Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -76 ハウスリーフをスノーケリング-1

11時過ぎになり、主人と二人でスノーケリングに出かけました。
どういう経路で行くか、相談します。
島の南の端から入り、ビーチヴィラの前を北上してくるか、
部屋のテラスから入り、水上ヴィラの前を泳いで、スパ沖からビーチヴィラ前を南下するか。


せっかく水上ヴィラに滞在しているのだから、と部屋のテラスから入ることにしました。

c0147790_23304164.jpg

帰りはきっとビーチに上陸して、島の中の道を歩いて帰ってくることになると思うので、
部屋の鍵は玄関の外に隠しておきました。
でももしかして再び海からこのテラスに帰ってくるかもしれないので、
部屋の目印になるように、バスタオルをかけておきました。
沖合から見ると、同じ水上ヴィラがたくさん並んでいて、
自分のヴィラがどれか全然わからないのです。

c0147790_23304292.jpg

ドロップオフまではすぐ。
昼間なので、透明度はあまりよくありません。
水上ヴィラの前あたりは、あまり魚は多くありません。
ダイビングでヨスジの群れを見たところは、ドロップオフが少しくぼんだ地形になっているので、
「ヨスジ湾」と呼んでいましたが、
ここのヨスジは必ずここにいます。
必ず100匹以上で群れています。
でもちょっと深いので、写真を撮るにはちょっと厳しいです。
深く潜っていけば撮れますが。


水上ヴィラの並びが終わるあたりから、群れが出始めます。

c0147790_23304254.jpg

c0147790_23304291.jpg

急に青い魚の群れが川のように流れてくるので、びっくりします。
クマザサハナムロの群れですね。
すごいです。あとからあとからやってきます。

c0147790_23305367.jpg
c0147790_23305542.jpg

湧いてくるみたいにやってきます。

c0147790_23305479.jpg

ドロップオフから、ふとリーフの上を見ると、バラクーダがうろうろしていました。

c0147790_23305545.jpg

それにしてもこのクマザサハナムロの群れはすごい!

c0147790_23310220.jpg

しばらく行くと、今度はノコギリダイの群れです。

c0147790_23310284.jpg

c0147790_23310257.jpg

ノコギリダイは1匹1匹は地味な魚ですが、群れているときれいです。

c0147790_23310324.jpg

c0147790_23311333.jpg

c0147790_23311458.jpg

このあたりでスパの沖合になるのですが、
ここから不思議なことに、あまり魚のいない地帯が続きます。
本当に不思議なんです。それまであんなに群れがいたのに、ぱたっといなくなるんです。
これは何度スノーケルに出かけても、毎回そうだったので、なにか理由があると思われます。


明日に続きます。



by powderblueY | 2018-07-06 23:27 | 2018 Maldives | Comments(0)


<< Maldives 2018 M... Maldives 2018 ... >>