カテゴリ:2009 Guam( 12 )

Guam 2009 その12 水族館

大雨のあとの空は、もう太陽が顔を出し、
蒸し暑くなってきました。
ラーメン屋さんも、いつもの藤一番も飽きてきたので、
他のところを開拓してみよう。
アウトリガーの中に「てんてこまい」というお店を見つけて、
入ってみることにしました。
醤油ラーメン、塩ラーメン、豚骨ラーメン、カレーラーメンなどそろっていて、
中は居酒屋風の感じ。
メニューの黒板には、「アジのたたき」とかあったし、
塩でいただく天ぷらとかもありました。
でも店員さんは地元の人ばかりで、日本語は通じなさそう。
ラーメンはなかなかおいしかったです。

さて、昼食のあとは、子供たち待望の「水族館」です。
アウトリガーから続くビルの中に「Underwater World」という水族館が入っているんです。
DFSの目の前だし、夜9時までやっているし、
お気軽に入れるのがよいところ。
でも入場料は、大人23ドル、小人12ドルと、あまりお手軽ではないんですけどね。
親子4人で入ったら70ドルです。
c0147790_22201574.jpg

ここには、館内の各所に海の生き物に関するクイズが出題されており、
入り口でもらう解答用紙に記入しながら進み、
最後のショップのレジのお姉さんに提出すると、採点してくれ、
満点だと、なにか賞品をもらえることになっています。
もうこの水族館に来るのは7回目くらいなんだけど、
まだ1度も満点を取ったことがないので、なにがもらえるのかはわかりません。
いつも「来年まで回答を覚えていよう」と思うのですが、
忘れちゃうのよね。
ちなみに全員がもらえる参加賞は、サメの歯です。

大きな水槽に、海の生き物がたくさん。
サメや、カメや、トビエイや・・・ダイビングで見たら歓声を上げてしまいそうな魚が
たくさんいます。
c0147790_2221957.jpg

このサメ、不気味です。
正面から見た顔は、もっと不気味です。
c0147790_22225985.jpg

c0147790_22233844.jpg

c0147790_22235110.jpg

お茶目な顔のエイ。
c0147790_2224114.jpg


はな子は、今までこの水族館に来ても、
魚をぼーっと見ているだけで、あまり興味を示さなかったのですが、
今回は「カメ!」「サメだよ。お母さん、サメ!」「うわああああ、この魚なに!?」
と興味津々でした。
ハイダウェイのスノーケリングで、実際にいろんな魚を見たせいだと思われます。

無事に水族館見学を終え、ハイアットまで歩いて帰り、
タクシーで空港に向かいました。
帰りの便は16時半発なので、ゆっくりと遊んでから帰れます。

ちなみに帰りのタクシーのお兄ちゃんと話したところによると、
グアムの空港には夜中でもちゃんとタクシーが豊富にいるそうです。
次からは到着時のホテルのリムジンはやめて、
タクシーで行こうと思ったのでした。

ジロが産まれて、5ヶ月の時に初めてグアムを訪れてから、
今回でちょうど10回目となったグアムでした。
行く前には「そろそろグアムはもういいかな、っていう気持ちになって帰ってくるかな?」
と思っていたのですが、
そんなことはなく、
やっぱり短い期間でお手軽に楽しめ、買い物もでき、そのわりに海もきれいで、
家族全員で楽しめるグアムの魅力を改めて感じてきました。
多分、来年も行くと思います。
でも9月はRainy seasonのようなので、
違う季節にしよっと。
by powderblueY | 2009-10-06 22:33 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その11 おそるべし、グアムの・・・

着替えてプールへ。
もう最終日なので、プールに入って髪が濡れちゃう前に、記念写真を撮ります。
c0147790_22553078.jpg

夕べ、ハイアットの1階のショップで買ったビキニを着て、ご満悦のはな子。
この時点では、バックに見える空も青くて、お天気がいいでしょ。

ところが、泳いでいるうちに、次第に雲行きが怪しくなってきました。
太陽が厚い雲に隠れ、寒い風が吹き出したので、体が冷え、
「ジャグジーで温まろっか」
とジャグジーに駆け込み、しばらくしたら
ぽつぽつと降ってきました。

まだこの時点では、「すぐやむでしょ」とのんきなことを言っていたわたしたち。
ジロは「ジャグジーなんて入ったら、もう二度とプールに入れなくなるよっ」と
一人でスライダーを滑り続けていました。

ジャグジーのそばには、水温を示すデジタルの表示板があるのですが、
摂氏ではなく華氏表示なので、100℃とか出ています。
「う~~~沸騰してるよ~」
中国語の表示もあり、「按摩浴池」と言うらしいですわ、ジャグジーは。

と、見る間に雨脚が強くなって、プールを引き上げるゲストが多くなってきました。
「どうする? 引き上げる?」
「とりあえず荷物のところまで戻ろう」
とパラソルの下まで来たら、ざんざん降りとなりました。
すぐ隣のアウトリガーホテルが雨に煙って見えないほどの大降りです。
ひゃああ、こうなったらもう、部屋にも戻れません。
みんなでパラソルの下で寒さに震えていました。
そのままどれほどの時がたったでしょう。
ふと時計を見ると、もう11時です。
「もう時間だよ。引き上げなきゃ」
プールの入り口の、タオルの返却所までは、タオルをかぶって走っていくことにしました。
タオルを返してから、ホテル内までは、雨に濡れつつ走っていくしかありません。
雨粒が当たって痛いほどの大雨でしたわ。
しかもやっとホテルまでたどり着いて、中に入ると、
中は南国のホテルらしく、冷房がきんきんに効いていて、寒いのなんの!
全員でぶるぶる震えながら、ぬれねずみで部屋まで帰り、熱いシャワーを浴びたのでした。

おそるべし、グアムの大雨。

でもうちの子供たちは野生児なので、風邪も引かず、けろっとしていました。

温まって、やっと人心地がついて、荷物をまとめ、チェックアウトです。
このころには、だいぶ小降りになっていました。

フロントのお兄さんが「御滞在はいかがでしたか?」と言うので、
「リージェンシークラブがとっても広くなって、前よりずっとよくなってたわ」と言っておきました。
スタッフも前よりずいぶんよくなった気がするわ。
みんなてきぱきとよく働くし、笑顔だし、
以前の、南国特有のだれっとした雰囲気はなくなったみたい。

チェックアウトのあと、荷物を預かってもらって、お昼ご飯を食べに出かけます。
いつもはDFSの向こうの「藤一番」というラーメンやさんで食べるので、
そこへ行こうかとハイアットの坂を下りていったら・・・

ぬわんと、そこには湖ができていました。
c0147790_22573134.jpg

c0147790_22574960.jpg

すごいでしょ。
これ、ホテルロードという、グアムで一番の目抜き通りなんですよ。
ちょうどハイアットのあたりが一番低くなっているので、
雨水がここに集中して溜まっているらしい。
道路の脇の排水口がごうごうと音を立てて水を吸い込んでいますが、
あまりにすごい雨だったので、排水能力が追いついてないのね。

すご・・・・
DFSに行こうにも、道路が渡れません。
そりゃあふくらはぎくらいまで濡れていく覚悟ならいいけどさ。
「こんなの大したことない。水の中を歩け」って主人は言うけど、
そりゃあんたはクロックスはいてるから、濡れてもいいけど、
わたしは松坂屋で買った一張羅のサンダルだから、やだよ。

車が水上自動車のようになりながら、走っていきます。
c0147790_2325279.jpg

c0147790_233842.jpg

c0147790_2333592.jpg


結局、道路をDFSと反対の方向に歩いて、
水が少なめなところを探して、やっと渡りました。
c0147790_23113512.jpg

エンストしてる車もいます。
エンジンまで水をかぶったのか、もうもうと白煙を上げている車も。
なんだかわたしが子供の頃の日本の景色みたいです。
そう、グアムって大いなる田舎なのよね。
ホテルロードは比較的近代的に見えるけど、
車で5分も走ると、ものすごく「アメリカの田舎」っぽい雰囲気になります。
みんなのんびりしてるしね。
ほら、信号待ちの間にエンストしちゃった車を、
みんなでわいわいと押したりしてるわ。
この田舎ぐあいが、なんだか癒やされるのよね。
c0147790_23112117.jpg

by powderblueY | 2009-10-05 23:12 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その10 最終日の朝

目覚めて、今日はもう最終日です。
3泊とはいっても、初日に到着するのが真夜中だから、あっという間なのよね。

外はいいお天気です。
3日間のうちで一番かも。
c0147790_2257468.jpg

c0147790_22575919.jpg

c0147790_22581035.jpg

c0147790_22582839.jpg

お部屋から見るこのタモンビーチの景色、わたしは結構好きです。
高いところから見る海の趣が、
モルディブとはまたひと味ちがいますよね。
c0147790_22592667.jpg

c0147790_22593934.jpg

c0147790_22595518.jpg

c0147790_2301768.jpg

複雑な形をしたこのプールも大好き。
家族で泳ぐ練習をしたりするには、
チャペルのそばのプールが静かで最適です。
c0147790_2311329.jpg

c0147790_2313221.jpg

c0147790_2314831.jpg

ホテルのロビーを出て、プールへ向かう途中には、
こんな噴水もあります。
はな子は「ここで泳いでいいの?」と聞いていたけど、
ここでは泳げません。
c0147790_2323560.jpg

南西の方向の、マリオットやPICなどのホテル群。
c0147790_2331273.jpg

今日はドロップオフ(?)のあたりに白波が立っています。
その向こうがヒルトン。
c0147790_233457.jpg

c0147790_234579.jpg

c0147790_2342599.jpg

c0147790_2343823.jpg

お部屋のリビング。

今日はチェックアウトが12時。
その前にシャワーを浴びるとして、
11時にはプールを引き上げてこないといけません。
なのでいつもより早めに朝食に出かけました。
c0147790_2362073.jpg

このラウンジにはとても満足でしたが、
1つだけ不満を言わせていただけるなら・・・
わたしはコーヒーは飲まなくて、紅茶党なのですが、
いろんな種類の紅茶(ティーバッグではなく、リーフ)がそろっているのに、
ティーポットがありません。
茶こしはあります。
どうやって紅茶を淹れればよいのでしょう。
茶こしにリーフを入れて、上から熱湯を注いでみたけど、
これでは葉っぱが開かないしね。
仕方ないので、今日だけコーヒーにするか、と思い、
コーヒーメーカーを見ると・・・
1台の機械で、普通のコーヒーも、エスプレッソも、カプチーノも、カフェラテも、
いろんなものが作れるすぐれものの機械が入っているのですが、
一人一人に時間がかかるため、長蛇の列です。
それでも並んでみましたが、
途中で「中を洗浄中です、お待ちください」の表示が出ているときに
やみくもにいろんなボタンを押した人がいたらしく、
壊れてしまいました・・・。
ちょっと工夫の余地があるかもね。
不満だったのはこの点だけです。

さあ、プールに出かけようね〜。
by powderblueY | 2009-10-04 23:13 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その9 桃李

さて、1日遊んだプールを引き上げ、
お部屋でシャワーを浴びます。
今日は曇り空だったので、日焼け止めもいい加減に塗っただけだったけど、
やっぱり南国の日射しですねえ。
曇ってはいても、けっこう日焼けしました。

12階のラウンジへ。
今日は曇りなので、夕日は期待できません。
ラウンジはと〜っても混んでいます。
お料理のコーナーにも、人がたくさん。
ムール貝とかエビのガーリックソテーとか、
美味しい料理が並んでいます。
シャンパンも3杯ずつ飲んじゃったわ。
c0147790_22571884.jpg

このあと「桃李」の予約が入っているのに、
主人は「もうお腹いっぱい。ラーメン1杯でいい」とか言っています。
まあ、そう言わずに・・・

タクシーでホテル日航へ向かいます。
桃李では送迎はしてくれないそうなので、
タクシーで行くか、ホテルとDFSなどの間を巡回しているバスで行くか、ですね。
歩いていける距離ではありません。

ホテル日航に入るのは初めてだけど、
吹き抜けが開放的なイメージです。
レストランは16階。
窓からタモンビーチの美しい夜景が見えます。
c0147790_2393664.jpg

なんか暗い写真でスミマセン。
ハイアットのコンシェルジュのお姉さんがお願いしておいてくださったので、
窓際の席になっていました。
ここから見る夕日はきれいだろうなあ。

子供たちにはワンタン麺、
大人には前菜の盛りあわせ(クラゲ、チャーシュー、ピータン、ブロッコリーのカレー炒めなど)、
卵入りフカヒレスープ、牛肉とマカダミアナッツのXO醤炒め。
それに紹興酒を1本あけちゃったわ。
どれもとてもおいしかったです。
お料理はいいんだけど、
レジのお姉さんとか、入り口の案内係のお兄さんとかは
今ひとつサービス精神が感じられず、ちょっと残念だったかな。

グアムでの中華料理といえば、去年はホテルアウロラの中の
「桃華楼」に行きました。
送迎もしてくれたし、お値段もリーズナブルで、とってもおいしかったの。
ところがホテルアウロラは、今年の6月から宿泊部門の営業を停止してしまいました。
レストランは9月に入っても営業していたようなのですが、
コンシェルジュのお姉さんがおっしゃるには、9月下旬に営業をやめるという噂があり、
電話をかけてみてくれたのですが、つながらず、
予約はできませんでした。
う〜ん、とってもいいレストランだったのに、残念だわ。

ホテル日航からタクシーでハイアットに帰り、
部屋のテレビでNHKを見て寝ました。
海外の旅行先でNHKが見られると、なんとなくほっとしますよね。
by powderblueY | 2009-10-03 23:22 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その8 今日も遊ぶ

なんとか雨がやみ、太陽が顔をのぞかせてきました。
部屋で大急ぎで着替えて、プールへ出かけます。

プールの真ん中あたり、バレーボールのネットが張ってあるあたりの一番前に
席をとり、さっそくプールに入ります。
雨を見て、みんなショッピングや島内観光に出かけてしまったのか、
意外にもプールはすいています。
c0147790_23212688.jpg

プールの水、つめた〜〜い!
すぐには全身は入れず、ぶるぶる震えていますが、
我慢して、えいっと入ってしまえば、あとは同じです。
c0147790_2322329.jpg

また今日も、おしりがすり切れるくらいスライダーを滑ったり、
潜りっこをしたりして、遊びます。

今日もプールサイドでランチを食べ、午後からは海に出かけます。

今日は、海にはいるのに、カメラを持ってきました。
c0147790_2322274.jpg

c0147790_23223835.jpg

c0147790_23225238.jpg

c0147790_2323956.jpg

グアムの海、こんな感じかな。
決して何もいないわけではないけれど、
スノーケリングにはあまり期待しない方がいいかな?
でもプールに飽きたときには、海に入ってみると、そこそこ楽しめます。

それよりもグアムの海といえば、やっぱりほかのアクティビティの方がいいかもね。
今回は、これに乗りました。
c0147790_23261563.jpg

c0147790_23263427.jpg

この乗り物は「アクア・サイクル」というそうです。
30分で20ドルです。
料金はお部屋付けにできます。
カヌーや足こぎボートや、モルディブで乗ったこんなのや、
(これ確か、サーフバイクっていいましたっけ)
c0147790_23303448.jpg

いろんなものがありますが、
でも長い時間をかけてじーっと見ていると、
アクア・サイクルが一番人気なんだってことがわかります。
休む間もなく、次々と借り出されていきます。
この大きな車輪が楽しそうだからかな。
大人だと2人乗りですが、
子供を含むと3人は乗れます。
乗り心地は、見たまんまかな。
座席が高いので楽しいですよ。
c0147790_23381534.jpg

今日も夕方までたっぷり遊んで、満足満足。
心配していたお天気もなんとかもって、降られずにすみました。
by powderblueY | 2009-10-02 23:39 | 2009 Guam | Comments(2)

グアム 2009 その7 次の朝 

次の朝、目覚めて最初に気になるのは
やっぱりお天気です。
c0147790_23233977.jpg

ちょっと曇りがちだけど、ちゃんとかなたの日航が見えています。
c0147790_23243133.jpg

c0147790_2324428.jpg

なんだか、真っ黒な雲が近づいてくるような・・・
c0147790_23262874.jpg

c0147790_23264543.jpg

c0147790_2327966.jpg

c0147790_2328673.jpg

今日もこのプールで遊ぼうねー!

と思いつつ、バッテリーを充電したり、写真を保存したりしていたら、
「お母さん、雨だよ」
と子供たち。
見ると、さっきまでの曇り空はどこへやら、
ざんざん雨が降っています。

ああ、降って来ちゃった・・・。

雨脚はだんだん強くなり、雨に煙って、ホテル日航は見えなくなりました。

主人を起こして、ラウンジで朝食です。
c0147790_2331336.jpg

ラウンジは、昨日とは比べものにならないほど、めちゃめちゃ混んでいます。
最初は坐るテーブルがなかったほど。
昨日到着した人たちで、絶対数も増えているのと、
雨なので、みなさん、ゆっくりめな朝食なのでしょう

「ねえ、この雨が1日やまなかったら、どうする?」
「困る」
「いや、そりゃ困るんだけどさ、なにして遊ぶ?」
「うーん、グアムといえば・・・やっぱり・・・」
「ショッピング? 朝からDFSに行く?」
「いやだよ。あの香水の匂いがぷんぷんするところ、大嫌い」
「あら、DFSじゃなくても、マイクロネシアモールとかもあるわよ。
 子供服も買えるし、ちょっとした遊園地みたいのとか、フードコートもあるわよ」
「いやだ。俺はショッピングは好きじゃないの。
 それよりグアムといえば、やっぱり、実弾射撃じゃない?」

すると、テレビで放映されてるアニメの「ゴルゴ13」にはまっているジロが
「それボクやってみたい!」
(多分、子供はやらせてもらえません)
「1km先の人を狙って、額の真ん中をびしっと撃つんでしょ」
(テレビの見過ぎだよ)
「俺はちょっとやってみたいよ」
「はなちゃん、そんなのやりたくない。お買い物行きたい」
「じゃあ男子組と女子組に別れて、
 男子組は実弾射撃、女子組はショッピングかしら」

などとしゃべっているうちに、なんとか雨は小降りになってきました。

このラウンジには、日本人コンシェルジュも常駐していて、
頼りになります。

今晩のディナーの予約をしておこう、ということになり、
中華料理のおすすめのレストランを聞いてみたら、
ホテル日航の中にある「桃李」が評判がいいそうです。
その場で予約を入れてもらいました。
「夜景がきれいに見えるレストランなので、
 窓際の席を希望しておきました」
と親切でした。

さあ、着替えてプールに行きましょう。
by powderblueY | 2009-10-01 23:58 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その6 ソウルレストラン

プールを引き上げて、ロビーを横切ろうとすると、
フロントの前には長蛇の列。
見たところ、日本人ばかりのようです。
今日はシルバーウィーク5連休の初日だから、
今朝日本を出発し、到着した人々のチェックインの列と思われます。
玄関を見ると、次々と空港からのバスが到着して、日本人をわんさか降ろしていきます。
明日からはプールは混むかもね・・・。

さてシャワーを浴び、お風呂でのんびりして、
着替えて12階のラウンジへ。

まもなく夕日が沈む頃です。
c0147790_23301423.jpg

ラウンジもけっこう混んでいます。
テラスにもいくつか席があり、正面に夕日を望めますが、全部満席。
クーラーの効いた室内から夕日を眺めます。

この時間、飲み物はシャンパン、ワイン(赤白)、ビール、ほかいろんなリキュール類、
ソフトドリンク各種などそろっており、
どれでも自由にいただけます。
お料理も豊富にそろっていて、
イタリアンな前菜や、魚介を使ったソテー、お肉、お寿司やデザートもたくさんあり、
ここで夕食をすまそうと思えばすませられるくらい。
なくなるとすぐに、違う種類の料理が運ばれてきます。
スタッフもきびきび働いているし、
ラウンジは、改装前よりずっとずっとよくなりました。

そういえばここの前菜が、ワインによく合う美味しいものばかりで、
これはバジルペーストね、こっちはバルサミコ酢かな?と研究モードのわたし。
ワインは好きでよく飲むんですが、ワインに合う料理ってなかなか難しいじゃないですか。
今日はワインを飲もう!と思って台所に立っても、
結局できあがった料理は、枝豆と冷や奴と焼き魚かよ!?みたいな・・・。
こういうことを研究するためにも、どんどん旅行に行かなくっちゃね~!
c0147790_2331447.jpg

さて、夕日はあっという間に沈んでしまい、
夕映えも美しく輝いた後、だんだん暗くなってきました。
c0147790_2332195.jpg

シャンパンとワインとお料理で、けっこうお腹いっぱいになっちゃったんだけど、
そろそろ夕食に出かけましょうか。

まずはハイアットを出て、DFSへ。
歩いて10分くらいです。

グアムに来ると、いつも子供服を買い込むのが楽しみ。
DFSではバーバリーやラルフローレンの子供服、
日本で買うよりはお手頃な価格で買えます。
ただバーバリーは、日本で売られているのは「三洋商会」というアパレル会社が
パテントをとって製造しているものなので、
独自の(日本人受けする)かわいいデザインですが、
グアムで売られているのは、わりとそっけないデザインだったりします。
タグを見ると「メイド・イン・チュニジア」とか書いてあって
チュニジアってどこよ?って感じですが。
でも品質は日本で売られているものと変わりません。

もう一つ、DFSの向かい側のThe Plazaに入っている「Tic Tac Toe」という子供服屋がお気に入りだったんだけど、
今年の2月に閉店になっちゃったしねえ。
すご~く残念です。

DFSで、ほかのブランド店も見たいのに、
主人やジロに軽く無視され、
(はな子は「お母さん、ヴィトンでカバン買ってもいいよ」と言ってくれたけど
 はな子が買ってくれるのかい?)
職場に配るお土産として、GODIVAのチョコクッキーを買い、
あとは一路、「ソウルレストラン」へ。

ソウルレストランは、DFSとウェスティンの中間くらい(上り坂がきつい)にある韓国料理屋です。
初めてグアムに来たときに偶然入ってから、気に入って、毎回来ています。
焼き肉も、チヂミも、冷麺も、なにもかもとてもおいしいです。
c0147790_23332899.jpg

椅子席と、座敷がありますが、
いつもの座敷へ。
テーブルの真ん中にこんな無煙ロースターがあります。
c0147790_23335084.jpg

ラウンジで食べ過ぎたので、オーダーは控えめに。
塩タン、ヤンニョムカルビ(骨付きカルビに味が付いている)、海鮮ネギチヂミ、韓国海苔、冷麺。
c0147790_23362940.jpg

ここの冷麺は、麺が髪の毛みたいに細くて、さっぱりした味で、焼き肉の後に食べるととてもおいしいです。
c0147790_23345450.jpg

それに韓国料理屋って、こんな感じでおかずがたくさん来るのがうれしいのよね。
c0147790_23352363.jpg

なんだかよくわからない葉っぱをごま油で味付けしたのとか、美味しいです。
とうがらしの醤油漬けみたいのがあって、これはめちゃめちゃ辛かった!

やっぱりこれだけでは少し足りないので、豚の三段腹を追加。
そしたらね、こんな鉄板が来ました。
c0147790_23365493.jpg

鉄板の、写真右側の端が少しとぎれているの、おわかりですか?
最初は、なにこの鉄板? ここから油がもれちゃうじゃん、って思ったのですが、
まさに、油を除去するための切れ目でした。
豚の三段腹肉はものすごく脂が多いので、
(身につまされます・・・)
焼いているうちに、どんどん脂が出ます。
鉄板を傾けて、この切れ目から、下のお皿に脂を出しちゃおう、というわけ。
食べ終わった頃には、こんなに脂がたまりました。
c0147790_23373633.jpg

c0147790_23373853.jpg

お肉はからっと焼き上がるので、美味です。
こんな鉄板、初めて見たんだけど、定番??
わたしの脂身もちょっと焼いてほしいわ。

お会計の時に、お店のお姉さんが
「ああ、いつもいらっしゃってますね。久しぶりですね。今気づきました」
と流暢な日本語で。
「おいしかったです。また来まーす」

The Plazaや、アウトリガーの前を通って、ハイアットまで歩いて帰ります。
途中、植え込みの中で、主人とジロが変な貝を見つけました。
c0147790_2339542.jpg

c0147790_23392990.jpg

かたつむり?とは違うみたいだけど。
こういうのが無数に這っているの。
きっとなにか、変な外来種かな?

さあ、明日もお天気がいいといいね。
by powderblueY | 2009-09-30 23:40 | 2009 Guam | Comments(1)

Guam 2009 その5 プール三昧

着替えてプールへ向かいます。
のんびりしてたから、もう昼になっちゃったよ。

1階のロビー付近も改装されて、
プールへ出る出口も少し位置が変わっています。

ハイアットに滞在しているゲストは、
プールの脇の小屋のようなところで、タオルを借ります。
部屋番号と名前を記入して、宿泊者だよっていう証拠のビニールの腕輪を巻いてもらいます。
外来のお客さんも、いくらか支払うとプール利用可のようですが、
このビニールの腕輪の色が違います。

パラソルの下の席をとって、さっそくプールへ。
水がけっこう冷たいです。
きっとこのところ、あまりかんかん照りの日はないんじゃないかな。
なにしろRainy seasonですから。

子供たちはさっそくスライダーを滑り、大喜びしています。
スライダーには監視員もいなくて、みんな自由に滑っています。
日本のプールだと、こういうところには必ず監視員がいて、
前の子が滑って着水するまでは、次の子を滑らせず、厳しく監視していますが、
そこはやっぱり海外ですね。
みんな自己責任で楽しんでいます。 

はな子は泳ぎの練習をして、
犬かきだけど10mくらい泳げるようになりました。
みんなで泳いだり、潜ったり、追っかけっこをしたり、
体が冷えたらジャクジーに入ったり、
気ままなグアムの休日です。

広いプールを、滝に打たれに行ったり、
洞窟探検に行ったり、
はしゃいでお腹が空きました。

着替えてレストランに行ってもいいけど、
ここはやっぱりプールサイドで気ままに食べたいです。

プールサイドにはBreezesという軽食のレストランがあり、
注文して場所を言っておくと、そこまでデリバリーしてくれます。
子供向けのシェイクなども各種あり、
アルコールも各種あります。
お会計はもちろんお部屋付けでOK。
フライドポテトを頼むと、目を疑うほど大盛りのが来ます。
フィッシュ&チップスなんて、衣ばっかりぼわーんとふくらんだ揚げ物が、お皿からはみ出そうな勢いで来ます。
大味ですけど、仕方ないね、ここはアメリカだから。

午後からは海に行ってみよう、ということになります。
ハイアットは、プールのすぐ前が海です。
この時は干潮だったので、遠浅の海がどこまでも続いています。

マスク・スノーケルをつけて、海の中を覗いてみると・・・
砂地のところは案の定、なにも魚はいませんが、
少し沖に行って、サンゴの根がぽっつりぽっつりと見えるようになってくると、
それなりに魚がいます。
ツノダシやスズメダイ、カワハギ、サヨリなど・・・。
もちろんモルディブや渡嘉敷の海には比ぶべくもありませんが。

今日は1日遊んで、夕方になったので、
引き上げて、ラウンジのカクテルアワーを楽しみに行きましょう。

引き上げる途中、お庭の鳥小屋を掃除中で、
色とりどりのオウムが外に出されていたのでした。
c0147790_23592176.jpg

c0147790_23593764.jpg

by powderblueY | 2009-09-29 23:59 | 2009 Guam | Comments(0)

Guam 2009 その4 朝の天気は?

夕べは目がさえて眠れず、3時半くらいにやっと眠ったのに、
6時には目が覚めてしまいました。
日本でいつも起きている時間だからですね。

天気が心配になり、カーテンをめくってみると、
曇りのようですが、空は明るく、雨は降っていません。

よかった・・・。

安心して、もう一眠り。

結局9時に起き出しました。
ベランダに出てみると、もわっと南国特有の暖かい空気に包まれます。
でも風があって、わりと涼しいです。
こりゃあ名古屋の方が暑いかも・・・。
c0147790_2218069.jpg

c0147790_22181999.jpg

c0147790_22183729.jpg


夕べ、ホテルのリムジンの運転手さんが
「今はRainy seasonだから」
って言ってたのよね。
今までグアムに来るのにあまりシーズナリティを気にしたことはなかったんだけど、
3月、5月、7月、9月と来て、
確かに9月が一番曇りがちかも。
でも夕べみたいな大雨は初めてだったけどね。

ちなみに今「るるぶグアム」を見てみたら
11月から5月が乾期、6月から10月が雨期だそうですわ。

しかも、ベランダに出ると、なんと隣の敷地で工事をしていて、
どっかーん、どっかーんと重機の音が響いています。
うるさっ。
この不景気な時期に、いったい何の工事?
ハイアットと、隣のアウトリガーの間は、昔から空き地だったんですが、
ここに何か、大きな建物を建設中です。
まさかホテルじゃないだろうし。
ショッピングセンターでもないだろうし。
とにかく、昼間はこの工事の音はやめてほしいわ。
と思っていたら、本当に、昼間は静かでした。

c0147790_2219777.jpg

c0147790_22192858.jpg

c0147790_2220176.jpg

ハイアットのチャペルの向こう、工事中なのがおわかりでしょうか。
遠くにホテル日航と恋人岬が見えています。
c0147790_22205354.jpg

c0147790_2221796.jpg

c0147790_22213066.jpg

c0147790_2221498.jpg

ハイアットは、プールが広くてとてもおもしろいです。
スライダーがあったり、バレーボールのネットが張ってある、にぎやかな一画や、
洞窟のようになっている静かな一画、
チャペルのそばで、結婚式に向かう花嫁さんを眺められたりする一画や、
花が咲き乱れ、滝が落ちてくる一画など、
いろんな表情を持った、ものすごく広いプールです。

こういう感じのプールって、わりとハイアットの特徴なのかな。
バリのグランド・ハイアット(ヌサドゥア)のプールも同じような感じでした。

c0147790_22272939.jpg

c0147790_22274614.jpg


さて、ハイアットでは12階にRegency Club Loungeがあり、
Regency Clubのお部屋と、スイートに滞在中のゲストは利用することができます。
朝食は朝6時半から10時半。
夕方5時から7時はカクテルアワー。

まだまだゆっくり寝たい主人と子供たちを起こして、
10時頃、ラウンジに出かけます。

入ってみると、ラウンジも改装されていて、
以前多かったソファ席は撤去され
(沈み込むソファは食事を食べづらかった)
椅子席が中心になっています。
広さもずいぶん拡張されて、席数が増えています。
お料理の並んでいるスペースもずいぶん広くなりました。
品数も増えています。
ビュッフェなのですが、お料理がなくなると、以前はいつまでも空のお皿が放置されていて、
お料理の補充がなかったのに、
今回はスタッフもてきぱきと働いていて、
料理の補充が早いです。

ラウンジはずいぶんよくなったと感じました。

c0147790_22352148.jpg


ラウンジを利用しているのは、圧倒的に日本人が多いです。
もともとグアムなので、日本人は多いんだけど、
ここは見事なばかりに日本人ばっかりです。

10時半になって、スタッフから「お料理をおとりになるなら今のうちにどうぞ」と
最終のコールがありますが、
その後ものんびり食べていても、せかされるわけではありません。
結局11時くらいまでゆっくり過ごしました。

さあ、お天気もまずまずだし、プールに出かけましょう。
by powderblueY | 2009-09-27 22:46 | 2009 Guam | Comments(5)

Guam 2009 その3 Regency Suite

ハイアットは去年リノベーションされて、お部屋もきれいになっているという噂。
期待しながらRegency Suiteのお部屋へ。

今回も、HYATT GOLD PASSPORTのポイントを使ったアップグレードです。
基本のTwinのお部屋料だけ払って、Suiteに滞在できるので、かなりお得です。
しかも今回支払う分がまたポイントとして登録されるので、
次回にアップグレードできる分が貯まるという、いわば自転車操業です(笑)。

お部屋は、以前はJunior Suiteと呼ばれていた広〜いお部屋で、
普通のTwinの部屋の、多分3倍くらいの面積があります。

ドアを開けるとまず、立食パーティーができそうな広い前室があり、
みんなのビーチサンダルや浮き輪を出しっぱなしにしておくのに便利です。

その向こうにリビングがあります。
c0147790_23112159.jpg

ソファやデスクなどの家具が全部新しくなって、モダンな感じになりました。
c0147790_23123172.jpg

こんなカップボードがあり、冷蔵庫が入っていたり、グラスが置いてあったり。
赤ワインはcomplimentaryです。

はな子がさっそく冷蔵庫を開けて
「はなちゃん、これが飲みたいの」
と持ってきたのは、なぜか、オロナミンC。
「だめだめ。これは大人の飲み物だから」
「え〜、お兄ちゃんがこの間、飲んでたよ」
うっ、スルドイつっこみ。
本当は1本500円くらいするから、飲んじゃダメなのよ。

さて、その奥にベッドルームがあります。
c0147790_23171953.jpg

この部屋はツイン仕様なので、
ダブルサイズのベッドが2つ入っています。
(キングサイズのベッドが1つ、という部屋もあります)
エキストラベッドを1台お願いしてありました。

本当は添い寝がいやなので、エキストラを2台お願いしたんですが、
予約センターではそれは受け付けてもらえず、現地で係員におっしゃってみてください、とのことでした。
広さ的には、このベッドルームにはエキストラ2台は十分入ります。
到着時に、お願いするなら今だよ、って自分でも思ったのですが、
夜中で眠いし、係の人も眠いだろうし、申し訳ないかなと思って、遠慮したんですよね・・・。
でもあとで、爆睡するはな子の足で、顔を蹴られたり、腹を蹴られたりして、
激しく後悔しました。

教訓。
子供の寝相の悪さを甘く見るな。

さて、ベッドルームの隅にはドレッシングコーナーがあります。
c0147790_23325570.jpg

c0147790_23331319.jpg

以前は、このあたりが古びていて、塗装がはげかけていたり、年代を感じさせたの。
でも今回はすっかりきれいになっていて、ぴかぴかでした。
引き出しもたくさんあるし、服もたくさん吊しておけます。

そしてバスルーム。
ここも塗り直されて、きれいです。
c0147790_2340590.jpg

お風呂はジャグジーも出ます。

4人で滞在しても、とてもゆったりと余裕を持って使える部屋なので、
気に入っています。

子供たちはさっそくお風呂にお湯をはって、
あわあわのお風呂にしちゃったわ。
c0147790_2342419.jpg

大人は赤ワインを飲んで、まったりとテレビでNHKを見ているうちに
眠れなくなり、
「外は雨だね」なんて言いながら、
グアムの夜は更けていったのでした。
by powderblueY | 2009-09-26 23:50 | 2009 Guam | Comments(0)