2018年 04月 09日 ( 1 )

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -8 ミライドゥの水上飛行機待合室

3組のゲストを乗せたバスは、空港の外周をゴトゴトと走り、
水上飛行機の発着場のあるエリアにやってきました。
周りは工事中のところがいっぱいです。
英語の看板に混ざって「北京◯◯」とか漢字の看板があるのがどうにも・・・


水上飛行機のターミナルは3つあって、
手前からTerminal A、B、Cというそうですが、
去年来た時のミライドゥの待合室はTerminal Aの中にありました。
外を見られる窓がなくて、ちょっと暗くて、今ひとつな雰囲気だったんですけど、
今回、新しい待合室になってました!


同じTerminal Aの建物だと思いますが、
バスを降りて、

c0147790_22324379.jpg

このミライドゥカラーのドアを開けると、

c0147790_22324392.jpg

そこはもうミライドゥにいるかのような快適な空間でした。

c0147790_22325081.jpg

c0147790_22324430.jpg

クッションの色がミライドゥテイスト。

c0147790_22324378.jpg

飲み物や軽食もあり、
清潔なお手洗いにはAcqua di Parmaのアメニティが並び、
もうすっかり気分はミライドゥです。


ソファに座ってくつろいでいると、
スタッフがRegistrationの書類を持ってきて、間違いがないかどうかチェックをし、
e-ticketをコピーし、
あと45分くらいここでお過ごし下さい、と言っていかれました。


c0147790_22330033.jpg

ちなみに窓の外はこんな感じで、右隣にもどこかのリゾートの待合室があるらしく、
ときどき10人ほどのゲストがこの桟橋を渡って、水上飛行機に案内されていきます。


c0147790_22325152.jpg

さらに右に目をやると、これは埋め立てられた土地ですね。
開発が進む空港島。


WiFiのパスワードをいただいて、子供たちにLINEしたりしているうちに、
あっという間に時間が過ぎ、
「みなさん、ご用意ができました。どうぞ」
とまたバスに案内されました。
直接、桟橋に行くのかと思ったら、もうひとつの待合室へ行くのです。


バスは100mほど走って止まりました。
十分歩ける距離ですが、暑いからね。

c0147790_22325164.jpg

そしてこの水上飛行機が真ん前に見える公共の待合室へ。


で、座ったか座らないかのうちに「出発です」と案内されました。

c0147790_22330079.jpg

さあ、いよいよ水上飛行機に搭乗です。
13時45分でした。










by powderblueY | 2018-04-09 15:16 | 2018 Maldives | Comments(0)