2019年 07月 02日 ( 1 )

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -66 最後のスパ、そしてチェックアウト

この最終日、
ヴィラを出てレセプションに向かうのは17時45分、
ヴァッカルをスピードボートで出発するのが18時45分、と連絡されていました。


Residence を見学した後、少し荷作りをして、
わたしは15時から最後のスパに行きました!
最後の最後まで楽しみますよ〜。


この時、イクちゃんに電話して、スパに行くから迎えに来てくれる?と言ったら、
来てくれたのですが、いつになく、少し待たされて、

「遅れて申し訳ありません。
 実は今まで島の外にいました」
「島の外?」
「はい。担当のゲストを送って空港まで行っていました」

とのこと。
イクちゃんがわたしたちと同時に担当していたロシア人ファミリーが帰ったようです。
イクちゃん、このあとも今度はわたしたちを送って、また空港まで行くのね。
バトラーさんは本当に忙しいわね。


実は名古屋からバトラーさんに渡そうと思って、お土産を持ってきていたのですが、
今まで渡しそびれていたので、このときイクちゃんに
「これは日本のお菓子よ」
と渡しました。
イクちゃんはとても喜んでくれて、
「ハニマドゥにいる母にあげます。きっととても喜びます」
と言うの。親孝行ねー。なんだか感動しちゃったわ。

c0147790_10112864.jpg

毎日通ったスパ。
最終日はBalinese massage をお願いしました。


わたしたちがいた間、ここのスパはキャンペーンをやってまして、
スパ1回目は定価よりも10% off、
2回目は20% off、
3回目は30% off、
4回目は40% off、
というキャンペーンでした。
わたしなんて毎日通ったから、じゃあ5回目は50% off、6回目は60% offになるの? 
10回行ったらタダになっちゃうじゃん!? と思ったら、そうではなく、
5回目はまた10% offから開始、ということでした(笑)
それでもずいぶんお得に施術していただけました。


最後のトリートメント、名古屋でもこんな至福の時が毎日あったら・・・と思いましたが、
そんな願いはかなうわけもなく、
お土産にタイのスパブランドHARNNの石鹸が安く売られていたので、それを買って帰りました。


16時半に部屋に帰ると、主人がリビングの真ん中にスーツケースを開けて、あわてて荷作りしています。
「どうしたの?」
と聞いたら、
「だって16時45分出発だろ? もう時間ないよ」
とあわててます。どうやら時間を1時間まちがえたらしいです。
「大丈夫、17時45分だよ。はな子はどこに行ったの?」
「卓球して遊ぶって言って、自転車で出かけて行った」

コウちゃんやリョウくんとCoconut Club で最後まで遊んでいたみたいです。


最後の荷作りをして、シャワーを浴び、着替えて、やっとほっと一息。
ネイルがものすごく傷んでいたので、ちょっと塗り直しました。
ネイルって海水に漬かると、てきめんにボロボロになりますね。
特にダイビングに行くと、無残なネイルになります。


最後に主人に
「このリゾート、感想はどう?」
と聞いたら、
「部屋は広くてすごくよかった。新しくてきれいで。テラスもいい。
 バトラーも親切でとてもよかった。
 ハウスリーフはちょっと残念だね」
「じゃあキャセイはどう? また来年も使う?」
「安いけど、う〜ん・・・来年はSQかな?」
とのことでした。


ヴァッカルのお部屋に置かれているビーチバッグ(有料)は、さわやかな白いキャンバス地で気に入ったので、
買うことにしました。
イクちゃんに電話して「ビーチバッグいただくわね。お会計につけてね」と言ったら、
「大丈夫です。お部屋を出発されたあと、スタッフが見て回り、
 ミニバーのご利用状況とか、お忘れ物がないかとか、チェックしますから」
って言ってました。なるほど。


はな子も卓球から帰ってきて、
17時50分、イクちゃんがお迎えに来ました。
荷物のカートと、わたしたちを乗せるカートと2つ来ました。
なごりおしいわ。
とっても素敵なお部屋でした。


ジェッティをゴトゴトと走り、Amaany を過ぎ、Isoretta を過ぎ、レセプションに到着です。

c0147790_10113554.jpg

到着した時には夜遅くて、レセプションには寄らず直接部屋に向かったので、
ここに座るのは初めて。

c0147790_10114713.jpg

c0147790_10114981.jpg

心地の良いソファ席がいくつもあります。
ミナオちゃんたちもやってきました。

c0147790_10113619.jpg

c0147790_10113725.jpg

c0147790_10114648.jpg

しばらく待って、お会計をすませました。
クレジットカードのサインは今はやりの、iPadの画面に直接指でサインするタイプ。
このときうっかり、明細をいただくのを忘れたので、あとで代理店さん経由でもらいました。
c0147790_10113872.jpg

わたしたちと一緒にボートに乗って空港まで行ってくれるのはイクちゃんで、
オッサマとはここでお別れ。チップを渡しました。
チーフバトラーのオッサマがいてくれたので、いろいろ便宜を図ってもらって、本当にお世話になりました。
オッサマは3月いっぱいでヴァッカルをやめたのですが、
「またモルディブのどこかで会えるといいわね」
と言ったら、
「どのリゾートに行くにしても、前もってご連絡をください。
 たくさんのリゾートで友達が働いていますし、ハウスリーフはどうかとか、食事はどうかとか、
 何でも聞いてあげますよ」
とのことでした。



by powderblueY | 2019-07-02 10:11 | 2019 Maldives | Comments(0)