初夏に行った上高地2

翌朝。
朝5時半に起きて、散歩に出かけます。
もちろん、寒いことこの上ないので、厚着して出かけますが、
ホテルの部屋にはモンベルのダウンベストが用意されてます。
ありがたいわ。

c0147790_11044440.jpg

6時を過ぎてようやく少し明るくなってきて、
外に出たら、温度計が0℃ですよ!
一瞬、こわれてるんじゃないかと思いました。

c0147790_11044530.jpg

昼間は混み合う河童橋も、まだこの時間は人影もまばら。
上高地に入る釜トンネルは、朝5時から開いているので、
宿泊客でなくてもこの時間にここに到着することは可能です。
まだ完全には日が昇ってなくて、穂高連峰にもまだ陽が当たっていません。


c0147790_11044555.jpg

河童橋の上から振り返ると、
焼岳はもう明るく見えています。

c0147790_11044749.jpg

寒い中、震えながら待っていると、
穂高連峰にだんだんと陽が当たってきました。
刻一刻と陽の当たる面積が大きくなり、あたりが明るくなってくる様子は
本当に美しく、上高地が昔は「神降地」と表記されていたというのも納得です。


でも体が冷え切ったので、部屋に戻って、

c0147790_11045130.jpg

コーヒーを淹れて、お部屋に用意されているお菓子を食べちゃおう!
二人分ですが、二つともわたしのお腹におさまりました。
さらに寒いので、お風呂にも行きました。

c0147790_11045486.jpg

さてすっかり明るくなった上高地。

c0147790_11045830.jpg

8時から朝食です。
ここの名物の豚汁。

c0147790_11050013.jpg

c0147790_11050108.jpg

食欲増進のためのお酢が各種あり、どれもさっぱりとおいしいです。
果汁をしぼったジュースもとっても美味。
ついつい全種類飲んでしまって、お腹たぽたぽです。

c0147790_11045951.jpg

卵料理も各種オーダーできますし、
主食は、パン、ごはん、おかゆ、おにぎりから選べます。
どれもおかわり可能。

c0147790_11050736.jpg

そしてデザートまで。
充実の朝食です。


9時にチェックアウトして歩き始めました。
今日は大正池まで行きます。

c0147790_11050852.jpg

今日もいいお天気よん。
ミナオちゃんもわたしも晴れ女。

c0147790_11050911.jpg

残雪に彩られた穂高連峰。
どんな角度から見ても、とっても美しい。

c0147790_11051047.jpg

そして清冽な梓川の流れ。
心が洗われます。

c0147790_11051519.jpg

1時間弱の散策で田代湿原に着き、

c0147790_11051678.jpg

そこから大正池はすぐ。
川の中に立ち枯れた木々、だんだん減ってきてるような。

c0147790_11051770.jpg

満喫して河童橋まで歩いて帰ると、

c0147790_11051804.jpg

気温は16℃になっていました。

c0147790_11052344.jpg

五千尺ホテルの喫茶室でケーキをいただきます。

c0147790_11052430.jpg

この景色を目に焼き付けて、
振り返り振り返りしつつバスターミナルに向かい、
タクシーで沢渡に降りました。


帰りは白骨温泉に寄って、温泉に入って帰りました。


新緑の季節の上高地、とってもオススメです。
もちろん来年の予約も入れて帰りました。

c0147790_11052517.jpg



# by powderblueY | 2018-09-18 11:21 | 国内旅行 | Comments(0)

初夏に行った上高地1

さて、ハワイ島旅行記が終わったところで、
5月下旬に行った上高地の旅行記を残しておきます。


今回はミナオちゃん一家との旅で、ミナオちゃんたちは上高地は初めてとのことでした。
5月26日出発で1泊。
この時期はニリンソウの季節ですよ、と言われて決めました。


それぞれ自家用車で朝4時前後に家を出て、
松本ICで降りて国道を進み、
沢渡に駐車して、あとはタクシーで上高地に入りました。
上高地バスターミナルにある食堂で朝食を。
ここでミナオちゃんたちと待ち合わせしました。

c0147790_14061985.jpg

朝食後、梓川のほとりまで出ると、もう穂高連峰の美しい眺めが。
一同、感動。
これが8時半くらいです。

c0147790_14062031.jpg

今回も河童橋のそばの五千尺ホテルに宿泊するので、
ここで大きな荷物を預かってもらいます。
上高地の観光にはシーズンのうち何度かピークがありまして、
4月下旬に開山して、GW、次にこのニリンソウの季節、夏休み、そして黄葉の季節を経て11月上旬に閉山になります。
今までは黄葉の季節ばかり5〜6回来ましたが、
新緑を見てみたくて、今回は5月末にしました。

c0147790_14062182.jpg

河童橋。
まだ朝早いから空いてるけど、お昼にはものすごい混雑になります。

c0147790_14062162.jpg

河童橋からの穂高連峰。
定番ですが、美しい。

c0147790_14062937.jpg

9時半ごろ歩き始めました。
梓川右岸を通って、明神方面へ。
初めは木道を歩きます。

c0147790_14063061.jpg

コナシの花。ちょうど満開でした。

c0147790_14063081.jpg

明神に到着。
一之池、二之池を見て回ります。


ちなみにミナオちゃんちは、中学3年のコウちゃんは部活、うちの子供たち2人も部活のため、来ませんでした。


c0147790_14063164.jpg

明神では、嘉門次小屋でイワナの塩焼きをいただきます。
もちろんビールもね。まだ10時半だけれど。

c0147790_14063734.jpg

イワナはこんなふうに、囲炉裏で焼かれるのです。


さてさらに奥の徳沢を目指して歩き始めると、
道端に可憐な白い花が。

c0147790_14063804.jpg

なんだろうね? この花、かわいいね、なんて話していましたが、
ふと、
「これがニリンソウじゃない!?」
とミナオちゃん。
スマホで調べて、「やっぱりこれだね」


ちなみに明神館より奥はスマホも圏外です。ご注意を。

c0147790_14064012.jpg

c0147790_14063902.jpg

シャクナゲも咲いてました。

c0147790_14064712.jpg

徳沢園に到着し、お昼ご飯を。


この日は一日中いいお天気で、歩くと少し汗ばむくらい。
ハイキング日和でした。

c0147790_14064891.jpg

帰り道にはおサルも出ました。

c0147790_14064950.jpg

帰りは梓川左岸を歩いて、ビジターセンターに寄り、ホテルまで戻って15時半です。
黄葉の季節に来ると、この時間には日が傾きかけているのですが、
5月末だと、

c0147790_14065070.jpg

まだこんなに明るいよ!


17時半くらいまで明るいので、
ホテルに帰ってからあとも、周りを散策できたり、部屋のベランダでのんびりビールを飲んだりできます。
わたしは、このニリンソウの季節がすっかり気に入りました。

c0147790_14065600.jpg

お部屋は今回は普通のツインです。

c0147790_14065740.jpg

c0147790_14065864.jpg

c0147790_14065959.jpg

のんびりしたところで、大浴場(非温泉)へ。


そして18時半からディナーです。

c0147790_14070405.jpg

アミューズ


c0147790_14070687.jpg

白馬山麓の湧き水で育った信州サーモンとビーツ


c0147790_14070550.jpg

パンも美味しいです

c0147790_14070740.jpg

新玉ねぎと蕪のスープ


c0147790_14071312.jpg

日本海産真鯛のポワレ 筍とバターのソース


c0147790_14071403.jpg

長野県産牛フィレのグリエ シェリーヴィネガーとドライトマトのソース

c0147790_14071520.jpg

とちおとめ・日向夏・山葵のデザート


c0147790_14071607.jpg

ホテル自家製小菓子


標高1500mの山奥にあるホテルとは思えないくらい、素敵なディナーでした。
ワインももちろん各種いただきました。
小3のリョウくんもよく歩いたね。
今日は全部で14kmくらい歩きました。


c0147790_14072049.jpg

c0147790_14072106.jpg

このホテルには、静かな談話室もあります。


夜になって、日帰りの観光客が帰ってしまうと、
河童橋周辺はとっても静か。
おやすみなさい。



# by powderblueY | 2018-09-17 14:04 | 国内旅行 | Comments(0)

安室ちゃん引退に思う

c0147790_21273948.jpg

今日9月16日、安室ちゃんが引退しましたね。


わたしはそんなすごいファンでもないし、
ライブに行ったこともないし、
ただ最後のDVDを買っただけです。


名古屋では最後のライブが2月にあり、
職場で「見にいきます!」という人がいて、初めて
「わたしも行きたい!」と思って検索しましたが、
その時点ではもう、台湾での公演しか座席は残っていませんでした。

(でも知り合いはその台湾の公演を見に行ったそうです)


で最後のライブ映像と、去年の「25周年記念ライブ」の映像が入ったDVDを買って、見ているわけですが、
やっぱり安室ちゃんはすごい。


もう40歳なわけでしょ。
なのにあの高さ10cmはあろうかというピンヒールのブーツをはいて
踊りまくるわ、ステージの階段は降りるわ、果てはステージの端から端まで走り回るわ、
おばさんは見ていて「こけないだろうか」って心配になっちゃいます。


しかもあのダンス。
ステージ上のダンサーたちはみんな20代なんでしょうけど、
安室ちゃんは他の誰よりも高いヒールをはいて、誰よりも激しく踊ってます。しかも歌いながら。
ものすごくかっこいい。


子供を産んで40代になった女性ならみんなわかると思うけど、
若い頃とは明らかに体が違ってくる。
今までと同じように過ごしていたのではどんどん太ってくる。
余分な肉がついて、体型に締まりがなくなり、かっこわるくなってくる。
それを若い頃と同じ体型を保とうと思うと、
ものすごく努力が必要になります。
食生活、エクササイズ、筋トレ、節度のある生活、ボイストレーニング、
彼女はそういうことをずっと続けてきたんだろうなあ。


そしてそういう努力にもかかわらず、
今後このレベルの高いライブを続けていくのは困難だと思ったんだろうなあ。
そのうち踊りながら歌うことができなくなり、
体型を隠すような衣装を身にまとうようになり、
最後にはディナーショーで観客と握手をしながらテーブルを回るような、そんなライブになる。
それは嫌だと思ったんだろうなあ。


彼女には父親もいないし、母親を悲劇的な事件で失ったし、夫もないし、
息子くんは今年成人した。
もう何かのために頑張る必要はない。
ずっと走ってきて、走って走って、
ついに自分でも、もうこれ以上頑張る必要はない、って思える地点に到達してしまったんでしょうね。


でも画像の中の安室ちゃんは美しく、かわいくて、若いころと変わりなく、
ものすごくかっこいい。
最後は笑顔で引退していった彼女を、わたしよりもうんと年下なのにもかかわらず、憧れるような気持ちです。
これからも自分の決めた道をまっすぐに歩んでいってほしいと思います。


# by powderblueY | 2018-09-16 22:19 | 日常 | Comments(2)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2018 GW -50 帰国の途

GWの終盤とあって、JALのチェックインカウンターは結構混んでいましたが、
手ぎわよく手続きが終わり、
荷物を預けて身軽になって、
「Security Checkは隣のTerminal 1で行いますので、そちらまで歩いて行ってください」
と言われて、ハワイの太陽の下を歩きます。
まあ隣のターミナルといっても、成田空港みたいなのを想像してはダメで、
歩いて5分ほどなのですが。


ハワイといってもアメリカだから、セキュリティチェックは厳しいです。
靴まで全部脱がされて、透明な筒の中に入り、両手を挙げてスキャンされます。
すごいな、これでなにか病気とか見つかったら教えてくれるといいのに。


で、いわゆる搭乗待合室に入りますが、
ここもオープンエアで、明るいことこの上ないです。

c0147790_22264374.jpg

c0147790_22264442.jpg

今日みたいな日は気持ちがよくていいけど、雨だったらどうするんだろう?


普通なら化粧品とか免税店が並ぶところですが、
もともと国際線はほんのわずかしか飛んでいない空港なので、そういうものは全然なく、
レストランが1軒と、
お土産物屋さん(マカダミアナッツとか、ハワイのキーホルダーとか、アロハシャツとか、プルメリアをかたどったアクセサリーとか)が1軒と、
あとは雑貨屋さん(新聞雑誌とか、ポテトチップスとか)があるのみ。
搭乗まで1時間くらいあったので、座って本を読んでいましたが、
風が通ってとっても気持ちがよく、ハワイってやっぱりいいところねえ、と実感。


c0147790_22265351.jpg

やがて搭乗開始となりました。

c0147790_22265482.jpg

Gateを出て、飛行機まで歩きます。
タラップで搭乗するのです。
これも珍しいよね。

c0147790_22265512.jpg

なんだか、昭和の1ドル360円の時代にハワイに来たかのような。


c0147790_22265636.jpg

この帽子みたいな形の屋根ひとつひとつが、搭乗ゲートだったり、レストランだったりするのです。

c0147790_22270229.jpg

わたしたちの座席の窓からは、

c0147790_22270410.jpg

JALが到着した時だけ開く、入国審査の白いテントが見えました。
その向こうはフアラライ山です。


さよなら、ハワイ島。また来るね。


定刻に離陸しました。

c0147790_22270507.jpg

シートピッチは比較的広く、エコノミーでも楽ちんでした。

c0147790_22271107.jpg

1時間たって飲み物が出て、スパークリングをいただきます。
そういえば、今回の旅行の飛行機の予約は、発売日(330日前)に行いました。
GWだからね。善は急げっていうでしょ。

c0147790_22271268.jpg

1回目の機内食。
ヒロで和田タイチョーさんに連れて行ってもらったBig Island Candiesのクッキーがついていました。


離陸後約3時間、機長から「ただいまみなさまの右手にミッドウェー島がご覧になれます」と放送が。

c0147790_22271344.jpg

すごいね。こんなところで海戦が行われたんだ。



c0147790_13265598.jpg

そして着陸の2時間前に「おはようございます」とおしぼりが配られ、軽食が出て。
(おはようございますといっても、日本時間の午後1時だし、ハワイ時間の午後6時くらいなんだけど。
 もう体内時計は狂いまくりです。もう朝なのか夜なのか全然わからない)


そして8時間半のフライトで、午後3時半に成田空港に着陸しました。


さて、わたしたちは名古屋まで帰るので、
成田からはANAの国内線を予約してありました。乗り継ぎ3時間で。


降機するとスマホのスイッチを入れるでしょ。
そうしたらANAからのメールが入っていて

「ご搭乗予定の成田→名古屋便は3時間遅れとなります」

ですって!
つまり成田を出るのが午後9時半、名古屋着が10時半ですよ。


GW最終日の前日で、乗客も多く、朝からの遅れが少しずつ溜まった結果なんでしょうが、
成田空港で6時間以上も待つのなら、JRで帰ったほうがはるかに早いです。
で、即座にANAをキャンセルし、
宅配便カウンターでスーツケースを発送し、
身軽になって成田エクスプレス、品川で新幹線に乗り換えて、無事に家に帰りました。
JRの成田空港駅の窓口のおねえさんは、きわめて有能な人で、
並んでる人の半分は外国人なのですが、英語にも日本語にも即座に対応し、
「品川乗り換えで名古屋まで」と言っただけで、ものの数秒でチケットを発券してくれました。
さすがここは日本だわ〜、と思いました。


というわけで、長い旅行記でしたが、2018GWのハワイ島フォーシーズンズ・フアラライの記録はおしまいです。
ハワイらしい青空の写真をお見せできるのは、最後の2日間だけで、ちょっと残念でしたが、
でもヘリコプターにも乗ったし、イルカと泳いだし、噴火寸前のキラウエアにも行けたし、
ホテルも十分に楽しんだし、
思い出に残る旅でした。
きっとまた行くと思いますが、今度はひとつ、よいお天気をお願いしますよ、火山の女神ペレさま。
それとJALとハワイアン航空のコナ行き直行便が、どうぞ末永く運行されますように。
火山噴火の影響は、ホテルのあるコナ地区には全然ありませんが、
風評で日本からの観光客が減ると、直行便がなくなり、またホノルル経由に戻っちゃいます。
ホノルルでの離島便への乗り換えは、まさに地獄です。キラウエアの火口に放り込まれたようなものです。
どうぞどうぞ直行便が続きますように!


ハワイといえばワイキキ、日本人が多くて、お買い物ざんまいで、そういうのはちょっと・・・とお思いのあなた!
ハワイ島は全然違います。
大自然に圧倒され、のんびりも、アクティブにも、好きなように楽しめるところです。
FSフアラライだけでなく、素敵なホテルがいっぱいあります。
海も山もゴルフも楽しめます。
どうぞ一度行ってみてくださいね。
とハワイ島観光大使になってみました。

c0147790_09143413.jpg

c0147790_09143367.jpg


おしまい。


# by powderblueY | 2018-09-15 09:18 | 2018 FS Hualalai | Comments(5)

Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2018 GW -49 さようなら、FSフアラライ

今回の旅は個人手配でした。
FSフアラライは予約の際に2泊分のデポジットがクレジットカードから引き落とされます。
なので現地で支払うのは、残りの5泊分と飲食代やスパ代ですが、
思わずめまいがするほどの金額でした、はい。


清算は手ぎわよく終わり、
車の用意ができるまでしばらくお待ち下さい、と言われました。

c0147790_22043135.jpg

ではロビーの中を見て回りましょう。

c0147790_22043966.jpg

到着時にウェルカムドリンクをいただきながら、スタッフからホテルの概要を聞くソファ。
あ〜、今が到着時ならいいのになー。

c0147790_22043201.jpg

c0147790_22163895.jpg

これはハワイのカメカメハ大王の衣装だそうです。
このガラスケースの枠の茶色い木が、(名前忘れたけど)ハワイ原産のものすごく硬い木なんだそうです。
和田タイチョーさんに聞きました。


外のベンチに出てみましょう。

c0147790_22044050.jpg

大きな木。なんだろう?

c0147790_22044200.jpg

青い芝生の向こうに、先ほどまでいたBeach Tree Poolが見えます。
そして青い海。

c0147790_22044351.jpg

c0147790_22044886.jpg

青い空にはヤシの木が映えます。


c0147790_22164030.jpg

ここが溶岩の上だったとは信じられないほど、緑の美しいホテル内。
庭師さんがたくさんいて、手入れをしています。

c0147790_22164162.jpg

また必ず来るわ。
目に焼き付けとかなくちゃ。


9時40分に車に案内されました。
スタッフのみなさんにお礼を言って。

c0147790_22211244.jpg

コナ空港に向かいます。
周りは真っ黒な溶岩の大地。

c0147790_22211805.jpg

c0147790_22211354.jpg

ハワイ島は道も単純なので迷うこともないし、レンタカーを借りてローカルのビーチに行くのも楽しいと思います。
今回は主人が運転したがらなかったので、借りませんでしたが。
(レンタカーがあると、お酒飲めないしね)


約20分でコナ空港に到着しました。



# by powderblueY | 2018-09-14 22:27 | 2018 FS Hualalai | Comments(2)