「ワールド・オブ・ライズ」

c0147790_23132815.jpg

先日「ワールド・オブ・ライズ」を見てきました。

ディカプリオ様、やっぱりかっこよいわ。

CIAの工作員という役なんですけど、
いわゆるスパイですわね。

一昨年公開された「グッド・シェパード」もCIAの諜報部員のお話でした。
(主演はマット・デイモン)
トム・クルーズの「ミッション・インポシブル」もスパイのお話ですね。
つまりそういうところに題材をとった映画やドラマって非常に多いんだと思われます。

日本じゃあ「スパイ」なんていっても
なんじゃそれ、そんな人本当にいるの?って感じですが、
アメリカやイギリスではもっと身近で、人々の関心を引く職業なんでしょうか。

日本でいってみれば「キャビン・アテンダント」みたいな??

あるいは年末に繰り返しドラマ化される「忠臣蔵」みたいな??

なんだかよくわからないけど、ディカプリオ様のかっこよさに浸ってきました。

でも一番かっこよかったのは、ヨルダンの情報局の長の役だったマーク・ストロングという人です。
            ↓ちょっと小さいんですけど、これ以外うまく貼り付けられなくて・・・。
c0147790_23395612.gif

あ〜あ、映画の中って本当にかっこいい人ばっかりで、しびれるわん。
(バカまるだし)

というわけで、頭を冷やしに、雪の八方へ行ってきます!
by powderblueY | 2009-01-09 23:43 | 映画 | Comments(0)


<< 八方スキー 1 3連休は雪!? >>