Maldives 2017 Milaidhoo ミライドゥ その79 さよならモルディブ、また来るね

水上飛行機から降りられないくらいの大雨が降っていたので、
空港係員が傘を貸してくれました。
それをさして、とぼとぼと水上飛行機のターミナルに向かいます。


ミライドゥのスタッフさんが待っていてくれて、
すぐにバスへ誘導してくれました。
そしてすぐに出発。

「ミライドゥはいかがでしたか?」
「とーーーってもよかったです。新しくてきれいでハウスリーフもよくてお食事も美味しくて」
「そうですか。一番よかったのはどういうところでしたか?」
「そうね。お部屋の快適さだわ」
と言ったら、スタッフさんとてもうれしそうでした。


空港の外周を回って、バスはマーレ国際空港に到着です。
荷物は別の車で来ます。
それを待って、ピックアップして、
ここからは現地代理店のスタッフと、ミライドゥのスタッフがアテンドしてくれました。
現地代理店のスタッフは、毎年会う日本語ぺらぺらのモルディビアンでした。

c0147790_16054025.jpg

空港の様子もここ数年でずいぶん様変わりしました。


Departureのドアをくぐって、荷物をX線に通します。
以前はこのドアから先は、搭乗する人しか入れなくて、手続きは自分たちで行っていたけど、
何年か前からスタッフも入れるようになりましたね。
自分たちで荷物を運ぶ必要がなくなったので、楽ちんです。


SQのカウンターには誰も並んでいなくて、
(昨夜web check-inもしておいたんだけど)
あっという間に手続きが終わり、搭乗券はシンガポールまでのものと名古屋までのものが出てきました。
スタッフは2階に上がるエスカレーターの手前まで見送ってくれました。

「どうもありがとうございました」
「またぜひいらしてください。来年でしょうか? それとも今年のうちにもう一度いらっしゃいますか?」
「そうね。今度は2人の子供たちと一緒に来ます」
「お子様たちはおいくつですか?」
「16と13よ」
「なら問題ありません。9歳以上でしたらご滞在いただけます」

エスカレーターで姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。


2階の出国審査も手荷物検査も誰も並んでなくて、あっという間に通過し、免税エリアまで来たのが11時35分でした。
水上飛行機が着いたのが11時だったから、とてもスムーズな流れでした。

c0147790_16054032.jpg

ここはチャンギ空港と言われても信じてしまいそうなくらい、いろんなお店ができましたねー。
数年前までのあの素朴さからは想像もできません。

c0147790_16054123.jpg

ラウンジは相変わらずしょぼいけど(笑)。


ばらまき系のお土産も、以前よりは充実してきて、
ココナッツ石鹸とかありましたよ。女子に喜ばれそう。


ラウンジで1時間弱すごして、飛行機の出発時刻の30分まえに搭乗口へ行きました。
搭乗口からはバスで飛行機の近くまで行きます。

c0147790_16054844.jpg

シルクエアです。

c0147790_16054865.jpg

向こうにはカラフルな機体も。Bankok Airだって。

c0147790_16054919.jpg

搭乗するとすぐにおしぼりとシャンパンが出てきました。

c0147790_16054883.jpg

今回も楽しかったね。また来ようね。
次回もぜひビジネスクラスで!
(もうビジネスにしか乗れない体になっちゃったわん、と言いたいけど、
 財布を預かる身としては、そんなこと言えないけどね)

c0147790_16055361.jpg

上空から見ると、空港島の隣のフルマーレはますます埋め立てられて大きくなり、
今や空港島よりもはるかに大きくなっていたのでした。






by powderblueY | 2017-07-08 23:59 | 2017 Maldives | Comments(0)


<< Maldives 2017 M... Maldives 2017 M... >>