帰ってきました

愛媛県の実家から帰ってきました。
毎日、胃と肝臓を酷使してきました。
ちょっとお疲れ気味です。

松山空港にあるポンジュースの出る蛇口は1月6,7日限定だったそうです。
残念!! 常設されるのかと思ってたのに。
「ほらほうよ。ほんなもんいつまでもおいとったら、みんなあポリタンク持って来るよ。
えひめ飲料(ポンジュースの会社です)つぶれるがね」
と母に言われました。
でも有料でもいいから蛇口からついで飲みたかったなあ。

今回、実家に帰ってしたことといえば・・・
スキーに行ってきました。
「愛媛県ってスキー場あるの!?」とよく言われますが、
ちゃんとあるんですよ。
わたしが知る限りでも4つか5つのスキー場があります。
もちろん人工雪ですが、駐車場まではばっちりノーマルタイヤで行けて、
ゲレンデには人工雪がたっぷりという、今はやりのタイプのスキー場です。

今回行ったのは「久万スキーランド」といいます。
松山市内からほんの40分で着きます。
ここのサイトの管理人さんはとても熱心な方で、
毎朝、駐車場の積雪状況、国道で峠を越えるところの積雪状況、国道をはずれてスキー場までの積雪状況を写真とともにアップしています。
南国の人たちは車を常に雪道対応にしてあるわけではないため、こういう情報がとても役に立ちます。
もちろんゲレンデのコースの状況も日々、アップされています。
もちろん規模は小さくて雪も重たいですが、おらが村の手作りのスキー場って感じがして、わりと気に入っています。
c0147790_161830100.jpg

c0147790_1618577.jpg

3日間も実家でぼけっとしてきたため、今日の仕事は今ひとつペースがつかめませんでした。
おまけに午後、息子の小学校の参観日があるのをうっかり忘れていて、大あわてで走っていきました。
これからちょっと気を引き締めて、ダイエットも再開です。
がんばるぞー!! (と気合いだけ)
# by powderblueY | 2008-01-15 16:19 | 日常 | Comments(0)

2006 Maldives--Soneva Fushi--3

<2006年9月に行った4度目のMaldives、Soneva Fushiの回想録です。ちょっと古い情報でごめんなさい。>

c0147790_1571167.jpg今回わたしたちはSoneva Fushi Villa Suite & Tree Houseというカテゴリーのお部屋を予約していました。#65のお部屋です。まずVilla Suiteの部分です。

c0147790_1583780.jpgロマンチックなベッド。天蓋はターンダウンされると蚊帳になります。

c0147790_1593115.jpg息子用には、リビング部分のオレンジ色のソファを1つ、ベッドに作っていただきました。でもお昼もこのままなので、座れるソファが1つになっちゃう。お願いすれば昼はソファ、ターンダウンでベッドに、っていうめんどうなこと、やってくれちゃうのでしょうか?

c0147790_15121520.jpg夜はこのエキストラベッドも蚊帳に包まれます。昼はこの蚊帳はくるくるっと巻き上げられています。

c0147790_15113580.jpgオレンジ色のソファとソネバくま。

c0147790_1514238.jpg娘のためのベビーベッド。十分な大きさです。夜はこの上にも蚊帳が張られます。さすがの心配り。蚊なんて全然いないんですよ。

c0147790_1515130.jpgデスク。

c0147790_15202425.jpgデスクの上のインフォメーション。自然の素材ですてき。

c0147790_1515446.jpgバスタブ。

c0147790_15161112.jpgウォーターガーデン。ボウフラがわくんじゃないの?とか心配しましたが、いつもきれいに掃除されてました。

c0147790_1517431.jpg洗面台。

c0147790_15173240.jpgタオル掛け。

c0147790_15175226.jpgバスルームのこのソファ、とっても気持ちいいです。初めは何に使うの?と思いましたが、バスタイムの後、のんびり横になるのに最適!

c0147790_15191364.jpg中はミニバー。丸いのは氷入れです。お願いしなくてもいつも氷が用意されていました。

c0147790_15212515.jpgおなじみ、砂落とし。当然1匹買って帰りました。

c0147790_15221584.jpg蚊取り線香入れ。

c0147790_1522495.jpg足の砂を落とす水瓶。

c0147790_15233097.jpgクローゼット。私的なものお見せしてお見苦しくてすみません。すごく広いってことが言いたかったんです。

まずVilla Suiteの部分はここまでです。
実家から帰ってきたらTree Houseの部分をご紹介します。
# by powderblueY | 2008-01-11 15:24 | 2006 Maldives | Comments(0)

2006 Maldives--Soneva Fushi--2

<2006年9月に行った4度目のMaldives、Soneva Fushiの回想録です。ちょっと古い情報でごめんなさい。>

c0147790_033140.jpg朝5時20分に集合だったので、5時から朝食。ねむくて食欲もありません。

c0147790_04442.jpg水上飛行機、ソネバフシの専用待合室。オレンジ色のソファすてき。うっとり。

c0147790_053684.jpg待合室の外のテラスから見えた朝焼け。
c0147790_06159.jpg搭乗します。水上飛行機に乗るリゾートは初めてで、どきどき。

c0147790_07136.jpg航路図。まだLandaa Giraavaruはありません。

c0147790_074481.jpgわっかが見えてきました。あ〜これが見てみたかったのよ。

c0147790_081942.jpgこの前の年に行ったReethi Rahです。

c0147790_092324.jpgどこかのサンドバンク。なんてすてき。サンドバンクを見るとどきどきしちゃいます。一人で上陸して大の字に寝転がりたい!

c0147790_0105656.jpgおきまりの・・・。

c0147790_0115724.jpgお迎えのボートの中で靴を脱ぎます。この後帰りの水上飛行機に乗る直前まで、靴は履きませんでした。

c0147790_0132974.jpgやしの実ジュース。娘は一口飲んで「お母さん、もういらない」
c0147790_0154769.jpgこの比較的短い桟橋に到着しました。快晴です。

# by powderblueY | 2008-01-11 00:16 | 2006 Maldives | Comments(0)

2006 Maldives--Soneva Fushi--1

2006年9月にはSoneva Fushiに行きました。
ここの旅行記はネット上に腐るほどありますので、写真を中心にさくっとアップしたいと思います。
子供は息子6歳、娘2歳でした。

c0147790_23561129.jpg9月のある木曜日、UL直行便で出発。
c0147790_23564915.jpg名古屋セントレアから国際線乗り継ぎ便で成田へ。
c0147790_23572498.jpgULの中では、息子はゲームに夢中。

c0147790_2358011.jpgやっと到着。でも直行便はやっぱり楽。このあとフルレホテルに直行。
# by powderblueY | 2008-01-11 00:01 | 2006 Maldives | Comments(0)

里帰り

明日の夜から3連休を利用してわたしの実家に里帰りしてきます。

わたしの実家は愛媛県です。
愛媛県っていうとみなさん「道後温泉があるところね」って思われると思うのですが、
確かに、温泉がわくところが多いです。
うちの実家なんて、市町村合併以前は「温泉郡」だったくらいです。
これってまるで「広島県もみじまんじゅう郡」とか
「香川県うどん郡」とか
「沖縄県シーサー郡」とかいうのと同じくらい、象徴的な地名ですよね。
(すみません、勝手に作りました)
実家の近くに町営の温泉施設があり、450円で1日中のんびりと温泉につかれます。

そういえば「愛媛県の各家庭にはポンジュースの出る水道がある」っていう伝説があるんですってね。
みなさん、ご存じでしたか?
わたしは名古屋に住むようになって初めて知りました。
で、このたび松山空港に、本当にポンジュースの出る水道ができたそうです。
写真撮ってきますね。わくわく。

うちの家族はみんな飲んべえです。
今は全員が集まるのはお盆とお正月しかないんですけど、
集まると毎日、朝から晩まで飲めや食えやの大騒ぎ。
しらふになる暇もない、腹が空く暇もないといった状態になります。
幸い、お隣が酒屋なんですけど、隣からビールの出る水道を引いてほしいと、真剣に思います。

わたしは今回、香港ークリスマスー年末年始ー実家と怒濤の4連発なので、
もうこわくて体重計に近寄れません。
体にキレがなくなってきたのが自分でもわかります(野球選手かよっ)。

ニコレットみたいな「食べたい気持ちを抑える」お薬がないものかと思いますが、
「やせる薬だよ」と言われて覚醒剤に手を出しちゃう女子高生とかいるんですってね。
ああ、人間やめずにデブだけやめれる薬、だれか開発して〜!!
# by powderblueY | 2008-01-10 23:46 | 日常 | Comments(0)