Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -5 GROさんからの案内 

c0147790_14311393.jpg


初めて足を踏み入れるフォーシーズンズ・フアラライのロビー。

c0147790_14344365.jpg


大きなスライド式の窓が全開になっており、
オープンエアで風通しのよいフアラライのロビー。

c0147790_14355370.jpg


落ち着いた色合いです。

c0147790_14373521.jpg

c0147790_14375621.jpg


建物の外には豊富なグリーンが。
溶岩の上で、ここだけ緑の楽園です。


ホノルル空港のあの喧騒を経て、
やっとたどり着いた楽園。
緊張がほぐれていくのがわかります。


ソファに案内されました。

c0147790_1439910.jpg


すかさずウェルカムドリンクが出てきました。

c0147790_1441682.jpg


主人とわたしにはマイタイ、
はな子にはグアバジュースです。
冷えたおしぼりと、
カットされたパイナップル。
はな子がお腹が空いていたのか、3切れのパイナップルを全部ひとりで食べました。

c0147790_1443097.jpg


レイをかけてもらいました。
主人とはな子は貝のレイ、わたしはお花のレイよ。写真なくて残念だわ。


初め、応対してくれていたのは英語を喋る男性スタッフ。
とても物腰柔らかで、しかもてきぱきと、感じがよいです。

「アロハ! フアラライへようこそ。フライトはいかがでしたか?
 ホノルルでの乗り継ぎが?  Oh, それは大変でしたね。
 この時期は大変混雑していましてね。日本ではGolden Weekというのでしたっけ?」

英語が母国語の人だから、しゃべりが速いし、
やっぱりモルディビアンの英語とは違います(当然か)。
ものすごく集中して聞いてないとついていけないし、
2秒くらいしてから、あ、そういうことか、と理解できたり、
うまく相づちが打てないわ。


でもとにかく、求めに応じて、クレジットカードを提示し、
レストランの予約を確認したりしているうちに、
日本人GROのカナさんが来て下さいました。


日本語でしゃべれてほっとするわ。


「Ocean Frontのお部屋をご予約いただいてまして、
 パームグローブエリアをご希望とうかがっております。
 今回、アップグレードさせていただきまして、
 パームグローブエリアのPrime Ocean View の  Superior Suiteをご用意しております。
 毎回アップグレードをお約束できるわけではございませんが」


きゃああ! うれしいわ!
ブログなどを見ているとアップグレードの話はよくあるようなので、
ホテルに直接予約だし、ちょっとだけ期待してたけどね。
でも本当にうれしいわ。

「さらに、もしご興味がおありでしたら、
 追加料金で、海にもっと近いSuiteへもご案内できます。
 こちらは海に最も近いお部屋で、すぐ前が海です。
 本来、1泊$6000のお部屋ですが、1泊あたり$1500の追加で大変お得にお泊まりいただけます。
 もしご興味がおありでしたら、今からご案内します」

と言われたの。


前もって、ホテルマップは頭に入れてきたので、
ああ、多分あのあたりのお部屋だな、っていうのはわかります。
もともとHPから予約したお部屋は1泊$1500だったので、
プラス1500で、1泊$3000というわけね。
半額で泊まれるってことかー。
そりゃあ大変惹かれるけど、でも
1泊3000出せるか、と言われると、
出せません。きっぱり。
見学だけでもいかがですか? と言われたけど、
見たら泊まりたくなるに決まってるじゃんね。
「今回は初めての滞在なので」
と丁重にお断りしました。


カナさんからの説明、続きます。
by powderblueY | 2016-07-05 23:44 | 2016 FS Hualalai | Comments(2)
Commented by ひつじ at 2016-07-07 22:49 x
パウダーブルーさん、わかります〜〜!
時差ボケで頭がまわらない時に、テンション高めでまくしたてられると、私なんてゲンナリしちゃう。
「もう少しゆっくり話してもらえますか?」ってお願いしたら、一瞬固まられたことがあります。笑
日本生活が長い私のBoss は、アメリカのフレンドリー過ぎるレストラン、疲れるって言ってました。
日本の丁寧で静かなサービスに慣れると、「ええいっ、うるさいわっっ」って思うみたい。
生粋のアメリカ人ですけど。。。

でも、帰る頃になって頭が英語モードになりませんか?(遅い…)
成田のスタバで英語で注文しそうになって主人にビビられました。

Commented by powderblueY at 2016-07-08 14:31
ひつじさんのBoss、おもしろいですね。
やっぱり日本の接客業の「おもてなし」の心は、すばらしいのね。
ほどよく放っといてくれる、でも用があるときはすぐに対応してくれるっていうのは
難しいさじ加減で、日本ならではですよね。

確かに、帰る頃になってだんだん耳が慣れてきますね。
1ヶ月くらい滞在したら、もっと上手にしゃべれるようになるんだろうか。
っていつも思ってます。


<< Four Seasons Hu... Four Seasons Hu... >>