2018年 07月 13日 ( 1 )

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -83 マーレに到着

c0147790_20335405.jpg

水上飛行機から降りると、デュシタニのゲストはこのバスに案内されましたが、
ミライドゥから来たわたしたちともう1組、ロンドンからのゲストは専用の車に案内されました。
そのカップルとは昨日の鉄板焼きでも顔を合わせていたので、

「ロンドンからですよね? 直行便があるんですか?」

と聞いてみたら、

「いいえ、直行便はないのよ。ドバイ経由です。あなたは?」

「シンガポール経由です」

と話をしました。感じのいいカップルでした。


ドライバーは、ミライドゥの空港スタッフAneezさんという人でしたが、

「あなたたちのフライトのチェックイン開始までは、まだ1時間あります。
 このまま空港へ行って空港で待ちますか?
 それともミライドゥの水上飛行機の待合室でお待ちになりますか?」

と聞かれたので、ミライドゥの待合室で待つことにしました。
ロンドンからのカップルとはここでお別れ。
よいフライトを。


c0147790_20335433.jpg

行きに、水上飛行機を待ったミライドゥの待合室です。

c0147790_20335418.jpg

c0147790_20335410.jpg

ミライドゥテイストで、とっても落ち着けます。
ここで1時間ちょっと、本を読んだり、子供たちとLINEしたりして、過ごしました。


SQは12時50分発です。
Aneezさんが10時50分に現れて、車で国際線ターミナルへ向かいました。

c0147790_20340142.jpg

この人がAneezさんなのですが、

「そのシャツ、ミライドゥカラーでとっても素敵ね」

「覚えていらっしゃるかと思いますが、去年は白いシャツだったんですが、
 今年からこの色に変わりました。
 似合いますか? わたしはちょっと太っているので、似合ってるか心配です」

「あら、とても似合ってるわよ」

「あ、あの車を見てください。(空港島の外周道路ですれ違った)
 あれはモルディブで1台しかないランボルギーニです」

「へえええ、すごいわね」

「でもモルディブであれに乗るのは大変だそうですよ。
 塗装を2ヶ月に1回、塗り替えるそうです。
 潮風で錆びちゃうんだそうですよ」
 
「へええ、そりゃ大変ね」

「ミライドゥはいかがでしたか? 去年となにか変わったところはありましたか?」

「島のグリーンがすごく育って、きれいでした。
 お部屋はあいかわらず居心地がよかったわ」

「そうですか。ありがとうございます。またいらしてください」

「ミライドゥのオーナーは、新しいリゾートを造ってるって聞いたけど」

「そうなんです! ミライドゥの近くの島で、Nautilusといって、27室しかないluxuryなリゾートです。
 ファミリー向けで大きな部屋が、27室あります」

「あらでもミライドゥで十分にluxuaryよ」


ここでミライドゥのオーナーの話を聞きました。
この旅行記では最初の方に書きましたが、モルディブで一番古いリゾート・クルンバが今から45年前にでき、
その翌年、バロスがオープンした。そのバロスのオーナーがリゾートを研究しつくして、満を持して造ったのがミライドゥだと。
そのお話をAneezさんから聞きました。


Aneezさんは、とても物腰柔らかな方なのですが、ウォルドルフ・アストリアに6年前までいたそうです。
と聞いて、ウォルドルフ・アストリアなんて、そんなのモルディブにあったかいな?? と思ったけど、
マナファルのことなんですね。
マナファルって、一時、JAマナファルっていう、ちょっとさえない名前になっていたけど。


話しながら、車が例のモルディブ大橋(と勝手に呼んでいる)の見えるところまで来たので、

「あの橋はいつ完成するの?」

と聞いてみたら、

「うーん、あと3~4ヶ月ですかね。
 選挙の前までには完成します」

「選挙っていうと、President?」

「そうです。
 あそこに見えるのはJailの島です」

「Jailっていうと牢屋の島ってことね」

「そうです。政治家がたくさん順番待ちをしています」

平和そうに見えるモルディブも、
政治的にはいろいろとありそうです。


車は、国際線ターミナルに到着しました。
ここでINPACのAdamさん(日本語ぺらぺらのモルディビアン。毎回お世話になります)と落ち合い、
ターミナルの中へ。
Adamさんは別のゲストの到着もあって、とってもお忙しそうで、ここでお別れになりました。


Aneezさんと一緒に、荷物をX線にとおして、チェックインカウンターへ。

c0147790_20340158.jpg

手続きはAneezさんがやってくれましたが、スムーズに完了し、
2階に上がるエスカレーターの手前でお別れです。

「また必ず来てください」

「またお会いしましょう」

いつまでも手を振って見送ってくれました。
楽しかった滞在の締めくくりだから、このお見送りの部分はとっても大事よね。
Aneezさんからいろんなお話を聞けて、とてもよかったです。



by powderblueY | 2018-07-13 21:18 | 2018 Maldives | Comments(9)