2018年 10月 04日 ( 1 )

ノーベル賞

先日、本庶佑 京大名誉教授が、ノーベル医学生理学賞をとりましたね。
すばらしい。


76歳でいらっしゃるそうな。


わたしはそのニュースを見ながら晩ご飯を作っていたんだけど、
フライパンを出して、ハンバーグを焼こうとして、
なにかがとっても気になった。


なんだろう?


なにかがわたしの記憶の片隅をノックしている。
(村上春樹風)


あっっっ!


「ねえ、昨日の夜、鶏だんご食べた?」

「食べないよ」と主人と子供が口々に答える。

「あ〜〜〜、昨日は鶏だんごを焼くつもりで、
 グリルに入れて塩コショウもしたのに、
 焼くのを忘れたんだわ!」

グリルを開けてみると、1日常温に置かれた鶏だんごは、嫌な臭いがしていた。


ショック!!


で、思ったの。


ノーベル賞をとるような頭脳明晰な人は、
76歳になっても物忘れがひどくなったり、人の名前を思い出せなかったりしないのだろうか?


若い頃と全く同じように、研究に関する話をし、
若い大学院生に「君の論文はあそこをもうちょっと直したほうがいいよ」と言い、
お好きなゴルフでは「この間ここをラウンドした時の、君のショットはすばらしかったですな」とか言うのだろうか。


昔、共同研究をした人から「おめでとうございます」とメールが来ても
ん? これ誰だったかな? 全然思い出せない。
とかは思わないのだろうか?


そのうち
そういえば何か賞をもらったんだったけど、なんだったかな??
とかは思わないのだろうか?


思わないんですね、きっと、そんなことは。
凡人と比べちゃいけません。



by powderblueY | 2018-10-04 20:39 | 日常 | Comments(0)