奥志賀高原スキー 2018-4

c0147790_07071815.jpg

朝起きてみると、快晴!
雲ひとつない晴天です。
きゃー、気分が上がるわー。

c0147790_07074707.jpg

ミナオちゃんたちと朝食。
ここの朝食は和食レストランかイタリアンレストランで洋食か選べます。
洋食はBuffetですが、オムレツを焼いてくれるお兄さんがいます。
オムレツの具は好きなようにオーダーできるんだけど、
「りんご」という選択肢があるのが珍しいところ。信州らしいですね。


さてわたしたちは今回、この日だけスキーをレンタルしようと決めていました。
もちろん自分たちのも持ってきたけど、この日だけね。
子供を連れてスキーに行くようになってから15年ほど、ストックのいらないショートスキーでやってきましたが、
考えてみれば、子供たちももう手を貸してやるような必要もなく、
それどころかスキーについて来さえしなくなったし、
普通のスキーに戻ってみようかなあと思ったの。
それで、

c0147790_07074767.jpg

グランフェニックスの中のレンタルショップにやって来ました。
地下1階にあります。

c0147790_07074822.jpg

いかにもスキー板のプロといったおじさんがいて、
「回しやすいのをお願いします」
と言ったら、
「昔の板はがんばって回したものだけど、今の板はどれも、がんばらなくても回っていきますよ」
とのこと。


あとで主人と
「がんばらなくても回っていくってことは、どうやってターンのきっかけを作るんだろうね」
「うーん、念力・・・かな?」
c0147790_07081153.jpg

というわけで、ストックの必要な板を久しぶりにはきました。

c0147790_07074868.jpg

気持ちのいい朝!!

c0147790_07075210.jpg

奥志賀高原スキー場は確か一昨年までスノボ禁止だったのですが、
今はゆるやかな第6ゲレンデにパークが作ってあって、
そこにはボーダーがいっぱいいます。
でも他のゲレンデにはボーダーはほとんどいなくて、とっても静かなスキー場です。


中野市内方面の眺望が開けているところが1ヶ所だけあって(第3リフト降り場)、

c0147790_07075297.jpg

ここに「奥志賀高原 2018」という手作りのボードが立ってます。
数字の最後の1桁が「6」「7」「8」と毎年変わっていきます。


お天気がいいので、遠くまで出かけました。
焼額を経て、一ノ瀬ダイヤモンドへ。
ここでびっくりなことが。
ダイヤモンドから一ノ瀬ファミリーに行くには、ゆるやかな上り坂を100mほど登る必要があって、
去年までは昭和の時代からあるようなムービングベルトがついていたの。
でも老朽化してるし、雪が降るとベルトの隙間に雪がたまって動かなくなるし、
動かなくなると上り坂をよいしょよいしょとスキーで登っていきなきゃいけなくて、
難所でした。
それが今年から、新しいリフトが架けられたのです!
この時代に、新しい設備投資をしたっていうのがすばらしい!!
志賀高原、がんばってるじゃん。
以前からダイヤモンドの中央にあったペアリフトを架け替えたようですが、その発想がすばらしいわ。
志賀高原には他にも、ここにリフトがあったらなあ、っていう難所がいくつかあるので、
ぜひ整備をお願いしたいわ。
今年は外国人客もすごく増えていたので、
勢いに乗ってほしいものです。




by powderblueY | 2018-03-02 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)


<< 奥志賀高原スキー 2018-5 奥志賀高原スキー 2018-3 >>