カテゴリ:2012 Maldives( 66 )

Cocoa Island 2012 - 48 最後の夕日

ここで夕日を見るのは、今日が最後。
今、まさにビヤドゥの向こうに沈もうとしているこの夕日が最後なの。
これをみんなで、部屋のデッキから、シャンパン片手にながめるはずだったのに・・・。


と思いつつ、スパを終えたばかりの体に滝のような汗をかきつつ、走って、走って・・・


やっとうちのヴィラに到着!!


すると、玄関のドアが、するりと内側から開いて、
マイクさんが

「お帰りなさい。みなさまお待ちですよ」

とにこにこしています。


きゃああとそのままリビングを走り抜け、水上デッキに走っていくと・・・


ヒデキとミナオちゃんと主人がシャンパンを飲んでて、
夕日は完全に沈んだ後でした。

c0147790_1482260.jpg


ううう・・・くやしい・・・
わたしがジェッティを走っている間に、沈んじゃったのね・・・


なんでも、マイクさんが

「奥さまがお戻りになるまで(シャンパンの抜栓を)お待ちになりますか?」

と聞いてくれたのに、主人はきっぱりと、

「No」

と言ったらしいわ。ぷんぷん。

でも仕方ないね。みんながここで楽しんでたのなら、それで十分よ。


ミナオちゃんが
「夕日の写真撮っといたから」
と見せてくれました。

c0147790_14111363.jpg


うう、美しいわ。


それからみんなでシャンパン飲みつつ、
楽しかった思い出を話したり、
美しい夕映えをながめたり。

c0147790_14125412.jpg

c0147790_14131232.jpg

c0147790_14124279.jpg


明日はもう帰る日なんだけど、
ミナオちゃんたちはSQの昼便なので、リゾートを11時半に出ます。
わたしたちは土曜日の夜に名古屋に着くように、SQの夜便なので、
リゾートを出るのは多分20時くらい。


いっぱい一緒に遊んで楽しかったね。
2家族一緒に来ると、子供たちはお互い一緒に遊ぶし、
お互いめんどうをみあえるし、
お料理やワインもシェアできるし、
楽しいことばかり。
家族4人だと煮詰まっちゃうような場面でも、
まだ2歳のリョウくんの無邪気な発言に救われたりしたわ。
また一緒に来ようね。


さて、夕映えも落ち着いて、夜の空の色になってきたので、
いったんそれぞれの部屋でシャワーを浴びて、
ディナーに集合です。


レストランの方へ歩いて行くと、マイクさんが

「今晩のディナーは、こちらにご用意しました」

とビーチに案内してくれました!


なんと、

c0147790_14534574.jpg


すごくわかりづらい写真で申し訳ないんですけど、
ビーチに8人の席が用意してあり、
周りを、ビーチに置いたいくつものキャンドルで囲んであるんです。


ロマンチック〜。


しかも今日は、BBQ dinner。
いろんなものをご用意してありますので、ぜひぜひごらんになってください、とマイクさん。

席を立って見に行くと・・・

前菜はビュッフェになっています。

c0147790_14562321.jpg

c0147790_14563634.jpg

c0147790_14564751.jpg

c0147790_1457034.jpg

c0147790_14571391.jpg


すごーく美味しそうなものがたくさん!

そして外には、

c0147790_14573263.jpg

c0147790_14582027.jpg


ロブスターや、新鮮な魚介が。
これをシェフが焼いてくれます。

c0147790_14583975.jpg


外でたくさんのカップルがBBQを楽しんでいます。

c0147790_14592820.jpg

c0147790_1582751.jpg


わたしとジロはBBQ、主人とはな子はいつものメニューからアラカルトでたのむことにしました。

c0147790_150846.jpg


波打ち際でのディナー、すてきです。
はな子は、お昼寝しなかったのがたたって、もう寝ちゃってますけど。

c0147790_1505799.jpg


前菜もいろいろとってきましたが、
じゃ〜〜ん、BBQが来ましたよ〜。

c0147790_152426.jpg


ロブスターに、海老に、魚に、イカに・・・
これ全部食べたわたしたちもすごいわ。
食べたあと
「ああ、BBQっていつも、そんなに量は食べてないのに、お腹いっぱいになっちゃうのよね」
って思ったけど、
こうしてみると、すごい量食べてますね(恥)。


ほかのみんなも、アラカルトでたのんだもの、いろいろ食べました。

c0147790_1542870.jpg

c0147790_1544285.jpg

c0147790_1545657.jpg

c0147790_1552625.jpg

c0147790_1553611.jpg

c0147790_1554899.jpg

c0147790_156187.jpg


会話も、ワインも、はずみましたとさ。

そしてデザートも。

c0147790_1573468.jpg

c0147790_1574543.jpg


マイクさん、すてきなセッティングをありがとう。

c0147790_1564928.jpg

c0147790_1571028.jpg


こうして最後の夜は更けていきました。
by powderblueY | 2012-05-28 15:08 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 47 大満足のBubble maker 2回目

はな子は、タカさん、マイクさんに助けてもらいながら、ビーチからエントリー。

c0147790_2165558.jpg


フィンをはいて、BCをつけて・・・。

c0147790_217012.jpg


タカさん考案の「BCのバックル、クロスして留める作戦」のおかげで、
今回は調子よさそうかな?

c0147790_2183136.jpg



c0147790_2195084.jpg


この美しい海へ。
1回目のBubble makerの時よりも、ずいぶん透明度がいいみたい。

c0147790_2110338.jpg

c0147790_21111796.jpg


タカさんが水中で「OK?」と聞くと、
毎回、「OK」と合図しています。
今回は調子がよいようね。

c0147790_21123452.jpg


おお、手を振る余裕が!?

この島の北側の海は、アライバルジェッティもあり、船の行き来が多いところなので、
危険防止のために赤いフロートをつけています。

c0147790_21141080.jpg


タカさんにいろんなものを見せてもらったみたい。

c0147790_21145658.jpg

c0147790_21154754.jpg

c0147790_2116252.jpg

c0147790_21163630.jpg

c0147790_21165036.jpg

c0147790_21172880.jpg


島のこちら側は、とてもサンゴがきれいなところです。

c0147790_21181952.jpg


これは素潜りのジロだけれど。

c0147790_21191461.jpg


これはマンジュウヒトデかな?

c0147790_21192190.jpg


あ、いやいや、海の生物に触ってはいけません。

はな子は、タカさんに手招きされて、岩の中をのぞいたら、
なんと、カメが寝ていたそうです。
はな子、感激!


こちら側では大人の体験ダイビングも行われているらしく、
海の底の方にダイバーがいるのが見えます。

ダイバーの吐く泡がのぼってきて、とてもきれい。

c0147790_21341429.jpg

c0147790_21342955.jpg


この泡は、さわってみるととっても冷たくて、気持ちがいいの。
泡に触りまくるジロ。

c0147790_21352345.jpg


途中から、ミナオちゃん一家もやってきて、はな子の様子を見守ってくれています。

c0147790_21361865.jpg

c0147790_21363435.jpg

c0147790_21362473.jpg


全部で55分くらい潜ってました。
今日はとても落ち着いてできていたし、
いろんな魚を見れて、本人も大満足だった様子。
タカさんからも「上手だったよ」と言われて、ご満悦のはな子でした。

「10歳になったら、またタカさんに教えてもらって、ダイビングする!!」
と宣言してました。

c0147790_214069.jpg


さて、終了後、わたしたちはブティックへ。
はな子は、リゾートのこういうお店を見るのが大好きで、
「なんか買って〜」とねだります。
ジロは、お買い物大嫌いなので、
「ボクはショップは行かない。コウちゃんたちとハイドロセラピープールで泳ぐ」
と別行動。


わたしたちはゆっくりとお買い物をした後、
4時からのヨガレッスン(無料)に行きました。
今朝、マイクさんから勧められていたの。


ヨガパビリオンで、ヨーロピアンのカップル2組と、わたしたちと。
先生の「Inhale.......Exhale.......」という掛け声に合わせて、いろんなポーズを作ります。
先生は、はな子にも容赦なくて、足の左右が違っていたりすると、指導が入ります。
外は日射しが強いけれど、ヨガパビリオンの中は風が通って涼しく、
最後のMeditationでは寝てしまいそう・・・。


終わってから、主人とはな子と別れて、
わたしはスパに行きました。


今日も昨日と同じ部屋で、コモシャンバラマッサージ。
セラピストさんは昨日とは違う人。
また、外から丸見えのお部屋で着替え、
足浴の後、マッサージ。
ものすごく気持ちよくて、全然記憶がありません。


終わって受付に戻り、お会計はブティックでの買い物も含めてサインをし、
「品物はお部屋にお持ちしました」と抜かりはありません。

スパを出ると、もう6時10分くらいで、
Sunsetが気になります。


ジェッティまで走って行ってみると、
およよ〜〜〜。

c0147790_224880.jpg


もう日が沈んじゃうじゃん!!!

c0147790_2152294.jpg


今日がここで見る最後の夕日だというのに!!


もう、スパで身も心もリラックスしたのもつかの間、
「待って〜〜〜〜」と心の中で叫びつつ、ジェッティを全速力で走って、お部屋へ。
果たして、夕日に間に合うのか!?
by powderblueY | 2012-05-27 21:53 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 46 ランチ、そしてBubble maker 2回目へ

さてさて、はな子たちはのんびりしたあとプールへ向かいます。

c0147790_23243381.jpg


非常にいいお天気です。
今回、最初から最後まで、非常にお天気に恵まれました。

c0147790_2325983.jpg


最後のダイビングを終えたわたしとジロも、
タカさんにお礼を言って、ボートクルーへのチップを渡して、
プールへ向かいます。


c0147790_23263537.jpg


今日は日射しが強くて、風が弱く、暑いので、
マイクさんはBarの中に8人の席を準備してくれていました。
そういうところ、本当によく気がつくバトラーさんです。

c0147790_23275521.jpg

c0147790_2328911.jpg


Barから突きだしたテーブルの先の空が青いです。

c0147790_23283098.jpg

c0147790_23284591.jpg


木で作られた建物の感じもとってもおしゃれで落ち着いていて、
ココアのデザインは華美じゃないんだけど、とっても感じがいいです。


今日は、ランチには特別なメニューの企画はないようですが、
「ココア特製サングリア」のおすすめがあります。


サングリアは、赤ワインに果物を漬け込んだスペインのお酒。
わたしたちはみんな大好きなので、
「じゃあそれを4人分ね」
とマイクさんにお願いしたら、
「みなさんで召し上がるなら、ピッチャーが断然お得ですよ」
とすすめられ、

c0147790_2332322.jpg


はい、こんなピッチャーがやってまいりました。
リンゴやベリーやバナナなど、いろんな果物が漬け込んであります。

c0147790_23391045.jpg


c0147790_2333107.jpg


かんぱ〜い!!

今日のランチは、マグロのカルパッチョや、

c0147790_23344227.jpg


ミーゴレン、

c0147790_23345938.jpg


ココアバーガー、

c0147790_23352077.jpg


フィッシュアンドチップス、

c0147790_23355546.jpg


それにデザート。

c0147790_23364353.jpg

c0147790_2337463.jpg


みんなでわいわい言いながら食べるお食事は、本当に美味しいです。

c0147790_23391760.jpg


あ、ちなみにレストランもバーも天井までの大きな窓が、いつも全開になっていますが、
蚊にさされたりしたことは一度もありませんでした。
もちろん部屋にも蚊はいません。


昼食の後、いったん部屋に戻ってくつろいで。

c0147790_23421236.jpg

c0147790_23423247.jpg

c0147790_23425096.jpg


時間になったので、お迎えに来たマイクさんと、はな子のBubble maker 2回目に出かけます。
この間は「もうやらない」って言ってたのに、
よくやる気になったもんです。
午前中にわたしとジロがタカさんと潜った時、
タカさんも
「BCのサイズがどうしても大きいのでね。
 なんとかちょうどいいサイズになるように、対策を考え中なんですよ。
 ほら、ここで使ってるBCは、サイズを調節するバックルで上下が分かれるようになってるので、
 それをたすきがけに留めてみたらどうか、とかね」
とおっしゃってました。


つまり、

c0147790_23542017.jpg


この肩のところのバックルをはずして、左右をクロスして留めるってこと。
タカさん、いろいろ考えてくださって、ありがとうございます。


さて、ダイビングセンターで、はな子はウェットスーツを着て。

c0147790_2357849.jpg


今日もあつらえたみたいにぴったりです。

c0147790_23574854.jpg


今日はうまくいくでしょうか。
by powderblueY | 2012-05-26 23:59 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 45 ところでその頃なスノーケリング

ダイビングドーニがココアに戻ってくると、
ビーチで不思議な光景が。


10人くらいのスタッフが、2つのチームに分かれて、ムカデ競争をしているんです。
(あいにく写真がないの)
列になって、前の人の肩を持って、足をくくりつけて、
日本で言う、まさにムカデ競争。


ちょうどジェッティまで迎えに来てくれていたマイクさんに
「あれ、なにやってるの?」
と聞いてみたら、
「あれは新しく採用されたスタッフなんです。
 お互いをよく知り、チームワークを作るために、
 ああいう研修をしているんです」

へええええええ。

「ほかにも、みんなで丸太を運ぶ研修とか、するんですよ」

へええええええ。

なんだか、すっごく日本的じゃない?
だけど、この炎天下で、大丈夫かしら。がんばってね。


さて、わたしとジロがダイビングに行っている間、
他の人たちはスノーケリング三昧だったようです。


カメラに残っていた写真から、その様子を再現します。


まずはPrivate Jettyまで海の様子を見に行って。

c0147790_14355242.jpg

c0147790_14361162.jpg


ここがちょうどドロップオフになっていますが、
上から見ただけでも魚がたくさん見えますね。

c0147790_14365261.jpg


このPrivate Jettyの先端のデッキには、シャワーの施設もあって、
海から上がったらすぐに、真水のシャワーを浴びられますよ、的なパフォーマンス。


じゃあお部屋に戻って、海に入りましょう。

c0147790_14391377.jpg


「今日も天気がいいねえ、はな子」

c0147790_14393499.jpg


「このデッキ、最高だよね、お父さん」

c0147790_14401094.jpg


「あいつらもダイビングばっかり行かずに、ここでのんびりすればいいのにな、はな子」

c0147790_14411442.jpg

c0147790_14413173.jpg


「でも今頃お母さんとお兄ちゃんは、ダイビングですっごいものを見てるかもよ、お父さん。
 洞穴の奥に手をちくちくしてくれるエビがいたりするかもよ」

「なんでおまえ、そんな見てきたようなことを言うんだ」

c0147790_14432252.jpg


「大きな白い船がいるねえ、お父さん」

「あれは多分、ダイブサファリの船だな。
 あれに乗ると、1日4本とか5本とか潜るんだ」

「いいなあ、はなちゃんも早くダイビングの免許とりたいなあ」

c0147790_1444910.jpg


「さあ、お父さん、早く海に入ろうよ」

「ちょっと待て。お父さんはこのマスクに前髪がはさまってるのをとろうとしてるんだ。
 これがはさまってると、水が入ってくるからな」

「うそばっかり、お父さん。はさまるようなところに前髪はえてないじゃん。
 生え際がかなり後退しちゃってさ」

「はな子、なんでそんな見てきたようなウソを言うんだ」

「知〜らない。もう先に行っちゃうよー」

c0147790_14504262.jpg


ばかばかしい。
でも海の中は美しいです。

c0147790_14513243.jpg

c0147790_14514934.jpg

c0147790_1452486.jpg

c0147790_14521781.jpg


いつものヨスジの群れや、クマノミくん。

c0147790_14525118.jpg


途中からミナオちゃん一家も合流して。

c0147790_14532484.jpg


c0147790_14542893.jpg


おっ、はな子、潜ってるじゃん。

c0147790_14551057.jpg


「やるなあ、おまえも大人になったもんだなあ。
 2歳の時ソネバフシで、初めて海に顔をつけさせたら、
 ごぼごぼ水を飲んで泣いてたけどなあ」

c0147790_14554219.jpg

c0147790_14562722.jpg

c0147790_14565951.jpg


じゃあそろそろ上がりましょうか。
ミナオちゃんたちもみんな一緒に。

c0147790_1543864.jpg


的な光景が繰り広げられていたらしいです、
わたしとジロのいない間に。
by powderblueY | 2012-05-25 15:05 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 44 ダイビング4本目 感激の再会

ダイビングは、今日はBodu giriというポイントに出かけます。
ココアのアライバルジェッティ側から、ときどき遠〜くの海のまっただ中に、
真っ白なサンドバンクが浮かんでいるのが見えるのですが、
そこがポイントらしいです。

c0147790_145581.jpg


この日は、風が全くなく、海もおそろしいほどのべた凪。
ぬめーーーっとした海面は、鏡のようでした。

c0147790_14134749.jpg


今日、タカさんと一緒に潜るのは、
わたしたち親子と、フロントスタッフのタカさん(女性)。
実はタカさん(女性)は、この3月でココアをやめられるらしく、替わりの女の子も来たので、
あと数日は有休を取って、こうしてのんびりダイビングしてらっしゃるそうです。


ほんの10分もしないうちに、サンドバンク、見えてきました。

c0147790_1465978.jpg


きゃーーーーっ、美しいよ〜。
マニア垂涎のサンドバンク。
大きさといい、形といい、砂の白さといい、極上のサンドバンクです。
透き通った水の色の、グラデーションもとてもきれい。

そこに器材をつけて、どぼんと入ります。


タカさんからブリーフィングで聞いたところによると、
ここは「地形ポイント」。
洞窟があったり、穴をくぐったりするそうです。


実は主人はダイビングにおいては「地形フェチ」。
穴の奥に入ったりするのが大好きなんです。

「お父さん、来ればよかったのにねえ」

「穴をくぐれたのにね」

しかも、穴の奥にクリーニングしてくれるエビがいて、
手をかざすと寄ってきて、ちくちくと噛んでくれるらしいんです。
うひゃー。


初めのうちは、いろんな魚。

c0147790_14131965.jpg

c0147790_14154770.jpg

c0147790_14162286.jpg

このポリープみたいなの、すっごく美しくて神秘的。

c0147790_1417523.jpg

ミノカサゴって、こわいからあまりよく見ることもないんだけど、
複雑な模様で、見れば見るほど気持ち悪いわね。


と、洞窟が見えてきました。
狭いので、タカさんともう1人ずつが入ります。

c0147790_1419110.jpg


中は暗くて、タカさんがライトを照らしてくれます。
大きめのエビがいます。

c0147790_14192680.jpg


洞穴はいくつもあって、また別の穴に入ると、奥にクリーニングエビがいました。

c0147790_14204463.jpg


こうやって手をかざしてじっとしていると、
小さいエビが寄ってきているの、わかります?
これがくすぐったいような、痛いような、むずむずするような、なんとも言えない感じ。
こんなのは・じ・め・て。


c0147790_14222778.jpg


そばの穴の中をくぐったり。

本当におもしろいポイントでした。

今でもジロが
「あのときのダイビングはおもしろかったよねー。
 お父さんも来ればよかったのにね」
ってくどいほど言います。


他にも、

c0147790_14235369.jpg

c0147790_14243517.jpg

この岩に保護色のようになった魚って、踏むとえらい目に遭うやつ??
c0147790_14251039.jpg



こうして最後のダイビングも楽しく終了。
浮上すると、サンドバンクが。

c0147790_14255615.jpg


c0147790_1427144.jpg


ドーニに上がり、いつものように2階へ。

c0147790_14274032.jpg


サンドバンクの向こうには、島が2つ見えます。
フロントのタカさん(女性)も2階に上がっていらっしゃったので、ふと、

「あの島は、なんていうんですか?」

と聞いてみると、

「左手はアナンタラで、右手はローカルの島で、マーフシといいます」

アナンタラ! にも反応したかったんだけど、
えっっ? と思ったのは、マーフシ。

「この近くに、他にもサンドバンクはありますか?」

と聞いてみると、

「もっとずーっと北に行ったところに1つと、
 あとは潮の干いている時にまれに出てくる小さいのが1つだけですね」

と言います。


・・・ってことは・・・


実は、わたしたちは2003年、タージ・エキゾチカに行ったことがあって、
それがわたしたちにとっては2回目のモルディブ、ジロが3歳で、はな子を妊娠中でした。

そのとき、ローカルの島を訪ね、サンドバンクでランチをいただく、っていう
プライベートのツアーに出かけたんですね。

そのローカルの島が、マーフシでした。
(アナンタラはまだできていなかった)

で、マーフシで建造中のドーニを見たり、小学校を見学したり、
ローカルのお土産屋さんでTシャツを買ったりした後、
10分ほどスピードボートに乗って、サンドバンクに行ったんですよ。

それが、このサンドバンク、っていうわけです。

「ジロ、そうだよっ、おまえを3歳の時に連れて行ったサンドバンクがここだよっ。
 すごーい! 覚えてる!?」

「え〜、覚えてないよ。
 でもパラソルの下でお昼ご飯食べたような気はする」

「そうそう、それそれ。それがここだよ。
 うわあ、感激〜。9年ぶりってことだね〜。
 あのとき、日本人スタッフの若くてきれいな・・・名前忘れちゃったけど、その人も一緒に来てくれて、
 ランチの後、”お子さんはみてますから、どうぞお二人でスノーケリングしてきてくださいね”って言われて、
 お父さんと二人でサンドバンクの周りでスノーケリングしたのよ。
 おまえは昔から、若くてきれいな女の人が大好きだったから、
 その日本人スタッフさんにすっごくなついて、楽しそうに遊んでたのよ。
 砂で家を造ったりして」

「ふうん」

「ああなつかしい! なつかしくない?」

「別に・・・」

と醒めたジロを尻目に、わたしは一人で興奮してました。


ちなみに、この帰りのドーニからは、イルカのはねているのが見えて
ジロはそっちの方がうれしかったそうです。
by powderblueY | 2012-05-24 14:52 | 2012 Maldives | Comments(4)

Cocoa Island 2012 - 43 朝食、ダイビングへ

c0147790_13354840.jpg


今日もいいお天気だねー。

c0147790_13362348.jpg


桟橋を歩いてレストランへ。
今日もミナオちゃんたちはダイビングはしないので、朝食はゆっくり来るでしょう。


マイクさんのお迎えを受けて、
いつものようにきちんと準備がされています。

c0147790_13372452.jpg


今日のココアの催し物などの書かれた紙(英語)と、
ニュースの日本語版もちゃんと用意されています。


さっそくマイクさんに、

「はな子が今日もう1度Bubble Makerをしたいって言ってるの。
 できますか?」

と聞いてみると、

「OK. I'll check it.」

とすぐにタカさんに電話してくれました。

戻ってきて

「OK. この間と同じ14時15分から大丈夫です。
 タカさんが担当してくれます」

と話がスムーズです。

それから、最終日(もう明日だよ〜)の過ごし方についても、マイクさんと相談しました。


これで安心して朝食を食べられます。

c0147790_13421290.jpg

c0147790_13422634.jpg

c0147790_13423984.jpg

c0147790_13425387.jpg

c0147790_134381.jpg

c0147790_13432194.jpg


見回しても、ビュッフェは毎日変わらずこれだけ。
ジュースやパンの種類も、毎日ほとんど変わりません。
朝ご飯にいろいろ食べたい人、和食やおかゆも食べたい人、シャンパン飲みたい人には
多分、すご〜くもの足りないと思うけど、
これに加えて、1品メニューから選んで作ってもらえるし、
わたしたちはそんなに不満でもなかったし、飽きもしませんでした。


えっ? そりゃシャンパンはあったら飲みたいけどね。
でもダイビング前は飲めないし、
そうなると心の葛藤が生じるじゃんね(笑)。


c0147790_13471472.jpg


マイクさんが、はな子を手伝ってくれてます。

c0147790_134894.jpg


今日も思い思いの1品メニューを。

c0147790_13484433.jpg

c0147790_13485776.jpg

c0147790_13491058.jpg

c0147790_13494670.jpg


ここのエッグベネディクトは本当においしかったわ。
オムレツは・・・モルディブで食べるオムレツで、ふわふわで中はとろりっていうのに出会ったことがないんだけど、
みなさんはいかがですか?

c0147790_13513724.jpg


朝食を終えて、帰ろうとしていると、ちょうどミナオちゃんたちがやって来ました。
はな子がもう1度Bubble Makerをする話を伝えると、
もちろん、コウちゃんも申し込むよ、ってことになりました。


ところが、これは意外な結末に。
翌日がチェックアウトの日(金曜)だったのですが、
ミナオちゃんたちは、ヒデキの仕事の都合で土曜の朝には名古屋に到着したいので、
金曜の昼のマーレ〜シンガポール便の利用。
これがマーレを出るのが14時30分。
すると24時間ルールに引っかかるので、木曜の14時30分以降のダイビングはできない、というのです。


そんな〜。
潜るっていってもBubble Makerだから、Max 2mだし、
せいぜい15時まで潜るだけだから、いいじゃない? って思ったけど、
まあルールを厳格に適用すればそうなるので、
(コウちゃんは「じゃあ14時15分から30分まで潜る!」とも言っていたみたいですが)
今回はコウちゃんはあきらめることになりました。


あ、午前中なら、タカさん以外のイントラさんで、英語での対応ならできますよ、
ってことだったのですが、
これにはコウちゃんが尻込み・・・。


でも潜っちゃえば、どうせボディランゲージだから、英語もなにも関係ないけどね。
コウちゃん、また今度一緒にやろうね。

c0147790_1402820.jpg


さてさて、ここで有名なココアサンダルをご紹介。
歩くとこうなります。

c0147790_141286.jpg


かわいいでしょ。
今年の夏はこれ履いて、内海(名古屋近郊の海水浴場)の海を歩くぞ〜。

c0147790_1444979.jpg


いったん部屋に戻り、ダイビングの準備をしていると、
マイクさんがやってきて、
頼んでおいたバスローブ(購入)を持ってきてくれました。
ここのバスローブは、内側はタオル地、外側はサテン地で、とっても気持ちがいいんです。

c0147790_1461236.jpg


今日もフルーツてんこ盛り。
いつもお腹いっぱいなので、あまり食べる機会がなかったなあ。
日本に帰って写真を見ると、いつも
ああ、もったいなかったなあ、食べればよかった〜って思うのですが。


さあ、マイクさんが荷物を持ってくれて、ダイビングに出かけます。
今日はわたしとジロと2人だけ。
主人とはな子は残ります。

行ってきま〜す。

c0147790_1494933.jpg

by powderblueY | 2012-05-23 14:12 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 42 今日も朝のスノーケリング

ジロに声をかけると、すっと起きてきたので、
2人で今日も朝のスノーケリングです。
主人はいびきをかいて寝ていました。
はな子は相変わらず、Cartoon Channelです。


水上のデッキの階段から入ろうとすると、
デッキの下に小さいカメがいました。

c0147790_14243557.jpg


こんな浅いところまでやってくるのね。

c0147790_14245387.jpg


朝からカメって、なんだか幸先がいいわね。
楽しい1日になりそうな気がする。
・・・って毎日楽しい1日なのですが。


ひやっとする水の中に入ります。
浅瀬にも、群れ、群れ。

c0147790_14262532.jpg

c0147790_14263532.jpg


Private Jetty下のヨスジが群れているあたりは、
ここのハウスリーフで1番きれいなところかも。
でもずっと泳いだロフトヴィラの前あたりも、クマノミ城があったりして、きれいです。

c0147790_14284637.jpg

c0147790_14285981.jpg

c0147790_142910100.jpg


今日もとってもきれいなんだけど、
この日は東→西の流れが強めで、
フィンキックしてもなかなか進まなくなってきたので、
少し戻り、浅瀬で写真を撮ります。

c0147790_14305763.jpg


タテジマキンチャクダイの造形美には、いつも見とれてしまいます。
縞の先がふたまたに分かれているのが、2本だけあるのね。
神様はどうしてこんなデザインを思いついたんでしょうね。
美しいわ。

c0147790_14332332.jpg

c0147790_14333627.jpg


すばしこくてなかなか写真には撮りにくいパウダーブルーサージョンフィッシュくんも
一体どうしてこんなデザインなんだろうね。
子供がこんな絵を描いたら、
「きれいだけど、あまりにもウソっぽい魚だね。
 もうちょっと本物らしい魚を描こうね」
って指導が入ると思うわ。


と、ふと水から顔を上げると、Jettyに主人がいて、
「どうして起こしてくれないのー」
と今日も言ってます。
だってあなた、いびきかいて寝てたから。


「今日はちょっと流れてるから、
 ミナオちゃんたちのヴィラの方から入って、こっちに向かって泳いでくる方が楽だよ」
と情報を与えると、てくてくと歩いて行きました。


しばらくするとヒデキとコウちゃんがJettyにやってきたので、同じことを話すと、
「でもね、朝はボクたちの部屋の下にはミノカサゴがいて、寄ってくるから、
 こわくて海に入れないんだよ〜」
とコウちゃん。
毎日デッキから海をながめて、どの魚が何時頃どこにいるかって、すっかり把握したようです。


わたしとジロがスノーケリングを終え、部屋のデッキに戻って、
ふとビヤドゥの方角を見ると・・・

水面に、なんだか四角くて黒い動くものが3枚、ひらひらしています。
すぐにジロを呼び、

「あれ、エイかな?」
「うん、エイだね」

浅瀬に3枚のエイが泳いでいるんです。
ぐるぐる回ったりしている。
こんな浅瀬にもやってくるのね。
自然の豊かさを目の当たりにして、
今日はとっても豊かな気分。


部屋に戻ると、はな子が「トムとジェリー」を見て、
げらげら笑っていました。


全く、モルディブまで来てトムとジェリーかよっ、って思っていると、
突然、はな子が言いました。

「はなちゃん、もう1回、バブルメーカーやってみようかなあ」

えっっっ、今なんておっしゃいました?
本気ですかい?
わかったわかった、おまえの気が変わらないうちに、すぐにマイクさんにお願いしてみるよ。


というわけで、スノーケリングから戻ってきた主人も一緒に、
さっさと用意をして、朝食に出かけます。
by powderblueY | 2012-05-22 14:50 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 41 朝の景色

みなさん、見えましたか?

名古屋のわたしの住んでいるところからは、ばっちりでした。

c0147790_23105690.jpg


そうとうズームしているので、画質悪いですが。

木漏れ日もこんなふう。

c0147790_23115934.jpg

c0147790_23135768.jpg


わたしのカゴバッグの編み目の影は、魚のウロコみたい。

c0147790_23154468.jpg


この次、日本の広い範囲で金環日食を観測できるのは、300年以上も先なんですってね。


わたしや主人は言うまでもなく、ジロやはな子でさえも、
もう一生の間に金環日食を見ることはないのね。


松山の実家の母も見れたそうなので、「冥土の土産だね」と言ったら、怒ってました。

c0147790_23161016.jpg



さて、ココア旅行記を続けます。


朝方4時に目が覚めた時、
バスルームの外のシャワーのあるテラスに出てみると、
満天の星でした。
天の川がくっきりと見えます。
日本では、決して天の川を見ることはないので、
(静かで空気のきれいな山奥に行けば見えるのでしょうけど)
モルディブに来て天の川を見ると感動します。


それからまた寝て、5時半に起きた時、
外はこんなふうでした。

c0147790_22441386.jpg


まだ朝日が昇る前の、静かなリゾート。
これから来る1日を前に、静かに息を潜めているリゾート。

c0147790_22452197.jpg


自分で言うのもなんだけど、増島 実さんの写真みたいじゃない? (爆)
これはLUMIXのLX5の「星空モード」のシャッタースピード15秒で撮ったものです。
わたしみたいにカメラのカの字もわからない機械オンチでも、こんなふうに撮れるので、
最近のデジカメって、本当にすぐれものですね。


Private Jettyも、だんだん明るくなってきました。

c0147790_22505412.jpg


じゃあテラス側に行ってみましょう。

c0147790_22514996.jpg


どこもとっても静かです。
これからどんな楽しい1日が始まるのかな。

c0147790_22524051.jpg

c0147790_22525341.jpg


これは隣のカンドゥーマから、ココアのスタッフを乗せてやってきた朝一便のドーニのようです。
どうせ出勤するなら、満員の地下鉄よりは、これに乗りたいですね。


だいぶ空が明るくなってきましたよ。

c0147790_22553111.jpg


日の出を見に行こうと、リビングを横切ろうとすると、
はな子が起きてきていて、テレビを見ています。
朝から晩までやってるCartoon Channelがあって、
それがとっても楽しいみたいなの。


玄関から外に出て、島の東側を見て、息をのみました。

c0147790_22565550.jpg


今まさに、陽が昇るところです。

c0147790_22571739.jpg


神秘的で、美しいとしか言いようがない。


このときは、ラジオ体操の歌ではなく、
♪ 日は〜また昇る どんな〜人の心にも (by アリス) を歌ってました。
若い人は知らないわね。

c0147790_2324358.jpg


さあ今日も、朝のお楽しみに出かけましょうか。
by powderblueY | 2012-05-21 23:20 | 2012 Maldives | Comments(2)

Cocoa Island 2012 - 40 テラスでSunset

夕日を見る準備のため、子供たちを起こして、シャワーを浴びさせます。
コウちゃんはスノーケリングから上がった水着のまま、うちで昼寝をしていたので、
ミナオちゃんに電話して、着替えを持ってきてくれるように頼みました。


それからマイクさんに電話して、6時にシャンパンを持ってきてくれるように頼みました。
やっぱり、Sunsetのおともは、シャンパンでしょ。


わたしも着替えて化粧などしているうちに、6時になってミナオちゃんたちがやってきました。


外のテラスに出てみると、マイクさんが準備を調えてくれていました。

c0147790_2313845.jpg


まずはみんなで写真でしょ。

c0147790_2322259.jpg


c0147790_2331450.jpg


マイクさんがシャンパンの栓を抜き、みんなに注いでくれます。
空がだんだん赤くなっていきます。

c0147790_234143.jpg


こんな景色の中で、1日の疲れを癒やす1杯のシャンパン。
(疲れっていっても、1日中遊んでただけですけどね)

c0147790_2363354.jpg


お友達との楽しい会話。

多分、この景色を一生忘れることはないでしょう。

c0147790_237768.jpg


ちびっこたちも楽しく遊んでいます。

c0147790_23222177.jpg


そうだ、せっかくだから、マイクさんも一杯いかが?

と勧めてみましたが、

「仕事中ですから」と固辞されました。
マイクさん、真面目なのよね。

「あたしの酒が飲めないっていうの!?」
ってからんだ、なんてことは一切ありません。

c0147790_2391733.jpg


刻々と移り変わりゆくドラマチックな空。
ボトルもあっという間に、残り少なくなりました。

するとマイクさんが

「中国では、ボトルの最後を飲み干すのは、Lucky Jobといって、幸せになれるんですよ」

と言って、わたしに注いでくれました。

こんな会話ができるのも、マイクさんならでは。
しかもこれからあと、帰るまでにシャンパンやワインをみんなで3本飲んだのですが、
彼はそのたび覚えていて、
「今回はLucky Jobはあなたですよ」
「今晩は、ミナオさん、あなたにLucky Jobをしていただきますね」
「今回はあなたです。これでみなさん1回ずつLucky Jobをしていただきましたね。
 みなさん、幸せになりますように」
って場を盛り上げてくれました。
すごーくSmartでSophisticatedなバトラーさんです。
今まで中国の人に持っていたイメージが変わったわ。

c0147790_23185248.jpg


みんなで楽しくおしゃべり。

c0147790_23191766.jpg


夕映えもだいぶ落ち着いた色になってきました。

c0147790_23195760.jpg


と思ったら、なんだか逆さづりになっている人あり。

c0147790_23201297.jpg


たっぷりと夕映えを楽しんで、
そのままみんなで歩いて、レストランへ。


c0147790_23244395.jpg

c0147790_23251235.jpg

c0147790_23255515.jpg


今日は、まず和牛のカルパッチョ。

c0147790_23263124.jpg


ジロはSnapperのグリル。

c0147790_2327755.jpg


すごーく美味しかったらしく、ジロは一口もくれませんでした。

これは確か、ホタテのなんとか、だったと思う。

c0147790_2330306.jpg


それからロブスターのタンドリーグリル。

c0147790_23285580.jpg


すごく大きくて、ジューシーに焼けてました。

今日は珍しく、デザートに進む余裕があり、
マイクさんおすすめのスフレを。

c0147790_23311835.jpg

c0147790_23314067.jpg


ん〜、美味しい〜。
甘すぎず、日本でいただくスイーツのようです。

食事はいつもとっても満足。
この日もお腹いっぱいで眠りにつきました。
by powderblueY | 2012-05-20 23:33 | 2012 Maldives | Comments(0)

Cocoa Island 2012 - 39 夕方の時間

スパの帰りにもたくさん写真を撮りました。
昼下がりのリゾートです。

c0147790_2315994.jpg


アライバルジェッティを臨んで。

c0147790_23155653.jpg

c0147790_23161016.jpg


白い砂がまぶしいです。

c0147790_23164544.jpg

c0147790_23165778.jpg


この写真で、ビーチの真ん中がジェッティで区切られているでしょ。
あれより向こうがスパのお部屋が建っているあたり。
誰かが散歩していても全然おかしくないでしょ。
あれ? なんだか部屋があるなあと思って、ふとのぞきこんだら、
着替え中でお互い「ぎょっ」ってことも、十分ありそう・・・。
そのへん、気にしない気にしない、っていうおおらかさが気に入りましたけどね。


さて、そのころ、一緒にスパを終えたミナオちゃんは、先にお部屋に帰ってました。
ミナオちゃんたちの写真から、ロフトヴィラの様子を少しご紹介します。
(最初のころにもちょっと載せたけど)

c0147790_232209.jpg


まずこれが水上のテラス。
ダブルサイズのデイベッドが置かれているのと比較して、
テラスがとっても大きいのがおわかりいただけるかと思います。

c0147790_2323186.jpg


朝に夕に、海を見つめるコウちゃん。

c0147790_23255510.jpg


部屋の中のリビング部分。
2つある大きなソファを、ごらんのようにベッドに作ってもらえるので、
大人2人、子供2人の宿泊が可能です。
コウちゃん、勉強中です。

c0147790_23265516.jpg


リビングから階段を上がって2階。
ロフトになってる部分が寝室です。
吹き抜けになってるリビングとつながってますが、厚いカーテンで仕切ることができるので、
真っ暗になるそうです。

c0147790_23284174.jpg


そしてこれがバスルーム。
この外に、屋外のシャワーがあり、海から直接上がる階段がついてます。
とても便利な構造です。


さて、わたしは4時半にダイビングセンターで、テストの答え合わせ。
88点で、合格でした。よかった〜。
これで晴れてナイトロックスダイバーです。
タカさんが申請用の写真を撮ってくれました。
間違えたところを簡単に解説してもらって、
タカさんとしゃべっていたら、
タカさんもスパが大好きだってことが判明!

「ここのコモ・シャンバラスパのセラピストは、とっても上手だと思いますよ。
 ここでやったら、他ではできないなあ」だそうです。

明日は、ジロとわたしだけが潜ることになりそうなので、お願いして、部屋に帰りました。


c0147790_23345533.jpg

c0147790_23351367.jpg


部屋に帰ってみると、し〜んとして人の気配がありません。
みんなどこに行ったんだろう? スノーケリングか? と思って、
子供たちの寝室を見ると、
なんと、ジロもはな子も、さらにはコウちゃんまで、昼寝をしています。
コウちゃんは水着のままバスローブにくるまって寝ています。
わたしたちの寝室を見ると、主人も爆睡。

どうやら、この4人でスノーケリングに出かけて、帰ってきて疲れてみんな寝ちゃったみたい。
デジカメに、こんな写真が残ってました。

c0147790_23415422.jpg

c0147790_2342989.jpg

c0147790_23422317.jpg

c0147790_23423684.jpg


それならわたしも〜ってマスクとフィンをつけ、一人で海に入ってみたんですけど、
透明度が悪く、魚もあまりいないので、短時間で戻ってきました。
Private Jettyのあたりに、ヨーロピアンがいっぱいいて、スノーケリングしてました。
彼らは暑い日中にはあまり活動せず(多分、お部屋にこもっている)、
夕方になって出てくるのね。このとき5時でした。


今日は、うちの水上のテラスで夕日を見ようよ、とミナオちゃんたちを誘ったので、
そろそろ準備をしなくっちゃ。
by powderblueY | 2012-05-19 23:48 | 2012 Maldives | Comments(0)