何度行っても楽しい台湾 10

c0147790_13122168.jpg


お寺からお寺へとはしごをしちゃったけど、
さあ、迪化街を歩きましょう。


上の写真のような、古くて趣のある建物が並んでいます。
人もたくさん歩いているけど、狭い道を車やバイクもびゅんびゅん走るので、
気をつけてね。


この街角には、おいしい肉まんやさんがあります。

c0147790_1314728.jpg


「妙口四神湯、肉包専売店」という名前だそうですが、
屋台ですね。
創業35年の老舗なんだとか。
1個20ドル(=60円)と書いてあるので、
はな子にお金を持たせて、買いに行かせました。

「え〜、なんて言えばいいの?」
肉まん買うのに、言葉もいらないだろうよ。
人差し指立てて「1」ってやればいいのよ。

c0147790_13172147.jpg


その場でほおばります。

c0147790_131804.jpg


胡椒が利いていて、おいしいねえ。

c0147790_13182526.jpg


1個を4人で分けました。
次の食事に差し支えるといけないので。


さらに問屋街を歩きます。
ナッツやドライフルーツ、乾物を売るお店がたくさん並んでいます。


そんなお店に必ずある、これはなんでしょう。

c0147790_1320348.jpg


そうです、ナマコの干物ですね。
どうやってお料理に用いるのか、とっても聞いてみたいけど。


そしてお目当てのお店を見つけました。

c0147790_13211125.jpg


「林豊益商行」という、竹細工のお店です。
小籠包や点心を蒸す蒸し籠が、ものすごく大きなものから、お一人様用みたいなものまで
いろいろ並んでます。
ほかにも、おしぼり入れの籠みたいのとか、昔おにぎりを入れたような竹籠とか、
全部手作りで、かわいいの。
とはいっても、問屋さんですから、きれいさとか、おしゃれな感じとかとは無縁ですけどね。
掘り出し物を見つける、って感じがとってもいいの。

c0147790_1324723.jpg


さて、ここでわたしが見つけた掘り出し物は、

c0147790_13274358.jpg


これを見て「あっ、これってあのバッグじゃん?」って思われた方は、かなりのモルディブ通。


そう、旧ソネバギリで部屋に置かれていたカゴバッグが
これとほぼ同じもの(持ち手のところが少し違うけど)でした。
もちろん、リゾートのお部屋に置いてあるものって年代によって変わると思うんだけど、
2008年頃はこれでした。
底の部分が、とてもマチが広く作ってあって(30cmくらい)、ものすごくたくさん入るの。
だけど、ぺたんと折りたためて、スーツケースに入れられるんです。
ソネバギリに行ったとき、ショップで買ってきたんだけど、
確か35ドルくらいしました(米ドルね)。


それがここでは200台湾ドル(=600円弱)ですよ。
もちろん買っちゃいましたよ。
ギリで買ったのは、ちょっとへたれてきてたので。
こういうお買い物の楽しみ、やめられませ〜ん。


そして次は、この竹細工店の向かいにある「李日勝」へ。
以前一度来たことのあるからすみ屋さんです。


おばちゃんが、わたしたちの顔を見ると、
「からすみ?」
と日本語で聞いてきます。
「そう」
と言うと、
「からすみは、向こう」
と3軒向こうの看板を指します。


からすみの需要が多いので、からすみだけ別店舗にしたらしいわ。

c0147790_14225849.jpg


はい、このように冷蔵庫にずらりとからすみが並んでいます。
試食もさせてくれます。
(からすみの試食って、おいしいんだけど、
 口の中が生臭くなって、お酒が飲みたくなるのがネックなのよね)
基本的に、からすみは大きなものほど味がいいそうです。
だけど、あまり大きなものだと、一度に全部は食べきれなくて、
半分ラップに包んで冷蔵庫に残しておいたりすると、やっぱり味も落ちるし、
適度な大きさのものを選びました。
量り売りです。


からすみって、日本で買うと、小さなものでも8000円とかするじゃないですか。
ずいぶんお値打ちに、たくさんのからすみをお買いあげ。
このお店は、以前はキャッシュオンリーでしたが、
今回はクレジットカードも使えるようになっていました。

c0147790_14262990.jpg


店内には、ほかにこのような乾物も。
ナマコの干物の隣は、フカフレですね。

c0147790_1428734.jpg


からすみの食べ方(かるくあぶって食べる)を書いた紙も置いてありました。
わたしたちはこのままでよく食べるけどね。
からすみって、ワインとかシャンパンとか、西洋のお酒とはあまり合いません。
やっぱり日本酒か紹興酒なのよね〜。

c0147790_14293318.jpg


なかなかおもしろい問屋街でした。


この時点でお昼の12時ですが、
竹細工などもいろいろ買ったので、
いったん荷物を置きにホテルに戻ります。
そしてお昼ご飯は・・・
by powderblueY | 2012-12-07 14:31 | 2012 台北 | Comments(4)
Commented by だいず at 2012-12-07 23:45 x
いいですね~、美味しいもの三昧!
アジアのゴミゴミ感も楽しそうですし。
今年の春休みに台湾に行こうかと思ったのですが、
なんだかバタバタして流れてしまいました。

そうそう、台湾ってからすみがお安く買えるんですってね。
カラスミパスタが食べたいです。
Commented by uni-uni at 2012-12-08 22:22 x
こんばんは。
旅行記、楽しみに拝見しております。
おいしそうなものが、まだまだ出てきますね!
竹細工のお店、面白そう。
折り畳みバッグ、リゾートやビーチにぴったりですね。
汚れても惜しくない値段ですね。

我が家は年末年始はシンガポールに決まったので、情報収集に励んでいるところです^^
Commented by powderblueY at 2012-12-08 23:20
だいずさん、こんにちは。
台湾は、本当においしいもの三昧で、
本気で胃袋が3つほしいです。
そう、ごみごみしてて、でもエネルギッシュなところも大好き。
店構えはぱっとしなくても、入ってみるとすごーく美味しいお店を見つけるのも
楽しいです。
春休みはお流れだったのですね。次の機会にぜひっ。
からすみ、お安いですよ〜。5つで約1万円でした。
冷凍しておいて、次に台湾に行くときまで、ちびちびと食べます。
Commented by powderblueY at 2012-12-08 23:24
uni-uniさん
竹細工のお店はるるぶにも出ているのですが、
行くのは初めてでした。
どうってことない小さなお店なんですけど、
山のように商品が積まれていて、見るのが楽しいです。
奥の方でおじちゃんがまさに、竹を曲げて籠を作ってました。
(写真撮ればよかった)

おお、年末年始はシンガポールですかっ。
いいですねー。楽しんできてくださいね。
わたしは「007 スカイフォール」を観て、今マカオにすごく行ってみたいです。


<< 何度行っても楽しい台湾 番外編 何度行っても楽しい台湾 9 >>