Four Seasons Hualalai フォーシーズンズ・フアラライ 2016 GW -14 散歩でカメに会う

c0147790_13391360.jpg


朝日が昇ってきたので、散歩に出かけることにしました。

c0147790_13393836.jpg


お部屋を出て、

c0147790_13401844.jpg


広い池の向こうにゴルフ場があり、
その向こうに見えているのが、レジデンスです。
人が住んでるおうちね。
ほんの一部しか見えてませんが、ものすごくたくさんあります。

c0147790_13425100.jpg


うちの部屋のお隣の棟は、Presidential Suiteみたいですね。
どんな人が滞在してるんだろう。


フアラライの宿泊棟は全部で37棟あるんですが、
1つの棟の基本的な構造は、
「TwinまたはDoubleのお部屋』ー「スイート」ー「TwinまたはDoubleのお部屋」
と並んでいて、それが2階建てになっているみたいです。
つまり1つの棟に6部屋あるというわけね。

で、ところどころの棟に、もっと大きくて豪華なSuiteが入っているみたいです。

c0147790_13492879.jpg


てくてくと歩いて、池にかかったこの橋を渡って、ビーチ沿いの道に出ます。

c0147790_1404871.jpg


ビーチ沿いに生えているこの木、
Beach Tree Poolの正面にある、フアラライのランドマークになっている木と
同じ種類だと思うけど、
日本語でなんていう木なのかな。

c0147790_1434225.jpg


海に出ました。
ご覧のように岩場なので、入って泳げる海ではありません。

c0147790_1435514.jpg


立ててある注意書きには、たっくさん注意事項が書いてあります。
ここはアメリカだからね。

「ライフガードはいません。
 Man-O-Warに注意」

Man-O-Warってなんだろう??? ってずっと思っていましたが、
カツオノエボシのことなんですって。
そりゃ触っちゃいかんわね。

「鋭いサンゴに注意。
 すべりやすい岩に注意。
 急なドロップオフに注意。
 打ち寄せる波に注意。
 高波に注意。
 強いカレントに注意。
 岩棚の波に注意。
 ビーチはクローズです。
 ダイビングはダメ。
 泳いではダメ」

これでもかっていうくらい書いてあるわ。


ビーチに降りてみると、

c0147790_1442736.jpg


ミナオちゃん一家が散歩に来ていて、カメを囲んでいました。
コウちゃんの報告によると、昨夜からこの場所にいたんだって。

c0147790_1443977.jpg


じっと見てると、カメはじりじりと動き始め、

c0147790_14434778.jpg


海の方へとはっていきます。

c0147790_14441789.jpg


でもすごーくゆっくりで、1m移動するのに3分くらいかかってます。
ちょっと動いたかと思ったら、じーっと考え事をしていたり。
さすがカメの歩みだと思ったわ。


とても長い時間かかりましたが、

c0147790_1445454.jpg


やっと水の中に入りました。

c0147790_144663.jpg


ここからはさっさと泳ぎ始めるのかと思ったら、

c0147790_14471542.jpg


また水の中でじーっとしています。
ううう。これがハワイ時間なのかしら。
ま、あくせくするなってことよね。


カメがあまりにゆっくりなので、
わたしたち、ビーチに置いてあるチェアに座ってカメを見ていたら、
通りかかったスタッフが
「おはようございます。
 チェアにタオルを敷きましょうか」
と声をかけてくれました。
こういうちょっとした心遣いがうれしいです。


お散歩の続きを歩きます。

c0147790_14485476.jpg


振り返ると、レジデンス群があり、

c0147790_14491972.jpg


前にはPalm Grove Area。
今日もお天気がよく、風もなく、波の音だけが聞こえます。
海沿いの道をジョギングしている人がたくさんいます。
やっぱりここはアメリカ。

c0147790_14531919.jpg


ヤシの木がとっても気持ちよさそうにすくっと伸びています。

c0147790_1454489.jpg


あの棟の真ん中部分の1階がわたしたちのお部屋。

c0147790_14543538.jpg


海の向こうにうっすらと見えているのが、隣のマウイ島です。
多分それほど遠くないと思うんだけど、
Volcano fogというやつでしょうか、ぼんやりかすんで、見えない日も多かったです。

c0147790_14554582.jpg


そしてこちらは同じハワイ島の北の方を望んでいます。
このなだらかなライン、まさに火山の噴火によってできた地形ですね。
ハワイ島は、面積は四国の半分くらいあって、とっても大きな島です。


7時半になったので、部屋に戻って朝食に出かける準備をすることにしました。
by powderblueY | 2016-07-14 14:57 | 2016 FS Hualalai | Comments(0)


<< Four Seasons Hu... Four Seasons Hu... >>