2017年 07月 30日 ( 1 )

Amanpulo 2017 アマンプロ 21 スノーケリングボートに乗る

部屋で水着に着替えて、プールにやってきました。
今日も3つあるサラは全部使用中で、花がてんこ盛りに咲いているトレリスの下の席も満席です。
出動してきたのが遅いから、仕方ありません。
早い人だと9時からプールで泳いでるものね。
普通のパラソルの下に席を取りました。

c0147790_17560653.jpg

陽射しが強く、まぶしいです。

c0147790_17560682.jpg

デッキチェアの上でごろごろしながら、本を読みました。
プールでは日本人家族が浮き物で盛大に遊んでいて、けっこうにぎやかです。
大きな浮き輪はアマンプロのもので、貸し出してくれるようです。
昔は、アマンといえば大人のリゾートなのでは? と思っていたけど、
アマンプロに限って言えば、お子さまウェルカムだし、子供の歓声が似合うアクティブなリゾートでもあります。
こういうところに連れてこられる子供たちは慣れていて、レストランでも騒いだりしないしね。


少し泳いだり、本を読んだり、うとうとしたりしているうちに、昼を大きく過ぎ、
でも朝ごはんが遅かったから、お腹も空かないし、と思っていると、
それを察したかのようにスタッフがやってきて
「お飲み物はいかがですか?」
と言います。
まあ、なんてタイムリー。
で、ビールをもらいました。

c0147790_17560627.jpg

プールサイドで飲むサンミゲル、おいしい。


それから、今日は14時のスノーケリングボートに乗ってみよう、ということになり、
出かけて行きました。

c0147790_17525824.jpg

まず、海の手前のSea Sports Hutでフィンを借ります。
わたしたちは自前のがあるけど、マスクやスノーケルも貸してくれます。
はいてみて、サイズを合わせます。

c0147790_17525816.jpg

こんなメッシュバッグに入れてくれます。

c0147790_17525935.jpg

今日はほんとにいいお天気。

c0147790_17530469.jpg

c0147790_17525903.jpg

この天井が平らなボートに乗ります。

c0147790_17530593.jpg

c0147790_17530520.jpg

c0147790_17530907.jpg

c0147790_17531059.jpg

カタマランとか、カヤックとか、この上の写真はなんていうものかしら? 
こういうモーターを使わない遊びがいろいろできます。

c0147790_17531423.jpg

時間が来て、ゲストがボートに乗り込み始めました。

c0147790_17531421.jpg

ボートの上から見るアマンプロのビーチは、それはそれは美しいです。

c0147790_17531594.jpg

c0147790_17531976.jpg

時間どおりに出航。
日本人家族が6組と、韓国人カップルが1組、乗り込んでいました。

c0147790_17531990.jpg

c0147790_17532301.jpg

まず1つ目のスノーケリングポイントへ。
ここはハウスリーフで、餌付けポイントです。


まだ人が海に入る前から、ボートが近づいてきただけで、黄色いツバメウオが寄ってきています。
フィンをはいてドボンと海に入り、
スタッフがボートの上からみんなにパンを投げてくれます。
わたしはダイバーなので、餌付けはしないポリシーなのですが、
スタッフが投げてくれるパンを、気が付いたらしっかり握ってました。
そしてそれをめがけて、ツバメウオがわっと突進してきました。


親指をかぷっと噛まれて、こっちがパニックだよ。
パンを主人に押しつけて、離れたところから写真撮影。

c0147790_17532490.jpg

c0147790_17532408.jpg

c0147790_17532842.jpg

カメラを構えただけで、餌をもらえるのかと思って寄ってくるツバメウオ。
おそろしいよ。
わたしは餌付けは苦手。

c0147790_17532715.jpg

c0147790_17533278.jpg

ツバメウオがひととおりパンを食べたあとは、オヤビッチャも寄ってきます。
ゴマモンも1匹いたわ。

c0147790_17533208.jpg

c0147790_17534175.jpg

これは主人の手。
ツバメウオがぎょろっとこっちを見ています。

c0147790_17534440.jpg

来た来た。



c0147790_17532846.jpg

かわいいっちゃかわいいけど、でもこわいよ。

c0147790_17533294.jpg

それよりも、海底を見て!
サンゴがとてもきれいです。
エダサンゴ、テーブルサンゴ、モルディブよりもはるかによく保たれています。


ダイビングのときにも見た丸いエイがいて、人に気づくと例によってぴゅーーーーっと全速力で逃げて行きました。
どうやったらあんなに速く泳げるんだ。

c0147790_17533336.jpg
やがてみんなパンがなくなってボートに上がり、次のポイントを目指します。
次は岸にうんと近いところに行くので、カメ探しかな?と思ったら、やっぱりそうでした。


ビーチカシータのNo.1から10くらいの前、波打ち際からほんの10mほどのところには
海底に草が生えていて、それがカメの大好物なのです。
ここを探すと、高い確率で、カメが草を食べているのがみられます。


まずスタッフが海に入ってみて、
「いるいる。みんな静かに海に入って。ドボンって入るとびっくりして逃げちゃうからね」
と言います。
みんなハシゴから静か〜に入りました。

c0147790_17533555.jpg

いたよ。かなり大きなカメです。
みんなで周りを取り囲んで観察します。

c0147790_17533681.jpg

草をむしゃむしゃ食べてる。
すぐそばに人がいても、おかまいなし。
触ったりしなければ平気みたい。

c0147790_17533591.jpg

c0147790_17534410.jpg

ときどきこうやって食べるのをやめて、水面まで上がって息継ぎをします。
そしてまた元のところに戻って、むしゃむしゃ食べます。
どんだけその草が好きなんだ。
スタッフは、ドボンと入ったら驚いて逃げちゃうからダメって言ったけど、
食べるのに夢中になってる時は、きっとそばで何をしても逃げないと思うよ。

c0147790_17534565.jpg

合計1時間で、みんなボートに戻り、Beach Clubの前まで戻りました。
フィンを返して、プールに行って塩抜き。
本当に今日のお天気は最高!




by powderblueY | 2017-07-30 18:28 | 2017 Amanpulo | Comments(0)