カテゴリ:2016 FS Hualalai( 63 )

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -57 帰国の途

午前8時10分に無事にコナ空港に到着しました。
タクシーのドライバーさんが空港職員を呼びに行ってくれて、
カートに荷物を載せてくれました。
考えてみたら、わたしたち、フアラライの部屋を出るときから、名古屋のセントレアまで
荷物には指一本触れてません。


ドライバーさんにチップを渡してお別れし、
空港職員さんにパスポートとハワイアン航空の搭乗券(フアラライでプリントアウトしてもらった)、
ホノルルで乗り換えるJALのe-ticketを渡したら、あとは全部手続きをしてくれました。

c0147790_14161530.jpg


「荷物は名古屋までお預かりします。料金がかかりますが」
「onlineで支払いました」
「そうでしたね。OKです」
「ホノルルでピックアップしなくていいのね?」
「そうです。名古屋までです。JALの搭乗券はホノルルの空港で発券してもらってください」


手続きはとてもスムーズでした。
チップをあげればよかった。
日本人は、どういうときにチップをあげたらいいのかよくわからなくて戸惑いますよね。
日本では、いくらお世話になったからといって、空港職員さんにチップはあげないけど
(だってそれが仕事でしょ? って思うよね)
アメリカでは感謝の気持ちはチップで表すようなので、
よくしてもらったなあと思ったら、あげればいいみたい。
公務員にも渡すのかしら?? 受け取ったら収賄にならないのかしら??


同じ出発便には、他のホテルからの日本人ゲストも何人かいましたが、
その人たちは自動チェックイン機に並んでいたので、
フアラライから手配したタクシーだから、ドライバーさんが職員に直接引き継いでくれたんだと思うので、
このスムーズさに改めて感謝です。


次はセキュリティチェックですが、これはひとりひとり靴を脱ぎ、
円筒形のボックスに入り、手を挙げ足を開き、周りをぐるりと透明な円筒が回りX線スキャンされる、という
初めての体験をしました。


これが終わると、待合室のエリアになりますが、
待合室といってもオープンエアです。

c0147790_14161641.jpg


Gift shopがあって、ハワイのお土産物が売られています。
キーホルダーとか絵葉書とか、マカダミアナッツとか、いわゆるお土産物。
フアラライにはそういうお店はなかったので、ここではな子は友達へのお土産を購入。

c0147790_14161538.jpg

こんなレイのお店も。冷蔵庫で冷やしてあるのね。

c0147790_14161654.jpg

9時半に搭乗開始しました。


c0147790_14161623.jpg
c0147790_14161640.jpg

こんな変わったデザインの飛行機も停まっていたけれど、
わたしたちの乗るのは、

c0147790_14222349.jpg

こちらです。

c0147790_14222333.jpg

この女の人の顔のデザイン、好きだわ。
南国って感じよね。

c0147790_14495657.jpg

楽しかったハワイ島ともとうとうお別れです。
また必ず来るわ。


飛行機は定刻に離陸し、あっという間にホノルルに着きました。
実質30分くらいです。


さて、ここからどんなカオスが待っているでしょう。
行きのホノルルでの乗り換えのことを思い出して、
「でも帰りは、荷物は名古屋までスルーだから、荷物を取ったり預けたりする手間はないじゃない?
 あとは搭乗券を発券してもらうのに、どれだけ時間がかかるか、よね」
「またきっとものすごく並ぶんだろうな。乗り換え時間は?」
「1時間40分あるから、多分大丈夫だろうと思うんだけど」
「うーん、それ短すぎるんじゃない?
 なんといってもGW最終日だし、
 いくらJALで手際がいいといっても・・・」
なんて主人と話しながら、飛行機を降りました。
10時半でした。


International Flightへの乗り継ぎ、という方へずっと歩いて行くと、
国際線ターミナルへとつながる渡り廊下に出て、
モニターがあったので、わたしたちの乗る便はGate 25というのを確認し、
渡り廊下を渡ると、そこにGate 25がありました。


え?  これだけ??


場所はここでいいんだろうけど、搭乗券がないじゃない?
どうしたらいいの?
と思って、そこに立っていた空港職員に聞いたら、
「搭乗券はGateで発券してもらえますが、出発の1時間前からです」


へえええ。たったこれだけ?
行きのあのカオスに比べて、帰りは飛行機降りてからここまで10分だよ。
拍子抜けしちゃった。


じゃあGateが開くまで、お買い物でもしようか。


というわけで、ホノルル空港でお買い物。
ベンチで休んでいたミナオちゃんたちとも再会。
ミナオちゃんたち、8時10分コナ発で、ホノルルに9時前について、
あとはずーーっとここで待ってたって。そりゃ大変だったね。
行きの乗り換えは3時間ほどみておいたほうが安心ですが、
帰りの乗り継ぎは1時間半もあれば十分。時間を持て余します。


さて出発の1時間前になってGateが開き、
中にJALのカウンターがあって、お姉さんが搭乗券を発券してくれました。
なんて簡単なの。


そして定刻にホノルルを離陸。

c0147790_14222398.jpg

楽しかった旅行をしめくくる泡とJALのおかき。

c0147790_14222969.jpg


1回目の機内食。鳥の照り焼き。

c0147790_14222913.jpg

アイスクリームがうれしい。

c0147790_14222911.jpg

着陸前の2回目の機内食。


そして定刻にセントレアに到着しました。
ホノルルをお昼12時に出て、9時間たったら翌日の午後4時になっているという不思議。
体も昼なんだか夜なんだか、お腹も空いているんだかいないんだか、全然わかりません。


c0147790_14222905.jpg

出口にはヒデキが迎えに来てました。
今回、ミナオちゃんちには出発直前に突発的な事件が起こって、ヒデキは行けなかったの。
今度は絶対一緒に行こうね。

c0147790_14222359.jpg

さて今回の旅行記では、さんざん感想を述べてきたので、もう総括という感じでもないのですが、
すっかりフアラライLOVEになってしまいました。
また必ず行きます。
ハワイ島には、今回のマウナケアやナイトマンタのほかにも、
ドルフィンスイムとかサイクリングとかラフティングとかカヤックとか乗馬とか溶岩ボートツアーとかヘリコプターライドとか
火口までトレッキングとか、あるいはゴルフされる方はもちろんゴルフ天国ですし、
アクティブに遊ぶことができます。
あるいはホテルにお籠りもオススメです。
フアラライの中にはショッピングセンターはないけど、
レンタカーで行けばブランド店の入っているモールもあるそうです。


以上、フアラライ旅行記、長々と読んでくださってありがとうございました。


おまけの画像です。
戦利品。

c0147790_20092130.jpg





by powderblueY | 2016-09-02 20:17 | 2016 FS Hualalai | Comments(12)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -56 チェックアウト

朝食を終えて、部屋に戻り、
急いで最後の荷造りをします。


モルディブやアマンプロへの旅行に慣れていると、
帰る日は「◯時に荷物のピックアップ、◯時にフロントで精算、◯時にスピードボート(あるいは専用機)出発」
という案内が前もって来るので、
それに従って行動すれば何の心配もいりません。


でもここでは個人旅行なので、
荷物のピックアップも、帰りの空港へのタクシーも、
自分で手配しなきゃいけないんだわ、ってことに前日に気がついたので、
フロントに電話をしてお願いしてありました。
とはいっても、別にめんどうなことはなく、
「飛行機がコナ空港を出発するのが9時48分なんですが、ここを何時に出ればいいですか?」
と聞いたら「8時ですね」と言われたので、
「じゃあその時間にタクシーをお願いします」
と言ったのと、
「部屋に荷物を取りに来てほしいんですが」
と言ったら「では7時45分にピックアップにうかがいます」
とスムーズに話は進みました。
そしてその通りに、すべて手配は完了していました。
こういうところはさすがFSですね。
いや、それホテルとして基本でしょ、って思うけど、基本ができないホテルはいくらでもありますからね。


7時45分ちょうどにドアがノックされ、カートで荷物を取りに来てくれました。
この快適なお部屋ともとうとうお別れです。

「フロントまで一緒にカートに乗って行きますか?」と言われたので、乗って行くことにしました。

c0147790_14161597.jpg

ちなみにお部屋のカードキーは、こういうデザインです。
これは多分、Palm Grove Poolで撮ったものかな。


フロントでチェックアウトの手続きをします。
なにもかもとってもスムーズで、5分もかからずに精算が完了しました。
2泊分はデポジットですでに払ってあったとはいえ、
残りの3泊分と食事代で、おお!と思うほどの金額でしたが、まあ気にしない気にしない。
そのために日々働いているんだから。
楽しい時間には対価が必要です。


c0147790_14161568.jpg

ロビーからの景色。今日もお天気がいいです。

c0147790_14161518.jpg

毎日本当にいいお天気で、ありがたい休日でした。
ハワイはこの時期は、いつもこんな天気なのかな。
夕日も毎日美しく見られました。

c0147790_14161523.jpg

玄関で、スタッフが写真を撮ってくれました。
楽しかったわ。また必ず来ます!
この美しい緑と、青い海に会いに。


タクシーは15分でコナ空港に到着しました。




by powderblueY | 2016-09-01 14:34 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -55 最後の朝食

Bezvhところで、この朝、ミナオちゃんたちは6時15分にロビーに送迎の車が来て、
コナ空港へと出発して行きました。
ロビーには、朝早い出発のゲストのために、温かいコーヒーとクロワッサンが無料で用意されていて、
とても助かったそうです。

c0147790_12072389.jpg

ちなみにこの写真は、ミナオちゃんたちのお部屋のラナイから撮った写真で、
まだ朝日が昇る前、6時前くらいでしょうか。
このお部屋はSea Shell Pool Areaの2階のお部屋です。
海に近いし、眺めがいいし、このお部屋もとっても素敵ですね。


どのエリアもそれぞれ特徴があるので、
次はどこのエリアをリクエストしようかなあ。
なんて、考えるのも楽しみです。


c0147790_14503145.jpg

さらにおまけですが、部屋には、こんなマルチプラグがついてました。
USB接続もできて、とっても便利でした。


主人とはな子を起こして、朝食に出かけます。

c0147790_14503432.jpg

部屋を出てすぐの池。

c0147790_14503607.jpg

芝生が美しいPalm Grove Area。
毎日歩いた道だけど、今日が最後ね。

c0147790_12084404.jpg

ここは昨日の夕方、波が来て砂が崩れ、スタッフ総出で掘り起こしていたところだね。

c0147790_12084484.jpg

今日はちゃんと説明つきだわ。

c0147790_12084418.jpg

Beach Tree Pool。

c0147790_12085701.jpg

海辺にはたくさんの椅子が並んでいます。

c0147790_12085725.jpg

ランチとディナーをいただけるBeach Tree Restaurant。

c0147790_12085871.jpg

c0147790_12085866.jpg

Free formなSea Shell Pool。
毎日、この海沿いの道を歩くのがとても楽しみでした。

c0147790_12085843.jpg

朝食のULUに到着しました。

c0147790_12085823.jpg

玄関には、今日も無料のコーヒーが用意されてます。

c0147790_12085812.jpg

受付の脇には、各国の言葉のNewspaperも用意されていました。


受付の人に「バイキング?」と聞かれて、
主人は「今日はアラカルトにしてみようかな。あんまりたくさん食べられそうにないし」と言います。
「3人のうち2人はバイキング(Buffet)で、1人はアラカルトでもいいの?」
と聞いてみたら、それでもOKだそうです。


c0147790_12091552.jpg

今日は外の席に案内されました。
主人だけ、メニューが手渡されます。


いつものコーヒーやジュースを注いでくれるお姉さんが来て、
「お注ぎしましょうか?」
と言うので、わたしも主人もはな子もなんとなく「お願いします」と言って注いでもらったのですが、
Buffetのわたしとはな子は、もちろん料金の中に含まれていますが、
主人のはひとつひとつ課金されるのでした。考えてみれば当たり前だけど。
それで主人は
c0147790_12091673.jpg

あとはこのスムージーと、目玉焼きだけをオーダーしたにもかかわらず、
Buffetよりもお高い料金になっていたのでした。
朝食はBuffetが断然お得です(笑)

c0147790_12091687.jpg

c0147790_12091600.jpg

わたしとはな子は、いつものようにいろんなパンやコールドカットやフルーツや卵料理を。

c0147790_12091625.jpg

今日のオムレツは「Egg White with Vegetable」。

c0147790_12091639.jpg

白身だけで焼いたオムレツですね。どんなもんだろう?と思ったけど、意外と普通でおいしかったです。


約1時間かけて、ゆっくりいただきました。
日本に帰ったら、こんなふうに外でゆっくりと朝食をいただくことはないわ。

c0147790_12091594.jpg

すぐ目の前が海っていうのも、ほんとに心洗われるわ。

c0147790_12093927.jpg

c0147790_12093933.jpg

ゆっくり歩いて、部屋に帰ります。

c0147790_12094661.jpg

ああ、帰りたくないねえ。
今日もこのチェアに横になって、覆いをかけてもらって、のんびりと本を読みたいわ。海を見ながら。

c0147790_12094750.jpg

c0147790_12094720.jpg

c0147790_12094777.jpg

このResident's Beach House。
ここも行ってみる機会がなかったので、次回の課題とします。



by powderblueY | 2016-08-31 14:03 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -54 最後の朝

c0147790_14501283.jpg

最終日の朝も5時に目が覚めました。
外をのぞくと、まだ日は昇ってなくて、
紫色の空に椰子の木のシルエットが美しいです。


今日もコナコーヒーを淹れて、オイルバーナーに火をつけて
ラナイのソファに出てみました。

c0147790_14501561.jpg

ひんやりとした空気。
ここはとても気持ちのいい場所です。
できることならずっとここで朝を迎えたいわ。
波の音が聞こえます。

c0147790_14501828.jpg

空の色が少しずつ変わってくるのを眺めながら、
楽しかった滞在を思い出します。


FSフアラライ、とっても素敵なリゾートでした。
モルディブと一番違うのは、アメリカ人が多いところ。
ジムに朝の6時から通う人たち。
ジョギングシューズはいて、キャップかぶって、タンクトップ着て、
みんな朝から張り切って走ってる。
モルディブでは見ない人種だよねー。


Four Seasonsって、なんかすごーくわかりやすい。
なんていうのかな。悪い意味ではなく、
お金を出せば、その分、いい思いを約束します、とでもいうような。
なんか悪いイミにとられちゃいそうだけど、そうではなく、
せっかくたくさんのお金を払って来ていただいたあなたに、がっかりな気持ちはさせません、っていうか。
そういう矜持にあふれている。
だからプールもジムもお庭もスパも、そこまでしなくてもって思うくらい、素晴らしく整ってる。

c0147790_14502124.jpg

わたしはそういうの、嫌いじゃないです。
というか、もうすっかり心をわしづかみにされましたわ。
ここにまた来るために、一生懸命働かなくちゃって思う。


c0147790_14502399.jpg

どこを見ても、チープな感じがしない。
子供ももちろんたくさんいるし、Kids Welcomeで、
子供のお楽しみが満載のプールもある。
でも反対に、大人オンリーのプールとか、騒いではいけないプールもある。

きっちり区別されてるあたり、すごくアメリカっぽい。

c0147790_14502688.jpg

なんてことをつらつらと考えていたら、
東の空がオレンジ色に染まり、朝日が昇ってきました。


マウナケアでサンセットや星空を眺めたのも、
ナイトマンタもとってもよかったけど、
今度来たらどこにも行かず、もちろんレンタカーも借りず、
ずっとホテル内で過ごすのもいいな。
1日中、太平洋を眺めながら本を読むなんて、贅沢な過ごし方よね。


そして時期は、このGWのころは気候もよく、過ごしやすかったわ。
夏にも一度来てみたいけど、
来年からはGWの旅行は、アマンプロとフアラライと、1年ごとに交互にしようかなー。


そして今度来るころには日本からコナへの直行便が飛んでいてほしい!
という夢は、早くも叶うことになりました。


さて、主人とはな子を起こして、最後の朝食に行きましょう。





by powderblueY | 2016-08-30 20:28 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -53 最後のディナーはHualalai Grillで

部屋で着替えて、19時半にHualalai Grillへ。
ここはお肉中心のグリル料理の店で、ゴルフクラブの2階にあります。
昼間はゴルフコースでなにかコンペがあったらしく、夕方にはセレモニーみたいなのをやっていましたが、
夜には静かになってました。

c0147790_14594680.jpg

お店の中は、こんなおしゃれな雰囲気。

c0147790_14594404.jpg

外も日が暮れて、暗くなりました。
あちこちに松明が灯され、心浮き立つ雰囲気です。

c0147790_14593722.jpg

前菜に、ミナオちゃんが頼んだカキを少し分けてもらいました。
生ガキ、大好きだけど、海外で食べるときはちょっとどきどきしますね。
日本に比べて当たりやすいという意味ではなく、当たったときに国内に比べると病院受診などがずいぶん面倒だなあっていう。
このカキはもちろん当たったりすることはなく、とても新鮮でおいしかったです。


c0147790_14595401.jpg

c0147790_14595235.jpg

繊細な泡が立ちのぼるシャンパン。

c0147790_14595722.jpg

冷製ロブスターのサラダ仕立て。おいしー。

c0147790_15000646.jpg

これはリブアイステーキ、16オンス。って約450gね。
そんなにあるようには見えないけど。主人と二人でシェアしました。
グリル専門のレストランなので、もちろん焼き加減を聞かれ、「レアで」と言ったら、ちゃんとレアで出てきました。

c0147790_15001742.jpg
c0147790_15000953.jpg

これははな子の大好きなラムラック。8オンス。
焼き加減も量もちょうどよい感じ。

c0147790_15002034.jpg

お見苦しい写真ですみません。
おいしいパンとさまざまな付け合わせも来ました。

c0147790_15001556.jpg

マッシュポテト。はな子の大好きなイモ料理。
お皿いっぱいに盛られてきて、食べきれるんかいなって思ったけど、
おいしかったらしく、わたしたちのところには回ってきませんでした。

c0147790_15004763.jpg

これはミナオちゃんたちが頼んだお肉料理。チャーハンもついておいしそうね!

フアラライでの楽しかったことを話しながら、楽しいディナー。

c0147790_15000222.jpg

当然、赤ワインも進み、食べ終わっても飲み足りず、デザートのメニューをもらってみると、

c0147790_15003397.jpg

甘いもの以外に、

c0147790_15003133.jpg

ちゃんと食後酒のメニューもありました。

c0147790_15003676.jpg

みんなでアイスクリームもいただいて、満足よ。


さて、明日は出発ですが、わたしたちはコナ発9時48分の便。(まるで電車か地下鉄のような時刻設定)
ミナオちゃんたちは、ホノルルー名古屋は同じJAL便に乗るのですが、
手配を代理店さんに頼んだので、コナ発がもっと早く8時10分とのこと。
だからフアラライに朝6時15分にお迎えが来るんだって。
朝食を食べる暇もないので、明日の朝は会えないまま出発だねって。
わかったわ。じゃあホノルルの名古屋行き搭乗ゲートでまた会いましょう。

c0147790_15004118.jpg


部屋に帰ってから荷造りです。
今日使った水着などをもう少し乾かして、明日の朝防水バッグに入れる以外は、
すべての荷物を詰め終わりました。


楽しかったフアラライ。
名残惜しくて寝ちゃうのがもったいないくらい。

c0147790_15004433.jpg




by powderblueY | 2016-08-29 15:26 | 2016 FS Hualalai | Comments(2)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -52 最後の夕日

部屋でシャワーを浴び、もう明日の朝出発なので少し荷造りをしているうちに
18時半になりました。
最後の夕日を見に行こうね。


夕日はやはりBeach Treeのそばで見るのが一番です。
c0147790_23531243.jpg

行ってみるとすでに空は夕日色。

c0147790_23531669.jpg

この空の色といい椰子の木といい、完璧です。

c0147790_23540443.jpg

まっかな夕日が静かに沈んでいきます。
ハワイ島の夕日は、毎日とってもすてきでした。

c0147790_23542854.jpg



「また絶対来ようね」
と言ったら、
「そうだな。ワイキキはいやだけど、ここはまた来てもいいな」
ですと。
その瞬間に、次に来られる連休を探して頭の中をカレンダーがぐるぐる回ったのは言うまでもありません。

c0147790_23544867.jpg

Beach Treeの絵になること。

c0147790_23545414.jpg

c0147790_23552447.jpg

ジャグジーから夕日を見ている人もいます。

c0147790_23552950.jpg

さっきまでわたしたちが海を見ていたチェアも、すっかり夕暮れました。
満潮は続いていて、足元まで波が来ています。

c0147790_23553576.jpg

c0147790_23554078.jpg

Beach Treeに小さな女の子が立っています。
絵になるけど、これはフアラライのシンボルツリー。
登っていいのかどうかはわかりません。

c0147790_23555244.jpg

Beach Tree Restaurantからは、わいわいと人の声と、おいしそうな匂いがただよってきました。


ふと見ると、ミナオちゃんとコウちゃんも夕日を見に来ていました。
カメを探しにビーチの方に行ってみよう。


Palm Grove Areaまで来たら、あらあら?
芝生に白いお花が撒かれています。

c0147790_23565635.jpg

これはここで結婚式が開かれたんだね。

c0147790_23571138.jpg

たくさんの人に祝福されたんだね。
眼に浮かぶようだわ。


じゃあさ、せっかくだからこのお花のゲートの下で写真撮ったら?

c0147790_23570177.jpg

照れくさそうでぎこちない中1の二人。


しかしもっとぎこちないのは、

c0147790_23570546.jpg

主人とはな子という珍しい組み合わせ。
なに棒みたいに突っ立ってるのよ。


ふと、芝生の上にブーケが落ちているのを見つけました。

c0147790_23571771.jpg

美しいミナオちゃん。


そして

c0147790_23572425.jpg

美しくないけど、わたしたち。
c0147790_23575460.jpg

ハワイ島、楽しくて美しくてすてきなところでした。
こんなお気に入りのリゾートに出会えたことに感謝。

c0147790_23580673.jpg

c0147790_23580125.jpg


最後のディナーはHualalai Grillを19時半に予約してあります。




by powderblueY | 2016-08-28 23:59 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -51 海を見る

c0147790_23320771.jpg

ではお部屋を出て、Beach Tree Poolへ向かいます。
うちのお部屋からだと、ビーチ沿いの道を歩いても行けるし、ゴルフ場側の道を歩いても行けます。
今回はゴルフ場のそばの道を歩いてみることにしました。


ホテル内はどこもグリーンがとっても美しいのですが、
ここは竹が生えていてオリエンタルな雰囲気です。

c0147790_23320343.jpg

c0147790_23320040.jpg

どこを見ても、本当にグリーンがきれい。
これが溶岩の上だなんて信じられない。
どれだけの労力とお金がかかっていることか。


プールに行ってみると、はな子は椅子の上で爆睡中だったので、
主人と二人でビーチのチェアにすわってみることにしました。


c0147790_23322088.jpg

ビーチにもこんな感じに椅子が並んでいて、
外国人にはとっても人気です。
プールボーイがやってきて、すぐに席を作ってくれました。
この屋根のような覆いがいいでしょ。

c0147790_23321669.jpg

ここでのんびり。
覆いの中からは、

c0147790_23321154.jpg

こんな感じで海が見えます。ほんとにすぐ目の前が波打ち際です。
プールもいいけど、この波打ち際もとっても雰囲気がよくて、
波が寄せては返すのを見ていると、飽きず、目が惹きつけられます。
ざぶーんざぶーんというリズムもいいし、
ときに、波が全くなくなって、音がしなくなる一瞬もあります。


満潮で、すぐ足元まで波がやってきて、
脱いだサンダルを持っていかれそうになったり。


広い海。太平洋。さえぎるもののない水平線。
なんだろう、入る海ではなくて、眺める海なんだよねー。


モルディブでは海を見ると、その色や波の音を愛でるというよりは
すぐに3点セットを持ってスノーケルしたくなっちゃうけど、
ここの海はじっと眺めて心が洗われる海です。


昔、なにかの映画で観たんだけど、
ニューヨークの郊外にニューハンプシャー州ハンプトンという高級別荘地があって
プールのついている大邸宅がずらりと並んでいるのですが、
そこの海が大西洋を見晴るかす広大な海なのね。
でも水は冷たそうだし、泳いでる人はいない。
ビーチでピクニックをしたり、海辺の別荘から眺める海なの。
日本人って海を見るとすぐ、入って泳ぎたくなっちゃうけど、
楽しみ方が違うんだなあと思った覚えあり。


ここの海も同じです。
見ているだけで楽しく癒やされる海でした。


海辺でぼーっとしたり、本を読んだりしたあと、プールに戻り、
はな子とまた少し泳いだりして、
夕方になったので、部屋に帰ることにしました。


すると、

c0147790_23323310.jpg

スタッフが総出で砂を掘っています。

c0147790_23323707.jpg

実はここ、舗装されたビーチ沿いの道なの。
朝、たくさんのカップルたちがタンクトップ姿でジョギングしている道路です。
先ほどから満潮で、波がざぶんざぶんとやってきて、
ビーチを乗り越えて道路の方まで砂がやってきたのね。
この日、ほぼ新月だったので、満潮の水位が高かったのでしょうか。
でもすぐにこうしてたくさんのスタッフがやってきて、補修にあたるところ、さすがです。
フアラライには一体どれだけのスタッフが働いているんだろうと思わされました。





by powderblueY | 2016-08-27 23:59 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -50 ジュエリーショップにて

ひとりでこっそりジュエリーショップへ出かけました。
ジュエリーショップはロビーの建物の1階にあります。

c0147790_13571744.jpg

先客がいて、白人のカップルでした。40代くらいかな。
奥様の方はかなりふくよかな体型で、あ、ドア通れますか?って感じでしたが、
すでにいくつかのジュエリーをお買い求めで、
最後のひとつを迷っていらっしゃいました。

「どうしよーかなー、気に入ってるんだけどー、もうたくさん買っちゃったからー」

ご主人は「いいよいいよ、君の好きにすれば」  
ああ、こんなダンナさんがわたしもほしい。

いや、わたし、ジュエリー見ながら聞くともなしに(耳ダンボにして)聞いてたんですけどね。

「んー、もうちょっと考えて、また明日来るわー。多分買うと思うけどねー」
と去って行かれました。


「お待たせしました」とにこやかに店員さんが近づいてこられました。

c0147790_13572046.jpg

ジュエリー、どれもとっても素敵なんですが、
お値段もとっても素敵です。
あまりにゼロがいっぱいついているので、いち・じゅう・ひゃく・せん・・・と数えて、しかもドルだから・・・
30% offといっても、目が飛び出るわ。


石のついてない一番お手頃価格なものを出して見せてもらいました。
プルメリアのデザインで、かわいいです。


フアラライに来た記念に買おうと決めていたので、
「じゃあこれをいただきます」と言ったら、
お部屋付けにはできず、ここにクレジットカードを持ってこなきゃいけないんだって。


で、いったん部屋に帰って、カードを取ってきました。


そしたら店員さんが
「こんなのもありますよ」
と同じようなデザインのを出して見せてくれたの。
確かにわたしが選んだプルメリアとほぼ同じデザインなんですが、
表面に無数のダイヤが埋め込まれていて、お値段10倍です。
きらきらしてすっごく素敵なんですけど、丁重にお断りしました。
今度来た時の課題にしておきます。
(今度の課題、多すぎ!)


さて、戦利品とクレジットカードを部屋に置きに帰りました。
お掃除もきれいにされていて、誰もいなくて撮りやすかったので、
もう一度、部屋の写真を撮りました。

c0147790_23271497.jpg

c0147790_23271732.jpg

ちょっと高さがあるのですが、とても寝心地のよいベッドでした。

c0147790_23272004.jpg

c0147790_23285464.jpg

寝室からバスルームを望んで。
そしてこの廊下の右側には、

c0147790_23284042.jpg

c0147790_23283710.jpg

ウォークインクローゼットです。私物満載でごめんなさい。
広くて、ハンガーもたくさんあって、便利でした。

c0147790_23284366.jpg

ここに置いてあったのが、昨夜靴を磨いてもらったサービスの案内。
気がきいてますよね。


そしてバスルームに向かう廊下の左側には、

c0147790_23284605.jpg

これ、スーツケースを広げる時にも便利でしたが、普段ちょっと荷物を置いたりするのにとっても便利。
しかも下の段は引き出しになっていて、収納力抜群です。

c0147790_23280904.jpg

c0147790_23283473.jpg

洗面台は、下にものを入れられるようになってます。
洗面台の上が散らからないので、このタイプ大好き。

c0147790_23281300.jpg

シャワールームがあり、

c0147790_23283127.jpg

お風呂です。

c0147790_23282369.jpg

そばにはキャンドルと、

c0147790_23282658.jpg

バスソルトが置いてあります。
さりげなく貝殻がいれてあるの、おしゃれですね。

c0147790_23281916.jpg

シャワールームの隣に、トイレがあります。
ウォシュレットがないのは残念!


では次にリビングへ。

 
c0147790_23274153.jpg

このリビングルームはとても明るくていい感じです。
窓際にはな子のベッドが置いてあります。

c0147790_23275848.jpg

c0147790_23274945.jpg

c0147790_23275493.jpg



c0147790_23280264.jpg


そしてラナイへ。

c0147790_23284906.jpg

c0147790_23290878.jpg

c0147790_23273378.jpg

この大きなソファ、とっても気持ちがいいの。
スプリンクラーが自動で作動して、地面が濡れています。

c0147790_23272950.jpg

遠くに海が見えます。


c0147790_23271497.jpg

本当に居心地のいいお部屋で、ずーっとここにいてもいいと思うくらい。
でも主人とはな子がプールサイドにいるので、
一休みしたら出かけました。





by powderblueY | 2016-08-26 23:48 | 2016 FS Hualalai | Comments(2)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -49 Beach Tree Poolにて

c0147790_18103458.jpg

はな子を連れて、Beach Tree Poolに移動しました。
お天気よく、芝生は青く、白いパラソルが美しいです。

c0147790_18103827.jpg

ほんとにこの芝生には感心します。
どれだけ手間ひまかけてお手入れしてあることか。
フアラライにはいったい何人の庭師さんがいるんでしょうね。

c0147790_18103028.jpg

プールボーイがすぐにやってきて、席を作ってくれました。

c0147790_18105019.jpg

c0147790_18105477.jpg


ごろごろして過ごす贅沢な時間。

c0147790_18110678.jpg

c0147790_18110920.jpg

この旅行では本をよく読みました。

c0147790_18120397.jpg

たまにはな子と泳いだり。

c0147790_18105888.jpg

冷えたパイナップルが配られたり。

c0147790_18110227.jpg

席にはこんなメニューも置いてあるの。
このプールサイドで受けられるスパのメニューです。
トロピカル・フット・スクラブ
フット・マッサージ
頭と首と肩のマッサージ(”天国への道”なんて名前がついてます)
ククイココナッツオイルで頭皮のマッサージ
どれも30分で115ドルです。
すごーく興味があったけど、次回の課題としました。


お昼になって、プールサイドでオーダーしました。
なにか頼みたそうな素振りを見せると、すぐにプールボーイが来てくれます。

c0147790_18111627.jpg

何はなくとも、まずはビールでしょ。

c0147790_18111327.jpg

そしてこのデリバリー用の容れ物がかわいいピザ・マルゲリータ。


本を読む→ちょっと眠くなる→泳ぐ→本を読む・・・を延々と繰り返していたのですが、
ふと、脳裏にひらめいたことが。


それは今朝、お部屋に届けられていた1枚のカードでした。
フアラライの中にあるジュエリーショップ Hildgund からのお誘いで
「母の日に! 店内すべて30% off」
というカードでした。
そういえばちょうどこの週末は母の日だわねえ。
普段、家事に仕事にと忙しい毎日を送っているわたしに、なにかプレゼントをしたいと
主人も子供たちもきっときっと思っていることでしょう。
そんな、気持ちだけでいいのよ〜なんてことは、わたしは絶対言いません。
気持ちは、言葉や形にしないと伝わらないのよ。


というわけで、ひとりでジュエリーショップに出かけてみることにしました。ははは。




by powderblueY | 2016-08-25 20:40 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -48 Web Check-inをお願いする

大人プールでの優雅な時間は続き、
今度はチェアでのんびり本を読みました。


12時少し前だったでしょうか。
スタッフがやってきて
「◯◯◯さまでいらっしゃいますか?」
と言うのよ(英語で)。
「はい」と言ったら
「Kid's Clubから連絡がありまして、
 お子様たちがActivityを終えて、帰りたいと言っているそうですが、
 pick upしにいかれますか? それとも子供達だけで帰らせてもよろしいですか?」
と言うのよ。


うわっ、わたしたちがここにいること、どうしてわかったんだろう!?
あちこち探し回ってくれたのかな? 
それとも、子供を預けて行くところといえば、大人プールしかないっしょ、って感じ?
しかも顔まで知られていたとは!
ちょっとアマンちっく。
いや、それはおいといて、わたしが迎えに行くことにしました。


しかしこんな連絡をくれるなんて、セキュリティ面でも安心ですね。
のんびりしてるところだとはいえ、アメリカだから、
子供たちだけで歩いていて、誘拐されたり銃撃されたりするといけないからね。


Kid's Clubに行ってみると、はな子とリョウくんが待っていました。
二人とも絵の具でマンタやカメの絵を描き、
あと、ペン立てみたいなのを作っていました。
はな子はこういう図画工作系が大好きなので、Kid's Club大好きです。


ちなみにその前日にKid's Clubで3人でPhoto Frameを作った時の写真。

c0147790_11195510.jpg

c0147790_11195022.jpg

貝殻を使って、とても素敵なPhoto Frameを作っていました。


ところでこの日は遊べる最終日。
明日の朝の飛行機で帰ります。
ハワイアン航空のコナ〜ホノルル便のWeb Check-inをしようと思うんだけど、
わたしのiPadが調子が悪かったので、フロントでお願いすることにしました。

c0147790_11200242.jpg

さわやかな風が吹きわたるロビーには、こんなシックなインテリアが。


フロントに行くと、日本人GROのカナさんは他のゲストを応対中でしたが、
ほかにも日本語の話せる現地のスタッフがたくさんいらっしゃいます。
日系人なのかな。流暢な日本語で安心できます。

「明日のハワイアン航空のフライトのWeb Check inをお願いしたいんですが」
と言うと、手際よくやってくださいました。
E-ticketと、パスポートナンバー、あればマイレージカードが必要だったと思います。
「荷物はいくつお預けになりますか?」
と聞かれ、「3つの予定です」と言ったら、
「荷物をお預けになるのは有料でして、マイレージメンバーの方は3つで$45になります。
 この場でクレジットカードでお支払いになれますが、どうされますか?」
と言うので、onlineで支払いの手続きをしてもらいました。


そう、この荷物預かりの料金が割引になるから、わざわざ直前にマイレージクラブに入会したんだった。
でも不思議なことに、行きの便では料金がかからなかったのよね。
ホノルル空港のあのカオスの中では、ひとりひとりから料金を取ることが不可能なんだろうなあ。
というわけで、行きは取られなくても、帰りはしっかり料金を取られる可能性が高いです。
ちなみに翌日、コナ空港のカウンターでも「荷物を預けるには料金がかかりますが、onlineでお支払いになりましたね」と確認がありました。


さて、はな子を連れてきたので、もう大人プールは無理なので、
Beach Tree Poolに行きましょうか。




by powderblueY | 2016-08-24 12:55 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)