<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今年も1年ありがとうございました

c0147790_17301569.jpg

今年もたくさんの応援やコメントをいただき、ありがとうございました。
来年も、旅の記録やささいな日常を綴っていければと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
みなさまもよいお年をお迎えくださいませ。




by powderblueY | 2016-12-31 17:32 | 日常 | Comments(2)

八方スキー 3

c0147790_15382106.jpg

今日も申し分のないお天気で、スキー日和。

夜はカウントダウンパーティーの予定。


c0147790_15384632.jpg




by powderblueY | 2016-12-31 15:41 | 国内旅行 | Comments(0)

八方スキー 2

c0147790_17250547.jpg

お天気もよく、スキー日和。
ただ、ゲレンデに雪がない(笑)。


あ、誤解のないように言っておきますが、
全然ないわけじゃないのよ。
滑れるんだけど、
ただ下の方のゲレンデは土が出ているところがあって閉鎖なので、
上部ゲレンデ限定です。
必然的にそこに人が集まり、すごい混雑です。
帰りも滑ってふもとまで降りることができないので、リフトの下りに乗車します。
ものすごい行列です。


by powderblueY | 2016-12-30 17:27 | 国内旅行 | Comments(0)

八方スキー

c0147790_17202642.jpg

仕事納めが終わってから、八方にやってきました。
ニセコスキーのお話は、またのちほど。


八方尾根スキー場は雪不足で、下部ゲレンデは滑れないみたい。
でもスキー以外のお楽しみもいろいろあるから、
楽しみです。


by powderblueY | 2016-12-29 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 2

飛行機が高度を下げていくとき、
ずっと真っ白の雲の中を飛んでいて、
いつまでもいつまでも白い雲の中だったのに、突然、
すぐそこに道路や川が見えてきてびっくりしました。
つまり、雲の中じゃなくて、雪の降りしきる中を飛んでいたから、
高度が下がっているのに、周りが全然見えなかったのね。


広い平原をうねうねと蛇行して流れる川。
本州のように護岸工事がされてなくて、自然のままといった風情の川。
北海道に来るたびに、ああ、ここは名古屋や東京とは全然違うところなんだ、と思います。


大雪の千歳空港の凍った滑走路に、無事着陸しました。

「すごいね、飛行機の車輪って、スタッドレスなのかしら?」
「なわけないだろう」

などと雪を知らない地方出身のわたしたちが
のんきな会話を交わしていると、
飛行機はゆるゆると進み、駐機場まで来ました。


そばの飛行機を見ると、

c0147790_13121227.jpg

これから出発する便なのでしょうか、
羽の上の雪を吹き飛ばしています。

c0147790_13120980.jpg

ボーディングブリッジに「ロイズ」のロゴだよ。
北海道はお土産には事欠かないからねー。


飛行機が止まったので、みんなシートベルトをはずして荷物をまとめ始めましたが、
いつまでたってもドアが開く気配がありません。

「お急ぎのところ申し訳ありません。
 この飛行機は、車輪と地面の間に雪がはさまり、動けない状態となっております。
 ボーディングブリッジを取り付けることができませんので、
 今しばらく着席してお待ちくださいませ」

とCAさんのアナウンス。


なんだか、いやーな予感がしてきました。


着席しておとなしく待っていると、
再びアナウンス。

「今、除雪車と飛行機を引っ張る車を手配しております。
 そのままお待ちください」


遠くから除雪車がやってきました。


飛行機を降りてからJRに乗り継ぐまで、
70分の余裕をみてあったのですが、
この分だとぎりぎりになるかもねー、なんて
このときはまだ、JRのダイヤも乱れまくっていることを知らないわたしたち。


40分ほど機内で待たされ、除雪が終わったようで、
やっと飛行機は、車に引っ張られてゆっくりと動き出し、
無事、ボーディングブリッジが取り付けられました。


降機して、ターンテーブルまで行ってみると、
ここも遅れる便やら何やらで大混雑していて、
わたしたちの前の便の荷物がまだ出てきていません。


北海道、一筋縄ではいかないわ。


やっと荷物を回収し、主人とJRの乗り場へ走ります。
わたしたちの目指す倶知安駅は、千歳空港からエアポート快速で小樽へ(75分)、
そこから各駅停車に乗り換えてさらに75分。
エアポート快速は便数が多いけど、
小樽から先は1時間半から2時間に1本しかないので、
できるだけ早くJRに乗りたかったのです。


駅に行ってみると(乗り換え口はわかりやすく、スムーズに乗り換えれます)
30分前に出発しているはずのエアポート快速が、まだホームに停まっています。

「この先の南千歳駅で、ポイントが凍りついて不具合が発生しており、
 復旧作業を行っています。
 今しばらくお待ちくださいませ」

席に座ってじっと待っていると、そこからさらに30分くらいたって、
ようやく動き出しました。


ところが、次の駅で停まると、再び
「ポイントが凍って不具合が発生しており、復旧作業を行っています」

10分くらいして動き出して、次の駅まで来ると、また
「ポイントが凍って不具合が・・・」


北広島駅まで来ると
「除雪作業をしております」
で30分くらい待ち、
「除雪作業は完了したのですが、1本電車を通過させたところ
 また雪が積もったため、再び除雪作業をしております」


もう笑うしかない。


最初は、倶知安までたどり着けるかドキドキしていたのですが、
もうこうなったら、札幌で泊まることになっても仕方ないかもしれない。
ここまでやって来られただけで、奇跡なんだ。
JR北海道、がんばれ〜!!

という気持ちになっていました。

c0147790_13122145.jpg



by powderblueY | 2016-12-28 14:49 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 1

出発は12月23日だったのですが、
その前日から北海道地方は低気圧が近づき、大荒れのお天気と報告されていました。


千歳空港は22日の午後、滑走路が閉鎖となり、全便欠航したとのこと。
そしてこの大荒れのお天気は24日まで続くとのことでした。


どうする!?


今回は、子供たちは塾の冬期講習やら部活やらでついてこず、
夫婦二人だけの旅の予定でした。
ジロに
「飛行機が欠航するかもしれないんだよ」
と言ったら、うるさい親がいない方がいいと思っているジロは、
「じゃあ北海道新幹線で行ったら?」
と言うのです。


北海道新幹線って札幌まで乗り入れてるんだっけ? 函館までだっけ?
そんなことも知らないの? と自分にツッコミを入れながら調べると、
開通してるのは函館までです。
名古屋から東海道新幹線で東京へ行き、東北新幹線で青森まで、
そして北海道新幹線で函館へ。
そこから先は特急に乗って長万部というところまで行き、
そこから各駅停車で倶知安へ。
飛行機が欠航になったとしても、なんとかニセコまでは到着できそうですが、
ものすごく時間がかかります。


じゃあ青森まで飛行機で行けばいいじゃん。
名古屋はセントレアではなく小牧空港からフジドリームエアラインが青森便を飛ばしており、
早朝のいい便があります。
もしそれに乗って、あとは青森から函館まで新幹線、さらに特急+各駅停車、と進んでいくと、
夕方までにはニセコに到着できそうでした。


主人は
「まあ明日になれば、千歳まで飛行機飛ぶんじゃないの?」
なんて楽観的とも投げやりともとれる発言をして、さっさと寝てしまいました。


23日、出発の朝、4時に目覚めてPCに向かうと、
札幌地方はやはり大雪のようです。
全日空からメールが来ていて、
「飛行機が飛ぶかどうかの最終判断を7時20分に行います」
とのこと。
わたしたちの札幌行きの便は8時10分発。
いずれにしても、空港まで行かなきゃいけません。


予定通り、準備をして、主人と二人でセントレアへ行きました。
三連休の初日で、空港は朝早くからにぎわってました。

c0147790_14523300.jpg
名古屋地方のお天気は穏やかで、
北海道で大雪なんて、想像もできないわ。

c0147790_14524002.jpg
札幌便は、飛ぶには飛ぶようですが、
「天候により、函館空港に着陸、または名古屋へ引き返すこともありえます」
という条件付きの出発となるようでした。

c0147790_14525449.jpg

函館はいいけど、名古屋はやめてよね〜、と思いながら、
搭乗口で、コンビニおにぎりを食べ、

c0147790_14524689.jpg
定刻に搭乗、無事に飛び立ちました。

c0147790_14530096.jpg

途中、機長からの機内放送で
「なんとか千歳空港へ降りれそうです」
と言うので、よかった! と胸をなでおろしました。

c0147790_14530701.jpg

雲の上はいいお天気。
札幌の雪もきっとおさまってるわよ、なんて能天気なわたしたち。


これが苦難の道の始まりでした。



by powderblueY | 2016-12-27 14:20 | 国内旅行 | Comments(0)

坐忘林

c0147790_15065749.jpg

無事に帰ってきました。
坐忘林、とーってもいいところでした。
大人の宿です。
また行こうと思います。



by powderblueY | 2016-12-25 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

羊蹄山

c0147790_17043534.jpg
雪の予報が、思いがけず晴れて、
こんな美しい羊蹄山を見ることができました!



by powderblueY | 2016-12-24 17:07 | 国内旅行 | Comments(2)

ニセコ スキーと温泉の旅 坐忘林



c0147790_03572977.jpg
大荒れの北海道にやってきました。

飛行機もJRもダイヤ乱れまくりで、一言では言い表せないくらい大変な旅でしたが、
朝6時前に家を出て、夕方5時にやっと坐忘林に到着しました。


c0147790_04024709.jpg


すごーく素敵なところです。







by powderblueY | 2016-12-23 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

「ドント・ブリーズ」

c0147790_14180387.jpg

いやー、こわい映画でした。
ゾンビが出てきたり、地球外生物が出てきたり、という怖さではなく、
ホラー映画というよりは、パニック映画というのかな。


c0147790_14180458.jpg
夜8時50分からの回を観に行ったので、
終わったら10時半です。
怖い怖い映画がやっと終わり、エンドロールになったら、
後ろのカップルが席を立ったので、
わたしも、こんな広い映画館にひとり残されたら怖すぎると思い、
カップルに続いて、席を立ちました。


もう売店もチケット売り場も閉まっていて、
照明も暗く、ロビーには人っこひとりいなくて、
怖さがつのりました。


前を歩くカップルに
「本当に怖かったですよね」と声をかけようかと思いましたが、
あまりにおばさんみたいだと思い、やめました。


そしたら、カップルの女性の方が
「トイレ行ってくるね」
と一人でお手洗いに行きました。


こ、こわくないんかい!?


しかし、退役軍人、こわすぎです。
と書こうと思って変換したら、体液軍人、と出ました。
はい、これ、ある意味正解です。

気になった方は映画を見てね!


by powderblueY | 2016-12-22 14:26 | 映画 | Comments(2)