2019年 07月 07日 ( 1 )

上高地 2019-2

ガイドさんとのツアー、
花の名前だけでなく、梓川にいる魚のことや、鳥の鳴き声、上高地の植生について、など
たくさんのお話を聞き、とっても勉強になりました。
いつも家族だけで歩いていても、
「きれいな花だね、なんだろうね?」「今鳴いた鳥はなんだろうね?」
で終わっちゃうところが、
知りたいこと全部教えていただけて、本当によかったです。
おすすめです。


2時間かけて、10時半に明神館に到着し、ここで解散になりました。
若いお姉さんでしたが、しっかりした人でした。


ここからは主人と二人で歩きます。
明神館からさらに奥、徳澤まで歩きました。

c0147790_15115417.jpg

c0147790_13061658.jpg

この急峻な山は明神岳です。
登るのはとっても大変らしい。

c0147790_13071982.jpg

飛行機雲。


1時間歩いて、徳澤に到着。

c0147790_13083300.jpg

広い徳澤キャンプ場には、たくさんのテントが張られていました。

c0147790_13082889.jpg

わたしたちはこちらの徳澤園で昼食を。
改装されてとってもきれいになってました。

c0147790_13075190.jpg

混んでいて、外国人のご夫婦と相席したのですが、
まだ1歳にならない赤ちゃんを背負子でパパがしょって連れてきていて、びっくり。
すごいわねー、きっと山が大好きな子になるかな?

c0147790_13081013.jpg

高菜チャーハン、おいしいです。

帰り道には、

c0147790_14185464.jpg

おサルがいましたよ。

c0147790_14185940.jpg

いくつかの群れがあり、上高地内を群れで移動しているんだそう。
でもサルの行動範囲は数キロにとどまっているので、沢渡などに降りていくことはないんですって。
冬も冬眠せず、ここで過ごすんだって。木の皮などを食べながら。
大変ねー。寒いし美味しいものもないのに。

c0147790_13371944.jpg

c0147790_13373016.jpg

c0147790_13373642.jpg

明神館まで帰ってきて、穂高神社奥宮にお参りします。

c0147790_14190478.jpg

明神橋を渡って。
このあたりの梓川は、

c0147790_14190969.jpg

c0147790_14192874.jpg

すごくきれいに整備されています。


ところで、穂高神社奥宮の隣には嘉門次小屋があり、
囲炉裏端で焼いたイワナの塩焼きをいただけるので、
いつもここで休憩して、ビールとともにいただきます。
いつもは朝、河童橋を出発して、梓川右岸を歩いて嘉門次小屋に着くのが10時くらい。
注文するとすぐにイワナが出てくるのですが、
この日は、ガイドさんと一緒に梓川左岸を歩いて、そのまま徳澤に行ったので、
嘉門次小屋に着いたのが14時くらいでした。
そしたら、
「イワナの塩焼きは50分待ちです」と言われてびっくり。
確かに囲炉裏で焼くので、一度に大量生産というわけにいかないしね。
どうりで、みんなビールを飲みながら手持ち無沙汰そうに待っているわけね。
で、今年はあきらめました。
イワナは午前中がオススメです。

c0147790_14195425.jpg

さらに歩いて、岳沢湿原。
立ち枯れた木が大正池を思わせます。
今や、大正池の立ち枯れた木は、寿命になって(枯れているんだから寿命もないけど)どんどん倒れていき、
もう残っているのは数本なの。
ここの湿原の方がたくさんの立ち枯れた木を楽しめます。

c0147790_14200028.jpg

そして15時に河童橋に帰ってきました。

全行程14kmです。

c0147790_14200569.jpg

河童橋周辺からの穂高連峰は、定番の美しさ。

c0147790_14201096.jpg

上高地は、世界に誇る山岳リゾートですね。


c0147790_14202740.jpg

それではお部屋へ。
大きい荷物は朝、ホテルに預かっていただいてました。


五千尺ホテル4階の河童橋側、バルコニーのあるお部屋です。
ここはスイートもとっても素敵なんだけど、
夫婦2人だけだと、広すぎてもったいないので、今回はここにしました。

c0147790_14202846.jpg

バルコニーからの景色は、

c0147790_14203019.jpg

この景色を、夕方も朝一番も独り占めできます。

c0147790_14204742.jpg

c0147790_14211624.jpg

足元には河童橋。
遠くに焼岳。

c0147790_14205210.jpg

お部屋はアメニティも充実しており、

c0147790_14211057.jpg

冷蔵庫の中はコンプリ。

c0147790_14210012.jpg

パジャマ完備。

c0147790_14210675.jpg

お部屋にバスもありますが、ここは大浴場があるので、そっちに行きます。

c0147790_14212416.jpg

c0147790_14212936.jpg

清潔な更衣室。
浴用タオルは用意されていて、バスタオルが必要な人だけ、お部屋から持ってくるというスタイルです。

c0147790_14213090.jpg

c0147790_14213794.jpg

オリジナルの化粧水や乳液。

c0147790_14214369.jpg

c0147790_14213756.jpg

非温泉なんですが、手足を伸ばしてくつろげるお風呂というだけで満足。

c0147790_14202921.jpg

お風呂あがりにはこれでしょ。
このスティックケーキは美味しくて人気です。
隣のお土産やさんで買えます。
りんご、くるみ、チョコなどの味があります。


部屋でくつろいでいるうちに、ゆっくりと日は暮れてゆき、

c0147790_14214493.jpg

夕方の河童橋。
19時に上高地と下界を隔てる釜トンネルの門が閉まるため、
18時くらいから日帰りの人はみんなバスターミナルに行ってしまい、
とっても静かになります。


by powderblueY | 2019-07-07 13:06 | 国内旅行 | Comments(0)