カテゴリ:2012 Amanusa( 29 )

Amanusa 2012 - 25 総括

今回の旅は、主人抜きでしたが、
「やられた! 主人の呪いだ!!」
って思うような、困った出来事もなく、順調な旅でした。


名古屋からはシンガポール経由で、けっこう時間もかかるのですが、
それでも3泊5日で十分に楽しめ、
なによりGWに乾季という、うれしいデスティネーションです。


アマヌサも、とってもよかったです。
落ち着けるお部屋。
大きくていつも空いているプール。
フロントスタッフから庭師さんからお掃除のおばさんまで
ゲストの顔を見るといつもにこにこと感じよく挨拶してくれます。
わたしにとっては、このスタッフがみんな感じよく挨拶ができる
=(いやな言い方ですが)末端まで教育が行き届いている、というのは
けっこう重要なポイントです。


お食事もおいしかったです。


わたしたちは、ほとんどの時間をアマヌサの中で過ごしたけれど、
もしも街にお買い物やスパ目的で出かけたければ、
クタ・レギャン・スミニャックといった街にはすぐですし、
アマンの車で送っていただくこともできます。


オンザビーチではなく、海まではジープに乗っていきますが、
別に不便を感じることもなく、
ビーチはビーチで、とてもくつろげます。


ただし、海の中は期待しないでね。
ながめて楽しむ海です。


特筆すべきは、やっぱり空港サービスですね。
バリって、検索すればするほど、おそろしい話がいくらでも出てくるのよ。
最後にはどれも「お金を要求された」に行き着くのですが、
アジアの空港で、そんな目に遭うところって、他にありますか?


それで、いやだな〜トラブルがあったらいやだな〜と思いながら行きましたが、
アマンの空港スタッフのお出迎えを受ける限り、そんな心配は皆無です。
あの安心感を得るためだけに、お金払ってもいいって思うくらい。


空港に到着した瞬間から、出国審査を通るまで、
アマンのゲストには不自由な思い、不安な思いはさせない、というポリシーがすばらしいと思います。
どんなにリゾートがよくっても、空港でひどい目に遭ったら、
やっぱり二度と来ようとは思わないですよね。


アマンがそこを重要と考え、
空港の送迎システムの確立に、きっとそれなりに費用をかけている(と思われる)ところが
賞賛と信頼に値すると思います。


長々と旅行記におつきあいくださいまして、ありがとうございました。
あ、そうそう、Cooking Classもとっても素敵でした。
日本に帰って、レシピを見ながらナシゴレンを作ってみる、
ということは、決してないけれどね(笑)。
いただいたエプロンはときどきしてみて、雰囲気に浸っています。
またお金貯めて、いつか行くぞー!
by powderblueY | 2012-07-11 18:45 | 2012 Amanusa | Comments(4)

Amanusa 2012 - 24 帰国

ロビーでお会計をします。
Hisayoさんが対応してくださったので、日本語でなんでも聞けてよかったです。


ふと、お仕事の話になった時、
Hisayoさんの経歴をお聞きして、びっくり!
某航空会社のCAさんをウン十年勤められて、
乗務中にアマンリゾーツの会長さんとたまたまお知り合いになり、
「ぜひうちに来て働いてほしい」と請われて、アマンで働くようになり、
今までにブータン、中国・北京のサマーパレス、アマンプリなどで働き、
今はアマヌサにいらっしゃるとのこと。


アマンの会長さんって、あのエイドリアン・ゼッカーさんですよね??
すごーい、そんな機内でナンパ・・・じゃなくて、ヘッドハンティングされたなんて!


アマヌサに到着して初めてHisayoさんにお会いした時、
その物腰、人を緊張させない話し方など、この人ただものではない、って思ったのですが、
本当にただものではないお方でした。


アマヌサからの最後のプレゼントとして、
いい匂いの生花のブレスレットと、これをいただきました。

c0147790_2320115.jpg


中にはクッキーが入っています。
アマヌサのクッキー、お部屋にもポットに入れて置いてあったのですが、
ものすごくおいしいです。
ダイエットも忘れてむしゃむしゃ食べてしまったわたし・・・。


さて、お会計が終わり、空港まで向かう車が来ています。
荷物は全て積み込んであり、
梱包をお願いしたジェンガラのお皿たちも、こういう形になって積み込まれていました。

c0147790_23134394.jpg


この写真は家に着いてから撮ったものですが、
すばらしいでしょ。
完璧な梱包。


Hisayoさんや、アマヌサのスタッフに見送られて、車で出発しました。

「楽しかったね」
「また来たいな」

ドライバーはアディさんではなく、Ayukさんという人。
わかりやすい英語で、いろいろ話しかけてくれました。

c0147790_23163871.jpg


これは窓からの光景。
なんでもない普通の商店ですが、
昭和を思い出すわ。


車は25分ほどで空港に着きました。
ここからはアマンの空港スタッフが付き添ってくれます。
荷物をカートに乗せてくれて、SQのカウンターへ。


空いていて、あっという間にチェックイン。
空港スタッフさんはSQのカウンターのおねえさんと顔見知りらしく、
「この大きな箱はジェンガラだから、fragileだよ。
 大事に扱ってね」
なんて言ってます。
こういうところは、本当に安心。


バリを出国するには1人15万ルピア(大人、小人同額)の出国税が必要です。
これも、ルピアを使い切ってしまわないように、きちんと最初に取り分けておかないといけません。
そういう手続きも、全部アマンのスタッフがやってくれて、
あっという間に出国審査のところまで来ました。
ここでスタッフとお別れ。


到着時も、出国時も、悪名高いバリの空港で、何の不安もなくエスコートしていただけて、
本当に助かりました。
この空港サービスだけをとっても、次もバリに来るなら、やっぱりアマンだなあ。
なーんて、来れるかどうかわかりませんが。


出国審査を通ると、免税エリアになり、
デンパサール空港では、ここに化粧品とかアルコール・タバコとか、そういう普通の免税品だけでなく、
バリらしいかわいい雑貨のお店がたくさんあります。
そうだった、10年前に来た時も、ここで雑貨を買い込んだんだった。
多分、レギャン・スミニャックといった街の雑貨屋さんに比べると、とてもお高いんでしょうけど、
最後にまとめてお土産物など買い込めて、便利です。


ここで主人へのお土産のカエルの置物を買いました。
(え〜〜〜っ、それだけ〜?)


ここでの買い物は、USドルはとてもレートがよく、
ルピアはものすごく悪いです。
そりゃそうだよね、みんな最後にルピアを使い切って帰ろうと思ってるわけだし、
お店の人は外貨がほしいしね。


c0147790_23362644.jpg


さて、デンパサール発シンガポール行き、
定刻に出発しました。
ほんの2時間のフライトだけど、ちゃんと機内食が出て。


チャンギ空港ではTerminal 2に着いて、Terminal 3から出発です。
(モルディブの帰りと反対ですね)
スカイトレインを2本乗り継いで、
だだっぴろいTerminal 3へ。

c0147790_23383334.jpg


Terminal 3は本当にスペースに余裕があって、新しくて、快適です。


もう23時なので、みんなねむねむ。
Discovery channelを流してる大型テレビの前のソファに席をとって、仮眠。


シンガポール発は午前1時です。
ねむーっ。


そして無事に名古屋に帰り着きました。

c0147790_2341451.jpg


家に帰って、まずはジェンガラを開けてみて。

c0147790_23424290.jpg


すごーく丁寧に梱包されています。
これなら安心。


c0147790_2343781.jpg


もちろん割れたり欠けたりすることもなく。
ジェンガラの食器たち、とても使いやすくて気に入りました。
また買いに行きたいよー。


その他に、アマヌサを思い出す品物たち。

c0147790_23451845.jpg


大活躍のカゴバッグ。
おそろいの色の帽子もあります。
帽子はものすごくつばが広くて、かぶると
「一体、なに様?」
って感じになります(笑)。


c0147790_23453960.jpg


これは夜ベッドに届いていたお香。
う〜ん、いい香り。
by powderblueY | 2012-07-10 23:54 | 2012 Amanusa | Comments(0)

Amanusa 2012 - 23 お部屋を出発

プールサイドでランチをいただいたあと、また泳いでいて、
ふと、出発の時間ってどうなってるんだろう??と思いました。


普通、こういうリゾートって、出発の前夜に
「明日の出発は○○時ですので、○○時までに荷物をお出しください」
というご案内が来たり、
それまでの精算が添付されていたりしますよね。


そういうのが全然なかったので、
フロントに聞きに行きました。


わたしたちの帰りのSQ便は、デンパサールを20時発。
アマヌサを18時に出ますので、17時45分までにお荷物をお出しください、
それまでお部屋はご利用いただいてけっこうです、
とすぐにお答えいただきましたが、
う〜ん、聞きに行かなきゃ教えてもらえないのかしら?


あとで、精算の時に、日本人スタッフのHisayoさんに
「Departureのお手紙とか、そういうのはないんですか?」
(もしかして、手違いでうちにだけ届かなかったのかもしれないから)
と聞いてみたら、
「ないんですよー」
という明快なお返事だったので、ちょっとびっくり。


じゃあ自分から聞きに行かなきゃいけないってことね。


ま、でもこれで出発の時間もはっきりしたし、
安心して泳いでいると、
3時になってプールサイドにアイスクリームが配られました。


c0147790_17461239.jpg


マンゴー、ココナッツ、ストロベリー、パッションフルーツ、だったかな?
どれも濃厚な味でとてもおいしいです。
こういう思いがけないサービス、うれしいですね。


4時にプールを引き上げ、
お部屋でお風呂に入ります。

c0147790_17474276.jpg


出発日だけど、もちろんお部屋はきれいに整えてあります。

c0147790_17481149.jpg

c0147790_1748226.jpg


ベッドの脇のデスク。

c0147790_1749554.jpg


この周りにコンセントもたくさんあり(マルチプラグつき)、
不自由はありませんでした。


外に出てみると、

c0147790_17501748.jpg


朝、雨だったのに、いいお天気になりましたねー。

c0147790_17504054.jpg


緑も鮮やかです。
お天気に恵まれた旅行で、よかったです。
GWに乾季のリゾートってあんまりないので、バリは貴重だわ。


再度、部屋に入って、

c0147790_17524452.jpg


とても居心地のよいお部屋でした。

c0147790_1753073.jpg


ベッドの裏のクローゼット。

c0147790_17532348.jpg


ここのバスルームは、きちんと屋内なのに、外の緑が目に鮮やかで、理想的です。
屋外のバスルームって、どうも蚊にさされそうで、あまり好きじゃないのよね。


荷作りをすませ、17時45分になりましたが、誰も荷物をピックアップしに来ないので、
大きな荷物だけそこに置いて、わたしたちはフロントに行くことにしました。

c0147790_1756592.jpg


快適なお部屋。
また来られる日があるといいな。


実は、荷物のピックアップも、こちらからフロントに電話をして
「取りに来てね」って言わなきゃいけなかったみたい。
そのへん、ちょっとドライな感じがしますよね。


ちなみに同じアマンでも、アマンプロでは、
前夜に出発の時間を書いたお手紙が届き、
それまでの精算も、レシートつきでまとめられており、
「ご出発の際は、大きなお荷物はお部屋に置いたままで、フロントにお越しください。
 こちらで荷物をピックアップして、直接滑走路までお届けしておきます」
と書いてあります。


アマンプロとアマヌサしか知らないけれど、
ずいぶん違うんだなあと思ったのでした。
いや、別に、そういうものだと知っていれば、なんとも思わないんだけどね。
by powderblueY | 2012-07-09 18:01 | 2012 Amanusa | Comments(6)

Amanusa 2012 - 22 最終日もプールへ

In Villa Breakfastを8時にお願いしてありましたが、
7時50分に、玄関の竹筒が「コンコン」とノックされました。


2人の女性スタッフが、頭の上に朝食を捧げて、持ってきてくれました。


「外で食べたかったんだけど、雨が降っちゃいましたね」
と言うと、
「では、ここにご用意します」
と、部屋の中にセットしてくれました。
3人分の朝食を並べると、テーブルからはみ出しそうなくらいです。


写真がなくて残念だけど、
スクランブルエッグやオムレツ、フルーツプレート、クロワッサンなど
いつもと同じような朝食ですが、
お部屋で美味しくいただきました。


プールに出かけようと水着に着替えると、
またさーーーーーっと雨が降ってきました。
やむかと思って待っていたけど、本降りになりました。


3人で、ベッドやソファで本を読んで、のんびり。
部屋には「Aman 2」という世界中のアマンを紹介した写真集が置いてあるので、
とても興味深く、虎視眈々と(笑)拝見しました。


そのうち、少し外が明るくなってきたので、
すかさず用意をしてプールへ。
もう最終日なので、多少天気が悪くっても泳がなくっちゃ。


プールサイドの広いデイベッドには、まだ覆いがかけられています。
曇っていて、また降りそうだったけど、
泳いでいるうちに、黒雲はどこかに去っていって、青空が見えてきました。


c0147790_2341173.jpg


c0147790_2351416.jpg


雨が上がると、とても美しいプールです。

c0147790_236792.jpg


c0147790_2365498.jpg


今日もだーれもいないので、貸し切り状態で思う存分泳ぎました。

c0147790_2373976.jpg


c0147790_2375138.jpg


もちろん水の中もとってもきれいです。

c0147790_2392134.jpg


c0147790_2393358.jpg


たくさん泳いだ後、フロントに行って、荷物のことを相談してみました。

初めは外国人スタッフしかいらっしゃらなかったので、

「昨日、ジェンガラでお皿をたくさん買って・・・」

と、たどたどしく説明していましたが、
ちょうどHisayoさんが通りかかったので、

「今、紙袋3つに入っているのを、できれば1つの箱に入れたいので、
 空いた段ボールの箱があったら、いただけませんか」

と言ってみたところ、
外国人女性スタッフが、

「それなら、お皿をここに持ってきていただければ、
 こちらで梱包してご用意しますよ」

と言ってくださいました。


よかった〜。ありがとうございます。
すぐに部屋から大きな紙袋3つ分のお皿を持ってきました。
Hisayoさんからも
「SQに確認しましたが、Fragile containerあるそうですので、
 大丈夫ですよ」
と頼もしいお言葉をいただきました。
これで安心して預け荷物にできます。


今日もランチはプールサイドでいただきます。

c0147790_23204145.jpg


わたしはパスタが大好きですが、日本のパスタが一番おいしいと思うのよね。
それで海外のリゾートに行くと、パスタはめったに食べないのですが、
このときはシーフードスパゲッティ、頼んでみました。


結果、ニンニクのよく利いたペペロンチーノ風味付けで、
海老がぷりっぷりで、すごくおいしかったです。
厨房からプールサイドまで運んできてくれたにしては、麺も伸びてないし。

c0147790_2326636.jpg


それからピザと、

c0147790_23263826.jpg


フィッシュ&チップス。
そしてもちろんビンタンビール。


のんびりお昼を食べて、
ゆるゆると時間が流れていきます。
by powderblueY | 2012-07-08 23:33 | 2012 Amanusa | Comments(0)

Amanusa 2012 - 21 最後の朝

新しい朝が来ました。
アマヌサで迎える3回目の朝、今日が最終日です。


いつものように5時に目が覚め、外のバレへ。
今日は風がありませんが、涼しいです。


蚊帳で囲まれたバレの中でうとうとするのもいい気持ち。


6時近くになると、急に鳥の鳴き声が盛んになりました。
それまで全然鳴いてなかったのに、まるで目覚まし時計でみんな目覚めたように、
いっせいに鳴き始めます。


ぐるぐるぐる・・・とか
ぺちゃぺちゃ・・・とか
日本ではあまり聞いたことのない鳴き声です。
なんていう鳥なんでしょう。


ときどき、コケコッコーという声も混ざり、
バリの朝はとってもにぎやかです。


6時を過ぎて、少し明るくなってきたので、
着替えて、カメラを持って、散歩に出かけます。
階段を下りて、上がって、起伏の多い道を散歩に出かけるのも、今日が最後ねー。


フロントロビーまでやって来て、
今日も東の空をながめます。


今日は、ちょうど朝日の昇ってくるあたりに、雲が多いです。
ヌサドゥア全体に朝もやがかかっています。
赤茶色の屋根のノボテルのあたりも、
他のホテル群も、朝もやに沈んでいます。
うっすらと寺院の屋根が見えているのも、とってもバリらしい。


「朝もやのヌサドゥア」


早口言葉みたいです。3回言ってみて。


太陽が昇るところは雲に隠れて見えないけど、
そのあたり全体がオレンジ色に染まり、海にもオレンジ色の道ができているみたい。
そしてあっちからもこっちからも鳥の鳴き交わす声が聞こえてくるこの光景、
バリにいることをひしひしと感じます。
とても貴重な瞬間。


今日もthe Terraceでコーヒーをいただくことにしました。


スタッフに挨拶をして、バリコーヒーをたのみます。
ほかには、日本人の家族が1組と、ヨーロピアンのカップルが1組だけ。


ぼんやりしていると、東の方からこちらに向かって黒い雲がもくもくもくと湧いてきました。
あら、雲行きが・・・と思う間もなく、
スタッフの若い女の子たちが、あわてて屋外の席のテーブルクロスをはずしに来たかと思うと、
さーーーーーーっと雨が降ってきました。


バリの雨。


初めてバリに来た時のことを思い出すわ。
年末年始で、雨季で、毎日雨が降りました。
大雨じゃないんだけど、毎日しとしとしとしと雨が降りました。
あのころは夫婦2人だったので、
雨でも本を読むなり、スパに行くなり、楽しみ方はたくさんあったと思うのに、
青い海と白いビーチを期待してやって来たわたしたちは
ものすごく期待はずれ感が大きくて。


それならタクシーに乗ってお買い物にでも出かける? と出かけてみれば、
値段なんてあってないようなもの、交渉次第でいくらでも変わる。
それも楽しみの1つと今なら思えるけど、
当時は、ものを1つ買うのに、どうしてこんなに手間暇かかるんじゃ〜と
ストレスでした。
雑貨屋さんで借りたお手洗いも衝撃的だったし。
今思えば、これがアジアの洗礼ってやつですかねー。
いやいや、バリごときでそんなこと言ってちゃいけない、
もっとディープなところはいくらでもあるんでしょうけど。


バリコーヒーを飲みながら、そんなことをぼんやり思い出していましたが、
雨はやみそうにありません。
それで傘を借りて、部屋に帰りました。
和傘みたいな、がっしりした作りの傘でした。


フロントを通る時、
ハンドコさん(ハンコどこ?のハンドコさん)が

「雨ですね。今日はなにかご予定がありましたか?」

と静かな口調で尋ねます。

「いいえ、今日は特に」

と言うと、

「すぐやむといいですね」

とにっこり。


このへんの、さりげなくつかず離れずな感じは、さすがです。
ここで、もしわたしが「雨でも楽しめることは、なにかありますか?」と聞いたら、
すかさずいろんな案が出てきて、すぐに電話をかけてくれ、予約が完了するんでしょうね。


部屋に戻ってしばらくすると、雨はだんだん小ぶりになってきて、
やがてやみました。


今日は、In Villa Breakfastをお願いしてあったの。
外で食べるつもりで、
玄関のテラスにあった椅子とテーブルを、
バレの前に移動してもらっていたんだけど、
雨で椅子のクッションがびちゃびちゃになってしまったので、
部屋の中で食べるしか仕方なさそうですね。

c0147790_23591697.jpg


この写真は、午後に晴れてから撮ったものですが。


ちなみに、朝食が付いているプランでは、
それをIn Villaでお願いしても、追加料金はかかりません。
フロントに電話1本でオーダーできて、
夜遅くになってからお願いしても大丈夫です。



ところで、今日の記事は写真がほとんどありません。
わたしも今日になって気づいたのですが、
この日の午前の写真、PCに取り込むのを忘れて消しちゃったみたいで、
1枚もありません。
今頃になって、大ショック!!
by powderblueY | 2012-07-07 23:59 | 2012 Amanusa | Comments(0)

Amanusa 2012 - 20 ディナー

ケチャを見終わった大勢の人がいっせいに帰るので、
狭い出口はものすごい混雑でしたが、
無事アディさんと巡り会え、
車に乗って帰ります。
帰りはなぜかサルはいないのよね。
もう夜だからでしょうか。


蒸し暑かったので、車に乗ってクーラーが効き始めると、ほっとします。
ケチャ帰りの人で道路も混んでいて、アマヌサまで50分くらいかかりました。


アディさんは本当に日本語が上手で、いろんなことを説明してくれて、
とてもよかった。

「わたしの日本語が下手で不愉快な思いをさせましたら、申し訳ありません」

いいえ、そんなこと全然。
本当にお世話になりました。


英語のガイドさんだと、わたしの英語力では、なんとなくわかったようなわからないような、だし、
第一、子供たちが「なんて言ったの? なんて言ったの?」ってうるさくて、
話どころじゃなくなるのよね。


アマヌサに到着し、アディさんと別れ(荷物はお部屋に運んでくれます)、
さて、これからどうしよう。


本当は、汗もかいたし、部屋に戻ってシャワーを浴びて、着替えてからディナーに行きたかったけれど、
みんな疲れてるし、お腹も空いたし、
「このままレストランに行こうよー」
と言う子供たちに押し切られて、そのままthe Terraceに行きました。


まずはビンタンビールで水分補給よね。


今日は、まず大エビのグリル、

c0147790_214637.jpg

ものすごく大きくて、ほとんどロブスター並みの大きさ。


Steamed Reef Fish。

c0147790_2153042.jpg

これ、すごくおいしかったの。


それと、昼間気に入ったソトアヤム。
はな子用のフレンチフライ。


魚介料理がどれもとてもおいしくて、
日本人向けの味だと思います。


ディナーの途中で、Hisayoさんがいらっしゃったので、

「今日、ジェンガラでたくさんお皿を買っちゃったんですよね。
 大きな手提げ袋3つ分で、機内に持ち込めそうにないので、預け荷物にしたいんですけど、
 大丈夫なものでしょうか」

と相談してみたら、

「たいていの航空会社には”Fragile container”というのがあって、
 壊れ物だけを入れて、丁寧に扱いますので、まず大丈夫だと思いますよ」

とのこと。
そう言っていただけると安心だけど。


プールサイドで今晩演奏されているのは、木琴に似た音の、多分リンディック。
この音色、癒やされますねえ。

c0147790_21125963.jpg


今日もとっても美しいアマヌサ。


今回のような3泊5日の日程で行くと、
ディナーをいただくのは2回しかありません。
名古屋からの便だと、最初の夜は22時を過ぎてから着くので。
the Terraceのおいしい食事、もうあと数回いただきたかったなあ。
もう1つのthe Restaurantは、ちょっとフォーマルな感じ。
子供を連れて行くのは、無理かなー。


食事を終えて、部屋に戻り、
バスルームに行ってみると、なんと、

c0147790_21231375.jpg


スーツケースに、さりげなくネームタグがつけられているんです!

こういうサプライズがあること、他の方のブログで読んで知っていたけど、
あまりのさりげなさに、とっても感動しました。

中の紙には、ちゃんと名前が印刷されています。

c0147790_21262182.jpg


あ〜うれしいなー。でもこのまま旅行に持って行くと、汚れちゃいそうだから、
もったいなくて使えないわ。
by powderblueY | 2012-07-06 21:27 | 2012 Amanusa | Comments(0)

Amanusa 2012 - 19 ケチャダンス

ダンスは18時から始まります。
わたしたちが会場入りしたのは17時半くらいで、
そのときすでに、階段状になっている座席はかなり埋まっていましたが、
あとからあとからたくさんの人がやって来ます。

c0147790_13471665.jpg


入り口で、これから行われるケチャのあらすじを書いた紙をもらいましたが、
英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語、日本語など
たくさんの言語が用意されていて、
わたしたちの周りに座っている人は、隣も後ろも前もロシア人でした。


ただでさえ、蒸し暑いのに、人いきれで、ものすごく暑いです。
ウチワか扇子をもってくればよかった。

c0147790_1349144.jpg


18時。
割れ門からたくさんの人が入場してきました。
ケチャの始まりです。

c0147790_13512977.jpg


ケチャケチャケチャケチャ・・・チャッチャッチャッ


それまでものすごく暑かったんだけれど、
ひきこまれるうちに、暑さを忘れてました。
すごい迫力です。
ケチャケチャのパートだけでなく、ソロで歌う男性もいるのですが、
声も通るし、とにかく迫力あります。
以前、ヌサドゥアの大型ホテルの夜の余興で見たのとは、かなり違います。


ああ、バリに来たんだなあって感じるわ。

c0147790_13565830.jpg


そして村の長老にお水をかけてもらったり、
お姫さまが登場したり、
悪の魔王に連れ去られたり、
手元のあらすじを読みながら見ていると、なんとなく話がわかります。


そして登場したのが、

c0147790_13585817.jpg


ブタみたいに見えるけど、白猿!
いかにも悪者みたいな顔してるけど、これは姫の味方。
猿そっくりのコミカルな動きをします。


それまで黙って見ていたはな子が、
「あっっ、白猿だ!!」
と突然興奮し始め、
「白猿、かっこいい! 猿がんばれ!!」
と、なぜか大興奮。


最後に、魔王に勝った白猿が、真ん中で燃えている火を蹴散らして終わるのですが、
「うわあああ、熱くないのかな。猿はすごいなー」
と感心し、
終わった後も、
「白猿と一緒に写真撮ろう! 白猿のところに行こう!」
と、えらくお気に召した模様。


でもそう思う人は多いみたいで、
白猿の周りはものすごい人だかりで、みんなが猿と一緒に写真を撮っていて、
近寄れません。


それで、お姉さまたちのアップを撮ってきました。

c0147790_1473496.jpg


きれいですねー。
写真がないけど、お姉さまたちのダンスも妖艶で美しいのよ。
指をぴいんと反らした独特な動きのダンスです。


全部で1時間ほどのパフォーマンス。
ケチャダンス、おもしろかったです。
一度は見とくといいんじゃないかな。


はな子も
「今日は来てよかったねー。猿が見れたもんねー」
とご満悦でした。
by powderblueY | 2012-07-05 14:11 | 2012 Amanusa | Comments(2)

Amanusa 2012 - 18 ウルワツ寺院

ジェンガラを出て、車は一路、ウルワツへ。
外は蒸し暑いですが、エアコンの効いた車中はとても快適です。


道々、アディさんがいろんな話をしてくれます。

「バリにたくさん生えている木は、
 ヤシの木と、バナナの木が多いです。
 ヤシの木はとても便利。全てが役に立ち、無駄になるところがありません。
 まず、実はジュースをとったり、食べたりします。
 葉っぱは畑の中に入れて肥やしにします。
 幹は家を建設するのに使います。

 同じように、バナナの木もとても便利。無駄になるところがありません。
 実は食べますね。
 葉っぱはいろんなものを包むのに使います。神様へのお供え物、バナナの葉っぱに乗せます。
 幹は豚のエサになります」


へええ、と感心して聞いていると、ジェンガラから約25分でウルワツに着きました。


駐車場で車を降りて、まずは入場料を払います。
現金で、大人20000ルピア、小人10000ルピア。
そして黄色い布(サロン)を腰に巻きます。


「ここにはサルがたくさんいます。
 近寄ってきますので、カメラ、帽子、メガネはしまってください。
 サルは神様の化身なので、いじめてはいけません」


と言っているうちにも、たくさんサルが集まってきたわ。ちょっとこわい。
あとをついてくるしー、こわいんですけどー。


どんどん歩いて、石の階段の下まで来ました。
このあたりは、サルが少ないので、すばやく写真を撮ります。

c0147790_135318100.jpg


笑顔の素敵なアディさん。

c0147790_13533396.jpg


撮ったらすぐカメラをしまってね。

石段を上がりながら、アディさんから説明を聞きます。

「バリのお寺は5種類あります。
 まず、バリの東西南北に大きなお寺が1つずつあります。
 ウルワツもその1つ。南のお寺です。

 次に、村に1つずつお寺があります。

 それから、家に1つずつお寺があります。
 朝、出勤前と、仕事から帰った時、祈ります。

 それから、ご先祖様のお寺があります。

 そして最後に、会社や学校、施設に1つずつお寺があります」


すごいわねえ。バリの人は信仰深いのね。


「ヒンドゥー教の神様の正式な名前は、
 イダ・サンニャン・ウィディ・ワサといいます。
 でもたくさん別名があります。
 結婚式の時、ご先祖様を祀る時など、それぞれ違う名前で呼ばれています」


う〜ん、なんだか複雑。

階段を上がったところに割れ門があり、ここから中には入れません。

c0147790_143399.jpg


夕暮れの時間になってきているので、人もめちゃめちゃ多くて、歩きづらいですが、
またサルが多くなってきたわ。


そしてこの光景。

c0147790_1443430.jpg


おおお、この向こうに夕日が見えて素晴らしいんでしょうけど、
今日は雲に覆われて、夕日は全然見えません。
サルがこわいので、カメラもさっと出して、1枚撮って、さっとしまいます。
本当はこのビューポイントでゆっくりしたいところだけれど。


と、わたしたちの少し前にいたヨーロピアンの女性が、
サルに帽子を取られました。
本当に一瞬のこと。
サルは帽子を持って屋根の上に上がり、びりびりと帽子を引き裂いて、こちらを威嚇しています。
しばらく帽子を振り回していましたが、やがて飽きたのか、ぽいっと捨ててしまいました。
あ〜あ、災難よねえ。


c0147790_1465662.jpg


人の後について、ぞろぞろと階段を下り、ケチャの会場に向かいます。
足元が悪いので、ヒールの高い靴で来るのはやめた方がいいです。
わたしも何度か転びそうになりました。


ここは断崖絶壁の上。
下を見ると、

c0147790_1472558.jpg


「火サス」の世界ですね。


振り返ると、

c0147790_1483874.jpg


多分、あの向こうにも夕日がみえるはずなんでしょうけど・・・


そしてケチャの会場に着きました。

c0147790_1493469.jpg


入り口でお金を払います。
大人小人同じ料金で1人70000ルピア。


「ではわたしはここでお待ちしています。
 終わったら、ここでお会いしましょう」

とアディさん。
わたしたち3人で会場内に入りました。
by powderblueY | 2012-07-04 14:11 | 2012 Amanusa | Comments(2)

Amanusa 2012 - 17 ジェンガラ・ケラミックへ

今日は午前から、Cooking Class〜ランチ、マッサージと忙しいけれど、
最後にウルワツへ出かけます。


部屋に着替えに戻ってみると、

c0147790_2131549.jpg


今日もフルーツが届けられていました。

ロビーに15時45分集合。
もし同じ時間に同じところに出かけるグループがあったとしても、
車はグループごとに用意されるようです。


c0147790_215783.jpg


ドライバーは、空港に着いた時にお世話になったアディさん。
日本語がとても上手なので、安心です。

「では今日は、まずジェンガラ・ケラミックへ行きます。
 そこでお買い物の間、わたしはお待ちしています。
 それからウルワツ寺院へ行きます。
 そのあとケチャダンスを見ます。
 アマヌサに帰るのは19時半くらいになると思います。
 それでよろしいですか?」

と、まずは予定を確認してくれます。


それではアマヌサを出て、ジェンガラ・ケラミックへ。
ヌサドゥアを出て、賑やかな道を走ります。
大きな交差点には、マクドナルドあり、ケンタッキーあり。

「前回バリに来たのは10年前なんだけど、
 そのころに比べると、ずいぶんファーストフードのお店が増えましたね」

と言うと、

「そうです。ケンタッキーもマクドナルドも、バリの人に大変人気があります。
 わたしの子供たちも大好きです。
 わたしも大好きです」

とにっこり。


車の横を、3人乗りのバイクがびゅんびゅん走り抜けていきます。

「法律で許されているのは、2人乗りまでです。
 でも3人乗り、4人乗り、よくあります」


約20分でジェンガラに着きました。

c0147790_21125940.jpg


「ではわたしはここでお待ちしています。
 ウルワツに行く時間を考えると、ここで40分過ごしていただいて大丈夫です」

「わかりました」


店内へ。

入った瞬間、大好きなジェンガラのお皿たちに目を奪われ、魂を吸い取られてしまいました。
写真を撮ることもすっかり忘れていたわ。
店内には、色別に分けられたたくさんのお皿たちが、美しく並んでいます。
日本人に人気のあるのは、白かグリーンで、
もちろんわたしも(ジェンガラ初心者なので)白とグリーンを中心に見て回りましたが、
グリーンでも縁が茶色いのがあったり、
白でも純白とクリーム色っぽいのと、わずかに違いがあったりして、
さらには黄色や、赤、茶色、黒、紫なんていうのもあります。


レジの前に、ものすごく大きな長方形のデスクがあり、
みんなここに棚から持ってきたお気に入りのお皿たちを並べて、
「どっちにする?」「何枚?」「こっちの色は?」
とカップルで、ご夫婦で、相談しあっています。

数が揃わないものは、お店の人が周りに待機しているので、
「これ、あと3枚ありますか?」
とか聞いてみると、答えてくれます。
それがまた、お店の方は在庫を完璧に把握しているようで、
「はいあります」と瞬時に倉庫から持ってきてくれたり、
「それはそこに出ているので最後です」と言われたり、
コンピューターかっっって思うほど、的確なの。


わたしは、こういうお皿大大大好きなので、
もう時を忘れて、あれもこれも買いた〜い!と思いましたが、
持って帰らなきゃいけないからねー。
飛行機の手荷物にするのか、預けるのか、預けてもいいくらいきちんと梱包してもらえるのか、
それにジェンガラの大きなお皿は厚みもあってかなり重いので、
主人もいないけど、ちゃんと持って帰れるのか、
うちの食器棚にちゃんと収まるのか、などいろいろ心配事もあり、
買いたかった量の半分くらいにしておきました。


お値段は、前もって日本でネットショッピングで調べておいたお値段の、
だいたい半額くらいです。
このお店は、ジェンガラ・ケラミックの正規のお店だけれど、
アウトレットというのもあって、そこはさらにもっとお安いらしいの。


お客さんは日本人が8割以上。
レジに並んで、他のお客さんの選んだものを見ていると、
日本人はほとんどみんな、白かグリーン。
韓国語を話していたカップルは、紫と茶色(しぶ〜い)。
ヨーロピアンと思われるカップルは、黄色や赤(!)を選んでました。


レジでは、もちろんカード使えます。
手際よく包んでくれて、大きな紙袋3つになりました。


ああ、もっと買いたいけれど、今回はここまでにしておきましょう。
続きはまた今度ね〜。 (今度はあるのか??)

c0147790_2131215.jpg


こんなお店の外観の写真しかありません。
中の雰囲気を撮っておきたかったけれど、お皿に目がくらんじゃって(笑)。
そういえば、カフェみたいのも併設されていました。


お店を出ると、アディさんが駆け寄ってきてくれ、
荷物を持ってくれます。


「ではウルワツに行きましょう」
by powderblueY | 2012-07-03 21:33 | 2012 Amanusa | Comments(2)

Amanusa 2012 - 16 母と娘のマッサージ

c0147790_14312613.jpg


ランチの後は、またプールで泳ぎます。
おいしくて食べ過ぎちゃったから、腹ごなし腹ごなし。


そして2時になって、
プールサイドにセラピストさんが2人やって来ました。


そうです、今日の母と娘のマッサージは、プールサイドでお願いしてあったのです。
折りたたみ式のスパベッドを2台、ちゃんと準備してくれました。


これでプールにたくさんの人が泳いでいると、衆人環視の下で恥ずかしいけれど、
だーれもいなくて、プライベートプール状態なので、
気が楽です。
セラピストさんがバスタオルで覆い隠してくれた中で水着を脱いで、
すっぽんぽん(!)でベッドに上がります。


隣のベッドのはな子を見ると、
英語はわからないけど「ウーツブーセ」と言われて、ちゃんとうつ伏せになっています。


プールで泳いでいたジロに合図をして、
「写真!写真!」って身振りで伝えました。


ところで、はな子はものすごく痩せてるんですけど、
筋肉も全然ないんですけど、
一体どこを揉むのやら。
はな子の担当のセラピストさんは、
「やった! こんな何にもついてない体、力もいらないし楽勝だわ」
って思ってただろうし、
わたし担当のセラピストさんは、
「げっ、なによこの脂肪のかたまりは! 揉んでも揉んでも揉みきれないわ。
 今日は大ハズレ〜!!」
って思ってたことでしょう。


でも気持ちよくてうとうと・・・。


60分のマッサージが終わって、
「どうもありがとう。気持ちよかったです」


さっそくジロに
「ねえねえ、写真たくさん撮ってくれた?」
と聞くと
「知らないよ。ボク泳いでたもん」

「えーーーっ、写真撮ってよって身振りで伝えたじゃん」

「知〜らない。なんか変な身振りしてるなあとは思ったけどさ」

「んもう〜〜〜〜!! これが今回の旅行のハイライトシーンだったのにっ」(意味不明)

というわけで、写真はありません。


はな子に
「どうだった?」
と聞くと、

「オイルがべとべとするのがいやだった。
 もう大人になるまでやらない」

ですとっ。

「お母さんがスパから帰ってくるたびに、触ってみるとべとべとするから、
 それは知ってたけど、こんなに気持ち悪いとは思わなかった」

ですとっ。


がっかり・・・。


ま、スパの気持ちよさに目覚めて、
「お母さん、またスパに行こう。名古屋にはいいところないから、東京まで行こう」
とか言われても困るのですが。


そんなこんなで、はな子のスパデビューは終わりました。


もうすぐウルワツに出かけるので、着替えるために部屋に戻ろうとすると、
こんなかわいい子たちに出会いました。

c0147790_14511922.jpg


すごーい! かわいい! きれい!

「どうぞ」と言って、こんなのをくれました。

c0147790_14515033.jpg


「かわいいねー。はな子ちゃんもああいう格好してみたい?」
と聞くと、

「ううん。全然」


子供は、なかなか親の思うようにはならないものよね。
by powderblueY | 2012-07-02 14:53 | 2012 Amanusa | Comments(4)