2016年の映画を振り返って

今日から仕事です。
今年もストレスをためない程度にぼちぼち働いていきたいと思います。


さて、年末は忙しすぎて、2016年に観た映画を振り返る時間もありませんでしたが、
今日ここに、総括をしておきたいと思います。


2016年には161本の映画を観ました。
観た直後に評価を5点満点でつけるようにしたので、それを振り返ってみると、
5点をつけた映画が7編ありました。
以下、観た順に挙げておきます。



c0147790_11575604.jpg

「ブリッジ・オブ・スパイ」

東西冷戦の時代、なんて言っても、はな子は「なにそれ?」って顔をしますが、
こんな時代もあったんだよねえ。


c0147790_11575792.jpg

「オデッセイ」

「要約すれば火星でイモを作る話」と言ったのは誰?


c0147790_11575603.jpg

「リリーのすべて」

「自分らしく生きられないのなら、生きている意味がない」
という言葉が印象的でした。


c0147790_11575782.jpg

「ちはやふる」上の句・下の句

元気で、さわやかで、よかった!


c0147790_11575676.jpg

「君の名は」

解説不要の名作。
もう一度観に行こうかな。


c0147790_11575580.jpg

「オケ老人!」

自分が昔、音楽をやっていたので、
どうしても音楽関係の映画には点が甘くなってしまうのですが、
杏ちゃんの好演がよかったよ。


c0147790_11575697.jpg

「この世界の片隅に」

戦争中の普通の市民の生活を描いた物語。



こうしてみると、2016年は邦画によいものが多かったね。
今年もたくさん映画を見ようと思います。



by powderblueY | 2017-01-03 23:59 | 映画 | Comments(0)


<< ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 3 松山 >>