<   2017年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

台湾日月譚 The Lalu -4

c0147790_18371920.jpg

車に乗り込んでみると、前に大きなテレビが備え付けられています。
移動中に見ておくつろぎください、ということなのでしょうが、
わたしたちはあまりテレビを見ないので、使用しませんでした。


ドライバーさんは中国語以外は話せないようで、無口でしたが、
運転は慎重で安全運転でした。


いくつか高速道路を乗り継いだような感じがあって、
ちょうど60分で日月譚に到着です。


c0147790_18371955.jpg

車は、ホテル正面の車寄せに着きました。


チェックインの手続きをしている間にも、カウンターの向こうの美しい湖の風景が気になります。

c0147790_18371940.jpg

今日は薄曇りなので、湖にも雲がかかっていますが、
これが快晴なら、どんなに美しいかと。


c0147790_18372024.jpg

クレジットカードの確認などの手続きを終えて、
スタッフが、フロントの隣のラウンジに案内してくれました。

c0147790_18372368.jpg

おしぼりとお茶、お茶請けが出てきました。

c0147790_18373572.jpg

このお茶は、梅の実が入っていて、
塩辛いような甘いような、変わった味でした。


周りを見回すと、

c0147790_18372278.jpg

大きな暖炉があります。
きっと冬は寒いのねー、なんて思っていましたが、
今日は実は肌寒くて、暖炉に火を入れたいくらいの感じ。


c0147790_18372361.jpg

フロントのスタッフも、案内してくれたお姉さんも、日本語を上手に話します。


しばらくすると、「お部屋のご用意ができました」と案内されました。

c0147790_08413099.jpg

白い廊下を歩いて、

c0147790_08411486.jpg

不思議な丸い木のドアを開けると、
わたしたちのお部屋、Courtyard Villaです。



by powderblueY | 2017-11-22 23:59 | 2017 台湾 | Comments(0)

台湾日月譚 The Lalu -3

MRTの高鐡桃園駅から高鐡の駅までは表示に沿って歩いていけばすぐです。

c0147790_06381898.jpg

この窓口で、予約してあった高鐡(新幹線)のチケットを発券してもらいます。
前もって手帳に、予約番号と、予約の際に入力したパスポート番号を書いておきました。
それを見せればすぐに発券してくれます。

c0147790_13561098.jpg

桃園から台中までほんの36分で着くんですね。
先日行った博多から熊本と同じくらいだわ。
料金は一人 NT$1080でした。4000円ちょっとですね。


さて、万が一飛行機が遅れたりしたときのために、時間に余裕を見て予約してあったので、
30分ほど時間があります。
高鐡のホームに出てしまうと、日本のようにKIOSKなどはなく、なにもないので、
その前のコンビニのあるところで時間をつぶしました。

c0147790_06382714.jpg

セブンイレブンです。

c0147790_06382648.jpg

品揃えは、ほぼ日本と同じで、
日本語のまま売られているものもあります。

c0147790_14054110.jpg

台湾ビールと「杏仁小魚」アーモンドフィッシュですね。
ビールは確か、NT$60くらいでした。240円くらい。


周りをきょろきょろしてみると、

c0147790_06382668.jpg

日本のお土産そっくりなのもあったり、

c0147790_06382667.jpg

若き日の高倉健さんみたいな広告もあります。



c0147790_06381895.jpg

新幹線は日本のようにひんぱんに走っているわけではなくて、
20分から40分に1本くらいですね。
「ひかり」と「こだま」みたいな感じで、各駅に停まるものと主要な駅にしか停まらないものがありますが、
「のぞみ」みたいにほんとにちょっとしか停まらないものはないみたい。


やがて、わたしたちの列車の時間が近づいたので、ホームに降りることにしました。

c0147790_06381896.jpg

台湾の新幹線は、台湾島の西海岸を南北に走っていますので、
台北行きは「北上」、台南方面行きは「南下」になります。


わたしたちは南下の月台(ホーム)へ。


c0147790_06382721.jpg
c0147790_06382711.jpg

時刻通りに新幹線がやってきました。

c0147790_14150872.jpg

c0147790_14150976.jpg

日本の700系にそっくりです。

c0147790_13560961.jpg

乗り込んでみると、ほんとに日本の新幹線にそっくりで、
これは、日本の技術を導入して、というよりも、日本の新幹線をそのまま持ってきたからだそう。

c0147790_13560916.jpg

このテーブルの裏にある車両の案内図なんかも、そっくりですよね。


乗り心地も快適で、あっという間に台中駅に着きました。
もっと乗っていたかったくらい。


改札から出て、ホテルから指定されていた場所へ行くと、
お迎えのドライバーさん(女性)が待っていてくれました。

c0147790_13561037.jpg

そのまま駐車場へ。

c0147790_13561056.jpg

荷物を積み込んで、出発です。



by powderblueY | 2017-11-21 23:59 | 2017 台湾 | Comments(0)

台湾日月譚 The Lalu -2

c0147790_06375182.jpg

地図を載せておきます。
台湾島の一番北の端に台北があり、
中部の西海岸寄りの黄色い丸が台中、
そしてど真ん中の黄色い丸が日月譚です。


台北桃園空港に到着して、
入国審査、今までそんなに時間がかかった記憶はないんだけど、
今回はものすごく混んでいて
30分くらい並びました。
全員、指紋をとられます。


到着ロビーで両替をします。

1台湾ドルは約4円。

以前、うんと円高の時期には2.8円くらいで旅行した時期もあり、

「台湾、安くて美味くて近くて最高!」と思ったものですが、

4円じゃああんまり安く感じないなあ、と思ったり。

両替所のおねえさんは片言の日本語も話せて、親切です。

アジアのどこかの国のように、ぼったくられるとかお札をごまかされるとか、ありません。



さて、ここから高鐡桃園駅へはMRTで向かいます。

MRTというのは台北市内の交通機関で、地下鉄の部分もあり、地上を走っている部分もあるのですが、

日本の地下鉄と同じで、ひっきりなしに走っているし時間も正確だし、とても便利なの。

それがついに桃園空港まで延伸し、さらに高鐡桃園駅まで開通しました。



ホームは到着ロビーの地下にあります。

新しくて、表示もわかりやすいです。


c0147790_06375204.jpg

日本でいう「交通系ICカード」の台湾版である「悠遊卡」を持っていれば、それで改札を通れますが、
わたしたちはないので、チケットを買います。
タッチパネルで行き先や人数を入力します。

c0147790_06380010.jpg

表示もわかりやすいですが、
なんといっても漢字の国なので、「なんとなくわかる」のがうれしいです。

c0147790_06381169.jpg

こんなトークンが出てきました。
これを自動改札に押し込みます。
出るときには回収されます。
初めてMRTに乗ったときには
「こんなの見た目はどれも同じだし、いくらと書いてあるわけでもないし、どこまで乗っても通用するんじゃないの?」
と思いましたが、
中にICチップが埋め込まれていて、料金の情報が入っているそうです。
当たり前か。


ちなみに桃園空港から高鐡桃園駅まではNT$35です。
MRTの駅は「桃園第1ターミナル」と「桃園第2ターミナル」がありますが、
日本からの発着便は、第2ターミナルです。

c0147790_06380065.jpg

ホーム。
「機場」というのが空港のことで、
プラットフォームは「月台」といいます。
台中市内から空港に来る便には、快速と普通がありますが、
空港から高鐡桃園に向かう便は、普通のみになります。

c0147790_06380189.jpg

時間も正確です。

c0147790_06380166.jpg

乗り込んでみると、このような荷物置き場もあり、

c0147790_06381008.jpg

日本の地下鉄と全然変わりません。
すぐに地上に出て、薄曇りの中、走ります。
この電車の中、なんとWiFi完備なんですよ。
日本以上にネット社会のようで、街中にはそこらじゅうに公共のWiFiがあります。


c0147790_06381012.jpg

電車は15分おきに走っていて、空港から高鐡桃園まで約16分ですが、
表示もわかりやすいので、乗り過ごすこともありません。

c0147790_06381137.jpg

こんな広い土地に、なにかを建設中。
どうもアウトレットのショッピングモールのようでした。

c0147790_06381769.jpg

ここが高鐡桃園駅です。


飛行機が着陸してから、入国して、両替して、MRTに乗って、ここまで約1時間半でした。




by powderblueY | 2017-11-20 23:59 | 2017 台湾 | Comments(0)

台湾日月譚 The Lalu -1

それでは今日から、11月初めの三連休に行ってきた台湾中部、日月譚という美しい湖のほとりにある
The Laluというホテルのお話をします。


台湾に美しいリゾートホテルがあると、以前から名前は知っていたのですが、
あるブロガーさんの写真を見て、
The Laluに俄然行ってみたくなりました。
その方はお正月に行かれて、お天気もよく暑くて、泳いでる人もあった、ということなので、
きっと11月でも泳げるんじゃない? と思ったのね。


予約はホテルのHPから入れようとしましたが、
今年の3月初めの時点で既に、希望のお部屋は満室。
Expediaから残り1室で出ていたので、予約しました。


Airは名古屋から台北へは1日4便飛んでいて、
午前中にJAL(とチャイナエアラインのコードシェア)、チャイナ(とJAL、デルタのコードシェア)、
お昼にLCC、
夕方にキャセイの台北経由香港行きが飛んでます。
滞在時間が一番長くとれるチャイナエアラインで予約を入れました。
これはHPから簡単にとれました。


日月譚というのは湖の名前で、
ヘチマのような形の台湾のちょうど真ん中あたりにあります。
最寄りの都市は台中で、台中から車で1時間くらいです。
飛行機の到着する台北桃園空港からホテルへの行き方は、

1、ホテルの送迎車で桃園空港から直行。3時間くらい。

2、桃園空港からMRT(電車)で高鐡桃園駅へ。そこから高鐡(台湾の新幹線)で40分ほどで台中へ。そこから送迎車で1時間。

まあ、この2つのどちらかかなと思うのですが、
わたしたちは新幹線に乗ってみたかったので、2の方法をとることにしました。

(台中からホテルへのシャトルバスも1日に6便ほどあります)

前もってThe Laluとメールで連絡をとり、送迎車をお願いしてありました。
台湾の新幹線はHPから予約でき、日本語のページもあるので、日本からでも予約は簡単です。
パスポート番号を入力する必要があります。クレジットカード決済です。


c0147790_19504571.jpg

さて、出発の朝が来ました。
今回も子供たちはついてきません。夫婦二人だけの旅です。

c0147790_19504578.jpg

三連休の初日とあって、セントレアは混雑していました。
なにより駐車場が混んでます。
もちろん予約していきましたが、予約がないと遠い臨時駐車場に回されます。

c0147790_19504660.jpg
出発便、ものすごくたくさんあるように見えるけど、
よく見るとコードシェア便がほとんどです。
今や、コードシェアでない便を探す方が困難になりましたね。
c0147790_19504621.jpg

わたしたちの台北行きも、JALとデルタとのコードシェア。

c0147790_19505208.jpg

手荷物検査、出国審査を経て、免税エリアに出て、
スタバのコーヒーを。
これも長蛇の列でした。

c0147790_19505358.jpg

台湾ドルがほしいときは、決して日本国内で両替してはいけません。
台北に着いてからの方が、レートが断然いいです。
この表示には、1台湾ドルは4.31円となっていますが、
台湾桃園空港では3.98円でした。約1割ちがいます。


c0147790_19505847.jpg

穏やかに晴れるセントレア。

c0147790_19505432.jpg

定刻に離陸し、すぐに機内食が出てきました。

c0147790_19505836.jpg
3時間ちょっとのフライトで、時差は-1時間。
あっという間に台北に到着です。



by powderblueY | 2017-11-19 23:59 | 2017 台湾 | Comments(0)

上高地 2017-3

翌朝。
目覚めてベランダに出てみると、予報通りの雨です。
仕方ないね。台風が来てるんだものね。

c0147790_23001556.jpg
いつもならこの時間すでに人でごった返す河童橋も、
雨なのでさすがに閑散としています。
c0147790_14391821.jpg

主人はまだ寝てるので、ひとりでコーヒーを淹れて、
部屋のお菓子をいただきます。

c0147790_14391345.jpg

この抹茶フィナンシェ、絶品!! 到着時、どの部屋にも置いてあります。
隣のおみやげやさんで買えます。
ボンボンショコラはこのスイートのお部屋限定のようなのですが、
すごくおいしいです。
主人の分も、全部わたしのお腹に・・・。


c0147790_14391717.jpg

豆から挽くコーヒーメーカーが用意されてます。

c0147790_14390725.jpg

さてさて、朝食前にお風呂に行かなくっちゃ。
五千尺ホテルには大浴場があるのです。

c0147790_14390786.jpg

c0147790_14390815.jpg

たまたま誰もいなかったので、写真を撮らせていただきました。
とても清潔な脱衣室。

c0147790_14390819.jpg

中はこのように洗い場が並び、

c0147790_14391354.jpg

非温泉ですが、大きなお風呂はありがたいです。
歩いた疲れがとれますよね。


c0147790_14391351.jpg

お風呂から上がってのんびりしてると、妹が入りに来ました。
朝食前のお風呂、旅の基本よね。

c0147790_14391805.jpg

今日は歩くあてもないから、ゆっくりと朝ごはんへ。
ここの朝ごはんbuffetは、「飲む酢」があります。
これを1杯きゅっといただくと、食欲が出るのよ。
りんご酢とぶどう酢があります。
ジュースも信州らしく、りんご、もも、ぶどうなど揃っているので、
ついつい全種類とってきてしまって、お腹がたぷたぷになります(笑)

c0147790_14392247.jpg

それと、名物 豚汁があるのが特徴なの。
あたたかくて具だくさんの豚汁です。

c0147790_14392217.jpg

卵料理はお好きなものを。


主食は、パン、ごはん、おかゆ、おにぎりから選べます。
今回は、

c0147790_14391865.jpg

おにぎりでお願いしました。
出てきた瞬間「ちっちゃっ」って言ってしまったくらい小さいのですが、
おかわり可能です。


c0147790_14392380.jpg

チェックアウトは12時なので、その前にビジターセンターへ行きました。
ホテルから歩いてすぐです。
ビジターセンターには、上高地に関するいろんな展示があったり、ビデオを見れたり、写真が飾ってあったりするのですが、
初めて行った時よりも、何度も通っているうちに、
本当に貴重な資料ばかりだということが、だんだんわかってきます。


ホテルに戻って、来年の予約を入れ(来年は新緑の季節に行きます!)
みなさんにお礼を言って、ホテルの喫茶室5 HORNでケーキをいただきます。
(さっき朝食を食べたところなので、お腹いっぱいなんだけど)

c0147790_14392767.jpg

ここのケーキは大きくておいしいので。


その後は、雨の中、上高地を下山し、沢渡で車に乗って、
白骨温泉に向かいました。


男女混浴の大露天風呂を楽しめる泡の湯へ。


白骨温泉のお湯は白濁しているので、
男女混浴でも、お湯に浸かっているぶんには全然見えません。
だけど露天風呂に入る時にはさすがに見えちゃう、それが恥ずかしいと思うでしょ。


ここの露天風呂は、違うのよー。


女子の更衣室内に、露天風呂の入り口があるのです。

c0147790_14392353.jpg

服を脱いだら、ここから入っていくの。
お湯は白濁しているので、階段も見えません。
だから「6段あります」って書いてあります。
で、ここで湯に浸かって、そのままそろそろと歩いて外の露天風呂に出て行くというわけ。


だからそばに男性がいても、全然見えません。

c0147790_15131153.jpg

露天風呂内にカメラは持ち込めないので、
上の写真は雪の季節のものをHPからお借りしました。
広い広い露天風呂です。


しょぼしょぼと雨に濡れながらでしたが、
妹と
「これはいい工夫だねー」
「いやいや、もうおばちゃんなんだから、たとえ見えても怖いもんなしでしょ」
と言いながら、のんびりと湯に浸かりました。
お湯はちょっとぬるめです。


あとは一路、名古屋に帰りました。


うちの父母は、山に登る人たちだったので、上高地は穂高連峰に登るための通過地点としか思っていなかったようですが、
「こんないいホテルがあるんだねー」「山の中でこんな美味しいものが食べれるんだねー」
と喜んでました。


以上、上高地旅行記でした。



by powderblueY | 2017-11-18 23:59 | 国内旅行 | Comments(3)

上高地 2017-2

五千尺ホテルは「上高地スイート」というお部屋と、普通のツインのお部屋を予約してありました。
ツインのお部屋はエキストラベッドを入れて3名まで泊まれます。

c0147790_22592704.jpg

上高地スイートは4階の一番奥。
普通のお部屋の2倍の広さがあります。
玄関。登山靴をはくのに、この腰掛けが便利。

c0147790_22593175.jpg

館内用サンダル。隣のお土産物屋くらいまではこれで行けます。

c0147790_22592773.jpg

広い広いウォークインクローゼット。
どんだけ服持ってきても平気よ。

c0147790_22592640.jpg

快適なベッドルームと、

c0147790_22592639.jpg

リビング。

c0147790_23001560.jpg

小さなシンクがついていて、
おいしいコーヒーを淹れることができます。

c0147790_22593245.jpg

そして広い洗面室。

c0147790_22593682.jpg

アメニティの数々。

c0147790_22593644.jpg

素敵なお風呂がついているのですが、
実は五千尺ホテルには大浴場(非温泉)があるので、
部屋のバスは利用したことがありません。

c0147790_22593612.jpg

c0147790_22593129.jpg

お部屋のバルコニーから河童橋を望んで。

c0147790_22593180.jpg

穂高連峰を望んで。っていうか見えないけど。


お風呂に入ったり、部屋でビールを飲んだりしているうちに、

c0147790_22593758.jpg

河童橋の対岸には灯がともり、夕暮れてきました。
日帰りのお客さんたちはさーーっといなくなり、
上高地に静けさが訪れます。

c0147790_22594126.jpg

夕暮れの一瞬、ガスが晴れて、穂高連峰がきれいに見えました。


そしてディナーが始まります。

c0147790_22594195.jpg
アミューズ

c0147790_22594236.jpg

おいしいパン


c0147790_22594287.jpg

フォアグラのテリーヌ ガトー仕立て
アンズとりんごと無花果


c0147790_22594751.jpg

五郎島金時と牛蒡のスープ


c0147790_22594711.jpg

白馬村産信州サーモンのポワレ
みかんソース


c0147790_22594719.jpg

長野県産牛フィレのグリエ
世界三大ハムのソース


c0147790_22594841.jpg

洋梨のコンポート
キャラメルアイス、バナナのムース

c0147790_22595222.jpg

小菓子


2時間以上かけてゆっくりといただくディナー。
とってもおいしかったです。
こんな山奥でこんなディナーがいただけるなんて、といつも感動します。
ワインもおいしいのよん。


朝が早かったので、ディナーが終わると瞬時に寝てしまいました。




by powderblueY | 2017-11-17 23:15 | 国内旅行 | Comments(0)

上高地 2017-1

10月21日から1泊で行った上高地の様子を駆け足でご紹介します。
今回は、五千尺ホテルを2部屋予約してありましたが、
子供たちはバスケの新人戦がたけなわで、ついてこないので、
松山からわたしの両親を呼び、東京から妹を呼び、5人での出発となりました。


朝は3時起き、4時名古屋出発といういつもの行程ですが、
いつもと違うのは台風21号が来ていたことよん。
雨に降られて上高地の美しい景色は望めないかも、
でも雰囲気だけでも、と予定通り出発しました。


7時に沢渡駐車場着。
タクシーで上高地へ入っていきます。
タクシーは5人乗車できました。ラッキーでした。

c0147790_21590532.jpg

バスターミナルでタクシーを降りて、河童橋へ。
雨は降っていませんが、空は白く曇り、ガスがかかっています。

c0147790_21581549.jpg

それでも上高地が初めての妹は感動したと言ってました。

c0147790_21581576.jpg

まずは五千尺ホテルに大きな荷物を預かっていただいて。
支配人さんが「今日1日は、なんとか降らずにすみそうですよ」とおっしゃり、
実際そのとおりだったのでした。
気温は9℃でした。

c0147790_21581599.jpg

河童橋からの穂高連峰。

c0147790_21581636.jpg

岳沢湿原。

c0147790_21590695.jpg

高低差はほぼなく、楽に歩けます。


c0147790_21582066.jpg

約1時間歩いて、明神に着きました。
拝観料を払って、明神池に入ります。

c0147790_21590652.jpg

これは、10月8日の穂高神社の御船神事に使われる船。

c0147790_21582033.jpg

静かな一之池と、

c0147790_21582000.jpg

箱庭的な魅力のある二之池。

c0147790_21582594.jpg

明神でのお楽しみは、嘉門次小屋でいただくイワナの塩焼き。

c0147790_21582511.jpg

奥の囲炉裏で焼いているのです。

c0147790_21582111.jpg

今年はイワナの骨酒もいただきました。
酔っ払うわ。

c0147790_21582683.jpg

ここまで梓川右岸を歩いてきましたが、
明神橋を渡り、今度は左岸へ。


いつもならここからさらに奥に入り、徳沢まで行くのですが、
お天気の関係で、今日はこのまま河童橋へ戻り、さらに大正池まで行くつもり。
明日はどうやら雨なので、歩けなさそうなので。

c0147790_21582665.jpg

1時間ほどで河童橋に戻ってきました。
さらに歩いて、

c0147790_21583120.jpg

c0147790_21583240.jpg

お昼ご飯を食べに帝国ホテルへ。


お昼時の帝国ホテルはとっても混んでいます。
ランチのレストランは、洋食のアルペンローゼと、和食のあずさ庵があって、
和食のほうが比較的空いていますが、それでも30分くらい待ちました。

c0147790_21590736.jpg

待ってる間に館内を見学。
お土産物屋さんも素敵。

c0147790_21583335.jpg

この天ざるは2700円でございますわよ。びっくり。

c0147790_21583218.jpg

で、この地ビールは1本1400円でございます。
おそるべし上高地価格。
おいしかったけどね。

c0147790_21591001.jpg

お蕎麦食べて、呑んだくれて、もうホテルに引き返してもいいや、と思いましたが、
せっかくなので、

c0147790_21583831.jpg

田代湿原を経て、

c0147790_21583887.jpg

大正池まで歩きました。
いつもならこの向こうに焼岳が見えて、噴煙が上がっていたりするのですが、
真っ白でなにも見えません。

c0147790_21583822.jpg

そして五千尺ホテルまで帰りました。


やっぱりお天気がよいときとは違って、
遠くに穂高連峰が見えないと気分も盛り上がりませんが、
台風のさなか、この1日歩けただけでも、本当にラッキーでした。
撮った写真は、いつもの10分の1くらいだったけど。



by powderblueY | 2017-11-16 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

パチンコと映画

先日、職場の後輩の女の子と話していました。

「休日とか、いつもなにしてるの?」

「えー、だいたいパチンコに行ってますね」

「えっ!?」

彼女はチームのリーダーを任されている頭のいい子で、
仕事も的確で気配りもできるスマートな女子。
パチンコのイメージとはほど遠かったので、びっくりしました。

「いやあ、わたし実はパチンコ大好きで。
 子供が生まれたらやめようと思ってたんですが、やめられなくて。
 休日には子供をダンナに預けてパチンコ行ってます」

「へえええ。意外だったわ」

「たまに勝つこともあるんですけど、たいてい負けるんです。
 パチンコ始めてから15年で、今まで負けた総額は、軽く1000万を超えてると思います。
 外車が買えますよね」


モルディブの高級リゾートと言われるところのプール付き水上コテージに家族で1週間、
何度も行けるわよ、と言いたかったけど。


「パチンコ屋のトイレに行くと、ポスターが貼ってあるんです。
 ”依存症ではありませんか? こんな症状は当てはまりませんか?” って。
 たとえば、仕事を休んでパチンコに来たことがある、とか、
 家族に嘘をついてパチンコに来たことがある、
 無性にパチンコに行きたくなってどうしようもなくなることがある、みたいな。
 わたし、あーどれも当てはまるなーって思うんですよね」

「でもやめられない」

「そう。やめられないんです。
 別にそれで生活費を稼ごうとか思ってるわけじゃなく、
 いや、周りの人を見てると、生活費稼ごうと思ってる人は、すぐわかるんです。
 この台は出ないなって思うと、すぐに席を替わって、あちこち試して出るまで粘るのは、
 生活費稼ごうと思ってる人なんです。
 でもわたしみたいにそうじゃない人も多くて、
 ただ一人になってぼーっとしたいだけなんです。
 だからその台が出ようが出まいがあまり関係なくて、
 今日はここって決めて座ったら、最後までぼーっとそこでやってるんです」

「へえええ。
 ねえ、一人になってぼーっとしたいだけなんだったら、他にもいろいろ方法はあるじゃない?
 たとえば、映画をみるとか。釣りに行くとか。パチンコほどお金かからないわよ」

「そうですよね、わたしもそう思うんです。
 エステはどうだろうって思って、予約を入れたことがあるんです。
 エステなら一人になれてぼーっとできるし。それできれいになれるなら一石二鳥じゃないですか。
 でも予約の時間が近づいてくると、あーやっぱりパチンコ行きたいなー、パチンコの方がいいなーって思えてきて、
 行きたくて行きたくてどうしようもなくなって、エステはキャンセルの電話をしちゃうんです。
 それ3回くらい繰り返して、とうとうエステのお店からは ”次からは予約をお受けしかねます” って言われちゃったんですよね」


かなり重症な彼女。
でも彼女の告白を聞いて、わたしが映画を年に150本も見に行くのも、それと同じなんだって気づきました。
一人になってぼーっとしたいだけ。
仕事も家庭も忙しくしている女性には、そういう時間が必要なのかも。
というか、パチンコにせよ映画にせよ、そういう時間をもてるということは、すごく恵まれているのかもと思いました。


 

by powderblueY | 2017-11-16 11:35 | 日常 | Comments(0)

Guam 2017-16 帰国の途へ

ところで今回のグアムは、日本にやってくる台風を避けるために企画したのですが、
台風はどうなっているのでしょうか。


実はこの前日の夕方から深夜にかけて名古屋地方は大荒れで、
雨も降りましたが、なにより風が強かったそうです。
そして昨日の夕方にグアムを出発する名古屋行き(つまりわたしたちの乗る1日前の便)は欠航になっていました。


おいおい大丈夫か!? 台風を避けてここに来たのに、帰れなくなったら元も子もないじゃん、と思いましたが、
朝には台風は日本海に抜けており、飛行機の運航も再開した模様。
だけど飛行機って、いくら天候が良くなっても、機体のやりくりがつかなければ飛ばないわけで、
本当に飛ぶのかどうかは最後までドキドキでした。

c0147790_20404922.jpg

といいつつ、プールでのんびり。
まあ、心配したって飛ぶときは飛ぶし、飛ばないときは飛ばないし。

c0147790_20405588.jpg

c0147790_20405938.jpg

スライダーも滑りました。

c0147790_20405412.jpg

ジャグジーも入りました。

c0147790_20405915.jpg

最終日が一番お天気よかったかも。


11時半にいったん部屋に上がって、荷物をまとめてチェックアウト。

c0147790_10571543.jpg

そしてまたプールへ。
わたしたちの乗る便は17時発なので、15時に空港に向かえば十分です。


お昼ご飯は軽く済ませたかったので、
ホテル内のdeliで巻き寿司やフルーツやビールを買いました。

c0147790_20411414.jpg

これをプールサイドでぱくぱく。

c0147790_10571857.jpg

14時過ぎまでプールサイドで過ごし、
タオルをもらうカウンターの近くに、トイレやシャワーのブースができたので、
そこを利用して着替えました。

c0147790_10571881.jpg
ところで、ハイアットから空港まではタクシーで10分で、
このお手軽さがグアムのいいところなのですが、
今回、セントレアでチラシをもらってました。


タモンのDFSでチェックインして荷物を預け、シャトルバスで空港へ向かうというサービスが始まったそうです。
Tumon Central Air Terminal、略してTCATというそうな。
シャトルバスは15分おきに出ていて、飛行機の出発の1時間30分前までのバスに乗ればいいそうです。
そして空港に着いたら1階のチェックインカウンターのあの長い列に並ぶ必要はなく、
直接2階のセキュリティチェックに行けばいいそうです。


どんなもんか一度試してみたかったのですが、
よく考えると、スーツケースを転がしてDFSまで行かなきゃいけないわけだし、
歩くのが嫌なら、ハイアットからDFSまではタクシー無料だけど、
無料でも運転手さんにはチップ払わなきゃいけないのかな、とか、いろいろ考えるのが面倒だし、
結局、ハイアットから直接タクシーで空港に向かいました。


ウェブチェックインしたから長い列に並ぶ必要もないしね。
でも最後にDFSでお買い物してそのまま空港に向かおうと思ってる方には、便利なサービスだと思います。


さて、2階のセキュリティチェックでは、X線を通る前に、変なチェックを行ってました。
係員が、お弁当箱みたいな機械で乗客の手のひらに「キ」みたいな字を書いてなにかを測定しているのです。
全員がやられるわけではなく、2、3人に一人が選ばれていて、それも男性ばっかり選ばれるの。
初めて見ました。あれ、なんだったんだろう?
その結果でひっかかる人がいるわけではなく、ただ調べてるだけのようでしたが。

「汗っかきかどうか調べてるのかな」
「手にダニがいるかどうか、とか?」
「放射能じゃない?」
などなど、勝手な想像をするわたしたち。


c0147790_10571039.jpg

さて無事にその変な検査とX線を終えて、時間がたくさんあったので、
カウンター居酒屋みたいなところでビール飲みました。


久しぶりで楽しかったグアム。また来るわ。

c0147790_10571026.jpg

飛行機の中から日没が見えました。




by powderblueY | 2017-11-15 11:33 | 2017 Guam | Comments(2)

Guam 2017-15 最終日

さて最終日の朝です。

c0147790_20404221.jpg

c0147790_20410957.jpg

c0147790_20410494.jpg

c0147790_20410494.jpg

今日もすがすがしいグアムの朝。
お天気がいいので、ひとりでホテル内を散歩してみることにしました。

c0147790_20404375.jpg

部屋から降りて、ロビーの前を歩いて、プールに出ました。
もちろんまだ誰もいません。
(7時前でした)
いつもは賑わうプールも、誰もいないと表情が違います。

c0147790_20404312.jpg

c0147790_20404811.jpg

ハイアットの敷地内は緑が多いのが特徴で、よくお手入れされています。

c0147790_20404813.jpg


c0147790_20405951.jpg

ぐるっと散歩をして、部屋に戻り、準備をしてラウンジで朝食です。

c0147790_20411060.jpg

部屋のチェックアウトタイムは12時なので、
午前中はずっとプールでのんびり過ごすつもり。




by powderblueY | 2017-11-14 20:48 | 2017 Guam | Comments(0)