Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その66 朝スノ

c0147790_14490179.jpg

部屋に戻って水着に着替えているときに、
今日は天気もいいし、流れもなさそうだから、部屋の階段から海に入ってみようと思いました。
昨日の夕方も、フィンも履いていない人が水上ヴィラの階段から入ってドロップオフのあたりを泳いでいたから、
きっと流れのない日は平気なんだと思う。


というわけで、カメラを持って部屋の階段から海に入ります。
最初ちょっと冷たいけど、すぐ慣れます。

c0147790_14490122.jpg

海は予想どおり全然流れてなくて、
なんの苦労もなくドロップオフに着きました。

c0147790_14490248.jpg

c0147790_14490761.jpg

じっとしているカンモンハタくん。

c0147790_14490880.jpg

パウダーブルーサージョンフィッシュ。
お互いの尻尾を追いかけて、じゃれあっているみたいでした。


c0147790_14490877.jpg

c0147790_14491950.jpg

c0147790_14492580.jpg

オヤビッチャの群れや、ハタタテダイの群れがときどき流れていきます。

c0147790_14492587.jpg

c0147790_14492068.jpg

c0147790_14492026.jpg

c0147790_14492002.jpg

どの群れもそれぞれにかわいいわ。

c0147790_14492689.jpg

眠そうな顔のハゼくん。

c0147790_14491545.jpg

アズキハタ。高級魚なんだってね、あなた。

c0147790_14490890.jpg

水上ヴィラ群の端っこまで来た時に、岩陰になにかを見つけました。

c0147790_14491465.jpg

岩に擬態しているのでわかりにくいですが、
タコです。


タコは見ているとおもしろいので、何枚も写真を撮っていたら、
同じ岩の別の陰に、もう一匹タコがいることに気づきました。


一度に2匹のタコを見ることなんて珍しいので、
なんとか1枚の写真におさめようと思ったのですが、
岩陰と岩陰なので、なかなかうまく撮れない。


と、あれ? タコ1号から何か細長いものが出ています。

c0147790_14491521.jpg

この腕みたいのが伸びた先に、タコ2号がいるのですが、
じっと見ていると、タコ1号は、この細長い腕でタコ2号をつんつんとつついているのです。


タコ2号は初め、いやよやめてよ、というふうに身をよじらせていましたが、
さらにタコ1号は積極的に攻め、
細長い腕をするするとタコ2号の中に挿し入れました。


これはいわゆる交接だね。


ひゃあ、なんだか朝からすごいものを見ちゃったわ。
広い海の中、同じ種類の生き物に出会える機会は貴重だと思うので、
出会ったら、相手がブスだとかデブだとか性格が悪いとか稼ぎが悪いとか勤務先がつぶれそうとか家柄が悪いとか、そんなことはお互い考えずに、
とりあえず交接しとかなくっちゃね。
しかし、相手が異性かどうか、どうしてわかるんだろう?
交接の腕を伸ばしてみたものの、オスとオスだったらどうするんだろう?
「あー、うそうそ、間違いです。そういうつもりじゃありません」とか言うのかな。
「いや、オレは別にそういうつもりでもいいよ」とか言われちゃったらどうするんだろう? ひえっ。


なんて考えて、にやにやしながら海を漂うわたし。
ま、末長くお幸せに。
と思いつつ、その岩をあとにしました。


スパの沖まで来たので、このまま島の南の端まで行こうかと思いましたが、
突然、リーフの内側から外側への強い流れにつかまりそうになり、
ここは無理せず撤収です。
スパ沖の浅瀬にはばまれつつ、お腹を引っ込めて泳ぎ、やっとのことで浅瀬を越え、
ビーチに上陸しました。


ジェッティを歩いて帰り、部屋まで到着すると、
カギを持って出るのを忘れたことに気づき、
仕方なくピンポンを鳴らして、内側から主人に開けてもらいました。


じゃあシャワーを浴びて朝食へ行きましょう。



by powderblueY | 2017-06-25 23:59 | 2017 Maldives | Comments(0)


<< Maldives 2017 M... Maldives 2017 M... >>