2018年 06月 28日 ( 1 )

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -70 ディナーはBa'theliで

今日のディナーは19時半からBa'theliを予約してもらってました。
大好きなBa'theli、楽しみです。

c0147790_23353816.jpg

乾季が終わりかけ、雨季に向かっているせいか、とても暑くて風がありません。

c0147790_23353866.jpg

美しくライトアップされています。


長い桟橋を渡ってBa'theliに着き、
「こちらでよろしいですか?」
と屋外のテーブルに案内されたのですが、
あまりに暑いので、今日はエアコンの効いているところがいいなあと思い、
中の席にしてもらいました。

c0147790_23353843.jpg

Ba'theliの屋内の席は初めてだったのですが、
こんなふうに床がガラスになっています。びっくり。
おっかなびっくり、ガラスの上に乗ってみましたが、もちろんびくともしませんでした。
ちなみにこのガラスは開けて魚に餌をやることはできません、タヒチじゃないからね。

c0147790_23354403.jpg

エアコンが効いていて、汗がすーっと引いていきます。
屋外の席のみんな、中の方が涼しくて快適よ〜。

c0147790_23355210.jpg

c0147790_23354852.jpg

そして屋内の席、とっても素敵なんです。
まるで列車か船の中みたい。
いや、船の中なんだけどさ。

c0147790_23354916.jpg

モルディブの伝統工芸ラージェフンをあしらった壁。

c0147790_23354481.jpg

ほら、こうしてみると、まるで列車の中で食事しているみたいでしょ。


屋外の席は、たしかに、夕暮れ時などはとってもロマンチックなのですが、
日が暮れてしまうと真っ暗でなにも見えないし、
暗いからメニューを見るのもひと苦労だし(特に老眼が入ったわたしたちには)
おまけに暑いです。
エアコンの効いたこの屋内の席、とってもオススメです。

c0147790_23354898.jpg

さて、わたしたちにはVaaris(ワーリス)さんがサーブしてくれました。
彼は若いモルディビアンで、少し日本語がしゃべれます。

「わたしはマーレの大学に行きました。その教授が日本語を教えてくれました」

へええ、そうなの? すごいじゃない?
でもあとでミチさんとカレンさんに聞いたら、

「大学? 旅行関係のことを学ぶ専門学校みたいのはマーレにありましたが、
 あれが大学になったのかな? 
 いずれにしてもUniversityではなく、Collegeですね」

と言ってました。


ワーリスさんはとってもやる気のある人で、英語も上手。
メニューを選ぶとき、詳しく説明してくれました。

c0147790_23354477.jpg

「ガルディアはモルディブの家庭で毎日食べる料理です。
 家によって、お母さんによって、味がちがいます」

「ガルディア、大好きよ。今日はこちらのココナッツミルクの入ったキル・ガルディアをいただいてみるわね」


「カンドゥ・ククルもモルディブの家庭料理ですが、
 昔はモルディブでは鶏肉は食べませんでした。
 いまでも歳とった人たちは鶏肉をあまり食べません。
 でも若い人は鶏を食べたがる。
 それでおばあちゃんたちが、料理しなれているツナを鶏肉に似せて作るのが
 この料理です」

「へええ、そうなのね。じゃあそれをいただいてみるわ」


わたしは今回の滞在で、このワーリスさんとの会話がとても心に残りました。
というのは、たくさんあるモルディブのリゾートの中から、どこを選ぶかというときに、
1度目は施設の充実度(部屋がきれいか、レストランはいくつあるか、プールはあるか・・・)や、ハウスリーフのよさで選ぶでしょう。
だけどリピートしてもらおうと思ったら、それだけじゃダメなんです。
またここに来たいなと思ってもらうためには、ストーリーが必要なんです。
その島でしか体験できないスタッフとのふれあいとか、ちょっとした会話とか、
「あのときミライドゥでこんなことがあったよね」って後々まで話せるような。
この若いモルディビアンは、心に残るストーリーをわたしたちに与えてくれました。


c0147790_23354406.jpg

c0147790_23355284.jpg

で、この日選んだメニューは、バラド・マスニ。(ロブスターの入ったサラダ)

c0147790_23355302.jpg

これは名前わすれちゃった。

c0147790_23355776.jpg
これがカンドゥ・ククル。おいしかったです。
ガルディアの写真、撮り忘れました。

c0147790_23355737.jpg

途中で、お口直しのソルベも来ました。


厨房からシーバスさんが現れて、「お料理はどうですか?」と尋ねてくれました。

「シーバスさん、とってもおいしいです」

床のガラスから、ヘラヤガラが泳いでいるのが見えました。

「あれを食べたことがありますか?」とシーバスさん。

「えっ、ヘラヤガラって食べれるんですか!?」

「そう。おいしいんですよ。焼いて焼肉ソースをかけると、うなぎそっくりの味になります」

「へええええ。でも食べるところが少なそうですね」

「あ、でも朝食のBuffetに並んでいるうなぎは、ヘラヤガラではありませんよ。
 あれは東京から輸入しています」

やだー、ヘラヤガラだったら衝撃だわ。

「あそこにウニがいる! 日本人はウニが大好きでしょ。
 モルディブのウニもとっても美味しいです。お寿司にするといいです」

「モルディブの人はウニ食べないの?」

「食べません(きっぱり)。ロブスターも食べません」

あらー、海にあんなにいっぱいいるのに、もったいないわねー。




by powderblueY | 2018-06-28 23:35 | 2018 Maldives | Comments(2)