Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その22 初めての朝スノ1

朝の散歩を終えて部屋に帰ってみると、
主人は予想どおり、爆睡中だったので、
一人で朝スノに出かけることにしました。


あ、一人でスノーケリングに出かけることは、安全面から考えるとあまりお勧めできることではありませんので、
ほんとは誰かと一緒に出かけた方がいいと思いますよん。


まず、海側から部屋に帰ってくることになると思いましたが、
水上ヴィラがこれだけずらりと並んでいると、海側から見たのではどれが自分の部屋か全然わからないでしょ。
なので、テラスのテーブルの上から大きなバスタオルを垂らして、目印にしておきました。
上がってきた時、体も拭けるしね。
テラスへのガラス戸は、内側からの鍵を開けておきました。


マスク、スノーケル、フィン、カメラを持って部屋を出ました。
先ほど、島内の道を歩いてみて、ビーチヴィラの間からビーチに出られる道はないことが判明したので、

c0147790_14004692.jpg

黄色い道筋を歩いて、ダイビングセンターのそばから、
まだ未完成のプール付きビーチレジデンスのそばを通って広いビーチに出て、ここからエントリーしました。
そのあたりはビーチからドロップオフまでが非常に近くて、エントリーしやすい場所です。
青い線のようにリーフエッジを泳ぎました。


入ってみると、流れはアゲンストで、かなりフィンキックしないと進まない状態でした。

c0147790_13563815.jpg

c0147790_13564836.jpg

まず目につくのはパウダーブルーサージョンフィッシュ。
大きく群れているというわけではありませんが、そこらじゅうにいます。

c0147790_13563839.jpg

インド洋の固有種ブラックピラミッドバタフライフィッシュ。
よく見ると、背中の棘のうち、白い縞のところだけが黄色いのね。
一見、地味だけど、これに会えるとモルディブに来た!って感じになります。

c0147790_13563894.jpg

ハナタカサゴかなと思ったけど、スジがあるからタカサゴかな?

c0147790_13563937.jpg

マダラタルミの幼魚。

c0147790_13563994.jpg

ノコギリダイの群れ。

c0147790_13564746.jpg

ムレハタタテダイ。


と、遠くに黄色いリボンのようなものが見えてきました。

c0147790_13564661.jpg

こ、これは・・・

c0147790_13564706.jpg

ヨスジの群れじゃああ!!

c0147790_13564851.jpg
c0147790_13564862.jpg

c0147790_13564764.jpg

いやあ、ヨスジの群れって、モルディブではよく見かける光景ですが、
これ見ると1日幸せな気分になります。
ほら、黄色は風水的にも金運アップにつながるというし・・・とかそういうことじゃなくって、
この黄色い群れを見ると、元気が出るじゃないですか!


c0147790_13565474.jpg

c0147790_13565511.jpg

c0147790_13565505.jpg

c0147790_13565610.jpg

ニシキヤッコ。臆病ですぐ逃げちゃうので、写真の撮りにくい魚です。

c0147790_13565635.jpg

c0147790_13565690.jpg

c0147790_13565600.jpg

マダラタルミ。顔は成魚っぽいですが、体は幼魚の模様ですね。

c0147790_13570720.jpg

c0147790_13570871.jpg

c0147790_13565551.jpg

ブラックピラミッド、いっぱいです。

ドロップオフを、ときどきカスミアジやロウニンアジがうろうろしています。


c0147790_13570807.jpg

出ました。コラーレバタフライフィッシュ。これもモルディブらしい魚ですよね。
近寄っても全然逃げず、まるで置物のよう。
去年はハウスリーフでは見かけなかった気がしたなあ。

c0147790_13570808.jpg

アゲンストだった流れも、いつの間にか弱くなり、泳ぎやすくなってきました。
今日は初めての朝スノだから、下見程度にちゃっと流すつもりですが、
リーフの上もじっくり見ると、いろいろいそうです。
ただサンゴは残念な感じかなー。

c0147790_13570955.jpg

c0147790_13570906.jpg
これはダツかサヨリだけど、上下のクチバシの長さが一緒くらいだから、ダツかな?

c0147790_13571917.jpg
c0147790_13572034.jpg

ノコギリダイの群れ。

ここまでで、ようやくスパの沖合まで来ました。
全行程の半分くらいです。
魚影は濃くて、群れがたくさんいて、とっても楽しいハウスリーフです。




by powderblueY | 2017-04-26 14:45 | 2017 Maldives | Comments(7)
Commented by ヤッチー at 2017-04-26 15:37 x
こんにちは。さすがにダイビングスポットの多いバア環礁のリゾートだけあって
凄い魚の多さですね。すばらしい。
モルディブのかなりの珊瑚がエルニーニョの影響で瀕死の状態だという事を聞いていて、私もそれに直面し悲しい気持ちになりました。
ですが、現状はそれをストップさせる手立てが私には無い。これが一番辛く悲しいのですけども。
せめて、今珊瑚たちは今現在どのような状況になってるのか知りたい。せめて見守れないものかといろいろ調べていてたどり着いたのがアメリカ海洋大気庁のサイトでした。
現大統領は温暖化なんてウソだとか、その元凶がアメリカだなんて認めないなんて言ってますが、アメリカ事態は地球の現状をしっかり観察し見つめてるんですよね^^;
2013年ぐらいからの海の温度と珊瑚白化の危険度具合を調べているグラフがあるのですがご存知でしたか?
モルディブは3月の終わりから8月ぐらいまでが海水温が上昇する時期なのですが、昨年はモルディブのほぼ全域において31度を超えてしまっていました。危険区域は色別で表されているのですが青、黄、橙、赤、茶と進みます。
今年も海水温は上昇し3月には30度を超えるようになってきました。グラフを見てはハラハラ。
どうか、これ以上は上がらず横ばいで8月までいってくれ~と祈るのみです。
このまま続くと、珊瑚だけでなくそこで暮らす魚たちにも当然影響が出てくるでしょう。トランプさんにはアメリカファーストではなく地球ファーストに考えてもらいたいものです。

Commented by powderblueY at 2017-04-27 23:43
ヤッチーさん
魚は本当にたくさんいましたが、サンゴは残念でした。
枝サンゴやテーブルサンゴはほとんどなく、ガレ場のような感じでした。
それでも魚はたくさんいましたが、そのうち魚も住みつかなくなってしまうのでしょうか。
カンドゥルやここだけではなく、モルディブ全体でそうなっているのですね。
教えてくださったアメリカ海洋大気庁のサイト、見てみました。
インド洋は全体的に赤いですね。日本の沿岸も、アメリカ東海岸も真っ赤ですね。
地球って、これまで45億年の歴史の中で、こんなに海水温が上昇したことはなかったのでしょうか。
氷河期もあれば暑い時期もあるんだよ、ということであれば、わたしたちの生きている間にはとうてい無理だとしても、
そのうちサンゴが復活する時代が何百万年かあとに来るかもしれないですが、
どうなんでしょうね。なによりここ数年でうんと加速している感じなのが心配ですね。
わたしたちにできることはなにかあるのでしょうか。
水上ヴィラで真水の温かいシャワーをふんだんに浴びて、エアコンの効いた部屋でくつろぐ快適な生活は
きっともってのほかなんでしょうね。悲しいけど。
Commented by ヤッチー at 2017-04-28 10:54 x
そうですね(--;責任転嫁してはいけませんね。
パウダーさんは、ご自分の身の回りの快適さが原因の一端だとをきちんと認識して見えてるんだなあ。
「水上ヴィラで真水の温かいシャワーをふんだんに浴びて、エアコンの効いた部屋でくつろぐ快適な生活をしていること」ア、イタッ(><)
私もきちんと自覚します。
私は何か環境問題があると自分から遠いものに原因があると思うご都合主義でしたね。反省です。
自分のことは棚に上げたり、失敗は見なかったことに・・・というのが多い。なんか、本当に残念賞なヤツでした。お恥ずかしい。
何もできないと言いましたが、そんなことは無いですね。可能な限り不要な便利さは省く努力はしなくては。
私たちはつい最近 モルディブを訪れた新参者です。
ですが、この1,2年での珊瑚の大きな変化を目の当たりにして慌ててしまいました。
スキー場に雪が降らないなど薄々はこの危機も感じてはいました。でも、危機感は足らなさ過ぎでした。
自然は何だかんだと言いながらまだまだ存在し続けるものだと思っていたんですね。
これは、モルディブ云々だけでなく人類の快適な暮らしの進歩が招いている自然の退化です。
退化とは、生物の個体発生または系統発生の過程において、器官・組織などが縮小・衰退、あるいは消失すること・・・くうっ~~~(涙)
生き物は元より、地球という惑星にも生命があり、それは無限ではないという事も。
モルディブは美しい~、リゾートは楽しい、この時代、この地球に生まれたことを感謝して人生を謳歌しよう。
でも、珊瑚も魚たちも限りある地球の資源、財産なのだという事を『しっかりと』念頭において、モルディブの海を力いっぱい抱きしめてきます。



Commented at 2017-04-28 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by powderblueY at 2017-04-30 23:02
ヤッチーさんのご意見は、責任転嫁ではないと思いますよ。
わたしは、自分の身の回りでなにかできることはないかと考えただけで、
ヤッチーさんはそれより大きな政治とか大国のエゴとか、そういうことを考えられたわけで、
どちらも大切な地球の資源、財産を守る気持ちに変わりはないと思います。
わたしも、じゃあモルディブに行って部屋にはエアコンなし、シャワーは冷たい海水のシャワーでがまんできるか? と言われると
それはむ〜り〜!!なわけで、そんなんだったらモルディブ行かない! になっちゃうわけで・・・
でもヤッチーさんが勇気をもって、モルディブのサンゴの現状をお伝えくださったように、
わたしも現在のモルディブの状況を日本のみなさんにお伝えする大切な仕事の一端を担えたら、と思っています。
Commented by ヤッチー at 2017-05-01 08:27 x
おはようございます!
パウダーブルーさん、優しい言葉ありがとうございます。
ちょっとほっとしました。
そうなんです!私は世界各国のことを杞憂しているんだ。
(おお!かっちょいい気がしてきました)
私は暑がりでして、エアコン無いと死んでしまいそうです。
でも、日陰に椅子を移動して過ごせば涼しくすごせるなんて
パウダーさんのちょっとした案が、少し固くなりだした私の頭には「そうだそうだ椅子は動かせるね」とズルズル椅子を動かす姿を想像して笑っちゃいました。
今度、私もそうしますね。
でも、やっぱり少しずつでも可能な努力は大切だなと、今日は納豆の中のかぶせてあるビニールも洗って資源ゴミにしました。
こちらのブログは海を愛する人たちが楽しみにし、頼りにしておとずれる貴重なサイトです!
パウダーさんのおもしろく美しい記述のおかげで、まるでそこに自分が瞬間移動したような気持ちを味合わせていただけます。特に シャンパングラスを何度自分の口に運びたくなったことでしょう(笑)
Commented by powderblueY at 2017-05-01 14:39
鍵コメさま
うふふ、女性はみんな同じですよん。
わたしも少しでもよく見せたくて服を山ほど持って行きますが、中身は変わらないですもんね。
わたしが服をとっかえひっかえしても、主人は全然興味なく「この格好 変?」「これとあれとどっちがいい?」と聞いても
「どーでもいい」って返事しか返ってきません。
でも奥さまが機嫌よく楽しく過ごしていられるのなら、それが家庭の平和、ひいては世界平和につながるかと(笑)
スーツケースが重くなる以外、特に実害もないでしょ。
鍵コメさま、世界平和のために、重い荷物我慢してあげてくださいな。



<< Maldives 2017 M... Maldives 2017 M... >>