2018年 04月 08日 ( 1 )

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -7 水上飛行機待合室へ

c0147790_21540468.jpg

無事、マーレに到着しました。
周りにとまっているのは、サウジ航空、エミレーツ、カタール、アリタリア、エアアジアなど、たくさんの国の飛行機です。

c0147790_21540499.jpg

c0147790_21540453.jpg

ここまで無事に運んできてくれたシルクエア、ありがとう。

c0147790_21541188.jpg

タラップを降り、ターミナルの建物に向かいます。


そういえば、いつもは1週間早く来てこの日にモルディブを発つミナオちゃん一家と、
ラウンジの窓越しに手を振りあうのですが、
今年はミナオちゃんたちは1週間遅く、タンザニアです。


c0147790_22323540.jpg

建物に入ってすぐのところに、今年はこんな顔ハメ看板ができていました。
ちょっと笑えます。
顔ハメてみればよかったわ。

c0147790_22323514.jpg

ちょうどアリタリアの到着と重なったらしく、周りにはイタリア語を話す人たちがたくさん並んでいました。
10分ほど並んで入国審査を終えたら、今年はそのすぐあとにX線の手荷物検査がありました。
ターンテーブルまで行くより前です。
これ、多分アルコールの持ち込みなどがないかチェックしてるんだと思うのですが、
スーツケースなどの預けた荷物はどこでチェックしてるのかしら。
スーツケースにお酒がいっぱい入ってるかもしれないじゃんね。
飛行機から貨物を下ろしてターンテーブルに乗せる前に検査してるのでしょうか。


ターンテーブルで荷物を取り、あとは出口へGO! です。
(荷物を受け取ってからあとのX線検査はなくなりました)


出口にたくさん並んでいるお迎えの人々の中から、ミライドゥのスタッフを見つけ、その人に案内してもらいました。

c0147790_22323564.jpg

本当は、現地代理店であるINPACの人のところに行かなきゃいけなかったんだけど、
先にミライドゥの人と目が合っちゃったもんだから。
INPACのスタッフは日本語ぺらぺらのモルディブ人、アダムさんといいますが、
あとでわたしたちを探して、必要な書類を渡しに来てくれました。


c0147790_22323692.jpg

この水上飛行機のカウンターでチェックインです。

c0147790_22323679.jpg

ここではすべての荷物の重さを測られます。
アマンプロと違って、自分は体重計に乗らなくてよいです。

c0147790_22323611.jpg

ミライドゥカラーのエメラルドグリーンの制服を着ているのが、スタッフのアニーズさんです。
手際よくチェックインして、水上飛行機のチケットをくださいました。

c0147790_22325191.jpg

c0147790_22325102.jpg

そしてバスに乗り込み、水上飛行機のターミナルへ運ばれます。
バスにはミライドゥのゲスト3組が乗り込みました。
ここまで、飛行機を降りてから30分でした。
とってもスムーズな流れです。



by powderblueY | 2018-04-08 22:50 | 2018 Maldives | Comments(4)