来年の天皇即位10連休 -3

さてさて、フィジーに大きく心が傾いたので、
本屋さんに行って、これを買ってきたの。

c0147790_14270496.jpg

ネットでなんでも調べられる時代でも、
総論的なことはやっぱり、るるぶなのよねー。


と思って読み進んでいるうちに、
タヒチの方に目を惹かれてしまって。
ボラボラにも昔、行ったなー。
部屋から気軽にスノーケリングできたし、あの海の色は忘れられない。
しかも意外とダイビングがおもしろくて、毎回マンタに会えたっけ。
ちっちゃいレンタカーを借りて、島を一周したのもおもしろかったなー。
黒真珠とかパレオとか、お土産物にも困らないし。


と遠い目で回想しているうちに、
それならタヒチでいいじゃん、
となりました。


でもね、ボラボラはやっぱりハネムーナーが多くて、ハネムーナー料金なので、
ただでさえお高いタヒチなのに、
ちょっといいお部屋だとそりゃもう、一桁ちがうんじゃない? って思うようなお値段です。


それなら、ランギロアはどうよ? 
世界最大の環礁の島。
たしかKia Ora Resortというホテルがあったわよね。


と思ったら、なんとそれが今は星野リゾートになっているのね。
びっくり。


うーん、星野かあ。
わたしも主人も星野リゾートってあんまり好きではないので、
かなり悩みましたが、
でもお部屋は快適そうだし、
お値段もまあまあお手頃。
水上バンガローにも、ビーチのプールヴィラにもそれぞれよさがあり、
4人で滞在できる大きなお部屋もあるけど、
ここはいっそのこと、水上とビーチと2部屋に分かれて、両方楽しんじゃいましょう! 
というわけで、
手配完了となりました。
スノーケリングは、まあまあくらいの感じですが、
ダイビングはおもしろそうです。
(初心者のはな子でも大丈夫かしら?)

c0147790_14523969.jpg

c0147790_14523968.jpg

今は、こんな感じで考えています。
でも家族4人で行くためには、
ジロが大学に合格していることが前提!
さて世界最大の難関であるこの問題を、乗り越えることができるでしょうか。



# by powderblueY | 2018-07-18 14:55 | 海外旅行 | Comments(0)

来年の天皇即位10連休 -2

じゃあカリブをあきらめて、どこにしよう?


GWはこのところ、アマンプロとハワイ島FSフアラライに交互に行っていて、
本来なら来年はアマンプロの番なのですが、
アマンプロに4人で10日間もいたら、それこそ破産すると思われます。


セブ島とか、あるいはダイビング目的ならシパダンとかも考えましたが、
ちょっとピンときませんでした。


お部屋から気軽にハウスリーフに出られて、手軽に魚をたくさんみられる環境って
どこにでもあるようで、実はあんまりないんですね。
モルディブは本当に稀有な存在なんだわ。


それならいっそのこと、3月にモルディブに行くけど、
GWもモルディブはどうよ。
モルディブ2連発。
3月にはミナオちゃんたちと大勢でにぎやかに行って、
GWはミリヒっていうのはどう?


とも思いましたが、
主人が「さすがに1ヶ月あけてまたモルディブっていうのは・・・」
と難色を示しました。


う〜ん。


行き詰っていたところ、
ふと、南半球は? と思い、
オーストラリア、ハミルトン島とかヘイマン島とか調べましたが、GWは夏の終わり、冬の直前、
日本で言えば10月くらいの気候のよう。


それなら、フィジーはどうかしら。
昔、フィジーには一度行ったことがあって、それは本島(ヴィチレヴ島)だったので
海もあんまりきれいじゃなかったけど、
フィジーの離島には、すごくいい1島1リゾートがいくつもあると聞いたことがあるわ。
季節的にも5月はもちろん泳げます。


調べてみると、ありましたありました。
例えば、ナンディ国際空港からヘリか水上飛行機で行くヴォモ・アイランド・リゾート。

c0147790_14201666.jpg

c0147790_14201653.jpg

c0147790_14201649.jpg

もちろんダイビングできるし、スノーケリングもできるし、
プール付きのお部屋、素敵だし(ただしお高いです)。


あるいは、これもナンディ国際空港からヘリか水上飛行機で行く、ロイヤル・ダブイ・アイランド・リゾート。

c0147790_14295425.jpg

c0147790_14295303.jpg

c0147790_14295420.jpg

c0147790_14295368.jpg
ここもダイビングもスノーケリングもできて、写真はまるでCGのように美しいです。


しかも今年の7月から成田〜ナンディの直行便が再開するんだって。
昔は名古屋からも直行便が飛んでいたんだけど(ニュージーランド航空で、ニュージーランドに行くついでにフィジーに降りるって感じでした)
今は日本からの直行便はない。
それが7月から週に3回、成田〜ナンディ直行便が飛ぶんですって。
これってチャンスじゃない?


意外に長くなってしまった。
続きます。

# by powderblueY | 2018-07-17 14:02 | 海外旅行 | Comments(0)

来年の天皇即位10連休 -1

さて、長い長いモルディブ・ミライドゥ再訪記が終わったところですが、
来年の3月のモルディブはすでにプランを練り終え、
飛行機の予約も入れてもらいました。
リゾートに関してはまだ検討中ですが、
一応、希望のところの予約を入れてもらっています(変更あるかも)。


え? ミリヒ?
ミリヒは、来年の候補ではないんですよ〜。
来年はミナオちゃん一家と一緒に8人で行く予定で、
うちは大人4人、ミナオちゃんちは大人3人+小人1人なので、
4人で泊まれるプール付き水上ヴィラが2部屋以上あるリゾートってことで探してもらってて、
ミリヒは該当しないんですね。
ま、再来年ですかね(笑)


それはいいとして、
今、一番気になるのは、天皇の代替わりのGW 10連休です。
いや、まだ10連休になるかどうかは政府から正式発表はないんですよ。
再来年(2020年)の東京オリンピックの開会式・閉会式に合わせて、海の日・山の日・体育の日を移動させるというのは
先日、正式に発表になりましたが、
来年のはまだ発表になってない。
だから本当に10連休かどうか定かではないのですが、
もうすでにその時期の航空券は発売されており、発表になってからでは遅いですからね。


で、どこに行こうかと考え始めたのは、今年のGWのハワイ島から帰ってきたころでした。


ジロが大学に合格していれば、家族4人で行ける旅。
10日も休みがあるなんて、めったにないことなので、
(いやしかし、2019年末から2020年始にかけても9連休ですけどね。
 いやーん、大型連休が多くて、ワクワクが止まらないわ♡)
普段は行けないようなところに行ってみたいと思いました。


カリブまで足を伸ばしてみたい!


そう、カリブは遠いので、なかなか普段は行けないじゃないですか。
そしてカリブには(いいホテルもいっぱいあるけれど)Turks & Caicosにアマンヤラがある!
昔から旅行ブロガーさんたちの旅行記を読んで、アマンヤラにはいつか絶対に行ってみたかったの。
圧倒的な海の美しさ、お部屋に海の洞窟があったり、プライベードビーチがついてたり、
ダイビングもスノーケリングも楽しいって!

c0147790_14251096.jpg

カリブは日本からは行きづらいところで、
直行便がないのは言うまでもありませんが、
途中どこかで1泊しないと行けないのです。
アトランタ泊、デトロイト泊、トロント泊、ニューヨーク泊・・・
はてはロンドン経由まで考えました。
(ロンドン経由が一番乗り継ぎがよく、所要時間が短かったりしますが、
 料金はべらぼうです)

c0147790_14251537.jpg

あまりの行きづらさに一度はあきらめ、
そのころ、たまたまはな子が「はなちゃん、イタリアでピザ食べたい」なんて戯れに言ったことを真に受けて、
イタリア周遊の旅も考えました。
ヨーロッパは、カリブに比べると格段に行きやすくて、
名古屋発着フィンエアでヘルシンキ乗換、
あるいはルフトハンザでフランクフルト乗換で、さくっとローマに到着します。
今までさんざん「う〜〜ん、デトロイト乗換か・・・」なんてPCとにらめっこだったのに比べると、
あっけにとられるほど簡単に行けそうでした。


ホテルだって泊まってみたいところがいっぱいあるし、
ローマで真実の口に手を入れ、
カプリ島で小さなボートで青の洞窟に入り、
ヴェネツィアでゴンドラに乗り、ガラスを買い・・・
って考えるだけでも幸せ!


じゃあ航空券の予約を入れてもらうか、と考えていたら、
はな子が言いました。

「ダイビングしたいんだよねー」

「は? あんたがイタリアでピザ食べたいって言ったんじゃないの」

「ピザはどこでも食べられるでしょ。
 それよりここしばらく海に行ってないから、ダイビングしたいんだよねー」

「行ってないって言うけど、毎回誘ってあげてるのに、部活があるって言って行かないんじゃん。
 それに来年3月にはモルディブに行くから、そこでさんざん潜るわよ」

「うん。それでもGWもダイビングに行きたいの」


なんてこと。はな子の一言に振り回されるとは!


しかし、それならやっぱりカリブか、と思い、
遠くて行きづらくても仕方がない、せっかくの10連休なんだから、多少行きにくくてもいいでしょう、
トロントかどこかで1泊して、カリブを目指しましょう、5月はシーズン的にもいいし、と思い、
アマンリゾーツの日本語担当の方にメールしました。


そしたらですね、

「ご希望の6泊のご日程のうち、2日間は、すでに貸切になっております」


はあああ!? アマンヤラ貸切!?
どんなハリウッドセレブですか!?
逆に、潜入して、見てみたいわ!


と思ったけれど、貸切ならどうにもなりません。
家族4人で、途中で泊まるホテルを変えたりするのは、めんどうで絶対に嫌なので、
この時点で、カリブは消えました。
(いや、もちろん、カンクンやコスメルも考えましたけどね。
 コスメルはダイビングもできるしね。
 でもカリブに行くならアマンヤラに泊まりたかったので・・・)


後半に続きます。



# by powderblueY | 2018-07-16 14:06 | 海外旅行 | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -85 無事に帰国

c0147790_21213971.jpg

さて、マーレをほぼ定刻に離陸したシルクエア。
まずはシャンパンが出ました。

c0147790_21213948.jpg

アテ。


シルクエアはSQの子会社なので、
SQで使い古された機体が払い下げられているのか、
飛行機はかなり古く、ビジネスクラスといっても、わりとしょぼいです。

c0147790_21214533.jpg

リクライニングのスイッチも、こんな昭和を感じさせるもので、
もちろんフルフラットにはなりません。
座席にパーソナルモニターはなく、映画は各自、端末で見るのですが、
用意されている端末は、行きはRenovoでしたが、帰りはiPadでした。


しばらくすると食事が出ました。

c0147790_21214665.jpg

c0147790_21214694.jpg

チキンとパクチーの前菜。おいしかったです。


c0147790_21214616.jpg

これはラクサゴレンです。
赤いペーストをつけるとめちゃめちゃ辛く、つけないと味がありません。



シンガポールに着陸する直前(現地の20時ごろ)、空が明るいなあと窓から見ていたら、
ちょうど満月でした。
写真はうまく撮れませんでしたが。
今回のモルディブ滞在中は、ちょうど半月から満月にいたる途中で、
月がとても明るく、
夜も晴れているのに、月の明るさのせいで天の川はあまり見えませんでした。


去年の滞在中は、朝がたいてい干潮で、
朝スノするのにサンゴにお腹をこすりそうだったけど、
今年は朝が満潮で、そんなことはありませんでした。
ミチさんがドロップオフに出るチャネルを造ってくださったおかげもありますが。


そういえば、ミライドゥは中国にはマーケティングをしていないので、
中国からのゲストはほとんどいませんが(ヨーロピアンがほとんど、中東からが少し、日本人少し、まれに韓国人)
モルディブに来る中国人、全盛期よりは少し減ってるような気がします。
この帰りのシルクエアにもほとんどいませんでした。
(まあ、マーレから直行便で帰っちゃうからかもしれないですが)
中国からのゲストは、だいたいモルディブに4泊しかしないそうですが、
同じリゾート内で、まずビーチヴィラ2泊、次に水上ヴィラ2泊、ときっちり決まっているそうです。
旅行会社がそういうふうにしか組まないんだって。
たまに「途中で部屋を変わるなんてめんどうだ。水上ヴィラ4泊がいい」というゲストもいるそうですが、
そういうのは受け付けてもらえないんだって。


なんて話をミチさんから聞いたなあ、なんて思い出しているうちに、
飛行機はシンガポールに到着しました。

c0147790_23491013.jpg

たくさんの船が、とてもきれいでした。

c0147790_23491082.jpg

Terminal 2に着きました。
次の名古屋行きはたいていTerminal 3から出るので、Skytrainに乗って移動します。

チャンギ空港には、LCC専用のTerminal 4というのが新しくできていますが、
Skytrainではつながってなくて、Terminal 2からバスで行くようです。

c0147790_23491510.jpg

チャンギ空港にはお店が豊富で、ショッピングがとても楽しいですが、
子供たちが「ZARAで服を買ってきて」と言っていたので寄ってみたり、
職場へのばらまき土産などは、この乗り継ぎの時間に買います。
重たい水ものの化粧品とか、TWGの紅茶も。
TWGのクッキーはとてもおいしくて、お土産物として人気があります。


c0147790_23491561.jpg

SilverKris Loungeへ。

c0147790_23491583.jpg

SQでモルディブに行くと、
行きも帰りもチャンギで4時間半の乗り継ぎがあるので、
時間が無駄だなあと思うこともあるのですが、
でもショッピングが楽しいから、それも一興かと思っています。

c0147790_23491661.jpg

夜中の1時。名古屋行きに搭乗しました。
座席は2-2-2の配列で、ビジネスは全部で90席ありました。すごくない?

c0147790_23492395.jpg

定刻に離陸し、
日本時間の午前3時にディナーが出ましたが、
わたしたち以外は全員、朝食サービスを頼んだようでした。

c0147790_23492394.jpg

c0147790_23492304.jpg

これはBook the Cookで前もってオーダーしておいたクラシック・ロブスターテルミドール。


食べ終わって、リクライニングしてすぐ寝ましたが、
フルフラットではなく、160度くらいの感じでした。
それでもゆっくり寝られます。
CAさんが「他のお客様にご朝食のサービスをする時に機内が明るくなりますので、どうぞこれをお使いください」
と、アイマスクと耳栓をくれました。ありがたいわ。


c0147790_23492776.jpg

着陸の少し前には、カフェラテをいただきました。


定刻より少し早くセントレアに着陸。
名古屋は13度とアナウンスされました。
(さむっ。今日の気温の3分の1だよっ)

c0147790_23492793.jpg

こうして2018年のモルディブ旅行は終了しました。
無事に行って帰ってこられて、ディレイやフライトキャンセルもなく、オーバーブッキングもなく、
旅行の神様に感謝です。


ミライドゥは再訪だったので、すごく目新しいこととか、びっくりするようなことはありませんでしたが、
みんなが「おかえりなさい」と迎えてくれて、居心地もよく、
あらためて、いいリゾートだなあと思いました。
日本人スタッフも2人になり、なんでも日本語でお願いできるのは気楽で便利です。
特にミライドゥの場合は、予約やIn VIlla Dining など、なんでもアイランドホストにお願いするシステムなので、
ここで日本語が使えるか、英語で言わなきゃいけないかは、快適度の大きな違いになるかと思います。
いや、英語がとっても堪能な方は別ですけど、
たいていの方は「英語で言えないこともないけど、日本語の方がずっと言いやすい」のではないでしょうか。


島全体の雰囲気も静かで、大人のリゾートです。
お食事もおいしく、海も良いです。
またそのうち、子供たちを連れて(ジロが大学に合格してからかなー)行ってみたいと思っています。


長い長い旅行記を読んでくださって、ありがとうございました。




# by powderblueY | 2018-07-15 23:48 | 2018 Maldives | Comments(2)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -84 さようなら、モルディブ

c0147790_20340116.jpg

2階に上がると、まずは出国審査です。
チェックインのとき、この「Invitation for Fast Track」というカードをもらいました。
出国審査を優先レーンで通れるというカードですが、
ご覧のとおりがらがらで、優先レーンの方がクルーが並んでいて、混んでるくらいよ。


このあと手荷物検査があって、免税エリアに入ります。
化粧品や電化製品のお店もあって、昔を知っている者としては、これがマーレの空港か、とびっくりするわ。

c0147790_20340190.jpg

このようなラウンジのチケットをいただいたので、ラウンジへ。

c0147790_20340791.jpg

少し休んで、お土産の雑貨を買って、1階の搭乗口へ。

c0147790_20340856.jpg

c0147790_20340883.jpg

銀行やハンバーガー屋さんもあります。

c0147790_20341210.jpg

キッズコーナーもありました。

c0147790_20341304.jpg

搭乗。
ほかにはアリタリアやエアアジアの飛行機が停まってました。

c0147790_20341327.jpg

振り返って、今までいた建物。

c0147790_20341385.jpg

お名残惜しいけど、今年のモルディブはこれで終わり。
楽しかった。来年もまた来ようね。
なんどもなんども来たくなる、不思議なところ。


定刻に離陸し、まもなく、

c0147790_20341957.jpg

窓から輪っかが見え始めました。

c0147790_20341981.jpg

また来るからねーーーー。


c0147790_20342094.jpg

c0147790_20342570.jpg

またねーーーー。


c0147790_20342539.jpg

北マーレ環礁の島がきれいに見えていましたが、
やがて進路を右にとり、インド洋の上を飛びました。



# by powderblueY | 2018-07-14 21:22 | 2018 Maldives | Comments(2)