2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 6

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

今日はレストランをご紹介します。
初めの夜はReethi Restaurantに行ったのですが、2日目は島の北の端にあるアラビア風レストランFandithaに行きました。そしたらここがエキゾチックで居心地がよくておもしろく、残りの夜は毎日ここに通ってしまいました。

c0147790_1636413.jpg部屋からカートでごとごとと出かけますが、近づいてくるとこんなガラス玉の飾りが。なんだか小樽漁港って感じ?


c0147790_16374966.jpg


c0147790_1638436.jpg入り口を入ると、中は広くて、いくつかのエリアに別れています。すべてオープンエアです。こんなふうにビーチにテーブルが並べてあるエリアもあり、


c0147790_16395768.jpgこんな三角屋根の下にテーブルがセットしてあるエリアもあり、


c0147790_16403721.jpgわたしたちが一番気に入ったのは、奥のバーエリアでした。この屋根の下がバーです。


c0147790_16412184.jpgバーエリアは席がおもしろいんです。こんなふうに砂の上にじゅうたんが敷いてあって、ごろごろできたり、


c0147790_16424547.jpgこんなシャンデリアの下の毛氈(?)みたいな席とか、


c0147790_16433549.jpgこの席は(ちょっとわかりにくいですが)竹で組んである高くなった席。みんな思い思いの形でくつろいでます。(娘がおむつしてる〜。なんだかなつかしいなぁ) このウェイター君はスリランカ出身で、カールルイスに似てるので「カールくん」と呼んでました。


c0147790_16455299.jpgそして暗くなってくると、このように砂の上にランプがともされます。


c0147790_16462760.jpg夕暮れ。ファンディータからは夕日もばっちり見えます。


c0147790_16475712.jpg


c0147790_16482065.jpg


c0147790_16484928.jpg


c0147790_1649915.jpgそして暗くなると手もとまで真っ暗になるので、こんな光るトレイを置いていってくれます。


c0147790_16501321.jpg


c0147790_16503767.jpgバーには瓶がたくさん並べてあります。


c0147790_16512291.jpg


c0147790_16514693.jpgこのテーブルは、沈没船から引き上げた宝箱って感じ。すてき。


c0147790_16523128.jpgまだまだお行儀の悪いうちの子供たちが、どんな格好で食事をしても気にならず、ファンディータとっても気に入ってしまいました。

# by powderblueY | 2008-01-25 16:53 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 5

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

今日はヴィラ周辺の様子をご紹介します。

c0147790_2234091.jpgプール。たくさん泳げるというほどの広さはありませんが、のんびりするには十分。水の中のベッドが気持ちいいです。


c0147790_2255419.jpgすぐ前がビーチです。ビーチにもヤシ葺きの屋根の下にチェアがあります。


c0147790_2272016.jpg主人と息子はここでよくビーチボールバレーをしていました。


c0147790_2275583.jpg玄関の前の椅子。


c0147790_2284764.jpgビーチの砂は硬くて、ちょっとコンクリートの上を歩いているみたいでした。ここに生物が住みつくことによってだんだん柔らかい砂になっていくんでしょうね。この次の年(2006年)に親友がリーティラに行ったのですが、カニやヤドカリがたくさんいたとのこと。緑もますます豊かになっていたそうで、いい意味で年々変わっていくのでしょうね。


c0147790_22114621.jpg海は遠浅。ハウスリーフというものはありません。スノーケリングするならエクスカーションで出かけます。


c0147790_22124612.jpg


c0147790_22132532.jpg隣のヴィラとは遠く離れていて、呼んでも聞こえません。


c0147790_22215291.jpg玄関前の風景。


c0147790_2214256.jpg"Don't disturb"のサイン。なんか神秘的。


c0147790_22151320.jpg出かけるときはこういうカートを呼ぶほか、自転車という方法もあります。


c0147790_22155566.jpgこれがリーティラのメインロードです。ヤシの木たちも「植えたよ」って感じがまだ強いです。もともとリーティラは小さな素朴系の島で、ドイツ人ゲストが多かったそうですが、その島を大幅に埋め立てて作られました。なので、もとからあった島の部分はジャングルのような植栽がそのまま残っており、緑が豊富です。あとから作った部分はこのように整然として、「作りました」って感じですね。


c0147790_22201346.jpgうちのお部屋。プールつきビーチヴィラ。水上のハンモックで有名な水上ヴィラは、お子様は滞在できません。


c0147790_22232395.jpgすてきなお部屋の中。


c0147790_22235793.jpg息子のために作ってもらったエキストラベッド。


c0147790_22352310.jpgバスルーム。


c0147790_22361236.jpg下の扉の中に冷蔵庫があります。前もってメールで「冷蔵庫の中にはビールやコーラ、・・・・・が入っていますが、ほかに特別に用意してほしいものはありますか」と聞かれ、娘のために「果汁100%のリンゴジュースを」とお願いしてあったら、ちゃんとリクエストどおり入れてありました。


c0147790_22385990.jpgプールから。


c0147790_22392596.jpgそういえばここのプライベートプールは、端から常に水が流れ落ちているタイプ(インフィニティエッジっていうのでしょうか?)でした。水がどういう仕組みで循環しているのかわかりませんが、贅沢ですよね。


c0147790_22411887.jpgバナナをむしゃむしゃ食べている娘。


c0147790_2242423.jpgバスルーム側からベッドルーム側を見る。お部屋は広くて天井が高くて、申し分なく快適でした。

# by powderblueY | 2008-01-24 22:42 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 4

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

c0147790_22563395.jpgこれは島のあちこちにあるオブジェですが、一つ一つの形がReethi RestaurantやSpaを表しており、つまりは道しるべになっています。


c0147790_2258813.jpgバーの前にある、海に面している大きなソファ。東向きなので夕日は見えませんが。


c0147790_2259368.jpg夕暮れになって、島の西側に出かけてみました。わたしたちの部屋は東向きだったので、部屋から夕日は見えませんでした。


c0147790_231463.jpg西向きのビーチ。鏡のように静かです。事前の情報では、西向きより東向きの方が海が穏やかということだったので、東向きの部屋をリクエストしたのですが、西向きもこのように穏やかです。海の中はどちらも同じ、魚はほとんどいないです(笑)。


c0147790_2335244.jpg日が沈んできました。


c0147790_2343667.jpg言葉を失う一瞬ですね。


c0147790_2353778.jpg気に入っている写真。貴重な一コマ。なにしろこんなふうに二人で仲良く遊ぶことは、めっっっっったにないことだもんですから。
# by powderblueY | 2008-01-23 23:06 | 2005 Maldives | Comments(0)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 3

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

c0147790_22204813.jpgさて朝ご飯を食べに、メインレストランのReethi Restaurantに向かいます。リーティラは島が大きいので、どこに行くにもカートを呼ぶのですが、このときは初めてだったこともあり、ビーチを歩いていきました。そしたらレストランに着いたら入り口の案内係の人に、ものすごくびっくりした顔をされました。カートに乗って行き先を告げると、ドライバーさんが「○○号室の○○様、今ヴィラを出てレストランへ向かいます」みたいなことを無線で連絡してるようなんです。でゲストがどこにいるかがすべて把握されているみたい。そしてレストランにいる間に、ヴィラのお掃除やターンダウンがされるんですね。だからカートに乗らず、連絡もなしに来たゲストはすごくびっくりされるみたいです。このシステムにはわたしたちの方がびっくりさせられましたけどね。


c0147790_22273228.jpgビーチはやはり人工なので、硬くて生き物もあまりいませんでした。あれから何年かたち、今頃はきっとカニやヤドカリが住みついていることでしょう。


c0147790_22294017.jpgレストランの入り口です。


c0147790_22303327.jpgさて朝食後、今度はカートに乗って、メインプールに向かいます。大きくて非常に美しいプールです。


c0147790_22313635.jpgこれはくねくねとした形のプールで、手前は浅く、だんだん深くなっています。


c0147790_22325843.jpg中にはあわの出る部分があったり、この丸いところはジェット水流が出ます。おもしろいです。


c0147790_2234628.jpg周りはこんな美しい緑に囲まれています。芝生がとてもきれいで、トカゲが走っていたりします。


c0147790_22352742.jpgプール越しにメインバーを見たところ。


c0147790_22361762.jpgメインバーの席です。


c0147790_22372076.jpg確かこの日は、ブランチのビュッフェがあって、スタッフが忙しく準備をしています。


c0147790_22381932.jpg


c0147790_22385330.jpg


c0147790_22393014.jpg


c0147790_2240981.jpgプールの向こうのビーチにも、パラソルやチェアが美しく並べられています。


c0147790_22411571.jpg


c0147790_22415059.jpgこのビーチには男性同士手をつないだカップルがいて、ちょっとびっくり。リーティラはイギリス系のリゾートですから、そんなことで驚いてちゃだめ!?


c0147790_22435652.jpg


c0147790_22445064.jpg


c0147790_22451857.jpgプールサイドに席を取ろうとすると、すぐスタッフがやってきて、チェアにタオルを敷き、お水やおしぼりを用意してくれます。飲み物や軽食のメニューも。そして定期的に、無料サービスのアイスクリームやフルーツ、サングラス磨きのお兄さんなどが回ってきて、1日優雅な気分で過ごせます。


c0147790_2248134.jpgそしてこちらがリーティラのシンボル的存在の四角いプール。中の区切ってあるところはジャグジーになります。くねくねした形のプールと深さは変わらないのに、こちらのプールはお子様お断り。


c0147790_2250316.jpg一番先に、ベッドの形に浅くなっている部分があって(お部屋のプールと同じですね)ここに寝っ転がって海を見ると最高の気分。見渡す限り青い海と空しかなくて。


c0147790_22521112.jpgわらぶき屋根の部分の席は一番人気の席で、早い者勝ち。朝食に行くときについでに席を取っていく人も。


c0147790_22534862.jpg芝生の上にあったオブジェ。


c0147790_22544462.jpgプールサイドでお昼を。ナシゴレン、カプレーゼ、シャンパン。

# by powderblueY | 2008-01-22 22:55 | 2005 Maldives | Comments(2)

2005 Maldives--One & Only Reethi Rah 2

<2005年9月に行ったOne & Only Reethi Rahの回想録です>

さて、到着は夜なので、周りの様子は全然見えません。
翌朝、早く起きて(もううれしくて眠っていられない!)、外に散歩に出かけます。

c0147790_1605818.jpgビーチに出るとすぐ左手に水コテがあり、その方向から朝日が昇ってきます。


c0147790_1614967.jpg


c0147790_1622337.jpgこれがわたしたちのお部屋の全容です。Beach Villa with Pool。


c0147790_1625050.jpgまずはプール。水面が鏡みたいです。


c0147790_163585.jpgプールの中にベッドの形に浅くなっている部分があります。ここに寝転がって本を読むのが最高に気持ちよかったです。


c0147790_164224.jpgプールの縁に鳥の足跡がついています。サギでしょうか。


c0147790_1652152.jpgお庭はこんな緑に囲まれています。もともと人工の島であることを考えると、よく計算して植栽されていることがわかります。


c0147790_166358.jpgこれはヴィラの玄関の前にあるチェア。夕べ到着時に、ここでバトラー君からフットマッサージを受けました。ここでくつろいでから、いざヴィラの玄関を開け「うわぁ〜!」となる段取りだったと思うのですが、マッサージの途中で息子が「おしっこ」と言い出し、バトラー君はあわてて息子をトイレに案内してくれました。段取りどおりにいかず、ごめんね。


c0147790_1692454.jpgちゃんと家族の人数分用意されているサンダル。サイズもばっちり。


c0147790_16102799.jpgではお部屋の中をどうぞ。ウェルカムフルーツは毎日補充してくれます。娘が「バナナ」と言ったら、山のようにバナナを持ってきてくれた日もありましたっけ。


c0147790_16114439.jpg美しく整えられているベッド。息子にはエキストラベッドを用意していただきました。


c0147790_16123625.jpg娘のベビーベッド。


c0147790_161327.jpgベッドサイドのお人形。ターンダウンの時、ここにちょっとしたお菓子が置いてあります。手前のはしおりで、詩が書いてありました。右のは主人が寝る前に読む「Tipo」。車の本しか読まない人なんです・・・


c0147790_1614834.jpg大理石のお風呂。そばにアロマポットやアロマキャンドルや、いろいろ用意してあります。

# by powderblueY | 2008-01-21 16:14 | 2005 Maldives | Comments(2)