カテゴリ:2010 Hawaii( 19 )

ハワイの旅を振り返って

c0147790_239339.jpg

以前から、ハワイにはすごく興味があって、家族で行きたかったのだけれど、
主人の「ハワイ嫌い」と、
それだけのまとまった休みがあったら、モルディブに行っちゃうのとで、
なかなか実現しませんでした。

でも今回、やっと行ってみて、
やっぱり、世界中から旅行者が集まるだけの魅力が、ハワイにはあるなあ、って思いました。

c0147790_2311934.jpg

明るい海と、のんびりした雰囲気、みんなが思い思いに過ごすことを許してくれる寛容さ・・・。
ワイキキというすごく限られたリゾート地の中でも、その魅力を十分に感じたので、
きっと他の島に行ったりすると、も〜〜っといろんな魅力があるんだろうと思います。

c0147790_23151141.jpg

気候が安定していることも、
ビーチが西に向いて開けていて、夕日をばっちり眺められることも、
得難い魅力の1つですよね。

c0147790_23164762.jpg

マイナスポイントは、まずは物価が高い!
今回、台湾のすぐあとに行ったので、よけいにそう感じたのかも知れませんが、
総じて、日本よりちょっと高いくらいの感じ、
プラスなんにでもチップを加えなきゃいけないので、なんだかものすごく高く感じます。

(でも、ここだけの話、現地でカードで払って「高いなあ」って思ったものも、
 請求が来てみると、あれ?意外とそうでもなかったわ、って思ったのも事実。
 円高の恩恵は大きいですね〜)

あとは、日本人やっぱり多いです。
別に日本人がいてもイヤじゃないんだけど、
ビーチとかレストランとかホテル内とかでは、そんなに会わないのに、
ショッピングの場面になると、気がつくと周りは日本人ばっかり、という状況が
やっぱりちょっと異様に思えました。
ま、みんなそれぞれに楽しんでいるだけだから、別にいいんだけどね。

c0147790_23284159.jpg


食事のレベルも高いし、よりどりみどりだけど、
ただ朝ご飯だけは、次回からちょっと考える余地あり、と思います。

c0147790_2331428.jpg


ちょっとつらかったのは、時差ですね。
-19時間の時差だから、つまりは5時間の時差。
モルディブだって4時間の時差があるから、それとそう変わりないはずなのに、
ハワイの時差はきつかったです。
東に向かう時差は、なじみにくいのかな?

c0147790_23414545.jpg


行く飛行機の中では、ぐっすり寝る、
着いた当日は、昼間寝ない、
など、ガイドブックに書かれているような工夫は実践して、
現地ではそれなりでしたが、
帰ってきてからがね・・・。
子供もわたしも夜中の2時に目が覚めちゃうんです。
夜中の2時は、ハワイの朝7時だから、当然といえば当然なのですが、
主人だけがいびきかいて寝ているそばで、
子供と3人「目が覚めちゃったね」と顔をつきあわせている状況が
帰国後1週間続きました。

c0147790_23472653.jpg


そんなこんなで、体にはけっこうきっついハワイですが、
またきっと行くと思います。
今度は、主人も説得して連れて行って、
「いや、意外といいところだった。
 長年敬遠してきてごめんなさい」
と言わせたいわ。
(へそ曲がりだから、そう思っても言わないでしょうけどね)

以上、ハワイ旅行記でした。
おつきあいくださいまして、ありがとうございました。
by powderblueY | 2010-10-24 23:51 | 2010 Hawaii | Comments(6)

母子3人ハワイ旅 その13 帰国の途へ

クヒオビーチからタクシーでヒルトンに戻り、
すぐに水着に着替えて、プールへ。
ヒルトンの中のいろんなプールで泳いだけれど、
やっぱりアリイプールが一番かな・・・

というわけで、最後もアリイプールへ。
c0147790_2315316.jpg

c0147790_23154325.jpg

ここからの景色も、もう何度も撮ったんですけど、
やっぱりつい、カメラに収めてしまいます。
c0147790_23163577.jpg

c0147790_2316487.jpg

今日もいいお天気ですね。

今回、プール遊びでわが家のトレンドだったのは、
「もじもじくん」。
3人でプールに潜って、字を作るの。
「大」とか「小」とか「キ」とか「H」とかね。
3人だから「ホ」とかは無理だったけど、
また今度、お父さんと一緒に来たときに、挑戦しましょう。

ぎりぎり9時半まで泳ぎ、
お部屋に引き上げてシャワーを浴びました。
このラナイからの景色も、もう最後です。
c0147790_23203088.jpg

荷物もまとめてあったので、10時にはチェックアウトしました。

ポールさんと待ち合わせた10時半まで、まだちょっとあるので、
メインロビーで荷物を預けて、ホテルの中のショップでも見ようか・・・と
メインロビーまで行ってみたら、
いきなりポールさんに「おはようございます」と声をかけられました。

約束の時間よりずいぶん早いけど、渋滞を見越して、早くからスタンバイしてくれてたのね。
ありがとう。
すぐにタクシーで出発しました。
確かに、ポールさんの車のほかには、タクシーはヒルトンに入ってきていませんでした。

前の道路は大渋滞。
c0147790_23241470.jpg

パレードをしているのも、ちらっと見えました。

ポールさんは、手際よく車を進め、ハイウェイに乗り、
ヒルトンから30分で空港に到着。
その間、いろんなお話をしました。
ハワイ出身のオバマ氏のこと(ハワイでは人気ないそうです)やハワイの政治について。
ポールさんは、もともとハワイ在住の日系人で、英語しかしゃべれなかったんだけど、
大人になってから日本の企業に就職し、日本語を勉強したそうです。
大人になってから勉強しても、こんなに上手にしゃべれるようになるのね。
わたしも英語の勉強も、がんばろうと思いました。
(あれ? 先日は、台湾語を勉強しようと思ったばかり・・・)

あっという間に空港に着き、深く感謝してポールさんと別れました。
c0147790_2333932.jpg

JALWAYSのチェックインです。

あとはスムーズに出国し、
c0147790_23343736.jpg

8時間のフライトで、定刻にセントレアに帰ってきました。
c0147790_2336833.jpg


明日、総括です。
by powderblueY | 2010-10-23 23:39 | 2010 Hawaii | Comments(11)

母子3人ハワイ旅 その12 最終日の朝ご飯

もう最終日です。

目が覚めて、ラナイに出てみると、ちょっと雲が多めですが、
きっとこれから晴れてくるでしょう。
ちょうど陽が昇るところです。
c0147790_0143830.jpg

c0147790_0154196.jpg

毎日いいお天気で、本当にありがとう。
c0147790_016891.jpg


この日の朝ご飯は、Arancino di mareというお店を予約してありました。
ハワイに着いて2日目の夜に行ったArancinoの姉妹店で、
ワイキキビーチマリオットホテルの1階にあります。

予約が、なんと朝7時だったので
(最終日だから、ゆっくりしていられない!)
6時45分にタクシーに乗りました。

タクシーは、朝のワイキキを走り、
10分足らずで到着です。
c0147790_0164128.jpg

c0147790_0165626.jpg

屋外の席をお願いしてありました。
c0147790_0171787.jpg

c0147790_0182015.jpg

お料理はビュッフェです。
c0147790_0183867.jpg

c0147790_0193215.jpg

ピザなんかもあるんだけど、子供たちはしばらくすると
「もう食べたいものがない」と言い始め・・・
確かに、あまり心そそられるお料理はないかも・・・。

ただ、外のクレープステーションで焼いてくれるクレープはおいしかったです。
中のフルーツを4種類から選べました。
c0147790_019563.jpg


ウェイターさんに、リチャード・ギアそっくりのイケメンがいて、
それはちょっとよかったわ(・・・意味不明)。
彼も、自分の役割をよくわきまえているみたいで、
日本人ギャルと写真を撮り、きゃあきゃあと歓声が上がっていました。

あまり長居をする雰囲気でもなかったので、
早々にお店を出て、目の前のビーチへ。

カラカウア通りを渡ると、クヒオビーチです。
c0147790_028253.jpg

海の中にはもうすでに、波待ちをするたくさんのサーファーの姿が。
こんな朝早くから、冷たい水の中に入って、
サーファーって、とっても勤勉な人たちなのね。

c0147790_0293650.jpg

モアナサーフライダーから、ピンクパレス、シェラトンへの連なりが見えます。
ヒルトンは、まだあのはるか向こう。

そうそう、この日はなにか自転車の大会もあるらしく、
ヘルメットをかぶり、自転車に乗ったたくさんの人たちがホノルル動物園方面へ走っていました。

お天気のいいハワイの朝、
少しひんやりした空気と、さわやかな風。
そして青い海。

思い出すとまた、行きたくなっちゃうわん。
by powderblueY | 2010-10-23 00:36 | 2010 Hawaii | Comments(0)

母子3人ハワイ旅 その11 ここお勧め!

さて、最後の夜のディナーに予約していたのは
「12th Ave. Grill」というところです。
日本からネットで予約していきました。

ワイキキではなく、カイムキという地区にあります。
ワイキキから車で15分くらいかかります。
このあたりは静かな住宅街で、
しかも最近、おいしいお店が集まっているエリアとして注目を集めているそうです。

レンタカーのないわたしたちは、当然タクシーで行きました。
ヒルトンから乗り込んだタクシーの運転手さんは、
顔は日本人風で、英語も日本語も流暢で、
タクシーのネームカードを見ると、日系人風の名前でした。
仮に「ポール牧さん」としましょうか。

ポールさんは初めちょっととっつきにくかったのですが、
これまで日本語をしゃべれる運転手さんに巡り会ったことがなかったので、
ちょっと安心して、いろいろしゃべっているうちに、
カイムキに着きました。
「帰りもよかったら迎えに来ますよ。
 食事の終わる15分くらい前に携帯に電話してください」
と名刺をもらいました。

12th Ave. Grillです。
c0147790_23203846.jpg

地元の人たちでいっぱい。
中は、照明が落としてあるので、写真は撮れませんでしたが、
ウェイターさんも親切で、とってもいい感じ。

メニューから、
まずは「アヒのブルスケッタ」
c0147790_23234141.jpg

暗い中で撮った写真を、明るく加工してあるので、ちょっと見づらくてごめんなさい。
これ、おいしかったです。
わたしはもちろんグラスシャンパンをいただきました。

そして「白身魚と(忘れた)とコーンのフリッター」
c0147790_23275559.jpg

これは、ちょっと薩摩揚げみたいな、不思議な食感。

そして「なんちゃらビーフのBBQ」
BBQというからお肉をじゅうじゅう焼いたものが出てくるのかと思ったら、
c0147790_23291761.jpg

圧力鍋で煮込んだような、ほろほろの骨付き肉が出てきました。
これが、もう、忘れられない美味しさ!!
「これを食べるためにまたハワイに行ってもいい!」と思う美味しさでした。
シャンパンの次の、ピノノワールがすすむ、すすむ。
子供たちも、奪い合って無言で食べています。
はな子はいつも小食で、見慣れないものは食べないのですが、
でも子供の舌は正直ですね。
「これおいしい。もっとちょうだい」と言っていました。

そしてデザート。
クレーム・ブリュレと
c0147790_23335351.jpg

アフォガート。
アフォガートって、イタリアのデザートですが、
アイスクリームの上にほろ苦いエスプレッソがかかっているもの・・・ですよね?
そう思って注文したら、これが来ました。
c0147790_23345487.jpg

パフェじゃん!
でもおいしいので、完食。

さらにうれしかったのは、デザートになると、ちゃんとウェイターさんが
「デザートワインはいかがですか?」とメニューを持ってきてくれたこと。
わたしの中では、デザートワインを飲めるお店は、ポイント高いです。

味もサービスも大満足。
しかもお値段は「えっ本当にこんな値段でいいの?」と思うくらいリーズナブル。
もちろん、チップもプラスするし、ワイキキからだとタクシー代がかかるので、
それを含めるとそこそこのお値段になっちゃいますが、
でも満足度高いです。おすすめ。

ハワイに住んでいらっしゃる方のブログで知ったのですが、
来てよかった〜!

さて、この時点まで、帰りはお店の人に近所のタクシーを呼んでもらうつもりでいたのですが、
ふと、ひらめいたことが。

さっき、日系人の運転手さんに当たったのは、これもなにかの縁。
帰りも送ってもらって、明日の空港行きのことを相談してみよう!

というわけで、さっきの名刺を出して、お店から電話をして呼んでもらいました。

おいしかったお店をあとにして、
ポールさんのタクシーに乗り込み、さっそく相談です。

「実は、明日出発なんですけど、フラワーパレードがあるでしょ。
 ホテルからは・・・かくかくしかじか・・・と言われてるんです。
 なにかいい方法はありませんか?」

日本語で、微妙なニュアンスも伝えられるのが安心。
英語ではそこまでしゃべれないですから。

するとポールさんは
「大丈夫、なんとかお迎えに行きますよ。
 空港に11時なら、ホテルを10時半で大丈夫。
 道はいろいろ知ってますからね。
 ホテルのロビーで10時半に待っててください」

ああよかった〜〜!!

ヒルトンを出るときに、たまたまわたしたちの前に停まったのがポールさんのタクシー。
これが1台ちがってたら、きっと英語をしゃべる運転手さんで、
相談もできず、次の日空港に行くのに、大変な不安な気持ちを抱えたままだったはず。
旅の一期一会ですね。


「今からだと、ちょうど花火の時間に間に合いますよ」
「ありがとう。じゃあ明日はよろしくお願いします」


花火は、アリイプールのそばで見ました。
たくさんの人が集まっていました。

金曜日の7時45分から、ほんの5分間だけなのですが(時間は変わることもあるので要チェックです)
たくさんの花火がばんばん上がり、ものすごくきれいで、
正直言って感動しました。
c0147790_022390.jpg


ハワイ、やっぱりいいとこじゃん!!
c0147790_025313.jpg

by powderblueY | 2010-10-22 00:04 | 2010 Hawaii | Comments(4)

母子3人ハワイ旅 その10 交通規制!?

アラモアナセンターをあとにするときには、
「円高」の文字がわたしの脳裏から離れず、と〜っても後ろ髪引かれる思い・・・。
なにも買わなくていいの? こんな円高の時期にハワイに来られるなんて、もう2度とないかもよ・・・。

でも、ここで買い物に狂って、あとで買い物嫌いのジロに
「やっぱりハワイは俗っぽくてつまんないところだった」
と言われては元も子もないので、
お財布に硬くフタをして、タクシーに乗り込んだのでした。

プールでまた泳いだり滑ったり。
c0147790_22473250.jpg

アリイプールのジャグジーに浸かったり。
c0147790_22481558.jpg

c0147790_22491967.jpg

c0147790_22492945.jpg

3泊5日という短い日程で来たので、
1日遊べるのは今日が最後。
明日は午後1時の飛行機です。
ということは11時に空港に着けばいいから、
ヒルトンを出るのが10時半くらいでいいのかしら。
それなら、朝少し泳げるわね。
さあさあ、ちょっと空も雲が多くなってきたし、
お部屋に帰りましょうか。
c0147790_22525264.jpg


ところがお部屋では、驚愕の事実がわたしたちを待っていたのでした。


お掃除が入って、美しく整えられたお部屋に、
Managerからのお手紙が。

「明日はアロハ・フェスティバルの一環として
 フラワー・パレードが午前中に行われます。
 
 パレードはアラモアナ・ビーチ・パークを出発して、
 アラモアナ・ブールヴァードからカラカウア通りへと進みます。
 パレードは午前8時から12時ごろまでが予定されており、この間は交通規制が敷かれ、
 アラモアナ・ブールヴァード、カラカウア通りは車の通行ができなくなります。
 通りを横切ることも、パレードの合間を見て、短時間のみの許可となります。

 したがって、当ホテルの前のカリア・ロードも大渋滞が予想されますので、
 タクシーが敷地内に入ってくることは、きわめて困難と予想されます。

 明日、ご出発のお客様で、空港までタクシーを予定されているお客様は、
 十分にお時間に余裕を持って出発されますよう、お願い申し上げます。

 ご不明な点は、Managerまでお電話くださいませ」


もちろんすぐに電話しましたよ。

「明日出発で、タクシーで空港まで行こうと思っていて、
 空港に11時には着きたいんですけど」

「それでしたら、朝8時以前にホテルを出発されることをお勧めします」

は???? 8時以前ですってえ!?

「もしくは、ホテルをチェックアウトの後、
 ご自身でお荷物をお持ちになって、敷地を出て、
 アラモアナ・ブールヴァードをお渡りになった向こうに、
 ワイラナ・コーヒーショップというお店があり、
 その前にタクシー・コンシェルジェがおりますので、
 そこでタクシーを呼んでもらう、という方法もあります。
 ただ、交通規制の敷かれている道路で、タクシーはなかなか入ってこないと思いますし、
 アラモアナ・ブールヴァードを渡るのも、
 パレードの切れ目を見て、たまに許可されるという程度ですので、
 これも大変お時間がかかるかと・・・」


ああ、なんだか頭が痛くなってきた・・・

ここまで順調に来た旅だったのに・・・最後の最後に、空港にたどりつけなかったら大変・・・
Managerの話を聞く限りでは、一番いい方法は、
スーツケースをがらがら引っ張って、子供たちの手を引いて、ワイラナ珈琲店まで歩くことのようだけど、
地図を見ると、アリイタワーから、だいたい800mくらいあるよ。
この重い荷物を引っ張って、それは無理です〜〜。
しかもタクシーなんて、来るかどうかわからないんでしょ。
どうしたらいいの!?


これこそが、主人をおいて旅行に来るたび、毎回わたしに降りかかる「主人の呪い」だわ〜!!
今回はこんな形でやって来たのね〜!!

と一瞬思いましたが、
でも今晩は、ハワイ最後の夜で、おいしいレストランを予約してあるし、
金曜だから、7時45分からはヒルトンの花火も上がるし、
楽しいこと満載なんだから、イヤなことを考えるのはやめましょ、と
一気にお楽しみモードに戻り、着替えて出かけることにしました。

つづく。
 
by powderblueY | 2010-10-20 23:21 | 2010 Hawaii | Comments(2)

母子3人ハワイ旅 その9 アラモアナセンター

朝食のあとは、さっそくプールへ。
今日は、まだ行ったことのないタパプールへ行ってみました。

タパタワーの下にあるタパプール。
c0147790_22583754.jpg

水のある部分は、見事に日陰です。
まだだーれも泳いでなくて、
水は最高に冷たくて、ガマン大会のようです。
プールの中は、タイルで魚の絵が描いてあったりして、かわいいんだけどね。
そうそう、ここは他のプールと違って、海水が混ざってるようでした。

そのうち、ちらほらと人が現れ、
c0147790_22575268.jpg

チェアのあたりは陽が当たり始めました。
子供たちは、冷えた体を温めます。
c0147790_2314774.jpg


他にヒルトンには、カリアプールというのがありますが、
これはカリアタワー宿泊者専用という噂。
それからマンダラスパの中にもプールがあるらしいですが、
行ってないので、わかりません。

しばらくして、いつものアリイプールへ移動。
空は青く、いいお天気です。
c0147790_2341069.jpg

c0147790_2342499.jpg

c0147790_2351291.jpg

アリイプールは、タワーの2階部分にあって、午前中から陽当たりがいいので、
ここのお水は比較的あたたかいの。
c0147790_238186.jpg

このオレンジ色のチェアが、ちょっとだけ高級な感じ。
c0147790_2385821.jpg

ここがアリイプールのフロントで、
タオルを借りたり、お水をもらったり、
マッサージの申し込みをしたりします。(もちろんマンダラスパに電話をかけても予約できます)
c0147790_23103125.jpg

フロントの隣に、フィットネス施設があり、
その隣に、バーがあります。
c0147790_23112519.jpg

オレンジ色のチェアに座った人たちが、ここにカクテルの注文をしていることも。

以前はここで、アリイタワー宿泊者だけを対象に、
夕方、飲み物とカナッペがサービスされていたんですって。
でもリーマンショック後、そういうサービスはさっぱり消えてなくなりましたとさ。

このバーからの景色。
c0147790_2315177.jpg

c0147790_23161325.jpg

c0147790_23163562.jpg

c0147790_23174668.jpg

そしてわたしは今日も、このカバナで至福の時です。
c0147790_23183455.jpg

波の音を聴きながら・・・。

さてさて、今日はランチを食べがてら、アラモアナ・センターへ行ってみましょう。
着替えて、タクシーで向かいます。

ヒルトンは、ワイキキの中でも西の端にありますので、
アラモアナセンターまで、歩こうと思えば歩いてでも行けるようです。
15分から20分くらいらしい。
でも暑いし、タクシーで。

アラモアナセンターは巨大なので、
ショッピングマップで、行きたい店をピックアップしてきたけれど、
それでも迷子になりそう。
タクシーから降りたちょうど前がABC storeだったので(何軒もあります)
はな子はさっそくお土産物を物色しています。
Tシャツとかアクセサリー類とか
「これは○○ちゃんに」とか言って、選んでます。
いいところも、悪いところも含めて、「女やねえ」って感じです。

さて、お腹も空いたし、フードコートでなにか食べましょう。

1階のフードコートには、丼もののお店やプレートランチ、ファーストフードなど
いろんなお店がそろっています。
わたしたちはここにしました。
c0147790_2330378.jpg

c0147790_23413346.jpg

これはシュリンプバーガー。
普通においしかったです。

このフードコートには、和菓子を売ってるお店まであって、
隣に坐った日系ハワイ人と思われるおばあちゃまたちが、
みんなして和菓子を食べていたのが印象的でした。
みんな顔は日本人なのに、英語でしゃべってるのよっ。

さあ、エネルギーを補給したので、またお買い物です。
まずは、お買い物嫌いだけど、アラモアナにつきあってくれたジロに
バスケットシューズ。
c0147790_23353819.jpg

それから、はな子にクロックス。
c0147790_23371235.jpg

クロックスもねえ、日本で類似品を買えば、300円くらいだったりするけどね。

他にも、ニーマン・マーカスやブランド店も見たけれど、
買わず・・・子供たちと一緒だと落ち着いて見られないんだもの〜。
ここはまた、ぜひ一人で来たいですね。
by powderblueY | 2010-10-19 23:46 | 2010 Hawaii | Comments(0)

母子3人ハワイ旅 その8 ハワイの朝ご飯に関する考察

朝6時過ぎに目覚めて、ラナイに出てみると、
c0147790_23131567.jpg

高層ビル群の向こうに、ちょうど陽が昇るところです。

今日も晴れて、明るくて、暑い1日になりそう。
c0147790_23141157.jpg


今日の朝ご飯は、
ヒルトンの敷地を出て、2ブロックほど歩いたハワイアン・モナークというホテルの1階にある
「クリーム・ポット」というお店に行こうと計画していたのですが、
この暑い日射しの中、歩くのもなんだなあ・・・という気がしてきはじめ、
無難に、ヒルトンの中のレストランに行くことにしました。

1番有名な「TROPICS」は、昨日行ったので、
今日は、レインボータワーの1階にある「レインボーラナイ」へ行くことにしました。

アリイタワー1階のロビーです。
c0147790_23182224.jpg

敷地内の池に、フラミンゴがいます。
c0147790_2319858.jpg

c0147790_233197.jpg

それに、こんな大きなインコを何匹も乗せたトラックが、敷地内を走っています。
c0147790_2319585.jpg

敷地内には、何カ所か、インコを間近で見られるスポットがあって、
そこに朝、インコが1匹ずつ配達されるんですね。
エサはやってはいけないそうです。
風切り羽が切ってあって、飛んで逃げたりしないようになっているらしい。
c0147790_23214862.jpg

そばには、こんな大きな葉っぱも。
c0147790_23221827.jpg

これとそっくりな柄が、アロハシャツに描いてあったりしますよね。
これを見ると、ハワイって感じがします。

ここはスーパープールですが、8時からオープンなので、まだ誰もいません。
c0147790_23234084.jpg

午前中は、すご〜く陰になってる感じ、おわかりいただけますか?

レインボーラナイに行ってみると、外に人がたくさん並んでいます。
名前を人数を書いて、順番を待ちます。
c0147790_23243463.jpg

こんな小径や
c0147790_23253615.jpg

こんな滝や
c0147790_23244513.jpg

こんな青い空や
c0147790_2325220.jpg

サーフボードを点検しているおじさんなどを見ながら、待っていると、
ほんの10分ほどで名前を呼ばれました。
席数が多いので、回転もいいみたい。

このレストランは、朝食はいわゆるビュッフェです。
c0147790_23272554.jpg

これはフルーツの乗ったグラノーラみたいなのですが、
c0147790_23274845.jpg

シロップがかかっていて、甘いの。
c0147790_23285555.jpg

これも、マカダミアナッツのシロップがかかったパンケーキですが、
おいしいんだけど、と〜〜っても甘いの。

横目で見てると、白人のおじさま方は、これを3枚くらい食べています。

見ているだけで、虫歯になりそう・・・。

あなたたち、日常的にそんなもの食べてるから、
そんな体型になっちゃうのよ。

ハワイのホテルはどこもルームチャージだけで、
朝食も付いてないところが多いです。
なので朝食を食べるレストランを探さないといけないわけですが、
お店を選ぶ楽しさもある反面、
甘いものづくしでちょっと口に合わなかったり、
コストパフォーマンスもお世辞にもいいとは言えない。
朝からタクシーに乗って、ホテルの外まで朝ご飯食べに行くというのもなんだしね・・・。
こうなると、前の晩にサンドイッチやおにぎりをABC storeで買って、
お部屋で食べるというのも、現実味を帯びてきます。

なにか、ハワイの朝ご飯に関していいアイデアのある方、
ここなら安くておいしいよ、とか
ここならタクシーに乗ってでも行く価値あるよ、とか
そういうのご存じの方いらっしゃいませんか?
by powderblueY | 2010-10-18 23:46 | 2010 Hawaii | Comments(6)

母子3人ハワイ旅 その7 今日のディナーはイタリアン

さて、ハワイ旅行記再開です。

パドルサーフィンを楽しんだあとは、またスライダーや冷ためのプールで遊び、
夕方、部屋に引き上げてきました。
c0147790_2352933.jpg

いつも同じ景色ばっかりですけれど、
何度見ても、癒やされます・・・。
c0147790_237639.jpg

c0147790_2372459.jpg

海のある景色って、やっぱりいいですねえ。
しかもダイアモンドヘッドが見えて、ハワイア〜ンな空気が流れているとあれば・・・。

着替えて、夕方のビーチをお散歩。
c0147790_2373858.jpg

c0147790_2374939.jpg

日がだいぶ傾いてきています。
c0147790_2383788.jpg

この広いビーチで、人々が思い思いに好きなことをして楽しんでいるっていう雰囲気が、大好き。

そぞろ歩いていると、
道ばたのおじさんが、子供を呼び止めて、こんなものを。
c0147790_239521.jpg

モルディブでもよく見る、ヤシの葉っぱを使って作ったお魚ですね。
おじさん、ありがと。
c0147790_23163343.jpg

いよいよ夕日が沈みそうです。
c0147790_23122490.jpg

わたしは、この毎日歩いた、ヒルトンからワイキキの中心部に向かうビーチ沿いの散歩道が大好きでした。
c0147790_23165097.jpg

c0147790_23132560.jpg


さて、夕日を見届けたあと、ビーチ沿いを離れ、
c0147790_23143052.jpg

今日のディナーの予約は、日本からここに入れていました。
(HPから予約できます)
c0147790_2315635.jpg

イタリアンレストラン アランチーノ。
ビーチウォーク店と、マリオットホテル店があるけど、
ここはビーチウォーク店です。
けっこう有名で、いろんなガイドブックに出ています
まだ6時だけど、ほぼ満席。

一人じゃワインも飲みきれないから、ビールにしましょうか。
c0147790_23184150.jpg

赤いチェックのテーブルクロスがカジュアルですが、
お店の中の雰囲気も、わいわいとにぎやかで、
おねえさんたちがてきぱきと働き、いい感じ。
c0147790_23252546.jpg

まずは前菜。
甘いトマトとモツァレラチーズのカプレーゼ。
c0147790_23201294.jpg

もちろん新鮮なバジルとともに。

それから牛肉のカルパッチョ。
ルッコラがてんこ盛り。
c0147790_23213732.jpg

おねえさんが「ブラックペッパー、かける?」と
大きなペッパーミルを持ってきて、勢いよくばらばらと。
はな子は目がまん丸になっていました。

それからピッツァマルゲリータと、
c0147790_2323388.jpg

子供たちにはリゾットと、
わたしには魚介のスパゲッティ。
c0147790_2324667.jpg

エビやらムール貝やらホタテやらが、ごろごろ入っています。

明らかに、ターゲットは日本人、という感じで、
日本人の好みに合わせたメニュー、味です。
安心して食べられるし、はずれはなく、
とってもおいしかったです。
子供と3人でオーダーする量にしては、ちょっと多すぎたけど、
それでも完食しちゃったし。

ああそういえば、デザートも食べたんだった・・・。

アランチーノ、今まで食べたことがないほどおいしい、とか
あれを食べるためにまたハワイに行きたい、とか、
そう思うお店ではないけれど、
ごく当たり前においしく、万人にお勧めできるお店です。
日本で食べるおいしいイタリアンが、ハワイでもいただけるのね、っていう感じ。
(なんか上から目線で書いてるみたいですけど、
 そうじゃなくて、すごくほめてるつもりです)

お会計を頼むと、レシートには
「この金額には、チップは含まれておりません。
 ご参考までに、
 10%だと$○○
 15%だと$○○
 20%だと$○○」
と印刷されていました。

まあね、チップの習慣のない日本人に、
親切といえば、親切だわね。

cashなら、その金額を足して払えばいいんでしょうけど、
credit cardで払おうとすると、
「チップはどの金額にするか、○をつけて」
と言われます。

ま、わかりやすいといえば、わかりやすいわね。

もう外には列のできていたアランチーノを出て、
ちょっとショッピングに行ってみましょうか。

ロイヤル・ハワイアン・センターで、子供たちの水着を買いました。
中庭は、ライトアップされてとてもきれいです。
c0147790_23403851.jpg

ここのハワイアンキルトのお店で、
関西のおばちゃんが
「ほな、今持ってるドルな、全部出すから、残りは日本円で払うわ」
と言っているのを発見!!
お店の人も、流暢な日本語で対応。

うちの両親も、カナダだスイスだと出かけて、
「言葉がわからないから、自由行動といわれても、どっこも行かずに部屋にいた」
とか言わずに、
ハワイに出かければいいのにね。

さて、ロイヤル・ハワイアン・センターまでやって来たのは、
ひとつ、行ってみたいお店があったんです。

それはこのショッピングセンターの裏にあるホテル、
(裏っていっても、ビーチサイドの一等地ですが)
ロイヤル・ハワイアン、いわゆるピンクパレスに入っているお店。

昨年1月に、改装が終わって再オープンし、
「ザ・ロイヤル・ハワイアン・ア・ラグジュアリー・コレクション・リゾート」
という長い名前になりました。
このホテルの1階に「NEWT」というパナマ帽とアロハのお店が入っています。

14年前に初めてハワイに来たときに、
たまたまこのお店に入ってみて、
柄が気に入って、アロハシャツとショートパンツを買ったんですけど、
着心地がとてもよくて、お気に入りの品に。
じゃばじゃば洗濯するけど、14年たった今も色も落ちず、風合いも変わらず、
変わったのはわたしのサイズだけ!?
というわけで、ハワイに来たら、また是非1枚、と思っていたんです。

同じところに、変わらずお店があって、うれしかったです。
本当は、ここで主人にパナマ帽でも買うと、かっこいいんでしょうけど。
c0147790_065434.jpg

c0147790_07988.jpg

c0147790_092270.jpg

お買い物に満足して、タクシーでヒルトンに帰りました。
c0147790_094776.jpg

いつもたくさん人が並んでいるメインロビーも、
夜はさすがに静かです。
by powderblueY | 2010-10-18 00:10 | 2010 Hawaii | Comments(0)

母子3人ハワイ旅 その6 パドルサーフィン

カバナで至福の時のあとは、パラダイスプールでスライダーを滑りまくりました。
ここがパラダイスプールです。
c0147790_23537100.jpg

c0147790_2363065.jpg

わりと最近できたプールらしいです。

スライダーには2種類あり、
c0147790_236524.jpg

c0147790_237439.jpg

こういう青空の下を滑る普通のスライダーと、
c0147790_238126.jpg

こういう真っ暗な中を滑る暗闇スライダーとがあります。
黒い穴のあいているところが、ちょうどスライダーの出口です。

暗闇の中を滑るのは初めての体験だったけど、
とにかく中は真っ暗なので、どっちに曲がるのかわからず、
すごいスリル!
大人でも、きゃあきゃあ叫びながらのスライダーです。

スライダーは、どれも、身長90cm以下の子供は禁止、
90cmから120cmの子供は、ライフジャケットをつけていればOK、
120cm以上の子供は無条件でOKでした。

ところで、日本人の女の子って、みんなスリムでナイスバディだけど、
アメリカの女の子って、そうでない人もいるじゃない?
日本で言う「太ってる」というのとは、けた違いの方もいらっしゃいます。
この暗闇スライダーは、岩の中を土管のような穴が掘ってある形になっているのですが、
その穴の大きさぎりぎりくらいの女の子が滑っているのを発見!
中でつっかえちゃうんじゃないかと、周りの人はみんな、はらはらしながら見守ってました。
でもご本人は、いたって楽しそう!
派手な水しぶきを上げながら着水し、彼氏と一緒にまた階段を上っていきました。
そうね、本人が楽しければいいわよね。
アメリカって、自由でいいわあ。

さて、今日のランチはまた、昨日と同じ「ハウツリー」で簡単に済ませ、
2時からラグーンで、パドルサーフィンのレッスンです。
サーフボードの上に乗って、パドルで漕ぐやつですね。

ヒルトンの「ラグーン」と呼ばれているものは、
海とはつながっていない、人工的に作られた海水の池です。
c0147790_2310414.jpg

泳いでいる人もいるし、中に魚が放流してあるので、スノーケリングしている人もいるし、
各種マリンスポーツも楽しめます。

ここからはダイアモンドヘッドもきれいに見えるし、
c0147790_23104726.jpg

反対側には、アラワイ・ヨットハーバーや、あれはプリンスホテルかな?
c0147790_23125577.jpg

それに、ヒルトンのタワー群も美しく見えます。
c0147790_23134293.jpg

そばに、マリンスポーツの受付の小屋があり、ここで申し込みを。
料金は部屋付けにできます。

いかにもサーファーといった、真っ黒なお兄さんが、ジロに手取り足取り教えてくれます。
c0147790_23142491.jpg

がっ、ほんの2分ほどのレッスンで「さあ、やってみよう!」と送り出されてしまいました。
わたしにいたっては、 30秒も教えてくれなかったくらい。

でもね、思ったよりも簡単なのでした。
パドルの持ち方を教えてもらうくらいで十分。
ラグーンの真ん中に漕ぎ出します。

初めのうちは、思うようにスピードや進路の調節ができなくて、
泳いでいる人たちにつっこみ、
「Excuse me!! I'm sorry!!」
と叫んでいましたが、そのうち慣れて、どこへでも思う方向に行けるように。
運動神経ゼロのわたしでも大丈夫なので、
ジロにいたっては、気がつくと、はな子を前に乗せて漕いでいます。
c0147790_231506.jpg

風を受けながらサーフボードの上に立っているのは、とっても気持ちがいい。
ラグーンの中を泳いでいるたくさんの魚も見えます。
(といっても黒い魚ばっかりで、熱帯魚ではありませんが)
c0147790_23152648.jpg

c0147790_23154090.jpg

ラグーンの真ん中には、こんな島が人工的に作ってあり、
岩からは滝が流れ落ちています。
この島の中に、海水の循環施設が作ってあるみたいですよ。

ジロは、はな子にも漕ぎ方を教えてやっています。
c0147790_23161526.jpg

c0147790_23163215.jpg

でも、はな子のはどう見ても「♪お出かけですか~ レレレのレ~」に見えちゃうんだけど。

1時間あまりも漕いでいたでしょうか。
一応レッスンは1時間ってことになってるんだけど、
誰もチェックもしていないし、
終わったらビーチにボードを乗り上げておけばOK。

思ったより簡単で、楽しかったわ。
c0147790_23171815.jpg

ラグーンのそばの広い芝生では、なにやらパーティーの準備中。
「○○製作所」と書いてあったから、日本の企業のパーティーですね。
c0147790_23181938.jpg

慰安旅行でハワイ、とか??
今どき、そんなバブリーな会社があるなら、教えてほしいわ。

サーフボードを抱えて防波堤を歩くお兄さんたち。
かっこいいわねえ。
c0147790_23192731.jpg

そして、空はあくまでも青く、
ヤシの木はにょきにょきと、フォトジェニックなのであります。
c0147790_23202590.jpg

c0147790_2320363.jpg

ああ、ハワイっていいところねえ。
by powderblueY | 2010-10-13 23:21 | 2010 Hawaii | Comments(0)

母子3人ハワイ旅 その5 ひとときの贅沢

さて、目覚めて、ハワイの朝でございます。
ラナイから。
c0147790_22242465.jpg

c0147790_22245158.jpg

いいお天気で、暑いです。

今日の朝ご飯は、アリイタワー1階の「TROPICS」に行くことにしました。
内装は、こんな感じ。
c0147790_22252346.jpg

オープンなアメリカンな感じがいいです。
c0147790_22254474.jpg

c0147790_2226332.jpg

こんなのも追加料金でオーダーしてみました。
c0147790_222771.jpg

ヘルシーなシリアルやフルーツが人気らしいですが、
でもさ、シリアルなんて、いろいろ種類があったって、そうたくさん食べられるものじゃないし、
う~ん、悪くはないけど、3人分で$ 53・・・ちょっとねえ。
c0147790_22281129.jpg

でも、主人からも「遠くて、時差がきつくて、物価が高いハワイ」と言われつつ、
それでも来たくて来たんだから、文句は言わないでおきましょう!
(ってもう言っちゃったけど)

さあ、今日もいいお天気だよ~~!
c0147790_22293296.jpg

c0147790_2230220.jpg

c0147790_22302075.jpg

お部屋に帰ってみると、ベッドメイキングが終わったところで、
きれいに整えられていました。
c0147790_22331055.jpg

c0147790_22332495.jpg

c0147790_22333690.jpg

お掃除をしてくれたおばさんがお部屋にいて、わたしたちを見ると
「あら〜、かわいいお子さんたちね。
 彼はhandsomeだし、彼女はcuteだわー。(ベッドサイドに置いたチップの効果ですね)
 男の子と女の子が1人ずつで、ちょうどいいわよ〜。
 子供はね、2人が一番いいのよ。
 うちも男の子が1人、女の子が1人だけど、
 もう上の子は大学生、下の子は高校生なのよ」
と、べらべら喋りまくりました(笑)。
お部屋のお掃除の仕事って、きっと一人黙々と働く孤独なお仕事なのね・・・。

適当に相づちを打ちながら、水着に着替えて、スーパープールへ。
相変わらず、水が冷たいわっ。
でも外人さんって、けっこう平気そうだったりする・・・。
c0147790_22362089.jpg

スーパープールでしばらく遊んだ後、
「さあ、11時になる前に、アリイプールへ移動しましょうね」
「えっ、なんで? お母さん」
「それはね、ふふふ・・・お母さんにはお楽しみが待っているのよ〜」

それは・・・
昨日、アリイプールのプールサイドに、こんなものを見つけてしまったんです。
c0147790_22442685.jpg

これは「カバナ」っていう名前のものですね。
そしてアリイプールのフロントには、「Cabana Massage」の案内がありましたことよ!

ヒルトンには、マンダラスパが入っているのですが、
そこからセラピストさんが出張してきてくれて、プールサイドのカバナでマッサージを受けられるんです。
オープンエアーで、しかも子供たちがプールで泳いでいる間に、すぐそばでマッサージを受けられるなんて、
いたれりつくせりだわ〜。
30分と60分のコースがあり、
アリイプールだけでなく、スーパープールやパラダイスプールのそばのカバナでも受けられるようでした。

ヒルトンでスパに行きたいと思っていたけれど、
母子3人旅なので、その間子供たちをどうする?という問題があります。
もちろんヒルトンには子供たちを預かって遊ばせてくれるCamp Penguinというプログラムがあるのですが、
そこまでしてスパに行きたいか?と言われると、そうでもないし、
部屋に2人で放っておくと、アメリカの場合、逮捕されちゃうし、
今回はあきらめるしかないかな、って思ってたの。
それがこんな形で可能とはね。
昨日のうちに予約を入れ、晴れて11時からのカバナマッサージとなりました。

もちろん、至福の時でございました。

終わって、子供たちとプールで泳ごうとしていると、
白人のおばさんが近づいてきて
「あそこでのマッサージ、どうだった?」と興味津々。
「とってもよかったです。おすすめよ」
c0147790_22563156.jpg

c0147790_22564555.jpg

c0147790_225701.jpg

そばにはこんなジムもあって、汗を流しているおじさんたちがいます。
c0147790_22574738.jpg

アリイプール、最高・・・。
by powderblueY | 2010-10-12 23:00 | 2010 Hawaii | Comments(0)