カテゴリ:2005 Maldives( 11 )

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 11

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

c0147790_16213767.jpg朝日が昇ってきます。


c0147790_1622348.jpg


c0147790_16224812.jpg


c0147790_16231917.jpgお部屋の大理石のバス。窓際にはマットが敷いてあり、バスタイムの途中にここでごろごろしたりできるようです。


c0147790_16241418.jpg部屋の中からプールを見る。


c0147790_16243788.jpg


c0147790_16251526.jpg今日もメインプールへ。毎日通いました。


c0147790_16255510.jpg


c0147790_16261766.jpg


c0147790_16265428.jpg


c0147790_16272141.jpgこれは島内の地図です。タコのような形をしていますよね。人工の島なのでこの形を保つのは大変なことのようで、サルベージ船(?)が沖合から砂を吸い上げ、ビーチに撒いている光景をよく見かけました。


c0147790_162946.jpgこれも地図です。


c0147790_16292847.jpgこれは朝食ですが、メキシカンな感じでちょっと辛くておいしかったです。メニューに「ぜひコロナビールとご一緒に」と書いてあり、当然オーダーしました。朝からうまい!
そういえば今気づいたけど、個人手配だったので1泊**ドル(朝食込み)という形だったのですが、家族4人分の朝食を毎日オーダーしましたが、追加料金なしでしたね。子供もJapanese Bento Boxとか立派に大人並みの朝食を食べてたんだけどなー。リーティラ、太っ腹ですね。


c0147790_16311632.jpg帰りのボートがマリーナから出ます。


c0147790_16321766.jpgマーレまでのボートの2階席です。


c0147790_16325466.jpgマーレの空港で虹が見えました。


当時はまだできたばかりで、植えられたヤシの木なども「ちゃんと根付いてるの?」と心配になるようなたたずまいでしたが、翌年行った友達によるとずいぶん緑も増えて自然な感じになっていたそうです。海の中も少しは魚が住みついたでしょうか。
本当のモルの自然を楽しみに行くところではないけれど、なんていうのか、ドバイに似た魅力でしょうか。洗練されててフォトジェニックではあります。
食事も文句なくおいしいです。スパもすばらしいです。
スノーケリングをしないハネムーナーとか、むしろ海にまだ入れないうんと小さいお子様連れ(うちもそうでしたが)に向いているかもしれません。
また行くことは・・・うーん、ない・・かな。
by powderblueY | 2008-02-01 16:45 | 2005 Maldives | Comments(2)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 10

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

ディナーは毎日ファンディータに通っていて、もう1つのタパサケというJapanese Restaurantに1度も行っていないことに気づき、最後の夜にタパサケのバーに行ってみました。

c0147790_2394653.jpgカートでタパサケに到着すると、入り口には日本酒の大きな樽が置いてあり、ここどこ??って感じ。中に入ると、日本語で「いらっしゃいませ!」と声をかけられ、ますますここはどこ??って感じになります。寿司カウンターがあり、日本人の板さんがいて、そこはもう本当に日本の高級なお寿司屋さんという雰囲気でした。握ってもらいたかったけど、やはり最後の夜もディナーはファンディータと決めていたので、バーエリアに。


c0147790_23145666.jpgタパサケにはこんなふうに海に面した席もあります。


c0147790_23154394.jpgそしてその向こうの水上コテージみたいなのは・・・


c0147790_23164137.jpgプライベートな予約席です。ここは超人気らしく、今日も明日も予約済みとのことでした。掘りごたつふうになっています。


c0147790_2319965.jpgそしてバーカウンターの正面には大きな窓が。この窓は西を向いていて,折しも、夕日が沈むところです。


c0147790_232017.jpg


c0147790_23203673.jpg


c0147790_232117.jpg


c0147790_23211946.jpg最後の夜にすばらしいサンセットが見れました。ああ、帰りたくない・・・


バーでシャンパンを飲んだあと、カートでファンディータに移動し、砂の上のじゅうたんに座っておいしいディナーをいただいたのでした。
by powderblueY | 2008-01-30 23:25 | 2005 Maldives | Comments(2)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 9

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

今日は島内各地の景色をお伝えします。

c0147790_22163438.jpgメインレストランにて。この鳥、モルの島にはどこにもいますよね。


c0147790_22173844.jpgメインレストラン、海に張り出したテラスのテーブル。


c0147790_22183672.jpgレストランの中の様子。


c0147790_22191262.jpgガラスの食器もこんなにおしゃれです。朝食のクロワッサンが激ウマでした。


c0147790_2227763.jpgフルーツの盛り合わせ。


c0147790_22283350.jpg


c0147790_22292046.jpg


c0147790_223072.jpgプールエリア。


c0147790_22304065.jpg緑が豊富。


c0147790_22311736.jpg島内にはこんな真っ白のハンモックがたくさんあります。


c0147790_22315480.jpgジェット水流の出るプール。


c0147790_22322834.jpg


c0147790_22331785.jpgプール前のビーチの沖合には、小さなポンツーンがあり、泳いでいくことができます。魚はそんなにいないですが、ポンツーンに上がってみると、乾いたタオルと冷たいお水が。さすが!


c0147790_2234573.jpgこんなブランコも島内各所にあります。


c0147790_22355439.jpgライトもこんなにおしゃれ。


c0147790_22363670.jpgこれはリクレーションセンターあたりの景色です。各種ウォータースポーツもできます。


c0147790_22372758.jpg


c0147790_22375772.jpgリクレーションセンターにて。ここで各種アクティビティやエクスカーションの申し込みをします。


c0147790_22385889.jpg

by powderblueY | 2008-01-28 22:40 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 8

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

リーティラでは1日だけ、ダイビングをしました。
わたしたちは夫婦とも一応ダイバーなのですが、リゾートでしか潜らないスタイルになって何年も経過しており、しかもこのとき3年ぶりのダイビングでした。
当時リーティラではオリエンテーションダイブは必ず全員受けることになっていました。
今はどうなんだろう?
オリエンテーションダイブは、ビーチエントリーで水深2メートルほどの浅い砂地に潜り、バディーブリージング、レギュレーターリカバリー、それにマスクの完全脱着がありました。
このマスクの完全脱着というのが恐怖でねえ・・・
だってライセンスとって以来、そんな恐ろしい目には遭ったことないじゃありませんか。
自分の番が回ってくる前から、どきどきしてちびっちゃいそうでした(スミマセン)。
とうとうわたしの番が来て、えいやっとばかりにマスクをはずし、コンタクトなので決して目は開けず、
すかさずマスクを元の位置にはめたんですけど、髪が長いのでベルトにはさまって、もう何がなんだか訳がわかりません。半分パニックです。
マスククリアをしたつもりが、目を開けてみるとまだ半分以上水が入ってるしぃ。
だんだん胸が苦しくなってきて、はっと気づくと、息をするのを忘れてました。
レギュレーターはずっとくわえてるわけなので、息をするのに支障はないはずのですが、
なんだか息を吸うとおぼれちゃうような気がしてねー。
いやー、80本も潜ってるとはとうてい思えないパニックぶりでした。お恥ずかしい。
でももうマスクの完全脱着は二度としたくありません。

で翌日がファンダイブ、午前中に2本でした。
ボートで30分くらいのポイントに行きました。
水中カメラがなかったので写真もないし、あまり記憶もないのですが、
これという大物はなく、でも久しぶりのダイビングを楽しみました。

c0147790_2232986.jpgダイビングの日は朝が早いので、In Villaで朝食をお願いしました。前の晩に、竹の筒にオーダーシートを入れて玄関につるしておきます。


c0147790_22332326.jpgこんなおかもちみたいのに入れて持ってきてくれます。わたしたちは朝食付きのプランだったので、In Villa Breakfastにしても「配達料」みたいなのが加算されていただけでした。確か7ドルだったかな?


c0147790_22361369.jpgダイビングセンターのシャワーブースです。おっしゃれー。


c0147790_2237960.jpg機材。新しくてきれいでした。


c0147790_2238923.jpgボートにて。日本人ダイバーは5人でした。


c0147790_2239380.jpg


c0147790_22395673.jpgあとでログづけをするエリアです。ダイビングセンターとは思えないほどおしゃれ。


ダイビングの間、子供はキッズクラブに行かせました。
リーティラにはすごーく立派なキッズクラブがありました。
あんな立派なの他では見たことありません。
写真もいろいろ撮ったはずなんですけど、これ1枚しか見あたらなくて。

c0147790_22415014.jpgこれは入り口の様子です。


中にはプレイルームやお昼寝のお部屋、ダイニング、着替えの部屋、なんと子供用のマッサージベッドの入った部屋まであり、希望があればスパからセラピストを呼んでくれるそうです。
そして広ーいプール!
滑り台やバスケットゴールのついたすてきなプールで、ああ、お見せしたいのに写真がなくて悔しい!
曜日ごとにメニューが決まっていて、アイスクリームパーティーとか、貝殻でネックレスを作るとか、ビーチで貝殻を拾ったり、バレーボールをしたり、すごく楽しそうでした。
息子は一度行ったらキッズクラブの虜になってしまい、わたしたちと一緒にいられる時間でも「キッズクラブ行く」と出かけていきました。
「今日はトムと遊んだんだよ!」とか楽しそうでした。
帰りは、迎えに行ってもいいし、頼んでおけばカートに乗せて部屋まで送り届けてくれたりもします。
3歳以上は無料で利用でき、もちろん親が一緒に行って遊ぶこともできます。
3歳未満の子には、キッズクラブのスタッフが一人専属でついて遊んでくれ、1時間12ドルの料金がかかります。
このキッズクラブの充実ぶり、おしゃれなリーティラにはちょっと意外でしたが、セレブなヨーロピアンたちはお子様をこういうところに行かせて大人だけでディナーを楽しんだりするんでしょうか??
by powderblueY | 2008-01-27 22:54 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 7

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

ある日、Sunset Sandbank Experienceというエクスカーションに参加しました。
ボートで20分くらいのサンドバンクに出かけ、スノーケリングをして、サンドバンクの上で軽食を楽しみ、夕日を見て帰って来るというもの。
かなり人気のエクスカーションらしく、満席だったのを、キャンセル待ちで何とか行くことができました。
息子は大人の半額、娘は無料でした。

c0147790_2223779.jpg港から出港です。リーティラはちゃんとした港(マリーナっていうの?)があり、モルディブ独特の長い桟橋はありません。


c0147790_2242078.jpgサンドバンクに向かう途中、スノーケリングツアーから帰ってくるリーティラの船とすれ違いました。みんな陽気に手を振ってくれました。


c0147790_2252965.jpgこれはリーティラの南隣の島タージコーラルです。ハウスリーフがとてもよい島らしく、リーティラからのファンダイブでここに潜りに行くこともあるそうです。ちなみにレストランファンディータからは、北隣の島サマーアイランドがすぐそこに見えます。日本人にはあまりなじみのないリゾートですよね。


c0147790_2294579.jpgサンドバンクが見えてきました。真っ白でとてもきれいです。


この後、サンドバンクに上陸して、すぐにスノーケリングをしました。
ドロップオフが近く、魚もたくさんいて大満足。
この年はまだ水中カメラを持っていなかったので残念。
といっても右手には浮き輪にはまった娘の手を引き、左手にはスノーケリングデビューの息子の手を引き、とてもカメラなんていう余裕はありませんでしたが。
でもね、パウダーブルーサージョンフィッシュの大群が岩をぼりぼりかじってまして、岩が見えなくなるくらい何十匹も集まっていたんです。
あの写真が撮りたかったなあ。

1時間弱でみなさん海から上がりました。
その間にスタッフがサンドバンクの上にテーブルを掘り、席を作っていてくれました。
シャンパンやビールがあり、ナッツやブラウニーなど乾きもの系の軽食があり、みんなで「どこから来たの?」みたいな話をして、けっこうなごみました。
いえ、わたしたち以外はみんなヨーロピアンだったので、早口の英語はほとんど聞き取れませんでしたけど。

c0147790_2218815.jpgそのうちに空が赤くなってきました。


c0147790_22185118.jpg


c0147790_22191447.jpg右端の二人は新婚さん。ラブラブです。


c0147790_22194777.jpg


暗くなるまで夕日を堪能して、ボートで帰りました。
全部で3時間ちょっとのエクスカーションだったかな。
けっこう楽しかったです。
by powderblueY | 2008-01-26 22:24 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 6

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

今日はレストランをご紹介します。
初めの夜はReethi Restaurantに行ったのですが、2日目は島の北の端にあるアラビア風レストランFandithaに行きました。そしたらここがエキゾチックで居心地がよくておもしろく、残りの夜は毎日ここに通ってしまいました。

c0147790_1636413.jpg部屋からカートでごとごとと出かけますが、近づいてくるとこんなガラス玉の飾りが。なんだか小樽漁港って感じ?


c0147790_16374966.jpg


c0147790_1638436.jpg入り口を入ると、中は広くて、いくつかのエリアに別れています。すべてオープンエアです。こんなふうにビーチにテーブルが並べてあるエリアもあり、


c0147790_16395768.jpgこんな三角屋根の下にテーブルがセットしてあるエリアもあり、


c0147790_16403721.jpgわたしたちが一番気に入ったのは、奥のバーエリアでした。この屋根の下がバーです。


c0147790_16412184.jpgバーエリアは席がおもしろいんです。こんなふうに砂の上にじゅうたんが敷いてあって、ごろごろできたり、


c0147790_16424547.jpgこんなシャンデリアの下の毛氈(?)みたいな席とか、


c0147790_16433549.jpgこの席は(ちょっとわかりにくいですが)竹で組んである高くなった席。みんな思い思いの形でくつろいでます。(娘がおむつしてる〜。なんだかなつかしいなぁ) このウェイター君はスリランカ出身で、カールルイスに似てるので「カールくん」と呼んでました。


c0147790_16455299.jpgそして暗くなってくると、このように砂の上にランプがともされます。


c0147790_16462760.jpg夕暮れ。ファンディータからは夕日もばっちり見えます。


c0147790_16475712.jpg


c0147790_16482065.jpg


c0147790_16484928.jpg


c0147790_1649915.jpgそして暗くなると手もとまで真っ暗になるので、こんな光るトレイを置いていってくれます。


c0147790_16501321.jpg


c0147790_16503767.jpgバーには瓶がたくさん並べてあります。


c0147790_16512291.jpg


c0147790_16514693.jpgこのテーブルは、沈没船から引き上げた宝箱って感じ。すてき。


c0147790_16523128.jpgまだまだお行儀の悪いうちの子供たちが、どんな格好で食事をしても気にならず、ファンディータとっても気に入ってしまいました。

by powderblueY | 2008-01-25 16:53 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 5

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

今日はヴィラ周辺の様子をご紹介します。

c0147790_2234091.jpgプール。たくさん泳げるというほどの広さはありませんが、のんびりするには十分。水の中のベッドが気持ちいいです。


c0147790_2255419.jpgすぐ前がビーチです。ビーチにもヤシ葺きの屋根の下にチェアがあります。


c0147790_2272016.jpg主人と息子はここでよくビーチボールバレーをしていました。


c0147790_2275583.jpg玄関の前の椅子。


c0147790_2284764.jpgビーチの砂は硬くて、ちょっとコンクリートの上を歩いているみたいでした。ここに生物が住みつくことによってだんだん柔らかい砂になっていくんでしょうね。この次の年(2006年)に親友がリーティラに行ったのですが、カニやヤドカリがたくさんいたとのこと。緑もますます豊かになっていたそうで、いい意味で年々変わっていくのでしょうね。


c0147790_22114621.jpg海は遠浅。ハウスリーフというものはありません。スノーケリングするならエクスカーションで出かけます。


c0147790_22124612.jpg


c0147790_22132532.jpg隣のヴィラとは遠く離れていて、呼んでも聞こえません。


c0147790_22215291.jpg玄関前の風景。


c0147790_2214256.jpg"Don't disturb"のサイン。なんか神秘的。


c0147790_22151320.jpg出かけるときはこういうカートを呼ぶほか、自転車という方法もあります。


c0147790_22155566.jpgこれがリーティラのメインロードです。ヤシの木たちも「植えたよ」って感じがまだ強いです。もともとリーティラは小さな素朴系の島で、ドイツ人ゲストが多かったそうですが、その島を大幅に埋め立てて作られました。なので、もとからあった島の部分はジャングルのような植栽がそのまま残っており、緑が豊富です。あとから作った部分はこのように整然として、「作りました」って感じですね。


c0147790_22201346.jpgうちのお部屋。プールつきビーチヴィラ。水上のハンモックで有名な水上ヴィラは、お子様は滞在できません。


c0147790_22232395.jpgすてきなお部屋の中。


c0147790_22235793.jpg息子のために作ってもらったエキストラベッド。


c0147790_22352310.jpgバスルーム。


c0147790_22361236.jpg下の扉の中に冷蔵庫があります。前もってメールで「冷蔵庫の中にはビールやコーラ、・・・・・が入っていますが、ほかに特別に用意してほしいものはありますか」と聞かれ、娘のために「果汁100%のリンゴジュースを」とお願いしてあったら、ちゃんとリクエストどおり入れてありました。


c0147790_22385990.jpgプールから。


c0147790_22392596.jpgそういえばここのプライベートプールは、端から常に水が流れ落ちているタイプ(インフィニティエッジっていうのでしょうか?)でした。水がどういう仕組みで循環しているのかわかりませんが、贅沢ですよね。


c0147790_22411887.jpgバナナをむしゃむしゃ食べている娘。


c0147790_2242423.jpgバスルーム側からベッドルーム側を見る。お部屋は広くて天井が高くて、申し分なく快適でした。

by powderblueY | 2008-01-24 22:42 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 4

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

c0147790_22563395.jpgこれは島のあちこちにあるオブジェですが、一つ一つの形がReethi RestaurantやSpaを表しており、つまりは道しるべになっています。


c0147790_2258813.jpgバーの前にある、海に面している大きなソファ。東向きなので夕日は見えませんが。


c0147790_2259368.jpg夕暮れになって、島の西側に出かけてみました。わたしたちの部屋は東向きだったので、部屋から夕日は見えませんでした。


c0147790_231463.jpg西向きのビーチ。鏡のように静かです。事前の情報では、西向きより東向きの方が海が穏やかということだったので、東向きの部屋をリクエストしたのですが、西向きもこのように穏やかです。海の中はどちらも同じ、魚はほとんどいないです(笑)。


c0147790_2335244.jpg日が沈んできました。


c0147790_2343667.jpg言葉を失う一瞬ですね。


c0147790_2353778.jpg気に入っている写真。貴重な一コマ。なにしろこんなふうに二人で仲良く遊ぶことは、めっっっっったにないことだもんですから。
by powderblueY | 2008-01-23 23:06 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 3

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

c0147790_22204813.jpgさて朝ご飯を食べに、メインレストランのReethi Restaurantに向かいます。リーティラは島が大きいので、どこに行くにもカートを呼ぶのですが、このときは初めてだったこともあり、ビーチを歩いていきました。そしたらレストランに着いたら入り口の案内係の人に、ものすごくびっくりした顔をされました。カートに乗って行き先を告げると、ドライバーさんが「○○号室の○○様、今ヴィラを出てレストランへ向かいます」みたいなことを無線で連絡してるようなんです。でゲストがどこにいるかがすべて把握されているみたい。そしてレストランにいる間に、ヴィラのお掃除やターンダウンがされるんですね。だからカートに乗らず、連絡もなしに来たゲストはすごくびっくりされるみたいです。このシステムにはわたしたちの方がびっくりさせられましたけどね。


c0147790_22273228.jpgビーチはやはり人工なので、硬くて生き物もあまりいませんでした。あれから何年かたち、今頃はきっとカニやヤドカリが住みついていることでしょう。


c0147790_22294017.jpgレストランの入り口です。


c0147790_22303327.jpgさて朝食後、今度はカートに乗って、メインプールに向かいます。大きくて非常に美しいプールです。


c0147790_22313635.jpgこれはくねくねとした形のプールで、手前は浅く、だんだん深くなっています。


c0147790_22325843.jpg中にはあわの出る部分があったり、この丸いところはジェット水流が出ます。おもしろいです。


c0147790_2234628.jpg周りはこんな美しい緑に囲まれています。芝生がとてもきれいで、トカゲが走っていたりします。


c0147790_22352742.jpgプール越しにメインバーを見たところ。


c0147790_22361762.jpgメインバーの席です。


c0147790_22372076.jpg確かこの日は、ブランチのビュッフェがあって、スタッフが忙しく準備をしています。


c0147790_22381932.jpg


c0147790_22385330.jpg


c0147790_22393014.jpg


c0147790_2240981.jpgプールの向こうのビーチにも、パラソルやチェアが美しく並べられています。


c0147790_22411571.jpg


c0147790_22415059.jpgこのビーチには男性同士手をつないだカップルがいて、ちょっとびっくり。リーティラはイギリス系のリゾートですから、そんなことで驚いてちゃだめ!?


c0147790_22435652.jpg


c0147790_22445064.jpg


c0147790_22451857.jpgプールサイドに席を取ろうとすると、すぐスタッフがやってきて、チェアにタオルを敷き、お水やおしぼりを用意してくれます。飲み物や軽食のメニューも。そして定期的に、無料サービスのアイスクリームやフルーツ、サングラス磨きのお兄さんなどが回ってきて、1日優雅な気分で過ごせます。


c0147790_2248134.jpgそしてこちらがリーティラのシンボル的存在の四角いプール。中の区切ってあるところはジャグジーになります。くねくねした形のプールと深さは変わらないのに、こちらのプールはお子様お断り。


c0147790_2250316.jpg一番先に、ベッドの形に浅くなっている部分があって(お部屋のプールと同じですね)ここに寝っ転がって海を見ると最高の気分。見渡す限り青い海と空しかなくて。


c0147790_22521112.jpgわらぶき屋根の部分の席は一番人気の席で、早い者勝ち。朝食に行くときについでに席を取っていく人も。


c0147790_22534862.jpg芝生の上にあったオブジェ。


c0147790_22544462.jpgプールサイドでお昼を。ナシゴレン、カプレーゼ、シャンパン。

by powderblueY | 2008-01-22 22:55 | 2005 Maldives | Comments(2)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 2

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

さて、到着は夜なので、周りの様子は全然見えません。
翌朝、早く起きて(もううれしくて眠っていられない!)、外に散歩に出かけます。

c0147790_1605818.jpgビーチに出るとすぐ左手に水コテがあり、その方向から朝日が昇ってきます。


c0147790_1614967.jpg


c0147790_1622337.jpgこれがわたしたちのお部屋の全容です。Beach Villa with Pool。


c0147790_1625050.jpgまずはプール。水面が鏡みたいです。


c0147790_163585.jpgプールの中にベッドの形に浅くなっている部分があります。ここに寝転がって本を読むのが最高に気持ちよかったです。


c0147790_164224.jpgプールの縁に鳥の足跡がついています。サギでしょうか。


c0147790_1652152.jpgお庭はこんな緑に囲まれています。もともと人工の島であることを考えると、よく計算して植栽されていることがわかります。


c0147790_166358.jpgこれはヴィラの玄関の前にあるチェア。夕べ到着時に、ここでバトラー君からフットマッサージを受けました。ここでくつろいでから、いざヴィラの玄関を開け「うわぁ〜!」となる段取りだったと思うのですが、マッサージの途中で息子が「おしっこ」と言い出し、バトラー君はあわてて息子をトイレに案内してくれました。段取りどおりにいかず、ごめんね。


c0147790_1692454.jpgちゃんと家族の人数分用意されているサンダル。サイズもばっちり。


c0147790_16102799.jpgではお部屋の中をどうぞ。ウェルカムフルーツは毎日補充してくれます。娘が「バナナ」と言ったら、山のようにバナナを持ってきてくれた日もありましたっけ。


c0147790_16114439.jpg美しく整えられているベッド。息子にはエキストラベッドを用意していただきました。


c0147790_16123625.jpg娘のベビーベッド。


c0147790_161327.jpgベッドサイドのお人形。ターンダウンの時、ここにちょっとしたお菓子が置いてあります。手前のはしおりで、詩が書いてありました。右のは主人が寝る前に読む「Tipo」。車の本しか読まない人なんです・・・


c0147790_1614834.jpg大理石のお風呂。そばにアロマポットやアロマキャンドルや、いろいろ用意してあります。

by powderblueY | 2008-01-21 16:14 | 2005 Maldives | Comments(2)