カテゴリ:2015 沖縄( 24 )

渡嘉敷 2015-19

c0147790_23194464.jpg


阿波連に戻って、ニライカナイでシャワーを浴びました。
お部屋を最後まで使わせていただけたので、本当に助かりました。


では最後のランチを食べに行きましょう。
最終日はここ!と決めていた「島むん」です。

c0147790_2321829.jpg


さんさんと日差しが降り注ぎ、南国って感じ。
シルバーウィークでもこんなに夏っぽいです。

c0147790_2322275.jpg


お店の外にはこんな案内が。

c0147790_23223012.jpg


水着はダメだそうなので、最終日にもう帰る準備をしてからでないと来られないのよね。

c0147790_23243596.jpg


お店に入ってみました。

お客さんは誰もいなくて(まだ12時前でした)、
シェフと(多分)奥さまと二人でやってるお店のようでした。

c0147790_23255638.jpg

c0147790_23261977.jpg

c0147790_23263028.jpg


すっきりと簡素だけど、おしゃれな店内。
阿波連にもこんなおしゃれなお店ができたのねえ。感動だわ。

c0147790_2327531.jpg


とりあえず泡で乾杯。

c0147790_23274139.jpg


カプレーゼ 渡嘉敷島産シークワーサー風味

この盛り付け、かわいいね。
今度おうちでも試してみよう。

c0147790_23284475.jpg


エビのアヒージョ バケット添え
もちろんおいしいです。
泡がすすむすすむ。

c0147790_23293382.jpg


揚げじゃがいも
はな子の大好物。

c0147790_233081.jpg


アマガン(オオイワガニ)のスパゲッティ
これ、絶品でした!
毎日でも食べたい!

c0147790_23312057.jpg


ピザマルゲリータ
定番。美味しくないわけがない。

c0147790_23315232.jpg


ヤコウガイのオイスターソース炒め
これも絶品! 
ヤコウガイって、ダイビングで見たやつだね。
こんなにおいしいと知ってたら、採ってきたのに(うそ)。

c0147790_2334357.jpg


どれもあまりにおいしいので、デザートにも進みます。
ティラミスと、

c0147790_23342689.jpg


アフォガート。
アイスクリームにエスプレッソをかけます。


こんなおいしいお店ができたなんて!!
本当は誰にも教えたくないくらい。
お昼、水着から服に着替えてでも行きたいお店です。
今回いただいたお料理以外にも、おいしそうなメニューがいっぱいあったので、
ぜひまた行くと思います。
4人でたらふく食べて、泡やら白やら赤やらたくさんいただいて、8000円弱でした。
やすっ。


このあとは、新垣商店に行って、最後のお買い物をし、

c0147790_23401670.jpg


ニライカナイの車で渡嘉敷港に送ってもらいました。
また来まーす!

c0147790_23402669.jpg


途中、峠を越えるところで、トカシクビーチの絶景が眺められます。

c0147790_23393729.jpg


14時のマリンライナーに乗ったのですが、
那覇から到着したマリンライナーからは、

c0147790_2341839.jpg


いつも一緒に旅行に行くヒデキとリョウくんが降りてきました。
今日からニライカナイに滞在するのです。
ミナオちゃんとコウちゃんは、訳あってお留守番。
ヒデキに「島むん」情報、教えときました。


マリンライナーは揺れもせず、無事に那覇泊港に到着。

c0147790_23434425.jpg


いつも思うけど、渡嘉敷から帰ってくると、那覇は大都会だわ。


荷物は、那覇市観光案内所に預けて、国際通りでショッピング。
いつものPAIKAJIでアロハを買い、
古酒屋で泡盛を買い、やちむんを買い、
わしたショップでお土産物を買い、ゴーヤチャンプルーのもとやウコンを買い、
ブルーシールアイスクリームを食べて、
いつものいつもの国際通りです。


混雑を恐れて、早めに空港に行き、

c0147790_234702.jpg


今回も楽しかったねー。


窓の外には、

c0147790_23472324.jpg


嵐ジェットが見えてました。
女子はみんな写真撮ってました。

c0147790_23475416.jpg


また来年、必ず行きます。

c0147790_23482287.jpg


このところ忙しくて、ブログの更新も滞りがちで、すごく日数がかかってしまいましたが、
読んでくださってありがとうございました。
by powderblueY | 2015-10-30 23:49 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-18

c0147790_22514384.jpg


最終日のこの日は、最高のお天気でした。

c0147790_22521838.jpg

c0147790_22543796.jpg


さっそくおじいちゃんのグラスボートで、離れ島に渡ります。

c0147790_22524219.jpg


島が近づいてきました。

c0147790_2253080.jpg


朝早いので、誰もいません。一番乗りでした。

c0147790_22532911.jpg


岩山の下にテントを広げたら、すぐに海に入ります。

c0147790_22545763.jpg


ウツボがいたよ。
透明度がよく、海の中も明るいです。

c0147790_22551315.jpg

c0147790_22552271.jpg

c0147790_2255344.jpg

c0147790_2255457.jpg


サンゴの下にいたフグくん。
こちらをちらちら見て、決して出て来ようとはしませんでした。


水が冷たく、1時間ほどただよっていると体が冷えたので、
いったん上がります。


わたしたちがテントでひなたぼっこをしている間に、
ジロとはな子はビーチサンダルをはいて、島の探検に出かけました。

c0147790_22572695.jpg


離れ島は無人島で、
以前何度か、島を一周したことがありますが、
ゲストが来てテントを広げたりするのは、島のほんの一部のビーチだけで、
あとは誰も足を踏み入れたことがないような未開の地です。
太平洋戦争のときのものと思われる砲弾?がさびて残っていたりして、
以前ここでどんなことが行われたんだろうと考えると、
ちょっとこわいようなところでもあります。

c0147790_2311611.jpg


しばらくすると、はな子がひとりで戻ってきて、
「お兄ちゃんがいなくなっちゃった」
と言いました。

「え? どこで?」

「島のあっちの方に行って、一周できないかなあって見てみたんだけど、
 海が深そうで、行けなくて、引き返そうとしたら、いなくなっちゃった」


えええっ!?

ものすごく心配になって、主人と二人で探しに出かけましたが、
いません。

「はな子ちゃん、この岩の向こうの海の方まで行ったの?」

「う〜ん、わかんない」

こんなところで足を滑らせて、そのまま波にさらわれたらおしまいだよ。

「ジロー!!」
「ジロー!!」

と名前を呼びながら探しましたが、
返事もありません。


30分ほど探しましたが、どこにもいません。
どうしよう。
誰か救助の人を呼んだ方がいいのかしら。
呼ぶといったって、阿波連ビーチまで呼びに行かなきゃいけない。
ここで110番とか119番とか、通じるのかしら?
グラスボートでお迎えに来てもらう時間も近づいてきちゃったし、
どうしよう・・・。


と思っていたら、ひょっこりジロが現れました。

「どこに行ってたのよ!!」

「向こうから一周できないかなって思って、あの岩の向こうまで行ってみたんだよ」

「もーーーー!! みんな心配したのよ! 行くならちゃんと言ってから出かけなさい!」


本当に心配したわ。
できたらもう1本、スノーケルに出かけようと思っていたのに、
もう時間がなくなっちゃったじゃない。

「じゃあさあ、海に入る時間がないなら、山に登ろうよ」

けろっとしているジロとはな子と、岩山に登りました。

c0147790_23125365.jpg


何度来ても、ここは本当に絶景です。

c0147790_23133560.jpg


まあ何事もなくて、本当によかったけど、
最後にもう一度、海に入る時間がなくて、本当に残念。
また来年だね。

c0147790_2314487.jpg


岩山から降りると、まもなく、おじいちゃんのグラスボートがやってきて、
阿波連に戻りました。
by powderblueY | 2015-10-29 23:15 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-17

最終日。
今日も早くから目が覚めて、はな子と一緒に朝の散歩に出かけます。

c0147790_14503345.jpg


阿波連集落のメインストリート。
まだ誰もいません。

c0147790_14511780.jpg


海までやって来ました。
今日はちょっと曇ってるね。

c0147790_14514356.jpg


でも波もなく、静かな海。
きっと日が昇れば晴れてくるでしょう。

c0147790_14522135.jpg


はな子とビーチをそぞろ歩いて。

「来年はきっとお盆の頃に来ると思うけど、
 はな子ちゃん、一緒に来てくれる?」

「う〜ん、来年は中学に入って部活に燃えてると思うから、
 どうかなー。来ないかも」

「えーーーっ。そんな淋しいこと言わないでよ。
 ジロは高校生になって、もう絶対来ないだろうから、
 はな子が来ないと、お父さんと二人だけの旅になっちゃうよ」

「いいじゃん、お父さんと二人で。
 ダイビングやスノーケリングすれば」

「・・・ま、いいけど」

ああ、子連れ旅行の終焉は、
こんなにも淋しくてせつないものなのね。


さて、阿波連集落の中の、
いつもランチを食べるオクトパスガーデンや、

c0147790_19263942.jpg


離れ島に渡るグラスボートのおじいちゃんのおうちである「一休」の壁の絵や、

c0147790_19273938.jpg


こちらもいつもランチを食べるバラックや、

c0147790_192893.jpg


毎度おなじみの景色をながめながら、ニライカナイに帰り、

c0147790_19285464.jpg


こじんまりしたフロント。

c0147790_19291783.jpg


8時から朝ごはんをいただきました。

c0147790_19293641.jpg


荷物をまとめて、チェックアウトの用意をしましたが、
次のお客さんがいなかったようで、出発までお部屋を使わせていただけることになり、
とてもありがたかったです。


さあ!
最後の海に出かけよう!
by powderblueY | 2015-10-28 19:31 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-16

c0147790_1265280.jpg


ダイビングを終えて、今日はバラックにお昼ご飯を食べに来ました。

c0147790_1272015.jpg


飽きもせず沖縄そばや、

c0147790_127375.jpg


豚カツ定食。
ダイビングのあとは、お腹が空きます。


お昼からは、天気もいいので、離れ島に渡ってみることにしました。
おじいちゃんのグラスボートで渡してもらってもいいんだけど、
はな子が「バナナボートで行きたい!」と言うので、
バナナボートで行きました。
バナナボートといっても別にひっくり返されるわけじゃないので、
大きな荷物(折りたたみ式テントとか)を持っていても大丈夫だし、
濡れてはいけないものも大丈夫です。一応、防水バッグに入れておいた方が安心だけど。

c0147790_12105294.jpg


さっそくスノーケリング。

c0147790_12112917.jpg

c0147790_12114538.jpg

c0147790_12115468.jpg

c0147790_121268.jpg

c0147790_12121688.jpg


いろいろいるけど、
でもやっぱり、お盆の頃に比べると、魚が少ない気がするなあ。
透明度はいいし、今日は水もそんなに冷たくないけど。

c0147790_12125216.jpg


ちょっと沖合まで出かけると、
こんな真っ赤なイソバナを見られるところがあります。
でも流れに注意してね。

c0147790_12134299.jpg


水のきれいな離れ島。
こうして浅瀬をただよっているだけでも楽しいです。

c0147790_1214561.jpg


岩山の向こうに日が傾きかけたので、

c0147790_12144665.jpg


再び、バナナボートで阿波連に帰りました。


この夜のニライカナイのディナーは、イタリアンでした。

c0147790_12185853.jpg

c0147790_1216492.jpg


サラダから始まり、

c0147790_12162138.jpg


これはカマンベールチーズをパプリカや熱々のオリーブオイルと混ぜていただくお料理。
すごくおいしいの。

c0147790_12172834.jpg


それから

c0147790_1217455.jpg


お肉が出て、

c0147790_12175844.jpg


ピザが出て、

c0147790_1218970.jpg


最後にめちゃうまパスタ。
もうお腹いっぱい!
ワインも進んだし。
ニライカナイのお料理、大好きです。


酔っ払ったけど、このあとシーカムに出かけて、ログづけと清算。
泡盛が出てきて、またもや乾杯。
昼間一緒に潜った人たちもたくさん集まって、楽しそうでした。
by powderblueY | 2015-10-26 12:21 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-15

c0147790_13414932.jpg


ニライカナイで朝ごはんをいただきます。
おいしいです。
今日も1日元気で遊ぼう!


8時45分にシーカムに集合。
午前中2本のダイビングです。


まず1本目はトカシク湾の沖のポイント。
今日もボートの上には10名を超えるダイバーがいましたが、
うちの一家はさーやさんがついて潜ってくださいます。

c0147790_13504250.jpg


はな子もすっかり慣れて、落ち着いて潜ってるね。

c0147790_13505941.jpg


わたしが見つけたヒラメ!
主人に教えて、二人でじっと見ていると、
ヒラメは視線を感じたのか、じわりじわりと逃げ始めました。
砂に潜ったままで、少しずつ少しずつ逃げていくんです。
と、そこにジロがやってきて、おもしろがってどっと追いかけたもんだから、
ヒラメはびっくりして暴れて逃げ回り、
あたり一面、砂が舞って真っ白になってしまいました。
まったくもう!

c0147790_13552893.jpg


ところで、ここには珍しいトウアカクマノミがいます。
初めて見ました。

c0147790_13555775.jpg


みんなで取り囲んで見ています。

c0147790_13563151.jpg


かわいいね。

c0147790_13565765.jpg


ところで、トカシク湾を50mほど外に出たこのポイントは、不思議なところなんです。
以前、ここで魚の養殖の事業が行われていたそうなのですが、
イントラの佐藤さんによると
「まあ、いろいろありまして」
今はその残骸が残っているとのこと。
それで、上の写真のような人工物や、

c0147790_140269.jpg


こんなジャングルジムのような構造物が、今も海の中に残って、魚の住みかになっています。


たくさんの魚が集まっていて、

c0147790_1412837.jpg

c0147790_1413669.jpg

c0147790_1414632.jpg

c0147790_1421057.jpg


ヨスジフエダイがいたり、

c0147790_1422712.jpg

c0147790_1423589.jpg


ツバメウオがいたり、

c0147790_143694.jpg

c0147790_1432158.jpg


ナンヨウハギがたくさんいたりして、おもしろいです。


そういえば、ボートに上がってから、はな子に、
「ドリーがいたね」
と言ったら、
「は? ドリー? なんのこと?」
と言うので、
「ほら、『ニモ』に出てきた青い魚で黒い模様が入ってるやつ」
と言ったら、
「ああ、ナンヨウハギね」
とクールに言い放つのよ! にくたらしー!!


c0147790_1471878.jpg


ところで、上の魚はカンモンハタだと思いますが、
胸ビレを地面について体を支えて、まるで手のように使ってますね。
かわいい。

c0147790_1482396.jpg


こいつも同じ格好をしていますが、
こいつの場合は、目が陰険そうで、かわいいです。

c0147790_1492076.jpg


ところで、海の底にはときどき、こういうものが落ちてますが、
これって、やっぱりウ◯コですよね?
でも一体、なにのウ◯コなんだろう?
魚のじゃなさそうだし、ナマコとか貝とか?
でもこれだけ大量のウ◯コをするためには、かなり長い間、そこにじっとしていなきゃいけないと思うんだけど。
となると、やっぱりナマコかな?

c0147790_14171716.jpg


この写真は、たまたまこんなふうに写ってますが、
別に頭が二つあるわけではありません。

c0147790_1419067.jpg


このようにさーやさんが教えてくれたのが、

c0147790_14191710.jpg


ちょっと形がピカチュウに似ているなあと思ったけど、
調べてみると、もっとピカチュウに激似のウデフリツノザヤウミウシというのがいるそうです。
見てみたいなあ。


1本目を無事に終え、いったん阿波連港に戻った後、2本目は島の南の方に出かけます。

c0147790_14263037.jpg


ここは地形ポイントで、
洞窟の中に入ったり、狭い谷間のようなところをくぐります。

c0147790_1427659.jpg


子供たちは、こういうポイントに潜るのは初めてなので、
とてもおもしろがっていました。
今回潜った4本の中で、ここが一番おもしろかったって。

c0147790_1428351.jpg


狭いところを通り抜けます。

c0147790_14285082.jpg


洞窟の奥には、上から太陽の光が差し込むホールのようなところがあり、
そこに魚がまーるく群れているのが神秘的。

c0147790_14293427.jpg

c0147790_14295799.jpg


とてもおもしろいダイビングでした。
by powderblueY | 2015-10-23 14:30 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-14

c0147790_11432348.jpg


滞在4日目の朝です。
もともとシルバーウィーク5連休の渡嘉敷の予定を立てた時、
沖縄の9月は台風が来て当たり前だから、
4泊5日で計画していても、きっと船が欠航になったり、飛行機が遅れたり、
予定通りにはいかないだろうなあ、と思いながら予約を入れてました。
臨機応変に対応するしか仕方ないよね、と。
でもこのシルバーウィークは台風も来ず、
本当にお天気に恵まれました。
4日目、5日目とあとになるほど、お天気がよくなっていきました。


この日は、はな子が「一緒に朝のお散歩に行く」と言ったので、
2人で出かけました。
7時頃です。

c0147790_11475639.jpg


本当は、なにもないただの浜なんですよ。
でも朝はさわやかだし、海もきれいだし、のんびりしてて本当にいいところ。

c0147790_1149186.jpg


今日の予定は、午前中ダイビング。
午後は天気もよさそうだし、離れ島に渡ってみようか。

c0147790_11494265.jpg


鏡のような海、貝殻がさらさらと音を立てます。

ところで、写真の奥の方に見えますが、パドルサーフィンをしている人が。
スタンドアップサーフィンともいうのかな。
去年までは、阿波連では見たことなかったですが、
今年はレンタルとともに、スクールもあるみたいでした。


この写真の人は、とっても上手で、するするとあっという間に沖に出て行きました。

c0147790_11594537.jpg


朝はまだ雲が多いけど、
昼になるときっと晴れてくるね。

c0147790_120434.jpg


阿波連ビーチの端っこには、大きな岩があります。

c0147790_1204591.jpg


岩には穴があいていて、中をくぐれるようになっています。
この岩の向こうは、岩場になっていて、さらにずーっと奥まで行くと、
スノーケリングのポイントになってます。
でも監視の人もいないし、すぐ外海につながってるので、気をつけてね。
阿波連ビーチが濁っているときでも、こちらは透明度がいい時もありますが、
スノーケリング上級者向けです。

c0147790_1233441.jpg


ヤドカリが歩いた跡が、いっぱいあります。

c0147790_124248.jpg


これは岩場の奥から阿波連ビーチを見たところですが、
親子がいるね。

c0147790_1245727.jpg


釣り竿が立ててあるね。

c0147790_1254990.jpg


振り返ると、岩山の穴はこんなふう。

c0147790_1263137.jpg


ビーチを歩いて、お腹がすいたね。
そろそろ朝ごはんの時間。
ニライカナイに戻ろうか。
by powderblueY | 2015-10-19 12:06 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-13

c0147790_2301613.jpg


夕方はまた新垣商店にぶらっと行ってみます。


入り口に「今日もエイサーあります」って書いてあったわ。
うれしい! 
先日のは寝過ごしちゃって、見られなかったので、今日は絶対見に行くわ。


新垣も、毎日行っていると、新しい商品が入荷してたり、
変化があります。
この日はアイスクリームが全部売り切れてて残念だったけど、
わたしの大好きな「黒糖ピーナッツ」が新しく入荷してたわ。
伊江島特産の黒糖ピーナッツ。ビールのおつまみに最高!
たくさん買い占めちゃいました。


18時からニライカナイで夕食。
今日はなんと沖縄料理の日です!
うれしい!

c0147790_2331799.jpg


まずはラフテーで始まります。
よく味がしみて、上品な味付けで本当においしい。

c0147790_2341192.jpg


そしてマグロのお刺身。
あまり知られてないけど、実は沖縄近海ではマグロがたくさん獲れるんだそうで、
冷凍しないで市場に出てくるので、とってもおいしいんだとか。
本州まで出回ることはほとんどないそうです。
新鮮で、とってもおいしかった。

c0147790_2371276.jpg


ゆし豆腐。温かくてやさしいお味でおいしいの。

c0147790_2385383.jpg


そして沖縄の炊き込みご飯「じゅーしー」。
これ、だーいすき!

c0147790_2392996.jpg


そして最後はゴーヤチャンプルー。
あ〜幸せ。
ゴーヤチャンプルーはうちでもよく作るのですが、
赤マルソウの「ゴーヤチャンプルーの素」がテッパンよ!
わしたショップで売ってます。


ニライカナイでの夕食は、しゃぶしゃぶ、BBQ、イタリアンが順番になっていることが多いのですが、
4泊すると1回はこの沖縄料理が出ます。
とってもおいしくて、大好き。
泡盛とともにいただきました。


さて、夕食後はシーカムに出かけて行って、ログづけをします。
毎晩行われているのですが、
ログをつけていると、泡盛が出てきて、なんだか楽しい宴になります。
今日はゲストも多かったので、わいわいにぎやかでした。


でも泡盛を飲み過ぎず、今日はさらに行くところがあります。
そう、20時半からエイサーなのです。

c0147790_2317237.jpg


おお、始まってるよ。


エイサーとは沖縄の伝統芸能です。
地元の青年会が中心になってやっているそうで、
みなさん、沖縄独特の彫りの深い顔立ちがかっこいいわ〜。

c0147790_23212123.jpg


最後はみんなでカチャーシー。


ああ、楽しかった!
by powderblueY | 2015-10-16 23:22 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-12

ダイビング午前中2本を終えて、軽トラの荷台に10人のダイバーが乗り、
シーカムに戻ります。
お昼ご飯をここで食べることもできるのですが、
わたしたちはさっとシャワーを浴びて、阿波連のお店で食べることにしました。
ビール飲みたいしね。

c0147790_13425849.jpg


今日はオクトパスガーデンにやって来ました。
ぷはー!
昼間っから飲むビールはおいしいね。

c0147790_13443114.jpg

c0147790_13432855.jpg


沖縄そばやタコライスを食べました。
タコライスって、不思議なおいしさ。

c0147790_13445315.jpg


これは唐揚げプレートなんだけど、バネみたいにねじねじしているのは
ポテトです。
どうやってこの形に作るんだろう??


さんざんビール飲んで、さあお昼からはどうしよう?
曇ってるから、わざわざ離れ島まで行くほどのお天気でもないし、
阿波連ビーチでごろごろしようか。

c0147790_13465510.jpg


というわけで、いったんニライカナイに帰り、テントや浮き輪を持って、ビーチへ出かけます。

c0147790_13473983.jpg


暑いのは暑いですが、微妙なお天気。

c0147790_134812.jpg


テントを立てて、
「ビール飲んですぐに海に入ると、おぼれるといけないからねー」
なんて言いながら、ごろごろしているうちに寝てしまい、
(初めから寝るつもりだった!?)
気がついたら、夕方!
なんて怠惰な午後かしら。


テントをたたんで、部屋に戻ります。
このゆるーい感じがいいのよね。
ほら、海外リゾートに行くと、スノーケリング、ダイビング、スパ・・・と忙しくがつがつと遊んじゃうから。
渡嘉敷は、時間を贅沢につかってのんびりしたって感じがいいのです。

c0147790_1351394.jpg


そういえば、ビーチ手前のマリンスポーツのお店には、中国語の料金表が。

c0147790_13523891.jpg



さてさて、この日はうれしいことが。
わたしと主人がビーチのテントの中で爆睡している間、
子供たちは退屈だったのか、さっさと部屋に戻り、ゲームをやってたの。
その時、自分たちのフィンやスノーケルセットをちゃんと持ち帰り、
水で洗って干してあったこと。
脱いだ水着も軽く洗って、外のテラスに干してあったわ。


「◯◯やってね」と言うと、ふてくされて嫌な顔をするけれど、
言わないでいると、ちゃんと自分たちでやるのね。
少しは成長したじゃーーん! とうれしかったのでした。
by powderblueY | 2015-10-15 13:57 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-11

c0147790_147419.jpg


シーカムのダイビングは、午前2本、午後1本ですが、
わたしたちは午前の2本だけ申し込んでありました。


その2本の間も、いったん港に戻ります。
渡嘉敷島周辺のポイントは、どんなに遠くても港から10分くらい。
楽ちんですね。


港でトイレ休憩ののち、再びボートで出発。
2本目は耳の抜けもよく、はな子もスムーズに潜ってきます。

c0147790_14251490.jpg

c0147790_14253826.jpg

c0147790_14254763.jpg

c0147790_1426136.jpg


今回もいろんな魚がいましたが、

c0147790_14262877.jpg


ヨスジの群れがいたんだけど、
子どもサイズ。
沖縄ではあまり大きなヨスジは見たことないなあ。

c0147790_14273714.jpg

c0147790_14274733.jpg

c0147790_14281449.jpg

c0147790_14282340.jpg


最後に見たのが、

c0147790_14283747.jpg


これ、ウサギ貝っていうんですって。
中の白いのが貝の殻の部分で、
外の黒いのはカバーみたいなもの?
初めは真っ黒だったんだけど、イントラのさとうさんがカバーをちょいちょいと開くと、
中の白い貝が見えてきたの。
その後もじっと見ていると、また黒いカバーがじわじわっとのびてきて、
貝を包み隠してしまいました。


海の生き物って、おもしろい!
by powderblueY | 2015-10-13 14:31 | 2015 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷 2015-10

c0147790_17134413.jpg


透明度もよく、とても楽しい海の中。

c0147790_1714636.jpg


あ、カメがいるね。

c0147790_17142345.jpg


シルバーウィークで渡嘉敷にはたくさんのゲストが来ていて、
ダイビングする人もたくさん。
このポイントにも船が何隻か泊まっていて、何組ものダイバーが入っています。
大勢のダイバーに囲まれて、カメさん、迷惑そう。
泳ぎ去っていきました。

c0147790_17164812.jpg


クマノミもいろんな種類がいて、きれいです。

c0147790_17171388.jpg

c0147790_17172369.jpg

c0147790_17483475.jpg

c0147790_17485630.jpg




c0147790_17174451.jpg

c0147790_17175443.jpg


きれいな貝が。

c0147790_17181735.jpg


これは、

c0147790_17182824.jpg


ヤコウ貝というそうです。
漢字で書くと「夜光貝」だそうな。
みがくととても美しく、アクセサリーやキーホルダーなんかになるそうです。
日本のダイビングは、こうやってきめ細かく、魚の名前など教えてもらえるところがいいね。

c0147790_1721367.jpg


でもじーっと見てると、なんか触手みたいのが出てきて、ちょっとこわい。

c0147790_1722202.jpg


クロユリハゼ。
下の写真には、わかりにくいけど、クロユリハゼがすごくたくさんいます。
見えるかな?

c0147790_17465077.jpg


c0147790_17472054.jpg


ジロもはな子も落ち着いて潜っています。
はな子は厚着のおかげで、寒いといいませんでした。


最後に、みんなで写真を撮ってもらいました。

c0147790_17493798.jpg

by powderblueY | 2015-10-12 17:49 | 2015 沖縄 | Comments(0)