カテゴリ:2013 沖縄( 31 )

渡嘉敷 2013-25 国際通りでお買い物

泊港北岸でマリンライナーを降りて、
まずはタクシーで国際通りの近くにある「那覇市観光案内所」へ行きます。
ここではスーツケースなどの大きな荷物を1つ500円で預かってもらえるのです。
国際通りを歩くのに、大きな荷物は預けたいですからね。


「那覇市観光案内所」は、タクシーの運転手さんにはあまり知られていないのか、
聞き返されることが多いです。
「沖映通りのむつみ橋のちょっと手前」と言うと、通じます。


大きな荷物は1つ500円ですが、追加の小さい荷物はタダで預かってもらえることが多いので、
助かります。
国際通りでたくさんお買い物をして、ここに帰ってきたら、
スーツケースを広げて、荷物を詰め直すスペースもあるので、
本当に便利です。


国際通りのお買い物は、いつもとても楽しいの。
わたしたちはまず、おなじみのPAIKAJIに行きました。

c0147790_16933100.jpg


有名なアロハのお店です。

c0147790_1694827.jpg


わたしはここの服が大好きで、ON LINE SHOPでよく買うのですが、
お店に行くとまた買っちゃうのよね。
沖縄に来るときには、気がつくとPAIKAJIの服ばかりスーツケースに詰めています。

c0147790_16452994.jpg


それから、大好きな鍵石(きーすとん)へ。
ここは焼き物やガラスが豊富です。
急な階段を2階に上がると、いわゆる「やちむん」がたくさん並んでいて、
あれもこれもほしくなります。
普段使いに、沖縄のやちむんはとっても味わいがあります。
たくさん買ったら、もちろん配送でね。

c0147790_16143321.jpg


それからお隣の古酒家(くーすや)。
地下に降りて行くと、薄暗い中に数々の泡盛が並んでいて、
試飲をさせてもらえます。
「あっさりした味わいの」とか「こくのあるの」とか好みを言うと、
いろいろ勧めてくれます。
いつも3本4本と買って、配送してもらいます。


裏技ですが、鍵石と古酒家は経営が一緒なので、
「隣の店でも買って配送を頼んだんだけど、一緒に入れてもらえますか?」
と言えば、1つにまとめて配送料1回分で送ってもらえます。


それからさらに歩いて、わしたショップへ。
ここは言わずと知れた沖縄物産店です。
普通のお土産物もたくさんありますが、
本土では手に入らない珍しい沖縄の調味料とか、
アグー豚の真空パックとか、”飲む前に飲む”ウコンの錠剤とか、
ほしいものがいっぱい!!

c0147790_1626733.jpg


ゴーヤチャンプルーを作るのに欠かせない
「赤マルソウ」のゴーヤチャンプルーの素もここで大人買い。
これが一番おいしくできます。


国際通りは楽しくて、時間があっという間に過ぎちゃいます。
去年はブルーシールアイス屋さんにも寄ったりして、のんびりできたのに、
今年は飛行機が18時だから、時間がないわ。
急いで、観光案内所に戻り、荷物を受け取って、タクシーで空港へ。
お盆の那覇空港は大混雑で、出発時刻の60分前までには搭乗手続きをすませてください、と書いてあったほど。
手荷物検査場も、時によっては長蛇の列になってます。


無事、検査場を通り過ぎ、

c0147790_16323678.jpg


窓の外に、なんだかかわいい飛行機がいるよ。

c0147790_1633694.jpg


トランスオーシャン航空のジンベエザメの飛行機だね。
かわいい〜。

c0147790_16333710.jpg


搭乗口まで来て、まだ時間があったので、
近くの売店で、ポーク卵むすびとオリオンビール買いました。

c0147790_16341579.jpg


最後にもう一度、沖縄そばを食べたかったけど。

c0147790_16344853.jpg


那覇空港では、新しい国際線ターミナルを建設中でした。

c0147790_1635361.jpg



今回も長い旅行記におつきあいくださいまして、
ありがとうございました。

c0147790_16354462.jpg


現在、沖縄から台湾のあたりには台風がいて、
那覇と渡嘉敷を結ぶフェリーもマリンライナーも、
昨日・今日、全便欠航なんですって。
島の皆さん、どうしてるのかなあ。
この三連休に行く予定だった人も、たくさんいたでしょうに。
沖縄のベストシーズンは、台風シーズンど真ん中ですもんね。


それでも、台風に当たるかもしれないと思っても、
渡嘉敷通いはやめられません。
冬のうちから宿を予約し、GWにはお盆の飛行機の予約を入れてしまいます。
あの美しい海が、いつまでも美しいままでありますように。
来年もよろしく〜!
by powderblueY | 2013-09-21 16:44 | 2013 沖縄 | Comments(6)

渡嘉敷 2013-24 那覇へ戻る

c0147790_14304639.jpg


阿波連地区から渡嘉敷港まで戻るには、途中、山をひとつ越えるのですが、
その山道から美しいビーチが見えます。


これはトカシクビーチといいます。
車の窓からちらっと見えるんだけど、
ここもとても美しい海の色です。

c0147790_14322710.jpg


ここのスノーケリングも楽しいですが、
ビーチからはかなり沖に向かって泳がないといけないので、
ダイビングの方が盛んみたい。
阿波連地区のダイビングショップからも、よくここにボートで潜りにきています。


田んぼの中にヤギ発見!
よかった、ヤギ汁にされてなくて。


西さんに渡嘉敷港まで送ってもらって、お別れです。
また来年、よろしくお願いしますね!



乗船案内所には、こんな掲示物が。

c0147790_14343465.jpg


これによると、阿波連ビーチから離れ島一帯は、ラムサール条約登録湿地ということになっています。
確かに、サンゴはものすごくたくさんの種類があって、美しいです。


さて、乗船が始まりました。

c0147790_14362156.jpg


港にこんな大きなフェリーが停泊していますが、
わたしたちの乗るのはこれではなくて、

c0147790_14365064.jpg


向こうにちらっと見えてるマリンライナーです。
夏のダイヤだと、フェリーは1日1便の往復、所要70分、
マリンライナーは1日3便の往復、所要35分です。

c0147790_14393310.jpg


港のすぐそばには、前島という小さな島があり、
これのそばを通って、船は那覇に向かいます。


マリンライナー、今回はあまり揺れず、
定刻運航で那覇泊港に戻ってきました。
いつもこのマリンライナーの中で、甲子園の準々決勝あたりを見るのが恒例なの。
今年は沖縄県代表が2回戦で敗退していたため、
あまり盛り上がってなかったなあ。


さて、泊港に15時前に着きました。
飛行機は18時です。
短い時間ですが、国際通りで遊びましょう。
by powderblueY | 2013-09-20 14:45 | 2013 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2013-23 名残惜しいわ

c0147790_21174886.jpg


帰りもバナナボートに乗って、阿波連ビーチまで帰ってきました。
台風の接近が危惧されていたとは思えないほど、いいお天気です。

c0147790_21192667.jpg


本当に美しい阿波連ビーチ。

c0147790_21232513.jpg


毎日はな子のフィンを借りた、おばあちゃんのショップ。


振り返り、振り返りしつつ、歩いてニライカナイまで戻ってきました。
外にあるシャワーを利用させてもらいます。

c0147790_2121864.jpg


右手がシャワー室(2つあります)。手前にトイレもあります。
真水を張った水槽もあって、フィンやマスクをじゃぶじゃぶと洗うこともできます。
滞在中は、夜はここに浮き輪とかテントとか、大きなビーチ用品は置いておけます。

c0147790_21224321.jpg


シャワーを浴びて、着替えて、荷作りもして、12時ちょっと過ぎ。
渡嘉敷最後のランチは、どこで食べようか。

c0147790_2125537.jpg


ふと見ると、ニライカナイにも「ランチやってます」の看板が出ています。
ニライカナイのお食事はとってもおいしいので、ランチもやればいいのに〜っていつも思っていたんだけど、
去年まではやってなかったのよね。
よし、最後の食事はここで。

c0147790_21264752.jpg


これは冷しゃぶ定食。

c0147790_2127672.jpg


タイグリーンカレー。

c0147790_21272324.jpg


沖縄独特の食べ物、タコライス。
どれもとってもおいしかったです〜。
もちろんオリオンビールがお供ですよ。

ランチの後、出発までまだ少し時間があるので、
ビーチが名残惜しくて、もう一度行ってみました。

c0147790_21364171.jpg


くーーーっ、今見ても本当に感動しちゃうわ。
なんて美しいの。

c0147790_2137426.jpg


また来年来るからね。

c0147790_21375953.jpg


来年も、お天気と透明度に恵まれますように。

c0147790_21382664.jpg


メインストリートを帰りつつ、

c0147790_2139916.jpg


下は、バナナボートをお願いしたショップ、
上は、風の通り抜ける気持ちのよいレストラン、Octopus Gardenです。

c0147790_21394726.jpg


c0147790_2140568.jpg


そして、14時のマリンライナーに乗るために、
ニライカナイの西さんに、港まで送ってもらいました。


また来年来るからね〜!!
by powderblueY | 2013-09-19 21:41 | 2013 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2013-22 離れ島で最後のスノーケリング

c0147790_14184465.jpg


お待ちかねのスノーケリング。

c0147790_14201112.jpg


浅瀬から、こんな群れがいるよ。

c0147790_14204614.jpg

c0147790_1421911.jpg


このブルーに癒されるわ。

c0147790_14223959.jpg

c0147790_142337.jpg

c0147790_14232282.jpg


それから、クマノミ天国。

c0147790_14283466.jpg

c0147790_14284885.jpg

c0147790_14291122.jpg

c0147790_14293618.jpg

c0147790_14304283.jpg


遠くに、イカの群れがいたよ。
あっという間に去って行っちゃったけど。

c0147790_14301093.jpg


離れ島の海に来ると、時間の経つのも忘れてしまいます。


いったん、上がって休憩。

c0147790_14321664.jpg

c0147790_14313239.jpg


この間は、あの岩の上まで上がったんだね。

c0147790_14325183.jpg


ジロとはな子は、ビーチの潮溜まりで遊んでます。
こういうとこ、せき止めて遊ぶのも楽しいんだよね。

c0147790_14332481.jpg


離れ島の自然は、手つかずでワイルドな感じがします。

c0147790_14341364.jpg

c0147790_14342683.jpg

c0147790_14343860.jpg


さあ、そろそろ2本目行こか。

c0147790_1436588.jpg

c0147790_14364286.jpg

c0147790_143777.jpg


今日は前回より流れが穏やかなので、
イソバナ地帯まで足を伸ばしてみました。
(流れの速い時は近寄らないでね)

c0147790_14374525.jpg


よく見ると、あっちの岩にも、こっちの岩にも、イソバナがはえてます。

c0147790_14382680.jpg

c0147790_14384948.jpg

c0147790_14391913.jpg


日が当たると真っ赤で、とってもきれい。

c0147790_14393884.jpg


竜宮城系だよね。

c0147790_14401259.jpg


あれ? よく見ると、

c0147790_14404689.jpg


イソバナの隣に、ウツボがいるじゃん。

c0147790_1441737.jpg


ほかにもいろいろいて、

c0147790_14421779.jpg

c0147790_14424478.jpg

c0147790_14425717.jpg

c0147790_14431120.jpg

c0147790_14435437.jpg

c0147790_14441310.jpg

c0147790_14443818.jpg

c0147790_14452413.jpg


離れ島のスノーケリングは、本当に飽きることがありませんが、
11時半になってお迎えのバナナボートが来ました。


また来年、必ず来ようね。
いつまでもこの美しい海が保たれていますように。

c0147790_14465320.jpg

by powderblueY | 2013-09-18 14:47 | 2013 沖縄 | Comments(2)

渡嘉敷 2013-21 最終日も離れ島へ

c0147790_23282133.jpg


一緒に時間を過ごしたみなさんと、また来年も会いましょう、と約束をして、
わたしたちはビーチへ向かいます。

c0147790_23331562.jpg


青い海が見えてきました。
緩やかな坂を降りていくこの景色は、いつ見ても感動します。

c0147790_23334488.jpg


朝よりもお天気がいいみたい。
青空が広がっています。

c0147790_23341675.jpg


波もなく、とても静か。

c0147790_23343812.jpg


はな子のフィンを借りて、
さて渡し船(グラスボート)に乗ろうと思ったら、
渡し船がいません。


渡し船は、おじいさんのと、おじさんのと2台(2艘?)あるのですが、
運航時刻が決まっているわけでもなく、けっこう気まぐれで、
2台いるときもあれば、全然いないときもあるのです。


わたしたちは最終日なので、早く離れ島に渡りたくて仕方がない。
どうする? カヤックで渡る? いや、それは時間がかかりそうだし、
と思っていたら、はな子が
「バナナボートで渡ろうよ」
と言い出しました。


昨日のバナナボートが楽しかったので、また乗ってみたかったらしいのね。
確かに、レンタルやアクティビティをしているお店のメニュー表を見ると、
お楽しみで乗るバナナボートの他に、
離れ島まで渡してくれる「バナナ渡し」というのがあるのです。


じゃあそれにしよう、と申し込みに行きました。
4人で4200円でした(往復)。

c0147790_23371710.jpg


お兄さんはてきぱきと準備をしてくれて、
さっそくみんなでバナナにまたがります。

c0147790_2338560.jpg


しゅっぱーつ!!


もちろん、スリルを楽しむバナナボートとは違うので、
スピードを出したり、急に向きを変えたりはしないのですが、
やっぱり、海の上を疾走している感はあり、いい気持ちです。
濡れちゃいけないものは持ってきてないけど、
そう波しぶきを浴びるわけでもありません。

c0147790_23404820.jpg


「風が気持ちいいねえ」と言っているうちに、
もう離れ島が近づいてきました。

c0147790_23412871.jpg


今日の海もきれいだね。

c0147790_23414641.jpg


お兄さんは、先に浅瀬でマリンジェットを停めると、
ロープを引っ張ってくれます。

c0147790_23422482.jpg


無事に離れ島に上陸しました。


帰りのバナナ渡しは11時半にお願いして、
さっそくスノーケリングです。
by powderblueY | 2013-09-17 23:44 | 2013 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2013-20 さてお天気は?

c0147790_22581742.jpg


さて、最終日の朝。
お天気が気になって気になって、5時半から目が覚めてしまいました。


テラスに出てみると、まあまあのお天気です。
これならきっとマリンライナーも予定通りの運航だと思うけどな〜。


でも8時の発表を見るまでは、安心できません。
低気圧はどうなっちゃったのかしらん。


7時になって、主人と子どもを起こして、
「もう最終日だから、朝の散歩に行こうよ」
と誘いました。


離れ島、きれいに見えています。

c0147790_2303721.jpg


雲は少しあるものの、おおむね良好。

c0147790_2311252.jpg


遊泳監視区域でスノーケルをするみんなの安全を守ってくれるお兄さんのいる監視塔。

c0147790_232382.jpg


マリンライナーが通常通り動くとすれば、14時の便に乗り、
帰りの飛行機は18時。
午前中は阿波連で遊べるので、離れ島に渡ろうね。

c0147790_2333693.jpg


これは阿波連地区のメインストリートに面してあるバラックという食堂。
ランチと、夜は居酒屋風になります。
ここ、おいしくてお気に入り。

c0147790_2341496.jpg


今日の最後のランチはどこでいただきましょうかね。
なんて、すっかり能天気なわたしたち。


でも、渡嘉敷に来ていると、大丈夫大丈夫、船も動くし、明日も晴れる。
ダメならもう1日いればいいさ〜、って気持ちになるのよね。
実際には、今日中に名古屋に帰れないと、仕事が大変なことになるんだけどね。
「もうあと1日休みください」なんて上司に言う勇気は、わたしにはありません。


c0147790_2364932.jpg


はい、ニライカナイに帰ってきました。


このあと、部屋で荷作りをしつつ、8時ちょっと前からiPadで渡嘉敷村の公式HPを見ていたら、
ちゃんと「全便通常通り運航」と出ました!
やったー! これで、心置きなく遊べるわ。


きっと台風になると言われていた低気圧は、どこかに行っちゃったみたいです。
お天気の神様に感謝!

c0147790_23104917.jpg


おいしいニライカナイの朝食をいただいて。


部屋を片付けて、荷物をまとめ、
泳ぎにいく格好をして、フロントに行ったら、
ちょうどご一緒した常連のご家族たちが、出発されるところでした。
みなさん、朝10時のマリンライナーに乗るそうです。


楽しい時間を一緒に過ごさせていただいて、ありがとうございました!
また来年お会いしましょうね。

c0147790_23125930.jpg

by powderblueY | 2013-09-16 23:13 | 2013 沖縄 | Comments(2)

渡嘉敷 2013-19 今晩はアグー豚

午後の阿波連ビーチで、スノーケリングに疲れて、
テントの中でごろごろしていたら、
はな子が
「バナナボートに乗りたい」
と言い出しました。


阿波連ビーチのサンゴの美しい区域は、ロープで区切ってあって、
スノーケリング専用になっているのですが、
その他の海域ではモーターを使った遊びもできるようになっています。


わたしは気が進まなかったんだけど、
主人もジロも、バナナボートは嫌だと言ったので、
仕方なく、わたしが一緒に乗りにいきました。


ビーチから集落の方へ少し戻ると、
そういうのを扱うお店がたくさん並んでいます。
2人で2000円でした。


受付をしてくれたおねえさんが、
「じゃあライフジャケットを着て。
 はい、こちらに来てください」
とわたしたちをビーチに連れて行き、
マリンジェットにまたがったので、びっくり。
20歳くらいの若いおねえさんなんだけど、
あなたが運転してくれるのね?


「ひっくり返って海に落ちたりしないですよね?」
と念を押しておいたけど、
マリンジェットが走り出してみると、バナナボートは右へ左へと引っ張られ、
スピードも出るし、けっこうスリリングでした。
はな子ときゃあきゃあ叫んで、けっこう楽しかったわ。


さて4時頃ビーチを引き上げ、
シャワーを浴びて、お部屋でまったりの時間です。

c0147790_15585056.jpg


わたしたちの部屋は、こういうふうにベッドが2つと、
リビングと、和室がついていて、
和室に布団を敷いて、子どもたちが寝ます。


晩ご飯前なんだけど、ビールも飲んじゃうし。
今日見た魚の名前を、図鑑で調べたり。


6時半になり、夕食の時間になりました。


今日のメニューは、

c0147790_15563667.jpg


じゃーーん! アグー豚のしゃぶしゃぶです。

c0147790_15565766.jpg


アグー豚は沖縄の特産で、
あまり本州に出回ることはないんだけど、
とってもおいしいお肉です。
一見、脂が多そう、と思うんだけど、
この脂が全然くどくなく、甘くておいしいのよ。

c0147790_15581765.jpg


野菜もいっぱいいただきます。
肉ばっかり食べるジロに、
「こらっ! しゃぶしゃぶや焼き肉の基本は、
 肉ー野菜ー野菜、肉ー野菜ー野菜だっ」


神戸から来たなっちゃんは、実は8歳のお誕生日。
みんなでHAPPY BIRTHDAYを歌い、
大きなチョコレートケーキが出て、
おすそわけしていただきました〜。

c0147790_1625749.jpg


チョコレートクリームの中にナッツが入っていて、
とーってもおいしいケーキでした。


ところで、大東島のあたりに低気圧がいて、明日の海況が気になりますが、
スタッフの西さんによると、
朝8時に、渡嘉敷村の公式HPに、その日のフェリーとマリンライナーの運航予定が発表されるんだって。


その時点で、たとえば「今日は全便いつも通りに運航します」と発表されたら、
その後、波が高くなって4mを超えたとしても、
ちゃんと運航されるんだって。


実は今年は(このお盆の時点では)沖縄にはほとんど台風が来てなくて、
例年よりもうんと雨が少ない年だったんです。
水不足も心配されてたし、
「いやあ、正直いうと、台風が来ないと、毎日お客さんがやってきて、
 連日フル稼働ですからねー、きついっす。
 そろそろ台風が来てくれないかなあ、なんて」
こらこらっ、西さん!!


とりあえず、全員明日帰る予定の常連さんたちは、天気を心配しつつ、
明日8時の発表を楽しみに待つことにしました。
by powderblueY | 2013-09-15 16:13 | 2013 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2013-18 午後は阿波連ビーチでスノーケルしました

c0147790_22264583.jpg


ダイビングを終えて、12時頃シーカムに帰ってきました。
午前のダイビングに参加した人は、シーカムでランチが出ます。
これは買ってきたお弁当などではなく、
ちゃんと調理された温かいカレーやハヤシライスなどが出るのです。
美味しいし、とってもお得なのですが、
わたしたちは沖縄そばも食べたかったので、ランチはお断りしました。


昨日、行き損ねたOctopus Gardenへ。
1階で注文して、2階へ上がります。
沖縄そば、おいしかったわ〜。
沖縄にいると、どこで食べても本当においしいんだよねー。
Octopus Gardenの2階は、オープンエアーになっていて、遠くに海も見え、とても気持ちがいいです。
向かいのブルーシールアイスのお店で、アイスクリームを買ってきて、
持ち込んで食べたりもできるしね。
ゆるーい時間が流れていきます。


午後は、阿波連ビーチでスノーケリングしましょう。


浅瀬にこんなに魚が。

c0147790_22321553.jpg


昨日よりもさらに透明度がいいです。

c0147790_22335120.jpg


こんな群れもいます。

c0147790_22342968.jpg

c0147790_22344854.jpg


やたら群れてるけど、なんていう魚なんだろう。

c0147790_22354036.jpg

c0147790_22355339.jpg


チョウチョウウオは餌付けされているので、たくさんいます。

c0147790_22364775.jpg


こんなブサイク系の魚もいます。

c0147790_22371422.jpg


サンゴもきれいです。

c0147790_22373289.jpg


ロープのところに、なにかいるので、よーく見てみたら、

c0147790_22402537.jpg


赤ちゃんオヤビッチャ!
1cmくらいです。
めちゃめちゃかわいい。


そしてサザナミヤッコ。

c0147790_22414590.jpg

c0147790_22415785.jpg


ついつい追いかけて写真を撮ります。


浅瀬に戻ると、また白い魚の群れ。

c0147790_22425135.jpg


阿波連ビーチは泳いでいる人も多いし、
ロープで区切られた監視区域は本当に狭いのに、
じっくりと見てみると、こんなにいろんな魚がいることに驚かされます。
いつまでもこの自然が残っていてほしいなあ。
by powderblueY | 2013-09-13 22:44 | 2013 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2013-17 ダイビング2本目

c0147790_22161886.jpg


シーカムのダイビングは、午前2本、午後1本なのですが、
ほとんどの場合、1本目のあとにいったん港に帰ってきて、休息をします。
港にある公共のお手洗いを使えたり、展望台に上がって海を眺めたりできます。


2本目は「ヒジュー石」というポイントに行きました。
ここも港から10分くらいです。

c0147790_22192829.jpg


潜行するといきなり、クロユリハゼ。
何匹もいて、かわいかったです。

c0147790_22211994.jpg


これはインディアンバナーのように見えるんですけど、
あれってモルディブの固有種ではなかったの?
と思って調べたら、似たようなのがいろいろいるんですね。
これは多分、日本の珊瑚礁にもよくいる「ミナミハタタテダイ」かと。

c0147790_22244029.jpg


クマノミもいっぱいいました。

c0147790_22251212.jpg

c0147790_2225468.jpg

c0147790_22255954.jpg

c0147790_232249100.jpg


うわあ、これって・・・

c0147790_22263644.jpg

c0147790_2231054.jpg


タテヒダイボウミウシだねー。
どうしてこんなポップな色をしているんだろう。

c0147790_22314555.jpg


そして、これがいました。

c0147790_22323453.jpg


それから、ハタ系の赤い魚。

c0147790_22332928.jpg


これはスジアラというそうです。(あらすじ、じゃないよ)
食べると美味しい高級魚で、
沖縄では「アカジン」っていうんですって。

c0147790_23232387.jpg


サンゴもきれいだね。

c0147790_23234276.jpg

c0147790_23235695.jpg

c0147790_23242994.jpg


いろいろいたけど、最後に、

c0147790_2324548.jpg


気味が悪〜い! ウミヘビだよ〜。


そしてふと上を見ると、

c0147790_2325571.jpg


はな子のシルエット。
by powderblueY | 2013-09-12 23:26 | 2013 沖縄 | Comments(2)

渡嘉敷 2013-16 ダイビング1本目

c0147790_1430407.jpg


朝ご飯を食べ終わり、シーカムへ向かいます。

c0147790_14312424.jpg


新築のシーカムの建物。
風になびく垂れ幕の向こうには、ログづけをしたりする木のテーブルがあります。
建物の中はクーラーが効いていて、ここでログづけをすることも。

c0147790_14324146.jpg


ドアが船の中みたいで、かわいいでしょ。


全員がそろったので、トラックの荷台に乗って、港に向かいます。

c0147790_14341091.jpg


ほんの5分で、阿波連の集落を抜け、阿波連港に到着です。

c0147790_14345215.jpg


c0147790_14353465.jpg


これがシーカムのボート。
乗り込んで、器材セットして、すぐ出発です。
日本のダイビングサービスなので、器材セットは自分でしますよ〜。
海外リゾートで甘やかされているわたしたちは、いつも、
左右を逆にしちゃったり、タンクがずり落ちそうになったり・・・。
深く反省です。


ボートは出航して、渡嘉敷島の南の端の灯台の方へ向かいます。

c0147790_1441278.jpg


離れ島へカヤックで渡る人を発見!

c0147790_14413439.jpg


今日も美しい海!


ほんの10分足らずで灯台下に着き、タンクをしょって、バックロールでエントリー。
はな子は、昔けらま荘のスタッフさんだったタミさんとその彼氏が、
一緒にスノーケルしてくれるとのこと。ありがとうございます。

c0147790_14521786.jpg


さて、この灯台下のポイントは、
沈船ポイントなのです。

c0147790_1452415.jpg


水深20mほどのところに、船が沈んでます。


とはいっても、本当に沈んだのではなく、ダイビング用に沈めたものなんですって。
その後、船にサンゴが生えて魚のすみかとなり、
台風が来て大波が来て、船が傾いて魚が住まなくなったり、
また魚が寄ってきたり、を繰り返しているんだそうな。

c0147790_14544888.jpg


このときは、あまり魚はいませんでした。
なんとなく不思議な雰囲気。

c0147790_14552850.jpg

c0147790_14553861.jpg


そういえば昔、サイパンで「B29」というポイントに潜ったことがあったなあ。
あれは本当に第二次世界大戦時のB29が墜落したものだった。

c0147790_14572595.jpg


黄色にブルーの模様が鮮やかなスミツキトノサマダイ。
きれいですね。

c0147790_14582793.jpg


サザナミヤッコも。
辺縁が青く光るのが神秘的で、ついつい後をついていっちゃうわ。


このポイントには、短いけどトンネルがあります。
地形好きの主人は大喜び。

c0147790_1501973.jpg

c0147790_1503075.jpg


いつもなら、こういうところをくぐり抜けるのはとっても楽しいんだけど、
どういうわけかわたし、トンネルに入る頃から無性に浮いてきちゃった。
潜り始めた時から、ちょっとウェイト足りないなって思ってたんだけど、
ここに至って、浮いて浮いてしょうがなくなっちゃったの。


無理むりトンネルに入ったものの、天井の岩に頭ぶつかりそうになって、
後半はカメラどころではなかったわ。


イントラのサトウさんが気づいて、ウェイトをポケットに入れてくださって、
なんとか落ち着きました。


まだ20本にもいたらないジロよりもぶざまな潜りっぷりじゃんか。

c0147790_154279.jpg


そのあとも、こんな谷間みたいなところを抜けたり、
地形の面白いポイントでした。
by powderblueY | 2013-09-11 15:04 | 2013 沖縄 | Comments(6)