ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の旅 12

とても寝心地のよいベッドでぐっすり休み、
6時過ぎに起きました。

c0147790_13462412.jpg

部屋のカーテンの隙間から外をのぞいてみると、
雪は小降りになって、粉雪がひらひら舞っている状態です。


♫ こなーーーゆきーーー

レミオロメンの「粉雪」を歌いたくなります。
家でそれを歌うと、いつもジロやはな子から
「お母さんの歌、音痴すぎて何の歌か全然わからん」
と言われますが、
♫こなーーゆきーー といったら、レミオロメンしかないでしょーよ、と思う今日この頃です。


さて、温泉宿で目覚めたら、まずは温泉に入ると決まってます。

c0147790_13462974.jpg

夜中じゅう降っていたと思われる雪が、
テラスのかなり内側まで降り積もっています。
でもお風呂に入っちゃえば、極楽だわ。


c0147790_13462750.jpg

テラスからは、こんなふうに空が見える空間もあります。


春や秋に来ると、また全然違う趣なんだろうな。
それぞれの季節に再訪したい宿です。
でも北海道の大自然の雄大さ、厳しさを味わうには、やっぱり冬だわ。


c0147790_13464773.jpg

暖かいお湯につかって、いい匂いをかぎながら外の原生林をぼんやりながめていると、
本当に癒やされます。


c0147790_13464584.jpg

c0147790_13465066.jpg

ところで、これらの写真は全部、デジカメで撮ってますが、
今回の旅では、縦長の写真が多いです。
坐忘林は天井が高い造りのせいか、横長より縦長の構図の方が写真が撮りやすかったのです。


ほら、みんながスマホで写真を撮るようになってから、
ブログにアップされる写真って縦長がすごく増えたけど、
わたしはいつもデジカメで撮るので、横長が多かったんだけどね。
この坐忘林はちょっと例外的。

c0147790_13470616.jpg

この写真は、露天風呂の頭の方からテラスを見渡したところです。

c0147790_13470383.jpg

ベッドルームとリビングの広いガラス窓の外にも、細くテラスがついています。
春になるとここに、椅子が置かれるのかもしれない。
冬はここに5分もいたら、凍え死にそうになります。


朝風呂のあとは、リビングでのんびり。
コーヒーを淹れました。


今日は1日中雪の予報だったんだけど、
だんだん外が明るくなってきています。
晴れてくるのかも。
ちなみに、昨日ダイヤが乱れまくったJR北海道ですが、
HPを見てみたら
「昨日の大雪の影響で、線路やポイントに故障がないかどうか点検を行います。
 本日午前中の便は全便運休します」
と書かれていてびっくり!
小樽〜新千歳空港間のエアポート急行も全便運休ですってよ。


帰るのは明日で、明日は天気は回復すると言われているけど、
千歳空港まで行くのに、JRは危険かもねー。
名古屋など暖かい地方では、雪が降ると高速道路はすぐに通行止めになり、
JRは遅れは出てもちゃんと運行するので、JRの方が信頼性が高いんだけど、
冬の北海道は、違うのかもしれない。
ニセコから千歳空港まではバスもたくさんあるので、
明日はバスを利用してみようか。


などと考えつつ、主人を起こして、8時半に朝食に出かけました。

c0147790_13471859.jpg

廊下から見える中庭の様子。
雪が降り積もってますねー。

c0147790_13470812.jpg


これは廊下のガラス窓に接して雪が1mほども積もっている様子。
これを見たら、小学校の頃のアリの観察を思い出したわ。

c0147790_14220810.jpg

これはカラーの砂だけど、昔は土を入れて観察しなかった?


あ、坐忘林とは全然関係ないです・・・。




by powderblueY | 2017-01-13 14:25 | 国内旅行 | Comments(0)


<< ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の... ニセコ 坐忘林 スキーと温泉の... >>