カテゴリ:2007 Guam( 7 )

2007 Guam-7

夜が明けて、もう最終日です。
帰りの飛行機は16時30分発なので、まだゆっくり遊べますけどね。

またもや朝からプール三昧。
c0147790_1536591.jpg

c0147790_15363298.jpg

後ろ向きにスライダーを滑っているバカ息子です。

今日はスノーケリングをしてみようということになり、マスクをつけて
ビーチからじゃぶじゃぶ入ってみました。
c0147790_15375254.jpg

浅瀬の砂地なので、そんなに魚はいませんが、それでもぽつんぽつんとあるサンゴには
こんなふうに魚がついています。
c0147790_15383878.jpg

こういう光り物系の魚とか
c0147790_1539131.jpg

海面すれすれには、こんなのもいっぱい。

タモン湾でも十分スノーケリングできるよ〜きれいだよ〜という話も聞くのですが、
どのあたりのことなんでしょうか?
もっとニッコー側に寄った方なのかな?
今度行くときまでに情報収集しておきますね。

プールにお花が。
c0147790_1541311.jpg


チェックアウトは12時です。
プールから上がってシャワーを浴びて、荷物をまとめ、
お会計をして荷物は預かってもらいました。

お昼ご飯を食べてDFSでちょっとお買い物をしたあと、
水族館に行くことにしました。
Underwater Worldという水族館がDFSの真ん前にあり、
ちょっと時間をつぶすには楽しいところです。
といっても大人$20、子供(3歳以上)$12もするので、けっこう高いです。
中はトンネル式になっており、ダイビングでしか見ることのできないような魚がうじゃうじゃいます。
ところどころに、海や魚に関するクイズが出されていて、受付でもらう紙に回答を記しながら歩きます。
「地球の表面積のうち海は? A. 50% B. 60% C. 70%」
というような。
いつも間違えるので参加賞しかもらえないのですが、
満点だと賞品があるらしいです。
c0147790_15502331.jpg

c0147790_15504474.jpg

c0147790_1551215.jpg

c0147790_15512073.jpg

これはパウダーブルーではなくて、ナンヨウハギですね。いわゆるドリーです。

このあと歩いてハイアットに戻り、ホテルの送迎の車で15時頃空港に向かいました。
c0147790_15523382.jpg


毎年行ってるグアム、安近短ではなく、高近短ですが、
いつ行っても泳げる気候だし、
3連休があれば、前日仕事が終わってから出発して3泊4日で十分楽しめるし、
お手軽なのでわたしは大好きです。
年に1度のモルディブのように、何ヶ月も前から気合い入れて準備して、眠れないほど楽しみにして行くというところではないですけどね。
化粧品などの免税品は決して安くはないです。
名古屋空港の出国審査後の免税店の方が安いので、
行きにがっぽり買っていきます。
それからグアムはアメリカ領なので、帰りに出国するときの保安チェックがすごく厳しいです。
スーツケースは全員開けられますし、手荷物検査のX線のところでは、靴も全員脱がされます。

今年もGWに行くのですけれど、今年はホテルを変えて、新しくできたシェラトンラグーナにしてみることにしました。
帰ってきたらまたご報告しますね。

特に珍しくもないグアム旅行記でしたが、これで終了です。ありがとうございました。
by powderblueY | 2008-02-29 16:02 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-6

さて、この日も夕方までたっぷりプールで楽しんだあと、
ラウンジでシャンパンをいただき、
コンシェルジュに「どこかおいしいおすすめなところは?」と聞いてみたら、
Din Tai Fongという中華料理のお店を勧めていただきました。
ディンタイフォンって名古屋では高島屋に入ってる有名なお店と同じ名前だけど、
同じところ??
結局のところ、どうなのか不明でしたが、行ってみることにしました。

その予約の時間に少し間があったので、ビーチを散歩してみることに。
c0147790_23114347.jpg

タモン湾に夕日が沈みました。
c0147790_2312535.jpg

c0147790_23122213.jpg

c0147790_23125269.jpg

南国の夕暮れ。時間がゆっくりと過ぎていきます。
c0147790_23132711.jpg


さてディンタイフォンもDFSのすぐそばで、ハイアットからは歩いてもすぐなのですが、ロビーまで迎えに来てくれました。
c0147790_23135659.jpg

中は庶民的な雰囲気で、ソファの席はまるでファミレスのようです。
でも味は確かなようで、地元の人たちで大にぎわい。
カニを甘辛く炒めたものが人気メニューのようで、頼んでみましたが
「さっき最後の1匹が売れちゃったところなんだ」と言われ、残念。
ところがしばらくすると「1つキャンセルが出たから、よかったらどうぞ」と言われ、
もちろんオーダー。
殻つきなので食べるのがちょっと大変でしたが、噂に違わず美味でした。
c0147790_23184455.jpg

青菜の炒め物とか、エビののったラーメンとか、どれもおいしかったです。
満足満足。
by powderblueY | 2008-02-28 23:20 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-5

さて、翌日もクラブラウンジで朝食をいただいて、さっそくプールへ。
グアムには何度も来ているのに、ホテルのプールで泳ぐ以外、ほとんど何もしたことがありません。
島内のドライブも、恋人岬も、ココスアイランドも行ったことがありません。
短い日程なので、プールで泳いでまったりしているだけで、あっという間に最終日になっちゃうんですけどね。

今日もいいお天気です。
c0147790_22393267.jpg

c0147790_22401074.jpg

c0147790_2240401.jpg

c0147790_2241556.jpg

c0147790_22413982.jpg

この階段を上がったところに、スライダーの滑り口があります。
兄妹二人で遊んでくれるようになったので、親は楽ちん。
デッキチェアに寝転がって、ときどき二人の様子を見ているだけでよくなりました。
去年までは毎回毎回、一緒にスライダーを滑っていましたからね。
水着のおしりがすり切れそうでした。
c0147790_22435373.jpg

ビーチの様子。
リクレーションセンターがあります。
c0147790_22451351.jpg

ペダルボートを借りてみることにしました。
ビーチやプールサイドにはもちろん、現金は持ってきていないので、
ここでのお会計も部屋づけにできます。
プールサイドで食事や飲み物をオーダーするときも同じです。
c0147790_2247375.jpg

ペダルボート、どうってことないのですが、水がきれいで底まで見えるので楽しいです。
4人で乗れるってところもGOOD。
c0147790_22483683.jpg

海上から見たハイアットの全景。
c0147790_22492552.jpg

ホテル群は写真左より、ニッコーグアム、オークラ、ウェスティン、リーフ、右端のほんのちょっと見えている高層がアウトリガーです。
c0147790_2253460.jpg

プールの向こうに見えているのがアウトリガー。
c0147790_2253513.jpg

お昼はプールサイドで食べました。
水着のまま、ごろごろしながら食べれるっていうのがいいのよね。
by powderblueY | 2008-02-27 22:55 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-4

さてさて、1日中プールで遊んで、Regency Clubのラウンジでシャンパンなどいただいたあと、夕食を食べに行くことにしました。

グアムのお食事って、みなさんなにかおいしいところってご存じですか?
ステーキはアメリカ風で、大きいだけで固くておいしくないし、
ホテルの中のイタリアンなども、この値段の割に、って感じがするし、
ラーメンやお寿司も、グアムに来てまで・・・って思うし。

うちはいつも韓国料理を食べに行きます。
グアムにはおいしい韓国料理のお店がたくさんあります。
例えばコリア・パレス(Korea Palace)。これはハガッニャ地区にあり、ちょっと遠いのですが、ホテルまで送迎もしてくれます。DFS周辺から車で30分くらい。
もう少し近くで、ということなら、DFSの前の坂を少しウェスティン方向に上がったところに、ソウルレストランというところがあります。
c0147790_16275214.jpg


これは昔、オンワード・ビーチリゾートというホテルに泊まったときに、
そこの韓国人スタッフのお姉さんが教えてくれたところなのですが、
「地元の韓国人もよく行きます。おいしいです」との言葉どおり、
とてもおいしいです。
でもどういうわけか、グアムの電話帳には出ていませんし、
ハイアットのコンシェルジュに予約をしてもらおうと思っても、
連絡先がわからないと言われます。
まあいきなり行っても、必ず入れますけどね。
うちはグアムに行くと必ずここに行きます。
c0147790_16302012.jpg

こんな感じの広い店内ですが、焼き肉も、チヂミも、クッパも、なんでもおいしいです。
韓国海苔でビールも進みます。
お会計にサービス料は含まれていませんので、別にチップをあげます。

満腹で、お店をあとにして・・・
DFSの向かいのTHE PLAZAというショッピングセンターの2階にいつも行く子供服のお店があるので、そこに向かいます。
それはTic Tac Toeというお店。
c0147790_16363754.jpg

ベビーものから、小学生くらいまでのかわいい、かっこいいお洋服が充実しています。
5ヶ月の息子を連れて初めてグアムに行ったときに偶然見つけてから、グアムに行くたび毎回通ってます。
スタッフのお姉さんも変わらなくて、「大きくなったねえ」と息子の写真を撮ってくれたり、「あら妹が産まれたのね」とかわいがってくれたり、「あら次のお子さんがいるの?」と太ったわたしのお腹を心配してくれたり(爆)。
ビールで気が大きくなっているので、ついつい「あれも」「これも」と買ってしまいます。
c0147790_16411057.jpg

買い物の間、店内で遊んでる子供たち。

こうして両手に大きな袋を下げて、ハイアットに戻ります。
いつものお店で食べて、いつものお店で買い物をして、いつもと変わらないグアムだけど、
この安心感がいいのよねえ。
by powderblueY | 2008-02-26 16:42 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-3

さて朝ご飯は、Regency Clubでいただきます。
Regency Clubでは
・朝ご飯
・コーヒー紅茶のサービス(1日中)
・夕方にアルコールとおつまみのサービス
があり、Regency Club Roomに滞在している人とSuiteのお部屋の人は無料で利用できます。
朝ご飯は、そんなに種類はないですが、パンや卵料理、シリアル、各種ジュース、コールドカットなどひととおりのものはあり、これで十分という気もします。
夕方のアルコールサービスは、ビールやシャンパン、赤白ワイン、ジンなどいろいろあり、おつまみも枝豆、イタリアンなアンティパスト、お寿司、ときにはステーキの焼いたのとか、けっこう豊富にありますので、ここで夕食をすませてしまう人もあるようです。
c0147790_22385489.jpg

朝食のあと、すぐさまプールに出かけました。
c0147790_22395917.jpg

c0147790_22401872.jpg

c0147790_22404573.jpg

ハイアットのプールはとても広くて、いくつものプールが合わさった形になっています。
スライダーやバスケットゴール、バレーネットのあるにぎやかな部分、水路や滝、洞窟のある部分、チャペルのそばの静かなプール、などそれぞれ趣が違い、楽しめます。
c0147790_22435835.jpg

スライダーは外国人の子供たちが一日中滑っていたりして、とてもにぎやかです。
日本のプールのスライダーと違って、監視員などはいませんので、みんなで連なって滑ったり、後ろ向きで滑る子がいたり、楽しそうです。
生後7ヶ月の娘と一緒に滑ったときには、たまたま下にいた監視員さんに「Babyダメ!」と叱られましたけどね。
c0147790_2247352.jpg

ホテルの中は緑も豊富で、南国の雰囲気にあふれています。
このホテルはビーチに向かって翼を広げたような形になっており、全室オーシャンビューです。
c0147790_2249325.jpg

ホテルの前の海は遠浅で、各種マリンスポーツが楽しめます。
by powderblueY | 2008-02-22 22:54 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-2

ホテルはHyatt Regency Guamです。
これでグアムは8回目ですが、そのうち5回がハイアットです。

グアムにはあまり滞在したくなるようなホテルがない、という話をよく聞きますが、
全くその通りです。
「わりといい」ホテルとしては、ハイアットの他にウェスティンもあります。
ウェスティンの上部2フロアを占めるロイヤルビーチクラブのお部屋は家具もステキでなかなかよいですが、お高いです。
それにウェスティンはホテル自体がビーチに向かって垂直方向に建てられていますので(ってわかるかしら?)
どのお部屋から見てもパーシャルオーシャンビューといった感じなんですよね。
建物の端っこの海に面した部分は、シースルーエレベーターになっていますので、このエレベーターだけがオーシャンフロントという感じです。
それとプールも今ひとつ狭くておもしろくありません。

ハイアットはお部屋は古さも目立ち、巨大ホテルゆえのおおざっぱさも感じますが、
プールが広くてスライダーもあり、子供たちはここが大好きです。
Gold Passportというメンバーズカードに加入してると、ホテルで使ったお金に応じてポイントがつき(ツアーで行くと、うんと少ないポイントしかつかないみたいですが、個人手配だとけっこうつきます)
1回行けば、次回にはポイントでお部屋をスイートにアップグレードできます。
で毎年それを繰り返している訳なんですが。

今回もそのアップグレードされたジュニアスイートのお部屋です。
ジュニアスイートといってもめちゃめちゃ広いです。
c0147790_1472388.jpg

まずここが入り口を入ってすぐの前室です。
子供連れだとビーチサンダルやら浮き輪やらライフベストやら、荷物が多いので、
この前室はすごく重宝します。

c0147790_1485052.jpg

前室から奥のリビングを見たところ。
c0147790_1491993.jpg

リビング。くつろげる長いす。ウェルカムフルーツ。
c0147790_14101496.jpg

c0147790_14104216.jpg

子供が宿題をするこんな大理石のテーブルもあったり。

そしてベッドルームですが、キングサイズのベッドに、エキストラを1つ、ベビーベッドを1つ。これだけ入れてもまだ余裕の部屋です。

バスルームもだだっ広くて、ジャグジーバス、ダブルシンク、シャワールーム、トイレ。
そしてウォークインクローゼットとでも呼ぶべき衣装部屋(?)があります。
古さは目立つんですけど、このお部屋けっこう好きです。
いつも、約300ドルで普通のお部屋を予約して、そこからポイントでアップグレードという形になるので、かなりお得感はあります。

さて、夜は到着してすぐ寝てしまい、
翌朝、バルコニーからの景色。
c0147790_14193718.jpg

タモン湾。あ〜来た来た!って感じですね。
c0147790_1420532.jpg

c0147790_14202265.jpg

よく日本人カップルの挙式が行われているチャペル。
c0147790_14204946.jpg

恋人岬方面を望む。ホテル日航が見えます。
c0147790_14212474.jpg

これは反対側のイパオ岬方面。ヒルトンがあります。
これを越えた向こうがハガッニャ湾で、去年新しくSheraton Laguna Guamができたところです。
c0147790_1426756.jpg

c0147790_14263923.jpg

見下ろすとホテルのプール。
c0147790_1427396.jpg

by powderblueY | 2008-02-21 14:27 | 2007 Guam | Comments(0)

2007 Guam-1

毎日寒くって、ちっとも暖かくなってきませんね。
こんな日には、暖かい南の島に思いをはせるのが一番・・・

というわけで、2007年のGWに行ったグアムの写真をアップしてみることにします。

うちはここ数年、GWはグアムです。
主人の仕事の特徴として、3連休以上の休みを取ることはなかなか困難なので(GWで暦の上では5連休だったとしても、そのうち2日は出勤になります。夏休みだけは9月にむりむり8日間とらせてもらいますけど)グアムくらいしか行けません。
3連休プラス、前日の夜仕事が終わってから出発して、一応3泊4日とするわけです。
そりゃあわたしだってアマンプロとか行ってみたいけどさっ。

グアムって「安近短」の代表のように言われますが、「近」と「短」は本当ですが、
決してお安くはない!
HISで行くグアム、19800円なんていうのを見ると、どこか別の島の話かしらん??と思うくらい、GWにはお高いです。お盆もお正月も同じでしょうけど。
でもその時期にしか行けないんだから、仕方ないですよね・・・

さて仕事を終えて、学校と保育園から子供を連れ帰り、いよいよ出発です。
c0147790_22472061.jpg

季節柄、五月人形や兜が飾ってあります。

名古屋からグアムまではコンチネンタル航空(CO)とノースウェスト航空(NW)が出ています。
昔はJALWAYSも飛んでたんだけどね。
時間的にCOの方が便利なので、うちはいつもCOです。

コンチネンタルの許せない点は、エコノミーではアルコールが有料なんですよ〜。
ビールが1缶5ドルまたは600円!
お金払ってまで飲むもんじゃないと思うし、でもビールなしでは過ごせないし(?)。
心の中で激しく葛藤しつつ、結局は買うんですけどね。

あまりおいしくない機内食を食べて、うつらうつらしているとあっという間に到着です。3時間半。
この「さくっと感」がモルディブにもあるといいんだけどなあ。
モルの場合は、かなり飛んだなと思ってもまだ台湾ですよね〜。

c0147790_13484084.jpg

さて、現地時間の夜中の1時にグアム到着。(時差 +1時間)
夜中で眠いけど、入国審査がこれまたけっこう並ぶのよ。
マーレに着いたときなら「きゃーとうとう来ちゃった!夢にまで見たモルディブ。これからバカンスの始まり・・・」と大興奮して眠気を感じる暇もないですが、
グアムではそこまでの興奮もありませんので、ひたすら眠いです。

空港の到着ロビーから出ると、ホテルのお迎えのスタッフが待っていてくれます。
ホテルは個人手配なので、一緒に送迎もお願いしてあります。
車に乗り込むと、おしぼりとお水が出てきて、ちょっとほっとします。
ホテルまでは車で10分もかかりません。
このお手軽さもグアムならでは!
by powderblueY | 2008-02-20 23:08 | 2007 Guam | Comments(0)