沖縄・渡嘉敷への旅ーその5 お昼から

お昼になって、ご飯を食べに出かけます。
阿波連ビーチのメインストリート。
c0147790_1505296.jpg

こんなな〜んにもないところですが、道の左右に食事処が4,5軒あります。

今日はその中の「まーさーの店」というところに行ってみました。
水着でも入れてもらえます。
お店の中にはこんなダイビングの写真などが山のように貼ってあります。
c0147790_15353799.jpg

c0147790_15345860.jpg

c0147790_15362253.jpg

夜は飲み屋になるんですね。
阿波連地区には民宿しかないので(と新しくできたペンションが一つ)
みんな民宿での夕食が終わってから、飲みに来るんでしょうね。

夏野菜カレーと三枚肉そば、オリオン生。

沖縄のおそばって、麺はラーメンっぽくて黄色くて、でもラーメンよりちょっと太くて、きしめんの半分くらいの太さ。
そしてつゆはうどんつゆのような、あっさりした味です。
そこに豚の三枚肉をとろとろに煮込んだものが乗ってるの。
そして紅ショウガ。
あっさりしてていくらでも食べられるけど、ここに島とうがらしを入れるとめちゃうまです。
またはこれです。
c0147790_1593878.jpg

「こーれーぐーす」といって、沖縄の食堂にならどこでもテーブルに1本ずつ置いてあるのですが、
島とうがらしを泡盛につけ込んだ調味料なの。
これをつゆにどぼどぼと入れて食べるとまた格別においしいです。
思わず帰りに買って帰ってしまいましたわ。

午後もスノーケリングを楽しみましたが、疲れてテントの中で寝ていたら、
突然ばらばらと雨が降ってきました。
南国のスコールのようです。
あわててテントをたたんでビーチから引き上げました。

民宿のお部屋に戻ります。
c0147790_1513521.jpg

清潔で気持ちのいい宿です。
スタッフも優しくてみんな親切。
c0147790_15133861.jpg

お部屋はこんな感じ。
c0147790_15141072.jpg

8畳くらいでしょうか。
クーラーは1時間100円、テレビはタダです。
今回はたまたまバストイレ付きの部屋があいていたので、
そこにしたのですが、当然ユニットバスで狭いです。
共同のシャワー室はすっごく広くて、10畳分くらいあるシャワー室だったので、
バスなしの部屋でもよかったなって感じでした。

部屋の外には広い物干し場があって、洗った水着を乾かすのに便利です。
洗濯機は外に共同のものがあります。

お部屋でごろごろ。
もちろんモルディブの贅沢なお部屋もいいんだけど、
こういう民宿も好きなのよね〜。
これで十分って感じ。
海もきれいだしさ。

今度はモルディブのリゾート選びも、
「モルの民宿」って感じの素朴系を選んでみようかなあ。
ハウスリーフのいい島で・・・
なんて考えているうちに、3人とも寝ちゃってました。

夕方起きて、かき氷を食べに行き、
6時から夕食です。
今日は民宿の外でBBQらしい。
c0147790_15233142.jpg

お肉やウィンナー、トウモロコシなどスタッフがたくさん焼いてくれ、
食べ放題。
ソネバフシのPrivate BBQを彷彿とさせる・・・?
外で食べる食事、おいしかったなあ。
オリオンビールも。
食堂にオリオンビールの自販機があって、
自分で買ってきてがんがん飲みます。

お部屋に帰って、
那覇に来るJALの機内で子供がもらったトランプで
ばばぬきをします。
このトランプ、とっても有効活用させてもらいました。

たくさん泳いで疲れたから、早く寝ようね。
9時に寝るなんて、名古屋ではあり得ないこと。
おやすみなさい。
c0147790_15274850.jpg

# by powderblueY | 2008-08-28 15:30 | 2008 沖縄 | Comments(2)

ダークナイト

で、続けて映画話で恐縮なのですが、
今日は「ダークナイト」を見てきました。

c0147790_22555870.jpg


これはバットマンのお話です。
「バットマン・ビギンズ」も「バットマン・リターンズ」も見ていないわたしですが、
う〜ん、正直ちょっと疲れました。
2時間半と長いし、
話が複雑すぎるし、
どこに焦点を置いてみたらいいのか、どこに共感したらいいのか、
話題が盛りだくさんすぎです。

エンディングもすっきりしないし。

ヒース・レジャーの鬼気迫る演技にはぞくぞくしました。
気持ち悪すぎです。
今年の1月に亡くなったんですね。
薬の中毒だとか・・・。
あんな演技のできる人は、ある意味、常人ではないと思います。
# by powderblueY | 2008-08-27 23:04 | 映画 | Comments(0)

SEX AND THE CITY

沖縄旅行記の途中で突然なんですけど、
映画を見てきました。
今話題の「SEX AND THE CITY」。
c0147790_22534782.jpg


すっごくおしゃれで、目の保養!って感じ。
親友4人組のそれぞれの個性もいいし、
around forty(アラフォー)になっても、
over fortyになっても
あんなに仲のよい女友達がいるっていいなあって思いました。

人気の連続ドラマの続編を映画にしたらしいのですが、
ドラマを全然見ていないわたしでも、すぐ入り込めたし、
わかりやすい作りで、
ハッピーエンドで、
久しぶりに胸がすかっとした映画でした。
おすすめです。
# by powderblueY | 2008-08-27 22:54 | 映画 | Comments(0)

沖縄・渡嘉敷への旅ーその4 阿波連ビーチへ

民宿に着いて、荷物を置き、さっさと水着に着替えると、
さっそくビーチへ出てみました。
民宿けらま荘から阿波連ビーチまでは歩いて5分もかかりません。
テントを持って、水着のままで歩いていきます。

c0147790_22505783.jpg

これこれ、この海の色!

c0147790_22521560.jpg

お天気もいいし、海の色が最高!

ビーチにさっそくテントを広げます。
c0147790_22533820.jpg

ちょっと風でへしゃげちゃってますけど。
金属の棒を砂の中に差し込んで固定するようになっているので、
飛んでいったりはしません。

さっそく海の中に入ってみました。
水はちょっと冷たいけど、すぐ慣れるわ!

入ってみてびっくり。
波打ち際からほんの30センチほどのところで、
娘が「お魚がいーっぱいいるよ!」と言っています。
c0147790_22553264.jpg

こんな感じ。
銀色の魚がたくさん泳いでいます。
すごい!

少し沖合の、海の色が濃くなっているあたりに泳いでいってみると・・・
c0147790_22573027.jpg

c0147790_22575038.jpg

c0147790_225891.jpg

枝サンゴがきれいです。
そして、魚がいっぱい!
c0147790_22584091.jpg

c0147790_2259876.jpg

c0147790_22592040.jpg

c0147790_22593576.jpg

c0147790_22595212.jpg

c0147790_2301056.jpg

c0147790_2303163.jpg

チョウチョウウオはおそらく餌付けされているんだと思いますが、
人が泳いでいくだけで後ろをついてきます。

c0147790_2314361.jpg

c0147790_2315775.jpg

c0147790_2321799.jpg

クマノミくんの家族もいました。
透明度もすっごくよくて、海の底までクリアに見えます。

阿波連ビーチはビーチ中央に遊泳可能区域がロープで仕切ってあり、
その中がこのような海の様子なのですが、
あまり人の入っていない遊泳禁止区域はどんなに美しいんだろうと思わせられます。
去年はこんなに「遊泳禁止区域」なんて看板は立ってなかったんだけどな。
c0147790_235154.jpg


遊泳可能区域にはたくさん人が入って泳いでいますが、
餌付けしている人もいるし、
サンゴの上に立っている人も!
中には、ちょっと海水浴のつもりできたのでしょうか、
マリンシューズがなくて、裸足でサンゴの上に立っている人もあり、
別な意味で「それ、やめた方がいいよ」って感じでしたが・・・

この美しい海を守るためには、
もっとマナーの徹底が必要かも。
# by powderblueY | 2008-08-26 23:07 | 2008 沖縄 | Comments(0)

沖縄・渡嘉敷への旅ーその3 渡嘉敷へ

国際通りを歩いたあと、晩ご飯を食べに、旬魚酒菜「回」へ向かいます。

ここはオーガストインからすぐの居酒屋さんなのですが、
去年一度行ったらとってもおいしくて、はまってしまい、
結局那覇にいた3日間とも晩ご飯に通ってしまったお店です。

子供たちも「那覇に行ったら”回”に行こうねえ」というのが合い言葉。
c0147790_16133526.jpg

お店に入った瞬間に、1年ぶりなのに、店長さんが覚えていてくださって
とてもうれしい。
c0147790_16142958.jpg


メニューは沖縄の郷土料理がいろいろですが、
 石垣牛のたたき
 アグー豚の炭焼き
 ジーマーミ豆腐
 ジューシーオムレツ
 そうめんチャンプルー
 やんばる島豚の餃子
どれもおいしい!
もちろんオリオンの生も!!

みんなお腹いっぱいになり
「また来年来ます!」と言ってお店を出ました。

そして翌日。
渡嘉敷に渡る日です。
快晴とはいかないけれど、まずまずのお天気。

ホテルの喫茶店で朝食をいただきます。
c0147790_16191357.jpg

喫茶店の大きな窓からの景色。ここが国際通りです。
このホテルは3階がフロントになっていて、2階は喫茶店、
1階は「鍵石」という有名な沖縄ガラス工芸の店です。
ここのお店も大好きなの〜。
うちの食器棚には鍵石のガラス食器が数限りなく・・・
今年は主人に「これ以上ガラスは買うなよ」と釘を刺されていたので
買えませんでした・・・。

さて、チェックアウトして、渡嘉敷へ向かうマリンライナーが出る泊港北岸に向かいます。
去年はここで「全便欠航」でエライ目に遭ったのよね。
今年はいいお天気です。

予約してあった切符を買い、乗船します。
乗船待合室と、マリンライナーの中。
c0147790_16241995.jpg

c0147790_16244931.jpg

定刻に船は出航。
予定通り40分で渡嘉敷港に到着。
ぜんっぜん揺れなかったわ。
去年は悪天候でまるまる3日間欠航になったあとの船で、
大波でざぶんざぶんと揺れ、生きた心地もありませんでしたわ。
やっぱり天気でこんなに違うものねー。

民宿からのお迎えの車が渡嘉敷港にずらりと並び、
自分の民宿の車を探して乗り込みます。
c0147790_16275534.jpg

今年の宿泊先は「けらま荘」
c0147790_1630963.jpg

阿波連地区にあるいわゆる民宿です。
# by powderblueY | 2008-08-25 16:31 | 2008 沖縄 | Comments(0)