2017年 10月 06日 ( 1 )

Amanwana アマンワナ 2017-38 鹿とランチ

「鹿とランチ」という思わせぶりなタイトルですが、
別に、鹿と一緒にランチを食べたとかいうファンタジーな話ではありません。
鹿の話とランチの話ってことです。


ダイビングを終えて部屋に帰ろうとしたら、
レストランに一番近いテントのそばに鹿がいました。

c0147790_23595928.jpg

テントの周りに敷きつめてある白いサンゴの上を歩いています。
今日はサルも多いし、鹿も出たねーと見ていたら、

c0147790_23595973.jpg

2頭は歩いてわたしたちの方へやってきました。

c0147790_23595998.jpg

つぶらな瞳がとってもかわいい。

c0147790_00000031.jpg

人を怖がる様子はありません。
かといって奈良公園の鹿みたいにずうずうしくもないわ。

c0147790_00000329.jpg

こんなに近寄っても平気です。

c0147790_00000924.jpg

サルと違って、いたずらをしたり騒いだりキイキイ鳴いたりしないので、追い払われることもなく、
穏やかにアマンワナの敷地内を歩き回っています。


c0147790_00000910.jpg

お部屋に帰ると、きれいにお掃除されていました。

c0147790_00000920.jpg

はっきり確認したわけではないのですが、
午前中のお掃除と、ターンダウンの他にも、
何度かお掃除の人が入って、タオルを換えてくれたり、カーテンをしめてくれたりしている模様。


午後からは滝ツアーに出かけます。
あまりお腹が空いていなかったので、ウェルカムフルーツをむいて、
ミニバーの中のビールとともにいただきました。

c0147790_00000983.jpg

このちゃぶ台のようなテーブルが役に立ちます。
クローゼットの中から、丸い座布団を出してきました。


さて、滝ツアーはアマンワナのアクティビティの中でも一番人気で、
おそらくほぼ全員が一度は参加すると思うのですが、
ボートで隣村まで行き、
ジープで山の中に入っていき、
道がなくなると、あとは歩いて、
滝に着いたら滝つぼに飛び込んで泳げるという、なかなかワイルドなツアーです。
水着を着て、上にラッシュガードを着て行きます。
そういえば到着時にサロンのプレゼントがあったので、あれを巻いていこう。
そして部屋に置いてあるアマンワナのリュックをしょっていこう。


足元は、山の中を歩くので、スニーカーがいいの?
でも泳ぐからビーチサンダル? 両方は持っていけないし・・・
と荷作りのときにさんざん悩んだ挙句、
マリンシューズを持ってきました。

c0147790_00311213.jpg

こんなようなやつですね。
足にフィットするので山道も歩きやすいし、
このまま水に飛び込んで泳げます。
乾きも早いし。


で、これをはいて出かけたのですが、結果的に大正解でした。
歩く道は少しアップダウンがあり、落ち葉が積もっていて滑ったりするので、
ビーチサンダルではちょっとしんどいです。
もちろんヒールのあるサンダルとかは無理です。
泳ぐときは滝つぼの中なので、裸足ではちょっと不安だし、
ビーチサンダルをはいていては泳げません。
アマンワナに出かけられるときは、もしおうちにマリンシューズがあったら、
ぜひ持って行ってくださいね。



by powderblueY | 2017-10-06 23:59 | 2017 Amanwana | Comments(0)