<   2016年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ネット通販

c0147790_11032005.png

アマゾンや楽天をはじめとするネット通販、便利ですよね。


初めて利用したのはいつだったか忘れたけど、
そのころは、実物を見ないで注文してホントに大丈夫なんだろうか? って心配しながら注文してた。


でも今では、食品、家電、洋服、靴、本、雑貨、アルコール飲料・・・
ありとあらゆるものをネット通販で買ってます。
うちに配達が来ない日は、ほとんどないと思う。


お米やワインやシャンパン、それにガーデニング用の園芸土など
重たいものがクリックひとつで玄関までやってくるのは、本当に便利。


洋服なんかも、実店舗に行っている暇がないので、
夜中にネットでカタログを見ながらぽちっとするのは、本当に便利。
イメージと違うものがくることもときどきあるけど、
ま、いいか、と妥協することも多い。
気軽に返品する人もいらっしゃるようですが、わたしはそれもめんどくさいので。


夜中に本を買いたくなった時、
翌日、仕事が終わってから本屋に行くよりも、
夜中にぽちっとした方が早いことがある。
翌日の夕方には届いている。
だから本屋にもほとんど行かなくなってしまった。
町の小さな本屋さんなんかは、大変だろうなあと思う。


これだけネット通販がはやってるんだから、
運送業界はさぞ儲かってるんだろうと思っていたけど、
そうでもないんだってね。
低コストで高速に運ばなきゃいけない、留守の時には何度も訪問しなきゃいけない、など
現場で働く人たちにはブラックな職場らしいですわ。


確かに、夜中に注文して翌日の夕方には届くなんてことを
当たり前と思っちゃいけない。
別に3日4日かかっても、誰も困りゃしない。
急ぐのなら実店舗に行きましょう、って風潮になればいい。


特にこのFestive Season、
自分や誰かへのプレゼントを選ぶのは、
ネットでぽちっとするよりも、
やっぱり、実物を見て触れて、じっくり悩んで選んだ方が、価値がある気がしちゃうよね。



by powderblueY | 2016-11-30 11:26 | 日常 | Comments(0)

子どもの勉強につきあう

このところ、あまり記事が書けてなくてごめんなさい。


今、ジロとはな子の試験期間中。
自分から進んで勉強するような子たちではないし、
親がいくら「勉強しなさい!」と言ったって、するわけがない。
どこの子供も同じだとは思うけどね。


じゃあどうするか。
親も一緒に勉強してやるのです。


最近の中学は、教科書の他にワーク(問題集)を買わされるので、
まずはそれをやらせてみて、
できないところはコピーをして、時間をおいて同じ問題を解かせる。
あるいは別の問題集で、似たような問題を探してきて解かせる。


暗記科目(社会とか)は、そばについて、一緒に教科書やプリントを読み、
一緒に覚える。


塾からは大量の問題集やプリントをもらってくるので、
いるものといらないものを仕分けして、解かせる。


言ってみれば、子供の家庭教師になってやるわけ。
いや、家庭教師でもここまで熱心にやってくれる人はいないと思うなー。
なので、試験期間に入ると、映画も見ず、ジムも行かず、仕事が終わったらすぐに帰ってきて、
子供たちの勉強につきあってます。
だからPCに向かってブログを書く余裕もないの。


親がそんなことしなくても、自主的にきちんと勉強をする子なら、それが一番いいと思うけど、
うちの子たちは残念ながらそういう子どもではないので、
できるところまでは勉強につきあってやろうと思っています。


そういえば、わたしも小学校低学年の頃は、母が勉強をみてくれたなあ。
漢字の書き取りとか、そばについて、書き順とか正してくれた。
高学年になると、「もうお母さんにはわからない」と言って、みてくれなくなったけど。


かく言うわたしも、中学の理科の滑車とか光の進み方とか、全然わかりません。


ところで、子どもたちの教科書を見ていると、
自分の習ったころと全然変わってない教科もあれば、全く別の学問かと思うほど変わってしまった教科もあります。


変わらないのは、国語。
小学校の国語の教科書なんて、当時と全然変わりません。
宮沢賢治の「やまなし」とか(今ひとつ、何がいいたいのかわからないお話だった)
タクシーの運転手の松井さんが出てくる、白い帽子の話とか、
「スーホの白い馬」とか、いまだに教科書に出ています。
中学だと、魯迅の「故郷」ですね。


変わったのは、生物。
ジロの高校の生物の教科書を見ると、ほんと、これが同じ教科か!?って思います。
わたしたちの頃は、ワトソン・クリックのDNAの二重らせん構造が最先端の話題で、
その美しい構造に心ときめいたわ。
あとは、プラナリアのどこを切ったら、死んじゃうとか頭が二つのプラナリアになるとか。
単純な世界でした。


今は「ショウジョウバエの遺伝子をいじったら、足が10本あるショウジョウバエができた」とかですよっ。
ひ〜〜〜、気持ちわるっ。


子供のいるみなさん、たまには子供の教科書を見てみてね。
新しい発見と、新鮮な驚きがありますよっ。




by powderblueY | 2016-11-29 18:37 | 日常 | Comments(6)

昔の同僚とパーティー 2

今回のパーティーを開くきっかけとなったのは、
実は、当時一緒に働いていた男性スタッフのKさんが広告代理店を早期退職して、
去年から、愛知県瀬戸市の瀬戸窯業高校に社会人入学して、陶芸の腕をみがいているとのこと。
その作品が某賞を受賞したとのことで、お祝いの会だったのです。


c0147790_14122432.jpg

デザートは、お祝いのケーキ。


瀬戸窯業高校は愛知県立の高校。
若い子で陶芸の道を目指そうという子は少ないらしく、定員割れしているそうですが、
定年退職後に陶芸を習って、カルチャーセンターの講師を目指したりする人はけっこう多いみたいで、
社会人コースは人気だそうです。


そしてKさんからみんなへお礼として、
ご自分が焼いたぐい呑を持ってきてくださいました。

c0147790_14122286.jpg

ろくろで作るんだって。
釉薬も自分で調合するんだって。
どれも少しずつ趣が違います。


みんなでじゃんけんして、好きなのをいただきました。

c0147790_14122386.jpg

わたしのはこれ。


以前、多治見の窯元で、手びねりでおちょこを作ったことあるけど、
やっぱり、ろくろは違うわね。
形もよく、素敵だわ。
っていうかKさんが上手なのか。


この日いただいたぐい呑が、将来価値が出ますように(笑)


みんな同年代なのですが、
子供が成人して、ご主人と二人で気楽な生活を送ってる人もいれば、
手に職をつけようと、鍼灸の学校に通ってるという人も。
働き続けてる人もあれば、親の介護に追われている人も。


でもみんな変わらず、明るくよくしゃべり、よく飲み、とっても楽しい会でした。




by powderblueY | 2016-11-21 23:59 | 日常 | Comments(0)

昔の同僚とパーティー

このところ、公私ともにめっちゃ忙しくて、ゆっくり文章を書いている暇もないのですが、
先日、楽しい会があったので、ご報告します。


今からウン十年前、わたしが働き始めたときの同僚とのつながりです。


女子が60人もいた職場で、みんな若く美しく、やる気に満ちていて、
しかも仕事も毎日刺激的でおもしろく、
夢のような半年間でした。


みんなが生き生きと自分のやりたいことを追い求めている姿に感銘を受けて、
わたしも自分にできることを何か探そうと思い、
それがきっかけで今の職業に就いています。


たった半年しか一緒に働いていないのに、
その同僚たちとは今も連絡をとりあっているの。


で、名古屋で一度集まりましょう、ということになり、
名駅の「ラフエンテ」というスペイン料理のお店を
ランチタイムに貸切にさせていただきました。


東京や京都や神戸から、計12人が集まりました。
名駅の待ち合わせの名所、金の時計前に集まると、
「◯◯ちゃーん!!」「きゃあ、◯◯ちゃん!」
と黄色い声で呼び合いますが、本当はもう「ちゃん」づけで呼ぶような年齢でもありません。


ラフエンテに移動して、まずは記念写真。

c0147790_14122348.jpg

カメラを忘れて行って、以下、わたしのガラケーで撮ったので、あまりきれいではありません。

c0147790_14121194.jpg

お口取り。オンゴ茸のポタージュ、イベリコ豚の生ハム。

c0147790_14121131.jpg

北海道産ブリのサラダ、トマトソースとアホ・ブランコ。
ブリは臭みもなく、ソースがさわやかでした。


c0147790_14121102.jpg

パンはこのオリーブオイルでいただきます。

c0147790_14121243.jpg

北海道産タラのヴィスカヤ風。

c0147790_14121232.jpg

魚介のパエリヤ。文句なしにおいしかったです。レモンをキュッと絞って。

c0147790_14121229.jpg

ガリシア栗豚のロースト、トランペット茸のクリームソース。
これがまた、目を見はるおいしさ!


そしてデザートですが、続く。




by powderblueY | 2016-11-20 23:59 | 日常 | Comments(0)

クリスマス

c0147790_21435005.jpg

早々とクリスマスツリーを出しました。


とはいっても、全然早くはなくて、
ハロウィーンの翌日には、スーパーはクリスマス仕様になってましたので、
むしろ遅いくらいです。


c0147790_21435154.jpg


これから心うきうき、そわそわする季節ですね。



by powderblueY | 2016-11-19 23:59 | 日常 | Comments(0)

「ミュージアム」

c0147790_07152696.jpg

「意外とおもしろいよ」っていう感想を聞いたので、観に行ったけど、
グロくて、正直、早く終わってほしいと思った。


なんでこれがR指定じゃないの?
ハンバーガー食べられなくなっちゃったよ。



by powderblueY | 2016-11-18 23:59 | 映画 | Comments(0)

円安!?

アメリカ大統領選以降、なんだかじりじりと円安になってない!?

旅行を控えたこの時期、困るんですけど!!

(控えたっつったって、まだまだ数ヶ月先ですが)



by powderblueY | 2016-11-17 23:59 | 日常 | Comments(2)

化粧品の「クッション」ってご存知ですか

わたし、おしゃれとか美容とかには全然うといんですが、
最近、テレビのCMでファンデーション代わりの「クッション」というのを宣伝しています。


実はわたしも使っているんですが、なかなかいいので、ちょっとご紹介しますね。


3月にモルディブに行くときに、乗り換えのチャンギ空港の免税店で勧められたものです。

c0147790_11470820.jpg

勧めてくる販売員さんは早口の英語でしゃべるので、
わかったようなわからないような、なんですが、

1、基礎化粧品を塗ったあとに塗る
2、塗り広げるのではなく、ぽんぽんと置くように塗る
3、つやが出て、キメが整うので、そのままでも外出できる
4、しっかりメイクを、と思う日は、この上からファンデを重ねる

とのことでした。


使ってみると、ほとんど色味はないような感じで、カバー力はないので、
わたしにはこのまま外出なんて、とうてい無理です。
なにしろわたしは自慢じゃないけど、「シミ」「しわ」「毛穴」の三重苦で、
コンシーラーがないと生きていけません。


でもこれを塗ると確かに、つやがでて、トーンが明るくなる気がします。
それでこの上からコンシーラーを使うのですが、
コンシーラーの使用量が少なくてすみます。
さらにその上からファンデを塗りますが、
コンシーラーの上にファンデを塗ったときのあの「厚塗り感」が減って
つやっぽく仕上がります。
(いや、もちろん若い子みたいなつやつや感はいらないんですが)
そして化粧崩れしにくいです。


と、最近新しく試してみたものの中ではわりとヒット商品だったので、
ご紹介してみました。
あ、決して回し者じゃないです。

by powderblueY | 2016-11-16 12:00 | 日常 | Comments(6)

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」

c0147790_19243229.jpg

「アウトロー」の続編なんだって。
でも別に前作を観てなくても楽しめます。


c0147790_19243293.jpg

わたしはトム・クルーズ大好きなので、楽しく観れたけど、
アクションもちょっと地味だし、相手役の女優さんもちょっと地味だし、Hシーンないし、
代わりにトムの娘!?が登場して、それを守るというストーリー。


なんだか、ケイティ・ホームズと離婚して、最愛のスリちゃんと思うようには会えないであろうトム・クルーズの心中を察して
せつなくなっちゃったわ。
え? わたしに心中推し量られてもしょうがないって?


ハリウッド映画の
「最初どんなに最新鋭の武器で戦っていても、最後は素手で殴り合い」という王道を見事に踏襲した映画でした。


わたしが一番心に残ったのは、
最後、娘から携帯にメールが届いて、そのこまかい字を見るトムが、
一瞬、携帯を目から離してメールを読んだように見えたところ。
トムもわたしと同年代ですから、さすがに老眼入ってるのかなあ。
アクション映画もだんだんつらくなってくるお年頃だよねー、と思わずにはいられませんでした。
え? わたしに同情されてもしょうがないって?


by powderblueY | 2016-11-15 19:42 | 映画 | Comments(0)

上高地 2016-16

五千尺ホテルに戻りました。
ここの1階には 5 HORN という喫茶室があって、
各種ケーキが有名です。
昼間はものすごく並んでます。


ホテルのフロントスタッフさんがわたしたちを見つけて声をかけてくださったので、
「ケーキをいただきたいんですけど」
と言ったら、そばの宿泊者用の席に案内してくださいました。

c0147790_14380565.jpg

いろんなケーキがあって、どれもおいしいんですが、
今回は、

c0147790_14380419.jpg

栗のケーキ。うふ。たくさん歩いたご褒美。


さて、上高地に1泊で来るといつも思うのですが、
1日目は朝早くに上高地に入り、明神から徳澤まで歩くので、へとへとになるのですが、
2日目は大正池まで往復しても、まだ昼です。
このまま名古屋に帰るにはちょっと惜しい感じ。せっかくこんな遠くまで来たのに。
今回は、るるぶに解決策を求め、白骨温泉に行こうと思いました。


提案すると、お風呂嫌いな主人は渋りましたが、
「すっごくいいお湯らしいから」
「いや、いいお湯だろうが、悪いお湯だろうが、そういうの興味ないから」
「でもせっかくだから」
「別にどっちでもいい」
「なら行こう」
というわけで、行くことにしました(笑)。


c0147790_14375929.jpg

外に出ると、穂高連峰の稜線も雲に覆われています。
これから上高地はどんどん寒くなり、雪が降り、観光シーズンを終えます。
11月15日には閉山です。


また来年ね。


上高地バスターミナルからタクシーに乗って、沢渡駐車場まで帰りました。
駐車場のそばでお蕎麦を食べて(しゃれ?)、車で白骨温泉に向かいます。
細いくねくねした道で、かなり整備されていますが、対向車が来たらどうしよう、と思うようなところも。


沢渡から20分くらいで着きました。

c0147790_14381013.jpg

このあたりの紅葉も美しいです。


観光案内所で聞いたら、行こうと思っていた「白骨温泉 公共野天風呂」は工事中でお休みとのこと。
かわりに「煤香庵」というお食事処+日帰り入浴施設に行きました。

c0147790_14381179.jpg

c0147790_14381174.jpg

日帰り入浴料は700円。
脱衣場もお風呂もあまり広くないため、一度に入る人数は制限されているらしく、
女湯はすぐ入れましたが、男湯は少し待たされたようです。


写真は撮れなかったため、観光案内所の写真から。

c0147790_15020624.jpg

こんな感じの乳白色のお湯。
女湯はこの垣根がなくて、谷が見下ろせ、もっと眺望がよかったです。
白骨温泉には混浴もあるそうですが、お湯が白くて、入っちゃえば中が見えないから、
これなら混浴でもOKかも! と思いました。


ぽかぽかと温まったあと、車で帰りました。


毎年恒例になった上高地ですが、
景色もいいし、宿もいいし、また来年も行きます。



by powderblueY | 2016-11-14 15:06 | 国内旅行 | Comments(0)