カテゴリ:仕事( 6 )

明日から東京

ハワイ旅行記の途中なのですが、
明日から、出張で東京へ1泊で行ってきます。

一応、仕事だけど、東京は1年半ぶりくらい。
とっても楽しみ。
夜の飲み会とか、ランチ会とかがね。

子供たちは、頼りがいのある主人におまかせです!

一応仕事だから、その準備もあるし、
旅行用のカバンを出して、仕事用の服を詰めなきゃいけないし、
でもご飯作って、洗濯して・・・と思っていたら、
なんと、今日から「医龍」が始まるではないですか!
見ないわけにはいかないわ。

しかも、初回2時間スペシャルで、
9時から11時までだよ。

うう、こんな忙しい日に限って・・・
ご厚意はありがたいけど、1時間にしといてほしい。

オペ前日の、スモークの焚かれた屋上での、あの肉体美のパフォーマンスはなんなんだ?と思ったり、
あんなにかっこつけてオペする人、見たことないと思ったり、
1時間たったらDICって、人間の体って時限装置か?と思ったり、
麻酔科医だったら自分の体もっとちゃんと管理しろよと思ったり、
つっこみどころは満載ですが。

でも11時に見終わって、急いで洗濯物干して、
荷作りしてたら、もう日付が変わっちゃいました。

また帰ってきたら、ハワイを再開しますね。
by powderblueY | 2010-10-15 00:32 | 仕事 | Comments(0)

予防できる癌

女性週刊誌などでも取り上げられているので、ご存じの方も多いかと思いますが、
もうすぐ、子宮頚癌の原因の1つである「ヒトパピローマウィルス」に対するワクチンが発売されます。

今日、業者の方から、詳しい話を聞く機会がありました。

子宮癌というのは、
子宮の出口付近にできる「頚癌」と、
子宮の奥(内膜)にできる「体癌」とがあるのですが、
頚癌は、ウィルスの関与によって発症するということがわかってきました。

ヒトパピローマウィルスというのは細かく分類すると100種類くらいあるのですが、
そのうち16型、18型というのに感染することが頚癌の発症の大きな原因である、
子宮頚癌全体の6割から7割が、この2つの型のパピローマウィルスが原因である、
ということが最近わかってきました。

このウィルスに、どうして感染するかというと、
それはやはりセックスで感染するわけですね。

ただ、ウィルスに1度感染したら癌になるのか?というと、そうではなく、
セックスの経験のある女性は、ほとんど全員が1度はこのウィルスに感染するのだそうです。

でも、子宮頸部の細胞にこのウィルスが1度感染しても、
ほとんどの場合は、自然に細胞からウィルスが排出されてしまい、
なにごとも起こらないのです。

そこへまたウィルスがやってくる、感染する、排出される、
またウィルスがやってくる、感染する、排出される・・・
というのを繰り返しているうちに、
ごく一部の人に「持続感染」が成立し、
そのまた一部の人の細胞が「前癌病変」へと変わっていく。
前癌病変からも、また正常細胞に戻る人もあるんだけど、
一部の人は、本当の癌へと進行していく、というわけです。

なので、ワクチンを打って、体の中にこのウィルスに対する免疫を作り、
ウィルスがやってきても細胞に感染しないようにしよう、というわけですね。

一番効果があるのは、まだ性交渉の経験がない女の子にワクチンを接種することで、
アメリカとかでは10歳くらいでワクチンを打つそうです。

1度打ち、1ヶ月後に2度目を打ち、半年後に3度目を打つそうです。

3回の接種で免疫がほぼ得られるので、
免疫ができた人の癌の予防効果は、非常に高いそうです。

じゃあもう性交渉をした人には、打つ意味はないのか?というと
そんなことはなく、
まだ持続感染が成立していない人には、免疫をつけておく意味は大きいです。

それに、感染が成立して、すでに前癌病変になってしまっている人に打っても、
細胞を正常に戻していくなんらかの効果があるのでは?と言われています。
(まだ臨床上、証明はされていない)

もう癌になってしまった人に対しては、治療効果はないそうです。

このワクチンの普及で、子宮頚癌は予防できる癌になる、と言われていますが、
もちろん16型、18型以外のタイプからも発症してくる癌はあるし、
ウィルスが原因でない子宮頚癌もあると思うので、
100%予防というわけにはいかないでしょうが、
かなりの予防効果はあると思います。

ワクチンの費用は、おそらく1回あたり16000円前後になるとのこと。
3回で約5万円ですね。
ワクチンだからもちろん、健康保険はつかえないし、
政府からの補助も今のところ出そうにありません。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれでしょうが、
わたしは・・・う〜ん、どうかなあ、
自分には打たないけど、
はな子が10歳くらいになったら打つかなあ。

ただ、ワクチンを打ったからといって子宮癌に絶対ならないというものではないので、
定期的な子宮癌検診はもちろん必要です。

わたしたちの身をおびやかす癌は、もちろん子宮頚癌だけではなく、
乳癌なんてものすごく増えているし、
胃ガンも肺ガンもあるし、
その他にもいろんなやっかいな病気や、
交通事故、災害、愛する人の死や離婚など、
降りかかってくる可能性のある不幸は山ほどあるけど、
でも、その中のほんの一部に過ぎないけど、予防できる不幸があるのなら、
やっぱり予防しておきたいですよね。
by powderblueY | 2009-12-08 23:53 | 仕事 | Comments(0)

突然ですが

ええと、突然ですが、2月から職場を変わることになりました。

職種は今までと変わらないのですが、勤務先を変えることにしました。

夏頃から、仕事については悶々と悩んでいたのです・・・。
どうも、新しい上司と方針が合わないんだけど、
じゃあ堂々と自分の意見を述べて、妥協点を探って、責任ある仕事ができるかというと
家庭もあって、そこまで100%仕事に没頭できない・・・。
じゃあ上から言われるがままに、自分の意見は持たず、ただの手足となって働けるかというと
やっぱり、端々で、方針の違いに悩んでしまう・・・。

という中途半端な状態が続いていました。

この不景気な時代に、ありがたい話だとは思うのですが、
わたしの仕事は今、人手が足りなくて、日本中どこでも引っ張りだこの状態です。

いろいろ悩んで、周りにも相談した結果、
2月から新しい勤務先に変わることにしました。

場所がちょっと遠くなり、
高速道路で35分かかりますが、運転は好きなので大丈夫。
勤務時間もちょっと長くなるので、
今までのように仕事のあとお気楽に映画を見に行ったりはできなくなりそうですが、
気持ちを引き締めて、頑張りたいと思います。

新しい職場、面接や契約書を交わすために何度か行ってみましたが、
スタッフも感じのいい人ばかりだし、
活気のある職場で、いい感じ。
早くなじめるように、がんばるぞっ。
by powderblueY | 2009-01-21 23:40 | 仕事 | Comments(12)

勤務先改装中

今週に入って、勤務先の改装工事のため仕事はお休み。
だけど家でぷらぷらしているのも気が引けるので、
一応毎日、出勤しています。

行ってみると、工事中のひどいホコリの中で
たまった仕事をもくもくとこなしている同僚がいたり、
4月一杯でやめるはずだったのに、残務整理で出てきている同僚がいたり。

改装後は新しいシステムが入るため、
それに慣れるためにわたしも練習してみましたが、
今までは手書きだったものが、ほとんど全部、パソコン入力になるみたい。

1日中DSに向かっている息子と同じような境遇です。

目の乾燥がひどくなりそう・・・

新しく入ってくる人たちの講習会やら
新しい名札を作ったり、勤務表を作ったり、
あわただしいのに加えて、
そばでは工事がガガガガ、ゴゴゴゴ・・・
気の休まる暇がありません。

明日の夜出発でグアムなんですけど、
こんなに落ち着かない出発前の日々は初めて。

しかもグアムのあとに、さらに気持ちが落ち着かなくなる要因が一つ、控えているし。

そのことはまた、のちほどね。
by powderblueY | 2008-05-01 16:05 | 仕事 | Comments(0)

将来の夢

昨日、娘と話していたら、こんなことを言うんです。
「あたしが大きくなって赤ちゃんを産んだら、お母さんはなにになるの?」
「お母さんはおばあちゃんになるんだよ」
「ふうん。赤ちゃんが産まれたら毎日かわいいかわいいしてあげるね。かわいいお洋服いっぱい買ってあげるね。髪の毛にリボン結んであげるね。毎日一緒にねんねするね」

この子が今思い描く将来の夢は、結婚してかわいい赤ちゃんを産むことなんだ〜ってちょっと感動しました。
そうですよね、「一生続けられる仕事を持って自立して働きたい」とか「結婚しても仕事と家庭を両立させたい」とかは言わないですよね、4歳で。

わたしは結婚前から続けている仕事があって、娘は毎日保育園に行っているわけですが、そういう母親の姿を見ていても「働き続けて赤ちゃんもほしい」とは言わないんですよね。
やっぱり赤ちゃんを産む=次世代につなげていく、というのは女の子の基本的な願望というか、自分の使命として根源的に持っている気持ちなんでしょうか。

じゃあいつごろから、社会での自分の役割とか、仕事を通して自己実現したいとか、結婚して子供を産むばっかりが幸せじゃないぞとか、そういう気持ちを持つようになるんでしょうね?
高校生? 大学生? 社会に出てから?

わたしは今でこそ子供が2人いて、おまけに仕事も続けられて幸せもんだと思っていますけど、うんと若い頃には、仕事と両立できないのなら子供は作らないと思っていた時期がありました。
子供がいて得るものはもちろん多いけど、子供がいるとできなくなっちゃうことも多いじゃないですか。
たとえば泊まりがけの出張がばりばりある仕事なんかはできなくなるし、遅くまでの残業が毎日っていうのもできないです。
夜中に電話一本で呼び出されて駆けつけなきゃいけないような仕事もむずかしいです。
プライベートで言えば、外食はめったに行かなくなりました。
旅行も子供の年と体調に合わせて、ヨーロッパやアフリカは、まだ無理ですね。

なにより子供を産んだからには「お母さんがいなくて淋しかった」っていう思いはあまりさせたくないので、今は仕事もセーブして、少なくとも夜は家にいられるようにしていますけど・・・
でもこのままだと、どんどん同僚たちから置いて行かれるような気もするし、
人手不足で困っている職場に、少しでも貢献できたら、とも思うんですよね。

上の子を妊娠して、初めて「保育園」というものを見学に行ったとき、ええ〜こんなところに子供を預けるの〜?と暗澹たる気持ちになったことが忘れられませんが、
実際通い始めてみると、保育園ってすごくいいところで、保育のプロな先生ばかりで、子供もすぐなついて保育園が大好き!と言って通っています。
親の目から見たものと、子供の感じ方とは違うんですね。

そう思うと、わたしがたまには夜も仕事があって、主人と子供だけで過ごす夜があったとしても、意外にそれはそれで楽しく過ごすんじゃあるまいかと思ってみたり、
いやいや、それじゃあ第一、主人が納得するまいと思ってみたり。

こういう悩みって、結局、一生ついて回るものなんでしょうね。

そう思うと、迷うことなく「かわいい赤ちゃんを産んで・・・」って夢を語れる娘が、ちょっとうらやましくなったりもするのでした。
by powderblueY | 2008-02-18 16:25 | 仕事 | Comments(0)

過大な期待

今日、職場で仲間と話をしていたら、驚くべきことを聞きました。

今、受験シーズンじゃないですか。
かわいい我が子が受験の時にインフルエンザにかかったりしたら大変!というわけで、
タミフルを予防的に、受験が終わるまで2ヶ月間、ずっと飲ませ続けてる親がいるそうです。
タミフルは普通は、インフルエンザを発症したら5日間だけ飲む薬です。
健康保険では一度にそれ以上は処方してもらえないため、自費でもらうんだそうです。

もう一つ。生理が重い人っていますよね。
生理痛がひどくて集中できなかったり、眠くなったり・・・
これも、かわいい我が子が模試や受験の本番に生理に当たると大変!というわけで、
夏ごろから「受験が終わる2月までずーっと生理が来ないようにしてやってください」と病院を受診する親がいるそうです。
それは普通、無理です。
やるとすればホルモンを抑制する注射を打って、体を更年期の状態にするか、
それか妊娠するのも一つの方法です。
って逆効果ですね。

「でもね、インフルエンザにかかるのも生理に当たるのも、その子の運の一つなんだよね。子供にだって調子のいいときと悪いときがあるのに、どうして最高の状態で受験を迎えなきゃだめ!って思うんだろう」と、2人の子供を成人させた同僚の言葉。

うちは子供がまだ小さいので、そこまで悟りは開けず、過大な期待を寄せてしまう自分がいるのですが、そうですよね、子供にだって調子のいいときと悪いときがある。
わたしにも仕事に気が乗らない日があるのと同じです。
毎日、判で押したように「早くご飯食べなさい!」「早く宿題やりなさい!」と言い続けるのはやめようと思った今日このごろでした。
by powderblueY | 2008-01-08 23:28 | 仕事 | Comments(16)