カテゴリ:海外旅行( 33 )

Sunset

c0147790_08401461.jpg

水上のテラスからの夕日、


c0147790_08403898.jpg

今日もいっぱい遊びました。
ダイビング、アドバンスをとることにしたので、予習も忙しいです。


by powderblueY | 2017-03-28 23:59 | 海外旅行 | Comments(1)

今日はダイビング

c0147790_02362907.jpg
マダラトビエイが4枚。


c0147790_02363606.jpg
ヨスジの群れ。


by powderblueY | 2017-03-27 23:59 | 海外旅行 | Comments(0)

ミライドゥのハウスリーフ

c0147790_06482829.jpg

黄色いリボンのようなヨスジの群れ。


c0147790_06503903.jpg

c0147790_06505872.jpg

c0147790_06510478.jpg

c0147790_06511569.jpg

c0147790_06505381.jpg

風が強く、波が高いんだけど、
ミライドゥのハウスリーフ、すごいです。





by powderblueY | 2017-03-26 23:59 | 海外旅行 | Comments(2)

ミライドゥに到着しました!

c0147790_02503221.jpg
到着しました!
ミライドゥ、お部屋は広くて新しいし、
ご飯はおいしいし、
もう最高です。



by powderblueY | 2017-03-26 02:56 | 海外旅行 | Comments(6)

羽田にて

c0147790_22273861.jpg

羽田のラウンジにて、旅行の安全を祈念して乾杯。
今回は、一生に一回かもしれないビジネスクラスです。




by powderblueY | 2017-03-24 22:29 | 海外旅行 | Comments(8)

いよいよ明日から

c0147790_23425262.jpg

モルディブへ行ってまいります。


数年越しで行きたいと思っては頓挫しているミリヒに、
今回こそは絶対行こうと思って、
新しくできた2 bedroom の水上ヴィラを予約してありました。
もう1年も前のことです。


でも部活に夢中のジロが「4月に大事な大会があるのに、3月に休めるわけがない」と言い出し、
まだ試合に出してもらったこともないはな子も「休んだりしたら、ますます試合に出してもらえなくなる」と言い、
結局、大人2人の旅となりました。


それでもミリヒに絶対行きたかったので、
2 bedroom のお部屋に主人と二人で滞在するのね、
ベッドルームを1人1つずつ使って、ヴィラ内別居だわね、なんて考えていたのですが、
今年に入ってから、やっぱりそれはもったいない、
ミリヒは子供たちの次の入試が終わる2年後にとっておこう、と思い始め、
R&SのHさんと相談した結果、


このリゾートに決定しました。

c0147790_23430081.jpg

c0147790_23425919.jpg

この写真だけでわかる方は、かなりのリゾート通。


バア環礁に新しくできたMilaidhoo ミライドゥです。
昨年の11月にオープンしたばっかりで、
バロスの姉妹リゾートだそうです。


c0147790_23425019.jpg

ミナオちゃんたちのこともあって、
本当に自分たちが出発できるのかどうかドキドキしちゃって、
パスポートなんて、本当に入れたか、有効期限はいいか、何度もカバンから出したり入れたり確認しているうちに、
忘れていきそうです。


明日はいつもどおり仕事して、帰ってからの出発。
子供たちの食事や洗濯は、家事サポートの方に毎日来ていただくことにしました。


現地からまたご報告しますね。
行ってきます。





by powderblueY | 2017-03-23 23:59 | 海外旅行 | Comments(11)

モルディブ入国に際してのパスポート残存期間

この週末に大変ショックなことがあったので、
今後モルディブに渡航される皆さんへの注意喚起になればと思い、
記事を書きます。


実は、親友のミナオちゃん一家が、この週末にモルディブへと旅立つ予定でした。
シンガポール航空で、リゾート6泊の予定でした。


例年通り、羽田発のシンガポール航空の深夜便を利用するので、
新幹線と京急を乗り継いで羽田空港国際線ターミナルまで行きました。


シンガポール航空のカウンターで搭乗手続きをしたところ、
一家4人のうち3人のパスポートの残存期間(有効期限の残り)が6ヶ月を切っているため、
モルディブまで行っても入国できません。したがって搭乗できません。
と言われたそうな。


シンガポールは入国に6ヶ月の残存期間が必要なのは有名な話ですが、
別にシンガポールに入国するわけじゃなく、乗り継ぐだけなのに、なぜ? と聞いたところ、
シンガポールの話ではなく、モルディブ入国に残存6ヶ月が必要なのです、と言われたそうな。


そんな話は今まで聞いたことがない。
と調べたら、

c0147790_14450631.jpg

確かに、モルディブ大使館のHPには、「残存有効期間は入国時に最低6ヶ月」と書いてあるわ。
全然知らなかった。
でもゆるい国だし、本当にこれって厳しく運用されているの??


実は、2010年にモルディブに行った時に、ジロのパスポートが残存6ヶ月を切っていたのね。
いつもお世話になるR&SのHさんに
「モルディブには問題なく入国できますが、シンガポールには入国できませんからね」
なんて冗談で言われて出発したら、
帰りのシンガポール〜成田便が20時間のディレイになり、その間、シンガポール市内のホテルにご案内しますと言われ、
ジロだけ入国できないんじゃない!?と入国管理官に相談したら、
「No problem!」と言われて無事に入国できたことがあったわ。
アジアで一番厳しいと言われるシンガポールでさえ、実際の運用はその程度なのだから、
モルディブなんて問題なく入国できるでしょ。


とミナオちゃんにLINEしたのですが、
シンガポール航空の係員からは
「モルディブまで行って入国拒否された場合、牢屋で夜を明かすことになる」
「二度とモルディブには入国できなくなる」
などと言われたらしく、
それって脅し!? そんな言い方ってあり!? 


ミナオちゃんたちもうちと同じくR&SのHさんに手配をお願いしているので、
すぐにHさんに連絡して、
Hさんも現地手配会社や在モルディブ大使館の人など、いろいろと当たってくださったのですが、
どの人も「多分入国できる」とは言うものの、「確実に入国できる」という確証はえられず。


我が家だったら、きっと「自己責任です」という書類にサインしてでも搭乗すると思う。
マーレに到着すれば、絶対に入国させてくれると思うし、
もしも牢屋に入れられたらそれも一興、ブログネタにするわ。モルディブの「牢屋の島」ってどこにあるのかなー、くらいに思うけど、
Hさんも同じように考えたらしいけど、
でも大事なお客さまであるミナオちゃん一家(それも子供連れ)を、そんな一か八かの危険な目に遭わせるわけにはいかなかった、と
Hさんはおっしゃってました。


結局のところ、ミナオちゃん一家は今回のモルディブ旅行をあきらめ、
その晩は東京に一泊して、次の日名古屋に帰ってきました。


という驚きの顛末です。


シンガポール航空だからそんな厳しいことを言われたのかしら?
これがスリランカ航空だったら、そんなこと言われず無事に行けたのかしら?
それにしてもこの「モルディブ入国には残存6ヶ月必要」って、どの旅行会社のHPにも書かれてないけど、
最近急に厳しくなったの?
少なくとも2010年には6ヶ月切ってても何も言われませんでしたが。


これから渡航を考えているみなさま、
パスポートの有効期限、ご確認を。
残りが6ヶ月切っていたら、悪いこといいませんから、すぐに新しくとりなおしてくださいね。




by powderblueY | 2017-03-21 19:46 | 海外旅行 | Comments(8)

素朴系リゾートに行ってきました

今回は珍しく、うんと素朴系のリゾートに行きました。


レストランは島に1つしかなくて、
まるで廃校になった小学校みたいな建物でした。


お料理も定食が1種類あるだけでした。


トレイに乗って出てきたその定食を食べていたら、
レストランの大きな窓の向こうの青い海が
突然大きく盛り上がり、
まるでハワイの冬のノースショアみたいなビッグウェイブになりました。


ここはサーフィンができるリゾートだったんだ。
どうしてだろう、あんなに情報収集したはずなのに、
どうしてサーフィンのリゾートなんかに来ちゃったんだろう。
こんな大波の海でスノーケリングできるわけないじゃん。


というところで、目が覚めました。
夢でよかったわん。


by powderblueY | 2016-10-03 23:18 | 海外旅行 | Comments(2)

Soneva Jani

ジロの受験にかまけている間に、
モルディブにはこんな新しいリゾートが誕生しつつありました。
びっくり。


c0147790_1155091.jpg



Soneva Janiというそうです。

「Jani」ってあたりが、昨今の日本の騒動を連想させて、
ちょっと笑えるんですけど。


ヌーヌ環礁にあり、
マーレから水上飛行機で35分、
あるいは、バア環礁にあるソネバフシからスピードボートで1時間だそうです。


ヌーヌ環礁というと、Louis Vuittonのシュヴァルブラン・ランデリのある環礁ね。
地図で見るとソネバフシからかなり距離があるけど、スピードボートで1時間て、ほんまかいな。


c0147790_11104432.jpg


このデザインが、いかにもソネバですね。
ウォータースライダーで海に入れるなんて、遊び心満点。
広いデッキにはプールもあります。


c0147790_11123265.jpg


水上には、1 bedroom、2 bedroom、3 bedroomのカテゴリーがあり、
ビーチにも1 bedroomと3 bedroomがあります。


最近になって、モルディブにはbedroomが複数ある広いヴィラが増えましたねー。
ちょっと前までのわたしだったら、「4人で滞在できる! うれしー」となったところだけど、
もう子供たちも大きくなり(はな子も12歳になったので、次の旅行からうちは「大人4名」ですよ)
中学生高校生になると、旅行にはついてきてくれなさそう。
主人と2人だけの旅行になると、広いお部屋も必要ないわ。
しくしく。


c0147790_11193753.jpg


この水上ヴィラをつなぐ長い桟橋、
地図を見ると根っこのところが島につながっていないようなんですが、
ボートでのアクセスなのかな?


とっても素敵なヴィラのようですが、
地図(写真?)で見ると島の東側は白波が立っていてスノーケリングには不向きそう、
西側は広〜いラグーンで、これまたスノーケリングには不向きそうなんですが、
どうなんだろ。


オープンは2016年、とだけ書いてあります。
GMには、長くアマンリゾーツでGMを務めてきた女性が就任したそうな。
ホスピタリティは期待できそうかな。
by powderblueY | 2016-02-01 11:23 | 海外旅行 | Comments(6)

夏のバカンス

今年の夏は、お盆をはさんで1週間の休みをとってあって、

c0147790_1428380.jpg


ここに行く予定にしていました。
インドネシア、モヨ島にあるアマンワナです。

c0147790_14284282.jpg


バリ島のデンパサールから、1週間に3回しか飛んでいない国内線で1時間、
車で港に移動し、クルーザーで約1時間という秘境です。


海がとてもきれいで、部屋のすぐ目の前でスノーケリングができ、
ダイビングもでき、

c0147790_14315261.jpg


島の奥には滝があって、
ここから飛び込んで川で泳いだり。
ワイルドでしょ。


きっと子供たちが喜ぶに違いないと思い、
何年か前から計画していたのですが、
なにしろ辺鄙なところなので、
バリで1泊することが必要。
だから休みが全部で1週間は必要。
で、なかなか予定が立たなかったのですが、
やっと今年の夏、ジロの部活が終了して夏期講習後半が始まる前の1週間をねらって
予約を入れてました。


ところが、
主人が職場の事情で休みをとれないと言い出し、
それでもわたしひとりで子供たち2人を連れて行くつもりでいたんだけど。


ジロが肝心なバスケの市総体で、
県大会出場を決める準々決勝で負けちゃった。


県大会出場が叶ったら、7月いっぱいで部活を引退するはずだったのに、
「県大会には行けないけど、そこそこ強いチームが出る」市スポに出ることになり、
お盆過ぎまで部活があることになっちゃった。
部活があるなら、彼は旅行なんて行くわけがありません。
先生は
「3年生は勉強の都合もあるだろうし、市スポに出たいかどうか意思を確認する」
ってひとりひとりに聞いてくれたんだけど、
そんなの全員「出ます!」って言うに決まってるよね。


いいのよ、いいのよ、わたしも中学高校は部活に夢中だったし、
その気持ちはよくわかる。


じゃあジロも行かないとなると、
はな子と二人でアマンワナに行くか? と考えたけど、
それよりジロの中学最後の試合を応援しに行ってやろうかな、と思い、
それでも悶々と数日考えましたが、
やっぱりアマンワナはキャンセルすることにしました。


しくしく。


夏は繁忙期でキャンセル規定が厳しいため、
すごいキャンセル料が来ました。しくしく。


でもお休みはとってあるし、
今年にしかできないことをしよう!と考え、
地元松山に帰って、高校のブラスバンド部のOB会の定期演奏会に出ることにしました!


OB会は毎年、お盆の頃に松山で演奏会を開いているの。
地元ではちょっとだけ有名な演奏会です。ちょっとだけね。
わたしも大学生の頃は出てました。
今年は8月15日です。


春の甲子園に出て、久しぶりにクラリネットを吹いて、
やっぱりみんなで演奏するのは楽しいなあと思ったの。
甲子園終了後、同級生たちと
「ねえねえ、今度は夏の演奏会に出る?」
と言ってみたら、(以下、伊予弁です)
「なに言いよん、それはハードルが高いわい。
 甲子園はとにかく音が出とったらええけど、
 演奏会はそういうわけにいかん。
 もうウン十年も出とらんやろ。
 そうとう練習せないかんよー」
という結論になり、とうてい無理だと思っていたのですが。


でもせっかく楽器も買ったことだし、
毎年お盆には旅行に行っている我が家、
今年を逃すともう出演の機会はないかもしれない。
(まあ、家族旅行をやめれば、毎年だって出れるけどね。ははは)


といろんなことを考え、
それ以上に、下手くそだし、本当に演奏できるんかいな、と
それが一番迷ったけど、
でも頑張ってみることにしました。
今、楽譜を送ってもらって、練習しています。


松山に帰ってみんなで合わせて練習するのは、たった2日しかないので、
人に迷惑をかけないくらいには練習していかなくっちゃ。
というわけで、今年の夏はちょっと違った夏になりそうです。




 
by powderblueY | 2015-08-07 15:04 | 海外旅行 | Comments(6)