空のペットボトルを持って入りますので、それが水圧でどれだけ縮むかを見ます。
 それからカラーチャートを見て、光のある時とない時で最も見え方が変わってくる色は何かを学びます。
 それから、減圧不要限界がダイブコンピューターに出ますので、それを記録します」


ボートは隣のリゾート、アミラフシに近づきました。
特徴的な白い邸宅のような水上のハウスの沖合に停まりました。
ここのハウスリーフにあるブルーホールに潜るそうです。
アミラフシのブルーホールは有名ですが、
滞在した人の話では、ハウスリーフをスノーケリングであちこち探したけど、どこなのかわからなかった、という人がほとんどみたい。
それもそのはず。ブルーホールは、穴の入り口がだいたい水深5m、あなをくぐってボトムが水深20mだそうな。
そりゃスノーケリングでは無理ですがな。


かなり揺れる船の上で準備をします。
もちろん殿様ダイブで、機材のセットは全部やってくれて、BCを着せてくれ、フィンまですぐはけるように用意してくれます。
そんなに甘やかされちゃうと、機材のセットの仕方、忘れちゃうよん。


ジャイアントストライドで入ります。
潜行しますが、1本目なので耳が抜けづらいです。
しかもウェイトは3kg。ちょっと軽いんだよねー。
少しずつ潜りますが、耳が抜けず、痛くなって少し上がって耳抜きして、を繰り返します。
時間をかけてやっと5mまで潜りましたが、ミチさんもきっと、
「ログブックでは100本超えだったけど、こんなに下手!?」って思ったことでしょう。

c0147790_15143357.jpg

ブルーホールの入り口が見えてきました。
入っていきます。

c0147790_15143416.jpg

c0147790_15143473.jpg

横穴がひとつあいています。
見上げるとブルーがきれい。

c0147790_15143539.jpg

穴の中のオーバーハングなどを見ながらゆっくりと降りていきます。

c0147790_15143984.jpg

c0147790_15143906.jpg
オーバーハングにロブスターが隠れていたりしますが、
さっさと行けば1分もかからないで通りぬけられるくらいの穴です。

c0147790_15144018.jpg

穴の奥にマダラエイがいました。


通り抜けて、水深20mに到着しました。
そこは白砂の谷間のような地形になっていて、まるでマンタが出そうなところだなあと思っていたら、

c0147790_15144486.jpg

ミチさんが合図する方を見ると、マダラトビエイが! しかも4枚も!


c0147790_15144590.jpg

優雅な動きで、ぐるぐると回っています。

c0147790_15144599.jpg

トビエイって、会えると本当にうれしいのよね。

c0147790_15144909.jpg

海底近くをぐるぐると回っていて、あとでミチさんに聞くと、
砂の中に隠れている貝を探しているんだそうです。

c0147790_15144919.jpg

ダンスを踊っているような優雅な動きのトビエイ。
長いこと見ていましたが、

c0147790_15145001.jpg

やがて遠くに行ってしまいました。


気がつくと30mになっていました。
c0147790_15145030.jpg

海底にはチンアナゴ(ガーデンイール)がいっぱいいます。

c0147790_15145566.jpg

ここでミチさんが、ペットボトルを見せてくれました。

c0147790_15145479.jpg
水面では空のペットボトルでしたが、ここ水深30mではこんなにぺっちゃんこ。
それだけ水圧が強いということです。

c0147790_15145590.jpg
c0147790_15150035.jpg

c0147790_15150138.jpg

c0147790_15144498.jpg

なのに魚たちはどうして平気なんだろうね??

c0147790_15150658.jpg

遠くに、またトビエイが戻ってきたのが見えたり。

c0147790_15150609.jpg

これは目のところの青い筋がきれいなミゾレチョウチョウウオかな。

c0147790_15150693.jpg

柔らかそうでしなやかに動くイソギンチャクもとてもきれい。


と、遠くに、

c0147790_15150734.jpg

わたしの好きな黄色いかたまりが。

c0147790_15151117.jpg

そう、ヨスジフエダイの群れです。

c0147790_15151106.jpg

この黄色い群れが大好きなのよん。

c0147790_15151299.jpg

c0147790_15151143.jpg

c0147790_15151653.jpg

触れそうなところまで近づいても全然逃げません。
君たち、仲間と一緒だからといって、油断しすぎじゃない?


c0147790_15151742.jpg

満足満足。

c0147790_15152234.jpg

c0147790_15152228.jpg

c0147790_15152390.jpg

c0147790_15152821.jpg



その後は徐々に浅いところに戻り、5m3分の減圧停止をして、60分で浮上。
初めて30mまで行ったけど、耳もなんとか抜けたし、よかったわ。


浮上してみると、アミラフシの水上のお部屋の真ん前でした。

c0147790_15153239.jpg

c0147790_15153328.jpg

けっこう波が高くて、おぼれそう(うそ)。
ダイバーにとっては水面が一番こわいわ。

c0147790_15153329.jpg

ボートに拾ってもらいました。



by powderblueY | 2017-05-14 23:59 | 2017 Maldives | Comments(8)