2019年 05月 08日 ( 1 )

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -26 ダイビング2本目 Maavaru

さて今日は、ヴァッカルからボートで20分ほど走ったMaavaru というところで潜ります。
ガイドさんは、昨日と同じJacob でした。

c0147790_23115238.jpg

はな子エントリー。


入ってみると、ものすごく濁っていて、なんにもいません。
はな子がOWなので18mまでなのですが、
18mぎりぎりをずっと進みます。

c0147790_23115318.jpg

c0147790_23115329.jpg

2匹並んだかわいいエビ。

c0147790_23120515.jpg

目だけが青い、オレンジの魚。

c0147790_23120602.jpg
c0147790_23120330.jpg

あまり何もいないので、はな子の写真も撮ってみました。


はな子はウェイト3kgつけているのですが、ちょっとover weight 気味で、
ともすると沈みがちになるのを、わたしが「もうちょっとBCにエアを入れて」とか「もうちょっとup↑up↑」と合図するのに、
Jacob はそんなの全然見ちゃいない。
なにをしているかというと、自分のカメラで、自分の興味のあるもの(マクロ系)をひたすら撮っているの。
後半になり、そろそろ浅いところへ上がるべきでは? と思っても、
ずっと15mくらいで、ひたすら自分のカメラで写真撮ってます。
そりゃ日本のダイビングのガイドさんみたいに、あれがいるよ、これがいるよ、これはこういう名前なんだよ、って
ホワイトボードに書いて教えてくれたり、そんな痒い所に手が届くようなガイドは望んでいないけれど、
安全にだけは気を配ってほしいわ。
わたしも150本を越えて、まだまだ初級者だけど、ようやくちょっと周りに目を配れるようになってきて、
よけいにそういうことが気にかかる。
結局、エントリーから50分後にも、まだ15mの深度にいました。
ありえないです。


わたしと主人が冷ややかに見ていると、50分を過ぎてマクロから顔を上げてはっと気づいたらしく、
突然、安全停止!と言いだして浮上です。

c0147790_23121859.jpg

c0147790_23121948.jpg

最後にスティングレイが。



エグジット後、主人に「ちょっとひどいと思わない?」と言ったら、「ひどいね」と。
ボートで20分かけてヴァッカルに戻ると、ジェッティにオッサマがカートを停めて待っていてくれました。
Jacob が「明日も潜る?」と聞くので、
「明日はOff。多分、明後日ね」と言ったけど、
「I'll never dive with you」と心の中で言ってました。


by powderblueY | 2019-05-08 23:33 | 2019 Maldives | Comments(4)