カテゴリ:2008 Guam( 10 )

2008 Guam-7 そして最終日

そして最終日となりました。
帰りの便は16時50分発なので、まだまだ遊べます。

今日は、ホテル内アトリウムの風景から。
c0147790_16185846.jpg

c0147790_16192665.jpg

古いホテルを改装して、きれいにしてありますが、
そこはやっぱり新築ぴかぴかのホテルとは違うので、
建物の端々に古さがにじむところもあります。
それは別に気にならないのですが、
廊下にいつまでも虫の死骸が落ちていたり、ちょっと気になるところも。
特に、ベイビューコーナースイートのお部屋は、ウィングの1番端にありますので、
エレベーターからは長い距離、廊下を歩かなくてはなりません。
そうすると、廊下のたくさんの人が通るあたりはきれいに掃除されているんですが、
だんだんウィングの先端になり、通る人が少なくなってくると、掃除が行き届いてないんですね。
う〜ん、先日のお掃除されてない事件といい、このホテルはお掃除部門に問題があるのだろうか・・・
お掃除のおばちゃんたちは、会うとにこやかに挨拶してくれて感じはいいのですが。
管理部門の問題なのかな?

c0147790_162477.jpg

今日もラウンジの11階のソファ席で朝食を。
ここのラウンジは、ハイアットのラウンジに比べてメニューの品数が少ないです。
グラスやカップの補充が追いつかないところも。
でも卵料理をその場で注文して焼いてもらえるのは、ハイアットにはないサービスです。
それは気に入りました。

さて、最終日に泳ぐと帰りの荷物に濡れものが増えて大変ですが、
でもプール大好きなわが家は必ず泳ぎます。
なんたってモルディブの最終日、リゾートから水上飛行機でマーレに帰ってきてから、フルレホテルで泳ぐんですから。

c0147790_16271886.jpg

スライダー。楽しいです。
日本の管理されたプールと違って、スライダーには監視員もなく、
みんな連なって滑ったり、マットごと滑ったりしています。
マットで滑るとスピードが出て楽しいの。

c0147790_16283470.jpg

プールサイドにはこんなお花も。
c0147790_16285735.jpg

c0147790_16291614.jpg

c0147790_16293738.jpg

c0147790_16295142.jpg

3日間ともいいお天気でした。

チェックアウトは12時なので、11時半頃部屋に戻って、着替えと荷作りです。
ロビーに下りて、チェックアウトして、荷物はベルキャプテンに預かってもらいます。
c0147790_1631153.jpg

お昼はロビー階にあるTHE POINTというカフェに入ってみることにしました。
ここはスタバが入っていて、日本のスタバと全く同じドリンクがいただけます。
c0147790_16323518.jpg

食べ物は、ハンバーガーが3種類ほど、サンドウィッチが5種類ほど。

さてホテルから空港まで送ってもらうのは15時とのことなので、
まだしばらく時間があります。
1階にはキッズクラブがあり、子供たちが行きたがるので、行ってみました。

保育士さんが常駐しているタイプのキッズクラブではなく、
オモチャやすべり台などの置いてある部屋があり、
保護者同伴で遊ばせてください、というタイプ。
外の強い日差しを避けるためにも、ここで遊ばせたかったのですが、
入るために部屋のカードキーが必要!
もうチェックアウトしちゃったじゃん。

フロントで言えばなんとかなったんだろうと思いますが、
めんどくさくなって、
「じゃあ時間まで泳ぐ?」と聞くと、子供たちも「泳ぐ!」
全くタフな子供たちです。
スライダーのあるプールの脇にはトイレとシャワー・更衣室があるので、そこで着替え、
最後のプールで泳がせました。
親はさすがに、もう泳ぎませんでした。はい。

さて15時にホテルの車で空港まで送ってもらいました。
コンチネンタルのカウンターには長い列ですが、
前からやってきた日本語ばりばりの係員が
「お荷物が重いと思われる方は、あちらの体重計でお荷物の重さを量ってください。
重さが50ポンドを超える荷物には、50ドルかかります」
と大声で触れ歩いています。

ひゃ〜、そんなこと言われたの、初めてだよ。
荷物の多いわが家としてはピンチ!
2つのスーツケースをごろごろ引きずって体重計に乗せてみると、
50.5ポンドと46.0ポンド!
あっぶね〜〜。
重い方から化粧ポーチを1つ出して、軽い方に入れました。
これでクリアしましたが、しかし全部で96.5ポンド≒43.5kgもあったとは驚きです。
たった3泊なのに。

今年も楽しかったグアム。
みんな疲れて、帰りの飛行機が離陸する前に寝ちゃいました。
c0147790_16394434.jpg

機内食は食べずです。

まとめ <シェラトンラグーナの感想>
お部屋は感じがいいし、テラスのジャグジーもすてきです。
グアムにはほかにテラスにジャグジーのあるホテルはないと思います。
スタッフも親切で感じがいいですが、
どうもお掃除が不行き届きな感じがあり。
プールも清潔でおもしろいですが、
チェアは足りなさすぎです。
根本的な立地が、グアムの中心部(タモン地区のDFSあたり)からは遠く離れており、
車で15分くらいかかるので、
何度もお買い物に出かけたり、おいしそうなお店を物色して歩きたい人には向いていません。
食べに行くならここ!と決めて、送迎つきで予約を入れれば、そんなに不便な感じはしませんが。
なのでグアムリピーターで、ちょっと大人なゲストには向いているでしょうか。
あくまでも私見です・・・。

これでグアムの旅行記は終わりです。
長いことおつきあいいただき、ありがとうございました。
さっ、次はアマンプロだわ。
by powderblueY | 2008-05-21 16:52 | 2008 Guam | Comments(8)

2008 Guam-6 その夜のディナー

夕方ラウンジでいつものように飲み物をいただいたあと、
ディナーは中華料理です。

コンシェルジェに頼んで、今日はホテルアウロラ内の「桃華楼」を予約してもらっていました。

ホテルアウロラってどこ?って思われるでしょ。
わたしもグアムの情報はマメにチェックしている方だと思うんですけど、
このときまで知りませんでした。

ウェスティンの隣(DFSから遠い方の隣)にホテルオークラがありましたが、
そこが経営が変わって「ホテルアウロラリゾート ヴィラ&スパ」になったんだそうです。この4月から。
現地の人の発音で聞くと「ホテルアウロラ」というよりは「ホテルオーロラ」と聞こえます。
それで一層、「ホテルオーロラ? ホテルオークラのことじゃないの?」とこんがらがりそうです。
しかも中に入っている中華レストランは、おいしくて前から有名で、「桃花林」という名前だったんですね。
それが「桃華楼」とこれまたもじったような名前です。
実際、シェフなどもかわらずそのままいるそうです。

で、コンシェルジェのおすすめだったので、
ここを送迎つきで予約してもらっていました。

お迎えの来る18時半にロビーに下りてみると、
ロビーでポリネシアンダンスをやっています。
c0147790_23181426.jpg

ロビーの様子。
c0147790_23183849.jpg

c0147790_2319921.jpg

c0147790_23192637.jpg


ホテルアウロラからのお迎えの人と無事に会えて、
車でホテルに向かいます。
約15分。
ここから先、写真がなくて残念なのですけど、
桃華楼、とってもよかったです。
日本人好みの味で、すごーくおいしかったです。
70ドルの「梅」というコースにしましたが、
前菜(クラゲ、ピータン、チャーシュー、蒸し鶏など)
フカヒレのスープ
牛ヒレ肉と野菜、シメジの炒め物
アワビの煮込み
カニ爪フライ
大エビのマヨネーズ和え
チャーハン
杏仁豆腐
もう一品くらいあったかも。ボリュームも十分で、とてもとてもおいしかったです。
子供たちにはチャーシュー麺を頼みましたが、これまた美味!
お気に入りのお店になりました。

お会計がすむと、出口の案内係の人が「ロビーでお車がお待ちしております」と言い、
ロビーに下りると、玄関の配車係の人が「○○様ですね、お待ちください」とすぐに車を用意してくれました。
南国のホテルって、こういうところが連絡不行き届きだったりすることが多いのに、
ここ、なかなか気が利いてるじゃない!?
絶対また来ようと思いました。

ホテルアウロラのHPで見ると、2009年にはこんなプールつきヴィラが完成するそうですよ。
c0147790_23324464.jpg

c0147790_23325964.jpg

きゃあ、本当かしら!?
今まであまりいいアコモがないとされてきたグアム。
プールつきヴィラ大好きなわが家としては、ぜひ一度泊まってみたいです。
by powderblueY | 2008-05-20 23:34 | 2008 Guam | Comments(0)

2008 Guam-5 翌日も1日プールで

翌日も、朝早く目が覚めて、日本人カップルのパラソルの席取りを部屋から眺め、
ラウンジで朝食です。
c0147790_2210948.jpg

c0147790_22105550.jpg

c0147790_22111928.jpg

c0147790_22113474.jpg

c0147790_22123444.jpg

c0147790_22125245.jpg

c0147790_2214069.jpg

このポットみたいなチャペルは美しくて、シェラトンのランドマーク的存在ですね。

c0147790_2214476.jpg

今日もラウンジは混んでいて、11階のソファ席へ。
こちらにも飲み物の冷蔵庫があります。
ラインナップは10階と同じ。
c0147790_22153916.jpg

ここがインターネットコーナー。2台あります。無料。
c0147790_22162480.jpg

こういう雑誌の置いてある静かな一角もあります。

c0147790_22165046.jpg

ところでシェラトンの中は、こんなふうにアトリウム風になっていて、
どこかで見た・・・どこだっけ・・・
そうだ! 沖縄の万座ビーチホテルにそっくりです。
全体の地図はこんなふうになってます。
c0147790_22202447.jpg

ウィングがいくつかありますが、きっとどの部屋からも海が眺められるんだろうな。

さてこの日も一日中プールで遊びまくりです。
c0147790_2221735.jpg

c0147790_22221489.jpg

スライダー滑って、マットに寝転がって・・・

そして夕方上がって、テラスでジャグジー。
c0147790_2224450.jpg

今日も夕日が美しい。
c0147790_22243360.jpg

c0147790_2224537.jpg

c0147790_22265289.jpg

c0147790_22271269.jpg

c0147790_2228435.jpg

c0147790_22291469.jpg

美しい夕日でした。
by powderblueY | 2008-05-19 22:29 | 2008 Guam | Comments(2)

2008 Guam-5 いつものグアムの夜

さてタクシーでDFSに向かいます。
DFSまでは無料なんですけど、これってやっぱりチップって渡すべき?
よくわからないので、いつも少額のチップを渡していますが、どうなんだろう?

さてうちでは、職場へのばらまき用のグアムのおみやげは、いつもこれです。
c0147790_153837100.jpg

c0147790_15385714.jpg

1箱1400円くらいするので、決してお安くはないのですが、おいしいと好評です。
自分ち用にも一箱買っていきますが、いつもすぐなくなります。

DFSでこれを買って、ラルフローレンやバーバリーの子供服を見て・・・
本当はブランドもののお店にも入ってみたいですが、
アマンプロ前で、あまり主人を刺激しないように・・・
今回は見送りました。

そして夕食はソウルレストラン。
毎年毎年ここに通ってます。
おいしいんですよ〜。
DFSからウェスティンに向かって坂を上っていくと、右手にマクドナルドの入っているビルがあり、その次にラーメン藤一番の入っている建物があり、その藤一番の隣です。
不思議とグアムの電話帳には載っていなくて、
コンシェルジュに予約してもらおうと思っても、電話番号がわからないと言われます。
でも大丈夫、予約なしで行ってもいつもすぐ入れますから・・・

と思って行ったらびっくり!!
ほぼ満席です。
韓国人のお姉さん(というよりおばさんに近し)が忙しそうに立ち働き、
焼き肉のいいにおいが立ちこめて、韓国の言葉が飛び交っています。
こんなに混んでいるのは初めて。
座敷に座ると、お姉さんが「あなた毎年来てるね〜。覚えてるよ。お得意さんね〜」と上手な日本語で言います。
毎年といっても1年に1回なんだけど、本当に覚えてるのかな??
社交辞令かしら?

塩タン、カルビ、ハラミ、ホルモン、韓国海苔、チヂミ、石焼きビビンバ、そして最後は冷麺!
ここの冷麺は、麺が糸のように細くて、あっさりしたスープが絶妙においしいです。
書いてるだけでまた食べたくなってきました。
座るとすぐに出てくる韓国風のおかず(キムチやカクテキやナムル、ホウレンソウの韓国風おひたし等々)もすっごくおいしくて、このお店大好き!
みなさんグアムに行ったら、ぜひぜひ行ってみてくださいね。
ソウルレストランです。

お会計はカードで可能ですが、支払いにチップを加えてカード決済ということができないらしいので、
チップだけレジで現金で払います。

さて、生ビールやマッコリを飲んで、いい気持ちになったところで、
ショッピングモールTHE PLAZAの中の子供服屋に向かいます。
ここも毎年行ってるTic Tac Toe。
c0147790_15521960.jpg

THE PLAZAの2階にあります。
小さい子供向けの服っていうのは、どこに行ってもかわいらしいものがたくさんあるんだけど、
小学生以上の男の子の洋服っていうのは、なかなか選ぶのが難しいです。
かわいいだけではもう着てくれないし、「かわいかっこいい」みたいのがいいんだけど。
このTic Tac Toeにはそういう洋服がたくさんあって、いつもあれもこれもと買ってしまいます。
ここも毎年行っていてなじみなので、店員さんと盛り上がります。
c0147790_16121287.jpg


また来年ね〜と言って店を出ると、隣にも子供服の店ができています。
ここ数年でグアムには、子供服の店がずいぶん増えました。
うれしいことです。

さて、シェラトンに帰るために、タクシーを捕まえようとしますが、ここからが大変でした。
流しのタクシーは当然いないので、DFSまで行って、タクシー乗り場から乗ろうとしたのですが・・・
土曜の夜のせいか、全然タクシーがいないんです。
各ホテルからお客さんを乗せて来て降ろしていくタクシーは一杯いるんですけど、
ここは降り場と乗り場が全然別のところになっていて(階も違う)
乗り場に回ってこないんですね。
配車係のおじさんも無線で呼んでくれるんですけど、
どういうわけだか全然いないんです。
20分くらい待ったでしょうか。
やっと1台やってきて、それに乗って帰りました。
シェラトンラグーナまでチップ込みで約30ドル。
けっこう高い・・・
今まではいつもハイアットだったので、DFSからは歩いて帰っていましたから、
グアムのタクシー事情を初めて知りました。
ショッピングバスは1時間に1本だしねえ。
ちょっとシェラトン、どうよ?って気持ちになって来ちゃいました。

そしてお部屋に帰ってみると、びっくり!!
まだお掃除がされていません!
もう夜の9時だよ。
Housekeepingに電話して、すぐ来てくれましたが、
ちょっとねえ・・・
お掃除のおばちゃんたちはにこにこして、感じよくてきぱき働いてくれるんですけど、
どうなってるんだ??

主人が「もうここに泊まることはないな」
う〜ん、交通の便からしても、同感かも。
by powderblueY | 2008-05-19 16:09 | 2008 Guam | Comments(0)

2008 Guam-4 夕暮れから

夕方になり、プールから上がり部屋に帰りました。
この時点で、お部屋のお掃除はまだできていませんでした。
ちょっとびっくり。
だけどグアムのホテルってどこでも、お掃除がけっこう遅めなので、そのうち来るでしょうと思いつつ、
テラスのジャグジーに入りました。
c0147790_22533491.jpg

とっても気持ちがいいです。
でも日焼けがひりひり・・・
ビールのグラスを持ってのんびりぬる〜いお湯につかっているのは、最高でした。

着替えて、10階のラウンジに行きます。
ラウンジでは17時から20時までアルコールが無料です。
ビールや赤白ワイン、各種スピリッツ、いろいろありますが、シャンパンがなくて残念。
おつまみも2〜3種類あります。

さて、今日のディナーは、グアムに来ると毎回行ってる韓国料理のお店ソウルレストランに行く予定。
庶民的なお店で、いつも予約なしで行っても平気です。
場所は、DFSからウェスティンへの坂道を少し歩いた右側。
DFSまでは、どこのホテルから乗ってもタクシーは無料なので、
それで行くことにします。

ロビーに下りてみると、ちょうど18時半で、夕日を見る人たちがたくさん、ロビーに集まっています。

c0147790_2332667.jpg

手前から、ホテルのラグーン、インフィニティプール、海、そして沈む夕日。
c0147790_234125.jpg

今まさに沈んでゆきます。
明日もいいお天気だといいなあ。
c0147790_234449.jpg

c0147790_235459.jpg

沈んだあとも、しばらく余韻に浸ってます。
c0147790_2353222.jpg


ホテルの玄関にはちょうどショッピングバスと呼ばれる巡回バスが来ていました。
c0147790_2363687.jpg

ハワイ風のトロリーバスも。
c0147790_237689.jpg

気になってきょろきょろ見ていたら、時刻表を見つけました。
c0147790_2381589.jpg

c0147790_2311922.jpg

c0147790_23112516.jpg

これによると、ショッピングバスもトロリーバスも、シェラトンラグーナに来るのは1時間に1本みたい。
もっとDFSに近いハイアットとかウェスティンとかオークラ、日航あたりだと、20分に1本なんですけどね。
やっぱりハガッニャ地区はちょっと遠いので、お買い物に出かけるのには不便かなあ。
by powderblueY | 2008-05-18 23:15 | 2008 Guam | Comments(0)

2008 Guam-3 シェラトンラグーナのプール

早速プールに出てみました。
お天気がよくて、もうじりじりと肌を焦がす日差しです。

プールへはロビー階(2階)からでも、1階からでも、どちらからでも行かれます。
宿泊者か外来者かのチェックはなく、
インフィニティプールのそばにある軽食&バーのThe Surfer's Pointというところでタオルを借ります。
これも人数などのチェックもなく、積み重なっているタオルを勝手に持って行く感じ。

ハイアットも昔はそんな感じだったんですけど、今はチェックが厳しくて、
宿泊者は専用のブレスレットみたいのを腕につけられ、
その上タオルの枚数と部屋番号もチェックされ、
外来者はお金払わなきゃプールには入れんよ!って方針がありありです。

さてシェラトンラグーナのプールですが。
2カ所あります。
部屋から見えるインフィニティプール。
c0147790_7314834.jpg

チェアはここに見えている、たったこれだけしかありません。
しかもパラソルは4つしかない!
グアムのこの激しい日差しの下で、パラソルなしは厳しくない!?
チェアの争奪戦は当然激しくて、部屋から見てると、朝7時半くらいに日本人カップルが次々とやってきて、
持ち物を置いて席取りをしています。
だってパラソルのある特等席は4つしかないんだもの〜!

そしてもう一つ、多分これはパレスホテル時代からあったと思われるプールがあります。
(といっても別に古い感じはしません)
c0147790_7354774.jpg

こんな滝があったり(後ろは洞窟みたいになっています)
c0147790_7363819.jpg

スライダーがあったり
c0147790_737289.jpg

手前の薄い水色のプールは、子供用の浅いプールです。
20センチくらいの水深です。
奥のプールは3〜5フィートと書いてありました。

こんな感じで、子供たちがわいわいと遊ぶには、こちらのプールの方がよさそう。
客筋も違っていて、
インフィニティプールは日本人カップル、
スライダーのあるプールは現地の親子が遊んでいます。

でもこちらのプールもチェアは少なくて、
木陰のチェアは激戦区。
このホテルの客室数に比べると、どうしてこんなにチェアが少ないのか疑問・・・

そしてこれが前にも少しお話しした、プールに浮かんでる青いマット。
c0147790_7421935.jpg

うちの一家全員の激しい日焼けの原因となったマットでございます。
これがプールの中にたくさん浮かんでいて、誰でも自由に使えます。
上に寝転がってぷかぷか浮かんでるの、すごく気持ちいいです。
でも直射日光浴びまくりですから、気をつけてね。
マットは肌に触れる部分がこすれて、日焼け止めが落ちます。
よく海外のリゾートで、ヨーロピアンのメタボなおじさまが
全身真っ赤に日焼けして、あららどうするのそれ状態になっているのを見かけますが、
あっという間にあんなふうになります・・・

さてランチは、水着のままで食べられるのはThe Surfer's Pointのみ。
c0147790_7474955.jpg

ここも席数がきわめて少ないので、
注文して「あそこの木の下にいるよ」とか言っておけば、デリバリーしてくれます。
メニューは各種飲み物と、カレーが3種、サンドウィッチが4種。
プールサイドで食べるカレー、みょーにおいしいです。

ほかに着替えてドライな状態になれば、ホテル内のビュッフェレストランや、
スタバの入っているカフェテラス、またThe Presidentという鉄板焼&日本食レストランでもランチが食べられます。

さてさて昼からはインフィニティプールでも泳いでみました。
c0147790_754934.jpg

チャペルが間近に見られます。
結婚式、していました。
ガラス張りで美しいチャペルです。
でも中は暑いんじゃないかなあ。
クーラーがんがんかしら。

c0147790_7553943.jpg


そうそう、シェラトンラグーナには砂のビーチはありません。
海岸に下りれる階段があったので、下りてみましたが・・・
c0147790_757323.jpg

こんなふうにわさわさと草が生えてまして
c0147790_7573785.jpg

下は岩場です。
潮だまりに小さい魚がいたりして、それはまた別の楽しみですが、
白い砂浜の続くビーチといったものはありません。
スノーケリングできるような感じでもありません。
沖合にサーフボードを持った現地の人はいましたが。
by powderblueY | 2008-05-18 07:59 | 2008 Guam | Comments(2)

2008 Guam-2 シェラトンラグーナで迎える朝

グアム時間の午前3時過ぎに寝たのに、7時前にはもう起き出して、テラスに出てみました。
考えてみると、くつろぎに来ているのに、リゾートではいつも遅寝早起きで、
めいっぱい体を酷使しています。

c0147790_23291393.jpg

お部屋のテラスからの眺め。
透明なポットのような形をしたのは、チャペルです。
この日も翌日も、ウェディングが行われていました。
長方形のが新しくできたインフィニティプールですね。
そのほかの薄い水色のところはラグーンと呼ばれていますが、
浅い水場で、泳ぐところではありません。
c0147790_23315859.jpg

c0147790_23322999.jpg

お天気もよく、気持ちのいい朝です。
もうすでに暑い・・・
c0147790_23343371.jpg

テラスにはジャグジー。向こうの灰色のはフタです。
雨の時とかにはフタがされるのかな?
このジャグジーについては、スイッチもいくつかあるけど絵記号がよくわからないし、
取扱についての説明というものが一切ありません。
適当にボタンを動かしていたら泡が出始めたという感じでした。
ジャグジーの中で石けんやシャンプーを使っちゃダメとか、
きっといろいろ「やっちゃいけないこと」があるんだろうけど、
書いてないから知らないよ〜、うちは中でシャンプーしちゃったよ〜。

それからテラスには気持ちのよい椅子もあります。
c0147790_2339165.jpg

夜はここに寝転がって星を見るのが最高!

このテラスと別に、寝室に面している小さいテラスもあり、
そちらは小さい椅子が2脚あるので、水着を干したりするのに使いました。

海は鏡のように静かです。                          
c0147790_23404918.jpg


さてさて、ラウンジでの朝食は10時までなので、9時過ぎに家族を起こし、
朝食に出かけます。
10階と11階がラウンジになっています。入り口は10階。
入り口は部屋のキーでドアを開けます。
コンシェルジュが座っています。
10階にはテーブル席とお料理。
螺旋状の階段で上がった11階にはソファ席とPCのコーナーがあります。
10時まぎわに行くとけっこう混んでいて、
「申し訳ありませんが、上の階のお席でもよろしいですか?」と聞かれますが、
11階の方が実は静かで落ち着いて食事ができます。

c0147790_23452157.jpg

朝食の内容は、コーヒー紅茶ジュース、各種パン、シリアル、
ご飯おみそ汁などの和食、
玉子職人さんがいて、卵をその場で焼いてくれます。
スクランブル、オムレツ(具はチーズ、ハム、マッシュルーム、ネギなど選べます)、目玉焼きの3種類。
ラウンジのスタッフたちはみんなにこやかで忙しく立ち働いていますが、
グラスがなかったり、フォークが品切れだったり、コーヒーカップがなかったり・・・
ちょっとキャパを超えてるような・・・

部屋に戻って着替え、さっそくプールへ。
by powderblueY | 2008-05-16 23:56 | 2008 Guam | Comments(0)

2008 Guam-1 出発からシェラトン到着

まずはグアムの旅行記から始めたいと思います。
アマンプロのことをお話ししたいのはやまやまですが、
早く書いとかなきゃグアムのこと忘れちゃいそうなので・・・

仕事が終わってから夜便で出て、3泊4日の旅でしたが、
飛行機がグアムに到着するともう翌日の日付になっているので、
3泊3日といった感じですね。

c0147790_233935.jpg

今回のお荷物たちです。
子供たちには Four Seasons Maldives at Landaa Giraavaruでもらったカメのリュックをしょわせました。
微妙に色違いです。
これ、ソネバフシにも入っているBAREFOOTというショップのもののようです。
スーツケースは今回も非常に重くて、2つで35kgありました・・・。

エアーはコンチネンタルのHPからオンライン予約したのですが、
出発の前日にメールが来て「ウェブチェックインしませんか?」と案内されたので、
指示に従ってやってみました。
パスポートのナンバーや滞在先などを入力すると
搭乗券が出てきて、プリントアウトでき、
「これであとは、空港で1時間前までにお荷物をお預けになるだけです」とのことでした。

とはいっても半信半疑で2時間前にセントレアに行ってみると、コンチネンタルのカウンターには長い列(もちろんうちはエコノミーです)。
しかしよく見ると、ビジネスクラス専用のレーンのところに「ウェブチェックインがお済みの方」と書いてあり、そこからするっと入れて、荷物を預けて、5分足らずでチェックイン完了でした!
なんてすばらしい!
こういうシステムの恩恵にあずかったのは初めてです。
今度からも絶対これにしよう。
(ただし帰りはグアムの空港で普通に並びました)

c0147790_2310398.jpg

c0147790_23182295.jpg

免税店で鏡に向かう娘。

c0147790_2319526.jpg

定刻より少し早く出発し、1時間ほどして機内食が出ましたが、
子供たちはもう寝てしまっており、食べませんでした。
コンチネンタルのエコノミークラスは、アルコールは有料です。
去年まではビール1本が「5ドルまたは600円」でしたが、
円高の影響で、今回は「5ドルまたは500円」でした。
これ、さっき両替したレートが1ドル107円だったことを思うと、
円で払った方がお得ですよね?
ところが帰りの便では「5ドルまたは600円」に戻ってました。
これはドルで払った方がお得のよう。
しっかし、早くビール飲んでいい気持ちになりたいのに、その前にごちゃごちゃと金勘定はいやだわ。

定刻より少し早くグアムに着き、空港の出口を出ると、Sheraton Laguna Guamのプレートを持ったお兄さんが待っています。

いつものHyatt Regency Guamに少し飽きてきた感があったので、今回初めてSheratonにしてみました。
ちょうどオープンして1年になります。
4人なのでBay View Corner Suiteというお部屋にしましたが、
このお部屋にはラウンジの使用とともに、空港までの往復送迎がついています。

車は10分ほどでSheratonに着きました。
DFSやホテルの建ち並ぶタモン地区からは少し離れていて、
オンワードビーチリゾートやサンタフェ、アルパンビーチタワーなどのあるハガッニャ湾に面した方になります。
1年前の開業前は、パレスホテルというホテルでした。
建物は変わらず、中を改装し、ラグーンを作ったり、新しくインフィニティプールを作ったりしたようです。

チェックインはあっさり終わり、すぐお部屋へご案内。
真夜中のせいか、ラウンジの説明だとかお部屋のエアコンの説明だとか一切なく、
至極あっさりとしています。

お部屋は、まず入るとリビングです。
c0147790_23361294.jpg

c0147790_23561910.jpg

c0147790_23565632.jpg

c0147790_23572696.jpg

c0147790_23383276.jpg

ミニバーのコーナー。
大きな液晶テレビがあり、広めのデスクもあります。
隣がベッドルーム。
c0147790_23394349.jpg

c0147790_2340093.jpg

息子用のエキストラベッド(1日40ドル)と、娘にはベビーベッド(無料)を入れてもらいました。
この部屋にはエキストラベッド2つは無理です。
予約の時「4歳のお子様にはベビーベッドは小さすぎると思います。赤ちゃんを寝かせるタイプの小さいベビーベッドです」と言われたのですが、
きっと寝れるだろうと思い、「それでいいです」とお願いしてありました。
HPを見るとベビーベッドのサイズは101×71cmとあり、ちょうど娘の身長と同じくらいですが、
子供って足を伸ばしてまっすぐに寝るわけじゃないので、これで全然OKでした。
でもさすがに来年は無理だろうなあ。
添い寝はいやなので、4つベッドの入る部屋というと、どこのホテルでもすごく限られてきます。
だんだん家族旅行も大変になってくるなあ・・・

c0147790_2348142.jpg

ベッドルームにも大きな液晶テレビと、奥に(ベビーベッドに隠れていますが)ドレッサーがあります。

それからバスルーム。
c0147790_23491296.jpg

c0147790_23493434.jpg

c0147790_23495137.jpg

ダブルシンク。独立したバスタブ。シャワールーム。トイレ。
トイレはもう1カ所、入り口入ってすぐのところに広いのがあります。

そんなに広くはないけれど、リビングはなかなか落ち着けます。
荷物の多いわが家には、広いクローゼットや引き出しが少ないのがちょっと不満。
液晶テレビの置いてある台に引き出しがいくつか付いているので、そこを利用しますが、
まとまった引き出しがほしかったなあ。
それと入り口入ってすぐが狭い(というか普通のホテルのサイズ)なので、
靴やサンダルで足の踏み場もありません。
c0147790_23554826.jpg

まあでも困るというほどでもありません。

簡単に荷物を広げて、あわあわのお風呂に入り、
ビールを飲んでまったりして寝ました。
by powderblueY | 2008-05-15 23:59 | 2008 Guam | Comments(0)

グアムからただいま

昨日の夜、グアムから帰ってきました。

楽しかったです。

っていうか、ものすごい日焼けをしてしまって、全身、痛いです・・・

子供の頃だってこんなに真っ赤になったことはないのに、っていうくらいの
ひどい日焼けです。

今年は初めてSheraton Laguna Guamに泊まったのですが、
プールにたくさん青いマットが浮いているんですよ。
誰でも自由に使えて、
この上にごろんと横になって、ぷかぷか浮いていると気持ちがいいの。

で、普通の人はおとなしくマットの上で揺られているわけですが、
プール大好きなうちの一家の場合、とことん遊び倒すというのが信条なので、
お互いをマットから引きずりおろしたり、
マットの上の息子をくるくると簀巻きにしてみたり、
4人で1枚のマットの上に上がって落としっこしたり、
ジョーズのように水中から突然がおーーっと出てきてマットをひっくり返したり・・・

そんな激しい遊びをしているうちにマットでこすれて日焼け止めがどんどん落ちてきちゃったんですね。
もちろん専用クレンジング剤でないと落ちないはずの「金のアネッサ」なんですけど、
それが落ちちゃうくらいの激しさだったってわけです。
しかも今年からもう娘がお昼寝が必要なくなったため、朝から夕方までずーーーっとプールで遊びっぱなし。
気がついたら、全身まっかっかでひりひりでした・・・

子供じゃあるまいし、いい年こいた大人がこの日焼けっぷりは、
お肌のためにどうこういうよりも、まず、恥ずかしいです。

ま、裏返せばそれだけ楽しんだってことなんですけどね。

今日は、痛みから痒みに変わってきた背中や足の付け根をぼりぼりかきながら、
1日中、洗濯でした。

そしてこのお猿のお尻のような顔で、明日からアマンプロです。

うれしいとか、夫に申し訳ないとかいう気持ちももう超越して、
ひたすら、恥ずかしいです・・・。
by powderblueY | 2008-05-06 22:48 | 2008 Guam | Comments(0)

円安傾向?

今週金曜からのグアムに向けて、心はすっかりうきうきなわけですが。

荷作りもほぼ完了し、あとは化粧品など直前に入れるものだけです。

がっ!
ここに来て、じりじりと円安傾向ではありませんか。

3月に急激に円高が進み、
99円台にまでなったので、
しめしめ、GWまでこの調子でいておくれよ、って思っていたのに、
4月半ばから101円、102円・・・となり、
今日は104円ではありませんか。

なあ〜んで〜?

まあそれでも、去年の9月にモルディブに行った頃は120円だったわけですから、
それを思うとずいぶんありがたい円高なのですが。

ところで外貨を入れてあるお財布を見てみたら、
モルディブの時のドルの残りが100ドルちょっと出てきました。

これって今度のグアムで使うべき??
なんといっても1ドル120円だったときのドルですから、
104円の今、使うのは損なような・・・

今回は今回で、また新たに1ドル104円で買って使った方がお得なような・・・

じゃあこの残った100ドルちょっとは、いつ使えばお得なの?
うんと円安になって、1ドル130円くらいになったときに使えばいいの?

それともそういうのって考えても意味のないこと?

お金にうといので、よくわかりません・・・。
為替差益で1億ほど儲かっちゃったよ、とか言ってみたいです。
by powderblueY | 2008-04-28 21:58 | 2008 Guam | Comments(2)