2018年 10月 03日 ( 1 )

ジロの学校祭

長いことご無沙汰しちゃいました。
この1週間、いろんな行事があって、家の中でゴタゴタもあって、忙しかったのですが、
やっと落ち着きつつあります。


まず先週はジロの高校の学校祭がありました。
「日本一長い学校祭」と言われていて、なんと6日間にわたって開催されるのです。
前夜祭から始まって、討論会、運動会、舞台発表、そして土日に文化祭なのですが、
3年生は、クラスごとに劇をやるのです。


え? 劇? 小学生? と思われたそこのあなた!


そうです、それが正しい反応です。


ジロの行ってる高校は、とっても自由な高校で、
制服はないし、宿題も出ないし、
七夕の日にはみんな浴衣と甚平で授業を受け、
クラス対抗の球技大会に命をかけ、
そして3年生は9月の文化祭の劇に向けて4月から準備をします。


脚本選びから始め、キャストを決め、大道具・小道具とか衣装メイクとか照明とか、
みんななにかしら役割を持って協力して劇を作り上げます。
夏休みは毎日学校で劇の練習よ。
途中で、キャストと演出の意見が合わないとか、練習に来なくなる子がいるとか、困難も生じますが、それを乗り越え、
そして9月下旬に本番となります。


ええと、これ、高校3年生ですからね。
普通なら部活も引退して、さあこれから受験勉強だ!っていう時期ですよ。


c0147790_14321521.jpg

c0147790_14321541.jpg

でもね、確かに高校生がつくりあげたとは思えないほど、みんな上手で、
ミュージカル仕立てで歌ったり踊ったりの場面もあり(その曲もクラスメートが作曲したっていうんだから、すごい)
すごーく練習を重ねてきたのねーって思わされ、
まあ一言で言って、感動しました。


c0147790_14321657.jpg

最後に全員で記念撮影。


青春ですよ。


そして夜は打ち上げがあり、
「あー疲れた!」と充実の笑顔で帰ってきたジロには
「がんばったね」と声をかけるしかないじゃないですか。


心の中では「さあこれで切り替えて勉強だよ!」と思っても顔には出さず。
いや、顔には出てたかもしれないけど。


ところが日曜日の午後は台風24号が来て暴風警報が出たので、
すべてのプログラムが中止になり、みんな下校したのね。


学校祭のあとには月火と2日間の代休があるのですが、
中止になった分の続きを、水曜日にまたやるんですって。
劇の残りと、後夜祭と。


これにはさすがに「いつまで遊んどるんじゃい!!」と言いそうになりましたが、
まあみんな一生懸命練習してきたんだからね。
最後まで頑張るがよかろう。


で、9日間に及んだ学校祭がやっと終わり、
木曜日から平常授業に戻ったらしいですが、
もうセンター試験まで3ヶ月だよ。
こんな学校がどこにある?


もちろんこんなふうで厳しい受験に勝てるわけがないので、
3年生は男子の7割、女子の5割は浪人するそうです。


まあでも生き生きと自分の役割をこなしているジロを見ていたら、
わたしも高校生に戻ってこんな体験をしたい!と思ったし、
一生の思い出よね、いいクラスでよかったね、って素直に思ったわ。


じゃあこれからは切り替えて勉強するのね?と思ったら、
友達と、卒業式に着る袴の予約に行く、とか言ってやがる。


いつになったら勉強するんじゃい!!



by powderblueY | 2018-10-03 14:55 | 日常 | Comments(2)