八方スキー ラ・ネージュ東館 1

c0147790_14421148.jpg

坐忘林の次は、年末年始に行った八方スキーの記録です。
またスキーの話!? と思われるかもしれませんが、
冬にはスキーしかしないんだから、仕方がない。


さてさて、年末年始には子供たちの部活もお休みで、
家族4人で旅行に行ける貴重な機会。
これを逃す手はありません。
去年の年末年始にラネージュに滞在した時に、1年後の予約も入れてきました。
今回はミナオちゃん一家も一緒の滞在です。


わたしの仕事納めは12月29日15時。
帰って、急いでレンタカーを借りてきて、荷物を積み込んで出発。
はな子の塾の冬期講習が17時に終わるので、それを塾の前で待ち構えていて、出発です。
いつどこに行くにしても、旅行の出発の時ってわくわくするわー。


安曇野インターで降りて、あとは一般道を走って、名古屋から3時間半で到着しました。
今年は雪が少なくて、この時点では、道路にもほぼ雪はなし。
青木湖のあたりでちょっとだけ道路の両脇が白くなり、
一番の難所とされる佐野坂も、屁のカッパです。(あら、お下品ね)
白馬村に着いて、和田野の森に入ったあたりで、ようやく道路が雪に覆われました。
志賀高原への道に比べたら、赤子の手をひねるようなものでした。

c0147790_14421452.jpg

車寄せに入ると、スタッフがたくさん出てきて荷物をおろしてくださいます。
今年もお世話になります。
顔なじみの方ばかりなので、安心。
スキー板や靴は自動的に玄関脇のスキー室に運ばれていきます。


ところで、到着は20時すぎだったのですが、
夕食をどうしようか、前もってラネージュと相談したところ、
20時からレストランでフルコースのディナーというのは、ちょっと難しいのですが、
隣のグリルバーで、アラカルトでお召し上がりいただけます、とのことだったので、
到着してすぐにグリルバーに行きました。


ニセコと同じように、八方地区にも外国人のゲストが非常に多くて、
その人たちは旅館やホテルに1泊2食つきのプランで泊まるのではなく、
B&Bで泊まる人がほとんどらしいです。
それで近年、八方地区には外食施設が非常に増えてきていて、
バーやピザ屋やお寿司屋、居酒屋などがたくさんできています。
ラネージュでも本格的なレストランの他に、グリルバーを設けて、外来のゲストを迎えているようです。


c0147790_14432326.jpg
前菜の盛り合わせ

c0147790_14431812.jpg
ピザマルゲリータ

c0147790_14431584.jpg
はな子の大好きなチーズトースト

c0147790_14432137.jpg
チキングリル

運転で疲れた体を癒やすには、シャンパンとビールだわねー。
ところで、このグリルバーは、

c0147790_15041864.jpg

立派な屏風絵があったり、

c0147790_14425002.jpg

c0147790_14430592.jpg

とても雰囲気のいいところです。
窓の外は(例年よりはずっと量が少ないけど)雪景色です。



# by powderblueY | 2017-01-27 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 22

坐忘林に帰り、大急ぎで着替え、

c0147790_22565251.jpg

スキーロッカーがこれまたスタイリッシュで広くて使いやすいですが、
スキー板と靴は宅配便で送る手配をしました。
ニセコは超有名なスキー場とはいえ、北海道の片田舎なので、
宅配便の集配が1日1回しかなくて、「明日の月曜発送になります。到着は水曜の予定です」とのことでした。
わたしたちは木曜日に次のスキーに出かける予定がありましたので、けっこうドキドキものでした。
(ちゃんと間に合ったけどね)

c0147790_22565504.jpg

さて、帰る支度もできたので、
広い窓からの景色を最後に楽しみます。

c0147790_22573194.jpg

c0147790_22572164.jpg

坐忘林といえばこの暖炉、といえるほど、どの雑誌にも取り上げられている景色。
外は氷点下の寒さなのに、建物の中は暖かくて、本当に贅沢な空間です。
でもこの厳しい大自然の中で、これを維持していくのはきっと大変なことでしょう。

c0147790_22571877.jpg

c0147790_22570510.jpg

c0147790_22570805.jpg

車の準備ができました。
もう一度、スタッフのみなさんにお礼を言って、
また必ず来よう、と思いました。

c0147790_22573445.jpg

坐忘林の建物の入り口。
こんな小さな表示があるだけです。
表の道路から入ってくるところにも何の表示もないし、
派手派手しく宣伝をしないという、これがこだわりなのね。


もうすっかりおなじみになったドライバーさんと話をしながら、
20分でヒラフウェルカムセンターに着きました。
ニセコグランヒラフスキー場のふもとは、ホテルやペンションが立ち並ぶ街になっていますが、
道を歩いている人たちは、オール外国人!
スイスかどこかのスキーリゾートに来ているようです。


ドライバーさんにお礼を言って、ここでお別れ。
お世話になりました。また来ますね。


ウェルカムセンターの中に、バス会社のデスクがあって、チケットを買います。
ニセコ〜千歳空港間を走るバスは、会社が数社あるようですが、
わたしたちはホワイトライナーというのを予約してありました。


ふと外に出てみると、

c0147790_22574228.jpg

うわあ、なんかすごい景色だわ。

c0147790_22574587.jpg

蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山。
雲が全然かからないこんな景色はきっと珍しいんだろうなあ。

c0147790_22575442.jpg

来るときは苦労しましたが、
こんな景色が見られて、苦労も吹っ飛びました。

c0147790_22575678.jpg

ホワイトライナーです。
15時にニセコヒラフを出て、途中1回トイレ休憩があり、
(フォレスト276大滝というところです)
千歳市内に入る頃にはすっかり日が暮れ、
17時45分に千歳空港国内線ターミナルに到着しました。
定刻よりも15分遅れでしたが、これは主に千歳市内が渋滞していたからです。


行きの苦労がうそのように、スムーズに空港に着きました。
c0147790_22580529.jpg

千歳空港の楽しみは、豊富なお土産物。
ロイズもるたおも六花亭も、
ウニもイクラもカニも、
物欲全開!


こうして楽しかった北海道 温泉とスキーの旅は幕を閉じ、
飛行機は定刻から少し遅れて離陸し、予定通りにセントレアに到着しました。
遅い晩ごはんになりましたが、家で子供たちとカニ弁当、ウニ弁当を奪い合って食べました。
今度は家族みんなで行けたらなあと思います。








# by powderblueY | 2017-01-26 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 21

c0147790_14291507.jpg

坐忘林の車で送ってもらって、10分でHANAZONOスキー場に到着です。
この日はクリスマスだったので、チケット売り場のお姉さんたちもサンタの帽子をかぶってて、かわいいです。


今日もリフトで上がっていきますが、

c0147790_13100162.jpg

ニセコ・ユナイテッドと総称されるニセコの4つのスキー場は、
ゴンドラや長いリフトで1000mくらいまで上がり、
そこから上は森林限界で、木が全くはえていない雪原になります。
そこにもシングルリフトやペアリフトがあるのですが、
風が強いため、リフトが運休になることがしばしばで、
昨日も1日中、運休でした。
それがこの日は朝から動いているというので、
HANAZONOからヒラフに移動して、記念に上がってみることにしました。


c0147790_13054806.jpg

こんなシングルリフトです。
昔を思い出すわねえ。
一人でリフトに乗っていると、なんだか心細くなるし、
しかも周りは一面の雪原。
地球じゃないところに来たような気持ちになります。
寒くて荒れ野の広がる火星? とかそんな感じ。


三連休でも北海道のゲレンデは空いていて、リフト待ちもゴンドラ待ちもゼロです。
でもこの一番上のシングルリフトだけは、動くことがめったにないせいか、ちょっと並びました。

c0147790_13055767.jpg

リフトのてっぺんまで上がってみると、
ロープが張られていて、ここから先に登ることはできません。


c0147790_13060002.jpg

振り返ると羊蹄山です。
ちょっと雲がかかってるね。
この雄大な景色に向かって、滑ります。

c0147790_13061669.jpg

c0147790_13062845.jpg

お天気も良く、快適に滑り、
HANAZONOに戻って、ランチにしました。

c0147790_13064171.jpg

昨日のレストハウスにもピザがあったけど、
この「HANAZONO 308」にもピザ釜があって、おいしいピザが食べられます。

c0147790_13064817.jpg

気分は、外国のゲレンデ。
実際、まわりは外国人ばかり。

c0147790_13065115.jpg

ライブをやってました。
わいわいとピザをつまみながら、クリスマスソングに拍手して、
ああ、いい雰囲気だなあ。


ニセコのスキー場に来たのは、20数年ぶりでしたが、
以前とはすっかり雰囲気もかわっていて、国際化して、
本当にすてきなスキー場になっていました。
聞くところによると、2019年にパークハイアットニセコHANAZONOが開業するんだそうな。
また一段と人気が出るかもね。
また必ず行くわ。


13時半に坐忘林からのお迎えが来て、帰りました。




# by powderblueY | 2017-01-25 13:27 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 20

それでは館内の散歩を終えて、部屋に戻って主人を起こして、
朝ごはんに行きましょう。


わたしは貧乏性なので、旅に出ると、もう一瞬一瞬がもったいなくて、
寝ていられなくて、早く起きだしてお風呂に入ったり散歩に行ったりしてしまうのですが、
どこに行ってもぎりぎりまで寝ている主人は、ある意味、ほんとうにのんびりと旅を楽しんでいるのかも。


c0147790_14280045.jpg

朝ごはんも丹前でOKです。

c0147790_14280294.jpg

昨日の朝の、アフタヌーンティーに使うような容れ物のかわりに、
今日は小鉢が並んでいました。
これがどれもおいしくて、ご飯が進みます。

c0147790_14281105.jpg

すくって食べるお豆腐でした。

c0147790_14282375.jpg

どの個室にも広い窓があって、外の原生林を望めます。

c0147790_14281397.jpg

熱した石の上で温めてあります。

c0147790_14284934.jpg

中身は、

c0147790_14285230.jpg
舞茸と、栗のような風味のさつまいもでした。

c0147790_14282659.jpg

ふたを開けると、

c0147790_14283405.jpg

目玉焼き。

c0147790_14283633.jpg

これはノドグロだったかな? 忘れちゃった。

そしておいしいご飯とお味噌汁。

c0147790_14290305.jpg
c0147790_14290701.jpg

デザートとコーヒー。


お食事は、朝も夜も、なにをいただいてもおいしくて、大満足でした。
朝食を2回、夕食を2回いただきましたが、ひとつとして同じお料理は出てきませんでした。

c0147790_22282575.jpg
部屋に戻り、荷物をまとめて、チェックアウトしました。
名残惜しいお部屋だわ。また必ず来るわ。


宿の方と、これからのことについて予定を確認。
スキー場まで送ってもらい、昼過ぎに迎えに来てもらって、坐忘林に戻ります。
着替えのスペースをお借りして、荷物をまとめ、宅配便で発送し、
また車でニセコヒラフのウェルカムセンターまで送ってもらいます。


実は、坐忘林に滞在してスキーを楽しむ人はそんなに多くないようで、
(こんなに素晴らしいスキー場がすぐ近くにあるのに、もったいない!)
宿の方も、着替えや荷物発送の手順にあまり慣れていらっしゃらないようでしたが、
でも精一杯誠実に対応してくださいました。


それではスキー場までいつものドライバーさんに送ってもらいます。
行ってきまーす。





# by powderblueY | 2017-01-24 14:45 | 国内旅行 | Comments(0)

ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 19

c0147790_14061130.jpg

ちょっと間が空きましたが、ニセコ坐忘林旅行記、続けさせていただきます。


館内の散歩、ライブラリーから、次はリビングルームと呼ばれる一角にやってきました。

c0147790_14062094.jpg

初日のディナーの最後に、デザートをいただくのに利用したスペースですが、
ここも居心地の良い空間です。

c0147790_14062331.jpg

窓の外は原生林なのですが、
池、というか沼みたいなところもあります。

c0147790_14063239.jpg

c0147790_14063464.jpg

c0147790_14064552.jpg

夜になると暖炉に火が入ります。

c0147790_14064218.jpg

スキーに行かないのなら、ここで1日読書もいいかも。
15室というこの規模の旅館にしては、共用スペースがとーっても充実していると思うのですが、
お籠り系なので、ここで人に会うことはありませんでした。
なんだかとっても贅沢な気分。


c0147790_14065604.jpg

バーカウンターのこの木は、一枚板です。すごいね。

c0147790_14065407.jpg

c0147790_14070541.jpg

c0147790_14070787.jpg

c0147790_14071785.jpg

c0147790_14072132.jpg

c0147790_14072489.jpg

あっちを見てもこっちを見ても、美意識が貫かれていて、
「いちいちおしゃれ」という言葉がぴったり。
でも別に奇をてらっているわけではなく、とても居心地がよいのです。


朝早いので、隅で静かに掃除機をかけているスタッフがいて、
よく見たら、昨日のドライバーさんでした。


いわゆる日本旅館とは違うので、
お部屋に仲居さんが来てお茶を淹れてくれたり、とかそういうスタッフとの関わりはないのですが、
なにかをお願いすると、とても迅速に的確に応えてくれます。



# by powderblueY | 2017-01-23 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)