安室ちゃん引退に思う

c0147790_21273948.jpg

今日9月16日、安室ちゃんが引退しましたね。


わたしはそんなすごいファンでもないし、
ライブに行ったこともないし、
ただ最後のDVDを買っただけです。


名古屋では最後のライブが2月にあり、
職場で「見にいきます!」という人がいて、初めて
「わたしも行きたい!」と思って検索しましたが、
その時点ではもう、台湾での公演しか座席は残っていませんでした。

(でも知り合いはその台湾の公演を見に行ったそうです)


で最後のライブ映像と、去年の「25周年記念ライブ」の映像が入ったDVDを買って、見ているわけですが、
やっぱり安室ちゃんはすごい。


もう40歳なわけでしょ。
なのにあの高さ10cmはあろうかというピンヒールのブーツをはいて
踊りまくるわ、ステージの階段は降りるわ、果てはステージの端から端まで走り回るわ、
おばさんは見ていて「こけないだろうか」って心配になっちゃいます。


しかもあのダンス。
ステージ上のダンサーたちはみんな20代なんでしょうけど、
安室ちゃんは他の誰よりも高いヒールをはいて、誰よりも激しく踊ってます。しかも歌いながら。
ものすごくかっこいい。


子供を産んで40代になった女性ならみんなわかると思うけど、
若い頃とは明らかに体が違ってくる。
今までと同じように過ごしていたのではどんどん太ってくる。
余分な肉がついて、体型に締まりがなくなり、かっこわるくなってくる。
それを若い頃と同じ体型を保とうと思うと、
ものすごく努力が必要になります。
食生活、エクササイズ、筋トレ、節度のある生活、ボイストレーニング、
彼女はそういうことをずっと続けてきたんだろうなあ。


そしてそういう努力にもかかわらず、
今後このレベルの高いライブを続けていくのは困難だと思ったんだろうなあ。
そのうち踊りながら歌うことができなくなり、
体型を隠すような衣装を身にまとうようになり、
最後にはディナーショーで観客と握手をしながらテーブルを回るような、そんなライブになる。
それは嫌だと思ったんだろうなあ。


彼女には父親もいないし、母親を悲劇的な事件で失ったし、夫もないし、
息子くんは今年成人した。
もう何かのために頑張る必要はない。
ずっと走ってきて、走って走って、
ついに自分でも、もうこれ以上頑張る必要はない、って思える地点に到達してしまったんでしょうね。


でも画像の中の安室ちゃんは美しく、かわいくて、若いころと変わりなく、
ものすごくかっこいい。
最後は笑顔で引退していった彼女を、わたしよりもうんと年下なのにもかかわらず、憧れるような気持ちです。
これからも自分の決めた道をまっすぐに歩んでいってほしいと思います。


by powderblueY | 2018-09-16 22:19 | 日常 | Comments(2)
Commented by たいよう at 2018-09-17 00:31 x
安室さんのこれまでにもだけど(といいつつ、実は私、芸能界は全く無関心でして、安室さんのパフォーマンスは情報程度でしか知らないのですが)・・・パウダーブルーさんの視点に拍手を送りたくなりました。しっかりと伝えられるってこそ、まさにご本人がそうやって生きて来られてる証拠です。パウダーブルーさんの生き様にこそ憧れを感じます。
Commented by powderblueY at 2018-09-18 15:02
たいようさん
とんでもないです! 
わたしなんて本当にお恥ずかしくなるようなみっともない体型と怠惰な生活なのですが、
でも加齢や老いは芸能人にも、みんな同じようにやってくること。
初めのうちは、努力やお金をかけることでなんとかカバーできていても、
そのうちいくら努力しても追いつかなくなる日が来るんだなあと。
いや、安室ちゃんが本当にそうなのかはわからないですが、
わたしとしては、みんな同じように歳を取っていくんだってことに
ちょっとほっとしたりして。


<< 初夏に行った上高地1 Four Seasons Hu... >>