カテゴリ:国内旅行( 573 )

上高地 2017-3

翌朝。
目覚めてベランダに出てみると、予報通りの雨です。
仕方ないね。台風が来てるんだものね。

c0147790_23001556.jpg
いつもならこの時間すでに人でごった返す河童橋も、
雨なのでさすがに閑散としています。
c0147790_14391821.jpg

主人はまだ寝てるので、ひとりでコーヒーを淹れて、
部屋のお菓子をいただきます。

c0147790_14391345.jpg

この抹茶フィナンシェ、絶品!! 到着時、どの部屋にも置いてあります。
隣のおみやげやさんで買えます。
ボンボンショコラはこのスイートのお部屋限定のようなのですが、
すごくおいしいです。
主人の分も、全部わたしのお腹に・・・。


c0147790_14391717.jpg

豆から挽くコーヒーメーカーが用意されてます。

c0147790_14390725.jpg

さてさて、朝食前にお風呂に行かなくっちゃ。
五千尺ホテルには大浴場があるのです。

c0147790_14390786.jpg

c0147790_14390815.jpg

たまたま誰もいなかったので、写真を撮らせていただきました。
とても清潔な脱衣室。

c0147790_14390819.jpg

中はこのように洗い場が並び、

c0147790_14391354.jpg

非温泉ですが、大きなお風呂はありがたいです。
歩いた疲れがとれますよね。


c0147790_14391351.jpg

お風呂から上がってのんびりしてると、妹が入りに来ました。
朝食前のお風呂、旅の基本よね。

c0147790_14391805.jpg

今日は歩くあてもないから、ゆっくりと朝ごはんへ。
ここの朝ごはんbuffetは、「飲む酢」があります。
これを1杯きゅっといただくと、食欲が出るのよ。
りんご酢とぶどう酢があります。
ジュースも信州らしく、りんご、もも、ぶどうなど揃っているので、
ついつい全種類とってきてしまって、お腹がたぷたぷになります(笑)

c0147790_14392247.jpg

それと、名物 豚汁があるのが特徴なの。
あたたかくて具だくさんの豚汁です。

c0147790_14392217.jpg

卵料理はお好きなものを。


主食は、パン、ごはん、おかゆ、おにぎりから選べます。
今回は、

c0147790_14391865.jpg

おにぎりでお願いしました。
出てきた瞬間「ちっちゃっ」って言ってしまったくらい小さいのですが、
おかわり可能です。


c0147790_14392380.jpg

チェックアウトは12時なので、その前にビジターセンターへ行きました。
ホテルから歩いてすぐです。
ビジターセンターには、上高地に関するいろんな展示があったり、ビデオを見れたり、写真が飾ってあったりするのですが、
初めて行った時よりも、何度も通っているうちに、
本当に貴重な資料ばかりだということが、だんだんわかってきます。


ホテルに戻って、来年の予約を入れ(来年は新緑の季節に行きます!)
みなさんにお礼を言って、ホテルの喫茶室5 HORNでケーキをいただきます。
(さっき朝食を食べたところなので、お腹いっぱいなんだけど)

c0147790_14392767.jpg

ここのケーキは大きくておいしいので。


その後は、雨の中、上高地を下山し、沢渡で車に乗って、
白骨温泉に向かいました。


男女混浴の大露天風呂を楽しめる泡の湯へ。


白骨温泉のお湯は白濁しているので、
男女混浴でも、お湯に浸かっているぶんには全然見えません。
だけど露天風呂に入る時にはさすがに見えちゃう、それが恥ずかしいと思うでしょ。


ここの露天風呂は、違うのよー。


女子の更衣室内に、露天風呂の入り口があるのです。

c0147790_14392353.jpg

服を脱いだら、ここから入っていくの。
お湯は白濁しているので、階段も見えません。
だから「6段あります」って書いてあります。
で、ここで湯に浸かって、そのままそろそろと歩いて外の露天風呂に出て行くというわけ。


だからそばに男性がいても、全然見えません。

c0147790_15131153.jpg

露天風呂内にカメラは持ち込めないので、
上の写真は雪の季節のものをHPからお借りしました。
広い広い露天風呂です。


しょぼしょぼと雨に濡れながらでしたが、
妹と
「これはいい工夫だねー」
「いやいや、もうおばちゃんなんだから、たとえ見えても怖いもんなしでしょ」
と言いながら、のんびりと湯に浸かりました。
お湯はちょっとぬるめです。


あとは一路、名古屋に帰りました。


うちの父母は、山に登る人たちだったので、上高地は穂高連峰に登るための通過地点としか思っていなかったようですが、
「こんないいホテルがあるんだねー」「山の中でこんな美味しいものが食べれるんだねー」
と喜んでました。


以上、上高地旅行記でした。



by powderblueY | 2017-11-18 23:59 | 国内旅行 | Comments(3)

上高地 2017-2

五千尺ホテルは「上高地スイート」というお部屋と、普通のツインのお部屋を予約してありました。
ツインのお部屋はエキストラベッドを入れて3名まで泊まれます。

c0147790_22592704.jpg

上高地スイートは4階の一番奥。
普通のお部屋の2倍の広さがあります。
玄関。登山靴をはくのに、この腰掛けが便利。

c0147790_22593175.jpg

館内用サンダル。隣のお土産物屋くらいまではこれで行けます。

c0147790_22592773.jpg

広い広いウォークインクローゼット。
どんだけ服持ってきても平気よ。

c0147790_22592640.jpg

快適なベッドルームと、

c0147790_22592639.jpg

リビング。

c0147790_23001560.jpg

小さなシンクがついていて、
おいしいコーヒーを淹れることができます。

c0147790_22593245.jpg

そして広い洗面室。

c0147790_22593682.jpg

アメニティの数々。

c0147790_22593644.jpg

素敵なお風呂がついているのですが、
実は五千尺ホテルには大浴場(非温泉)があるので、
部屋のバスは利用したことがありません。

c0147790_22593612.jpg

c0147790_22593129.jpg

お部屋のバルコニーから河童橋を望んで。

c0147790_22593180.jpg

穂高連峰を望んで。っていうか見えないけど。


お風呂に入ったり、部屋でビールを飲んだりしているうちに、

c0147790_22593758.jpg

河童橋の対岸には灯がともり、夕暮れてきました。
日帰りのお客さんたちはさーーっといなくなり、
上高地に静けさが訪れます。

c0147790_22594126.jpg

夕暮れの一瞬、ガスが晴れて、穂高連峰がきれいに見えました。


そしてディナーが始まります。

c0147790_22594195.jpg
アミューズ

c0147790_22594236.jpg

おいしいパン


c0147790_22594287.jpg

フォアグラのテリーヌ ガトー仕立て
アンズとりんごと無花果


c0147790_22594751.jpg

五郎島金時と牛蒡のスープ


c0147790_22594711.jpg

白馬村産信州サーモンのポワレ
みかんソース


c0147790_22594719.jpg

長野県産牛フィレのグリエ
世界三大ハムのソース


c0147790_22594841.jpg

洋梨のコンポート
キャラメルアイス、バナナのムース

c0147790_22595222.jpg

小菓子


2時間以上かけてゆっくりといただくディナー。
とってもおいしかったです。
こんな山奥でこんなディナーがいただけるなんて、といつも感動します。
ワインもおいしいのよん。


朝が早かったので、ディナーが終わると瞬時に寝てしまいました。




by powderblueY | 2017-11-17 23:15 | 国内旅行 | Comments(0)

上高地 2017-1

10月21日から1泊で行った上高地の様子を駆け足でご紹介します。
今回は、五千尺ホテルを2部屋予約してありましたが、
子供たちはバスケの新人戦がたけなわで、ついてこないので、
松山からわたしの両親を呼び、東京から妹を呼び、5人での出発となりました。


朝は3時起き、4時名古屋出発といういつもの行程ですが、
いつもと違うのは台風21号が来ていたことよん。
雨に降られて上高地の美しい景色は望めないかも、
でも雰囲気だけでも、と予定通り出発しました。


7時に沢渡駐車場着。
タクシーで上高地へ入っていきます。
タクシーは5人乗車できました。ラッキーでした。

c0147790_21590532.jpg

バスターミナルでタクシーを降りて、河童橋へ。
雨は降っていませんが、空は白く曇り、ガスがかかっています。

c0147790_21581549.jpg

それでも上高地が初めての妹は感動したと言ってました。

c0147790_21581576.jpg

まずは五千尺ホテルに大きな荷物を預かっていただいて。
支配人さんが「今日1日は、なんとか降らずにすみそうですよ」とおっしゃり、
実際そのとおりだったのでした。
気温は9℃でした。

c0147790_21581599.jpg

河童橋からの穂高連峰。

c0147790_21581636.jpg

岳沢湿原。

c0147790_21590695.jpg

高低差はほぼなく、楽に歩けます。


c0147790_21582066.jpg

約1時間歩いて、明神に着きました。
拝観料を払って、明神池に入ります。

c0147790_21590652.jpg

これは、10月8日の穂高神社の御船神事に使われる船。

c0147790_21582033.jpg

静かな一之池と、

c0147790_21582000.jpg

箱庭的な魅力のある二之池。

c0147790_21582594.jpg

明神でのお楽しみは、嘉門次小屋でいただくイワナの塩焼き。

c0147790_21582511.jpg

奥の囲炉裏で焼いているのです。

c0147790_21582111.jpg

今年はイワナの骨酒もいただきました。
酔っ払うわ。

c0147790_21582683.jpg

ここまで梓川右岸を歩いてきましたが、
明神橋を渡り、今度は左岸へ。


いつもならここからさらに奥に入り、徳沢まで行くのですが、
お天気の関係で、今日はこのまま河童橋へ戻り、さらに大正池まで行くつもり。
明日はどうやら雨なので、歩けなさそうなので。

c0147790_21582665.jpg

1時間ほどで河童橋に戻ってきました。
さらに歩いて、

c0147790_21583120.jpg

c0147790_21583240.jpg

お昼ご飯を食べに帝国ホテルへ。


お昼時の帝国ホテルはとっても混んでいます。
ランチのレストランは、洋食のアルペンローゼと、和食のあずさ庵があって、
和食のほうが比較的空いていますが、それでも30分くらい待ちました。

c0147790_21590736.jpg

待ってる間に館内を見学。
お土産物屋さんも素敵。

c0147790_21583335.jpg

この天ざるは2700円でございますわよ。びっくり。

c0147790_21583218.jpg

で、この地ビールは1本1400円でございます。
おそるべし上高地価格。
おいしかったけどね。

c0147790_21591001.jpg

お蕎麦食べて、呑んだくれて、もうホテルに引き返してもいいや、と思いましたが、
せっかくなので、

c0147790_21583831.jpg

田代湿原を経て、

c0147790_21583887.jpg

大正池まで歩きました。
いつもならこの向こうに焼岳が見えて、噴煙が上がっていたりするのですが、
真っ白でなにも見えません。

c0147790_21583822.jpg

そして五千尺ホテルまで帰りました。


やっぱりお天気がよいときとは違って、
遠くに穂高連峰が見えないと気分も盛り上がりませんが、
台風のさなか、この1日歩けただけでも、本当にラッキーでした。
撮った写真は、いつもの10分の1くらいだったけど。



by powderblueY | 2017-11-16 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

上高地2

c0147790_13582293.jpg

夜はいつもの五千尺ホテルに泊まり、
お部屋からながめた早朝の河童橋です。
雨が降っていて、人影もまばら。
いつもなら、橋が落ちるんじゃないかってくらい大勢の人でごった返し
写真を撮るのもままならないくらいなんだけどね。
下山して、白骨温泉に入って帰りました。
白骨温泉では、男女混浴の露天風呂に入りましたわよん。



by powderblueY | 2017-10-22 23:59 | 国内旅行 | Comments(2)

上高地1

c0147790_13583305.jpg

突然なんですけど、
週末は上高地へ行ってきました。
台風のやってくる直前の上高地は、
青空は見えず、白い雲に覆われ、ときどきガスが出て穂高連峰も真っ白になりましたが、
でも雨には降られず、明神から大正池まで歩いてきました。




by powderblueY | 2017-10-21 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

くまもん

c0147790_13115906.jpg

くまもんが来た!

c0147790_13124295.jpg

熊本県は、県を挙げてくまもん推しなのが素晴らしいわ。

by powderblueY | 2017-09-23 13:11 | 国内旅行 | Comments(0)

熊本へ

またまた突然ですが、今、博多から熊本へ向かっています。
仕事の関係で1泊だけです。

c0147790_17341022.jpg

九州新幹線さくら。
博多駅から熊本までたったの38分なんだって。


今回、名古屋から熊本への飛行機がいい時間がなかったので、
飛行機で福岡まで、あとは九州新幹線という経路をとったのですが
驚いたのは、福岡空港から博多駅まで地下鉄で5分なのよ!
名古屋でいえば、栄に滑走路があって名駅まで5分って感じよ。
あら、余計わかりづらい例えだったかしら?


とにかく乗り換えは超便利です。


by powderblueY | 2017-09-22 17:32 | 国内旅行 | Comments(2)

松山にて

松山滞在22時間ほどでしたが、
帰ってまいりました。


高校の同級生で、東京芸大を出てオペラ歌手になった人がいて、
スペインで活躍中なのですが、
彼女が帰国して松山でリサイタルを開くので、
それを聴いて、そして夜は同窓会、という楽しい企画でした。
幹事のみなさん、ありがとう。


実は明日からジロが定期試験なので、
そんな直前に家をあける気になれなくて、行かないつもりだったのですが、
ジロはこの夏休み中に某大学のオープンキャンパスに参加し、思うところがあったらしく、
ちょっと真面目に勉強するようになってきたので、
母親なんていなくてもいいか、と思い、行ってきました。


オペラ歌手になった彼女とは、高校時代同じクラスになったことはなく、
ただ陸上部の背の高い女の子だよね、くらいの認識だったのですが、
高校入学当初から、その美しい声と圧倒的な声量は群を抜いていたらしく、
音楽の授業は独壇場だったそうです。
週末には飛行機や新幹線を使って東京に通い、芸大の先生のご指導を受けていたとか。
神様からすばらしい声を与えられた彼女、
いつ自分の才能に気づき、いつ音楽の道を志したのか、
親御さんも、この子が好きな道に進めるようできるだけの協力をしてやろうと、いつ決心したのか、
聞いてみたいことはいっぱいでしたが、
リサイタルは本当に感動しました。
ステージ映えする立ち姿も、声も、ユーモアを交えた曲の解説も、
本当に、プロ!って感じで。
ああ、すばらしい。


同級生がこんなに活躍してるんだって思うと、
わたしも社会の片隅でささやかにがんばらなくちゃ、って思うわ。
みんな、ありがとう。


明日からアマンワナ旅行記に戻ります。



by powderblueY | 2017-09-03 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

突然ですが

松山に帰ってきました。

c0147790_14101302.jpg

瀬戸内海のたくさんの島影。
お天気がよく、幸せな気分。

by powderblueY | 2017-09-02 14:09 | 国内旅行 | Comments(10)

奥志賀から帰りました

今日はとっても天気がよかったので、
グランフェニックスの奥の白樺苑地を散策しました。
往復で1時間20分ほどのコースです。

c0147790_22430758.jpg

新緑がとても美しく、

c0147790_22430806.jpg

その新緑を通して光が射してくる様子はとってもきれい!


c0147790_22430894.jpg

冬の間、氷点下の風雪に耐え、厳しい奥志賀の自然を生き抜いてきた植物たちは
今、太陽の光を存分に浴びてます。

c0147790_22430704.jpg

昨日の雨で増水したのか、水音も高く川が流れ、
最後に、白樺池に到着しました。


c0147790_22420135.jpg

池をのぞきこむと、
なんかいるよね。


拡大すると

c0147790_22521331.jpg

無数のおたまじゃくし!
見渡す限り、孵化したばかりのおたまじゃくしでした。
1万匹くらいいたかも。


みんな元気で大きくなれよ〜。
あっ、でもそうするとこの池がカエルでぎゅうぎゅうになっちゃうね。


朝の奥志賀の気温は3℃でしたが、昼間は20℃を超え、
歩いていると汗ばむほど。
自然に触れた2日間でした。


by powderblueY | 2017-06-11 22:54 | 国内旅行 | Comments(0)