カテゴリ:日常( 740 )

松山にて

土日は実家のある松山に帰って、
大好きなback numberのライブに行ってきました。
今年はアリーナツアーなんだけど、
名古屋でアリーナツアーの会場となるべきガイシホールが、現在改装中なため、
名古屋には今年は来ないのです。
それで松山のチケットをとったのよ。


ライブはもちろん、すごーくよかったです!


実家には80歳を超えた父と母が二人で住んでいるのですが、
そろそろ父には運転をやめさせなければと思い、
「運転は何歳までするつもり?」
と聞いてみたわけ。


そしたら、
町内にあったスーパーが倒産したため、町内にはもう一つもスーパーがなくて、
5km以上離れた隣町まで行かないと生鮮食料品が買えないんだって。
1時間に2本走っているバスでも行けなくはないけど、年寄り夫婦が重い荷物を持ってバスに乗るのは困難。
「ネットスーパーとかもあるよ」と言ってみたけど、
インターネットで注文なんてできない、と言うし。
今は、週に1回、車で隣町のスーパーに行って、1週間分の食料を買い込み、
冷凍して使っているんだって。


田舎の年寄りほど、車がなくては生活できないのです。


松山市に住んでいる妹夫婦のうちでは、もっと大変なことが。
妹のだんなさんの実家は、愛媛県のさらに田舎のU町にあり、
89歳と83歳の両親が暮らしているのですが、
認知症が進み、二人だけの生活は無理になってきた。
免許も返納したので、病院にも通えない。
妹のだんなさんは高校の先生なのですが、
異動願いを出して、実家のあるU町の高校に単身赴任して、
両親と同居し、食事の世話をしたり、土曜に病院に連れて行ったりしているそうな。
妹は仕事もあるし、松山から離れられないので。


今、週末は歳とった両親の介護をするために実家に帰るっていう人、すごく多いんだそうですね。


超高齢化社会となり、人生100年とか言われて、
でも少子化で、老人をささえるための若い人口は減って、
これからの日本ってどうなっていくんでしょ。
80歳を超えたら、大なり小なり、みんな認知症と考えた方がいいですしね。
「いや、わしはボケてなんかない。しっかりしとる」なんて言う人は、
そう信じていること自体、認知症の始まりと考えた方がいいですよ。
いや、ひとごとじゃないし。



by powderblueY | 2019-06-30 23:33 | 日常 | Comments(0)

back number live

c0147790_17500958.jpeg

松山にて。


by powderblueY | 2019-06-29 17:48 | 日常 | Comments(0)

知多のお寿司屋さん「睦月」

先日、ミナオちゃんと主人とわたし、それに後輩のOJちゃんの4人で行ってきました。
ミシュラン一つ星です。


知多半島の名鉄「上ゲ」という駅から徒歩1分なのですが、
この「上ゲ」というのが各駅停車しか停まらないローカルな駅で、
名古屋から行くのはなかなかめんどうです。
でも仕方ないね、お酒飲むから車で行けないし。


カウンターに8席、あとは扉で仕切られた向こうに、座敷の席が少しあります。


イケメンの大将が握ってくださいます。


おまかせコースで12000円。
でてきた順に並べます。

c0147790_23425919.jpg
煮だこ

c0147790_23430033.jpg
かます

c0147790_23430426.jpg
たちうお

c0147790_23430419.jpg
さざえと平貝のあえもの

c0147790_23430597.jpg
たいらぎの明太焼き

c0147790_23430576.jpg
こち

c0147790_23431489.jpg
鮎の炊いたの 山椒とともに

c0147790_23431472.jpg
いわし

c0147790_23431548.jpg
鰹の漬け

ここから先、握りで
c0147790_23431594.jpg
佐賀唐津の赤ウニ
ほろほろなので、手に乗っけて

c0147790_23431997.jpg
エビ

c0147790_23431945.jpg
アオリイカ

c0147790_23431987.jpg
帆立

c0147790_23432035.jpg
甘エビ 昆布締め

c0147790_23432499.jpg
キンキ
これもほろほろなので、手に乗せていただきます

c0147790_23432468.jpg
穴子

c0147790_23432400.jpg
アジ

c0147790_23440075.jpg
たまご

c0147790_23440040.jpg
杏仁豆腐

途中、ビールと日本酒を5種いただきました。
「たなか65」「義侠」「鍋島」「ひらかみ」 もう一つは失念


どれも繊細なお味で、も〜〜〜大満足です!!
みんな、子供は家に置いて、しばし大人の時間を楽しみました。
1年に1度くらい、こんな贅沢もいいわね。


by powderblueY | 2019-06-24 08:51 | 日常 | Comments(0)

冷蔵庫が壊れちゃったんですよー

水曜の夜、テレビを見ていたら、
10月からの消費税増税を前に、
大型家電の買い替え需要が高まっている、って言ってました。


「大型家電。
 こういうのって10月を過ぎてから急に壊れたら悔しいから、
 調子が悪いものがあったら、早めに替えておくべきかもね」

「でも、いまうちで調子が悪い家電って、ないだろう?
 洗濯機も冷蔵庫も調子いいし」

って主人と話していたのよ。


そしたら、木曜日、冷蔵庫が壊れました。


もう、笑っちゃうでしょ。
冷蔵庫さんあなた、わたしたちの話を聞いてたでしょ! って感じ。


この冷蔵庫は、結婚のときに買ったものだから、
もう21年選手なんです。
21年も苦楽をともにし、子供たちの成長を見届けてきた冷蔵庫なのね。


壊れたといっても、自動製氷の製氷皿をひっくり返す機能が壊れたらしく、
自動で氷が作れなくなってるだけで、
ほかの冷蔵室や冷凍室を冷やす機能は大丈夫なんです。


だけど、冷蔵庫って、1日たりとも なしでは過ごせない家電じゃないですか。
洗濯機は、コインランドリーがあるからいいわよ。
でも冷蔵庫はそういうわけにいきません。


「これから暑い日々が続くし、
 不意に全機能が壊れたら、もうなんともならないから、
 この警告をありがたいと思って、買い替えることにする?」

「そうだな」

というわけで、木曜の夕方には、主人とケーズデンキに行きました。


冷蔵庫って、高いんですね。
10万くらいで買えるかと思ったら、
最低でも20万、高いのは38万とかいうのもありました。
なんで? ただ冷やすだけの箱でしょ?


でも21年前に比べると、さすがに性能も格段の進歩を遂げていて、
まず、外側のサイズは同じでも、容量は100リットルも大きくなっている。
冷却装置が小さくなったからなのね。


それから放熱するパネルは、以前は冷蔵庫の背面についていたから、
後ろの壁から5センチ離して設置するように、と言われたものだけど、
今は冷蔵庫の上面から放熱するので、後ろの壁にぴっちり密着させてもいいんだって。
(そのかわり、上にものは置けません)


そして前面にはマグネットでお買い物メモや連絡事項などを貼り付けてたものだけど、
今の冷蔵庫の前面はガラス製なので、マグネットがひっつかないんだって!


ほかにも、野菜室では適切な湿度を保つとか、でも水滴がつかないように除湿の機能もあるとか、
ただの冷やす箱とは言えない様々な機能が。


大きな出費となりましたが、
容量も大きなものにしたし、これから何でも入れられるわ〜。


しかし、ふと気づいたのです。
あと3年後には、子供たちも大学生で、おそらく家を出てしまい、
主人と二人だけの生活になるってことに。
冷蔵庫に入れるものも、あんまりないじゃん。
部活用の大量のお茶も、ジュースも、がぶ飲みする牛乳も、全部いらなくなるじゃん。


なにより、来年ジロがどこかに合格して家を出るとすれば、
もう家族4人で暮らせる日は、多分、一生やってこない、ってことに気づいて、
愕然としたのでした。



by powderblueY | 2019-06-22 01:21 | 日常 | Comments(2)

ミシュラン1つ星レストラン

ひょんなことから、今度の日曜日、
ミナオちゃんと、わたしたち夫婦で、
あるお寿司屋さんに行くことになりました。


以前から美味しいと評判でしたが、
この度、ミシュラン東海版で1つ星に輝いたのです。


席が4席とれたので、誰かもう一人誘おうよ、ということになり、
以前、一緒の職場だった後輩の女性に声をかけてみることにしました。
彼女は、お子さんがまだ5歳と2歳で小さいので、
日曜の夜に家をあけられるかなーどうかなーと思いましたが、
声をかけてみました。


そしたら
「行きます!」
と返事が。


「主人に、行ってもいいかなあ、って聞いてみたら、
 ”行っておいでよ。いや実はね、この間から職場の先輩に誘われて
 ミシュラン1つ星のお店にいくつか連れて行ってもらったんだ。
 僕ばっかりで申し訳ないなあと思ってたから、
 そんなお誘いがあるんなら是非行っておいでよ”
 って言ってくれたんです」

って言うのよ。


わたし、感動しました。
なんて優しいご主人なんでしょう。
最近の男性は優しいのねえ。


と家で話したら、ジロが、

「え、別に感動するようなこと? 当たり前じゃん?
 自分は美味しいもの食べてるのに、奥さんには行っちゃダメだなんて言ったら
 人間性を疑うよね」

と言うのよ。


そうかー、最近の若い子はそういう考え方なのねー。
いいことだ。女性を大事にする考え方、というか、自分と対等だと考えるのが
当たり前なのね。
いやいや、大変すばらしいことです。
と二度も感動してしまいました。


by powderblueY | 2019-06-19 23:21 | 日常 | Comments(0)

認知症になったら

♫ 1年生になったら〜

ではなく、

♫ 認知症になったら〜

と結構切実に思う今日この頃です。


物忘れが激しいし、人の名前とか絶対に思い出せないし。
家の中で子供の部屋に入って、あれ? なにしに来たんだったかな? なんて思うのは、日常茶飯事。
お酒を飲むと特にひどくて、
子供たちには「一応言っておくけど、どうせ忘れると思うから、明日また言うね」とか言われてます。


先日、高校の同窓会で京都に行ったときも、そういう話になりました。
みんな同い年なので、
目は老眼で、遠近両用メガネは必須だし、
俳優の名前とか、絶対に思い出せない。

「あのーあれあれ、あの俳優さん、ええと、車の中で不倫してた」
「ああ、あの人ね」

と最後まで名前は出ないけど、みんな「あの人」というのはわかってます。


K子ちゃんは本屋さんでバイトしていて、
ほかに一緒に働いているのはみんな20代の若い女の子ばかりなんですって。
パソコンで本の名前を検索したり、在庫を確認したりするのが、K子ちゃんは苦手で、
若い子から何度教えてもらっても、すぐ忘れちゃう。

「なあ、前から何回聞いても全然覚えられへんけど、
 最近、特にひどいわ。みんなもそう思うやろ。
 言うとくけど、わたしが認知症になったと思ったら、遠慮せんとすぐ指摘してな」

って若い子たちに言ったんですって。そしたら

「K子さん、昨日も指摘しましたよ」

って言われたって!
指摘されても、そのことすら忘れちゃうってことね。
うわあ、わたしも同じレベルだと思うけど、こわいわあ。


K子ちゃんは、車の運転も、迷子になるといけないから、どんなによく知ったところに行くにもナビを使って行くらしいんだけど、

「それがな、あかんねん。
 ”次の交差点を右に曲がります” って言われても
 右ってどっちやったかなーってしばらく考えんねん。
 あかんやろ」


K子ちゃん、そらあかんわ。



by powderblueY | 2019-06-12 11:31 | 日常 | Comments(0)

はな子入学式

c0147790_21524456.jpg

4月8日、はな子の高校入学式がありました。


今年はジロの受験にかまけていたので、気がついたら受かっていた、という感じのはな子の受験でしたが、
無事、第一希望の高校に入学することができました。


c0147790_21524541.jpg


この高校は、制服を着るように義務付けられているのは入学式の日だけで、翌日から私服で通っていいので、
大部分の生徒は制服を作りません。
はな子のこのセーラー服も、借り物です。
わたしは、あらセーラー服も意外とかわいいじゃない? 明日からも着ていけば? と思いましたが、
はな子は帰るなり、スカートはうざい、と脱いでしまい、
翌日からはストリート系のカジュアルな格好で通ってます。


入学式で、校長先生からはこんなお話が。

「保護者の皆さん、お子さんに ”絶対に現役で大学に受かるように” とは決して言わないでください。
 それはお子さんの可能性をつぶすことになります。
 一浪二浪しても、上の段階の大学を目指してください」


はあ、出たよ。つまりジロはこの校風にすっかり染まったというわけね。


「高校では子供たちの活躍の場はたくさんあります。
 部活動、一生の友人を作る、学校祭やクラス対抗などの学校行事もたくさんあります。
 企画する力、友人と協力して成し遂げる力、将来リーダーとなる力を養う。
 それらを存分に楽しんだ後に、受験勉強を始めるのですから、
 現役で大学に合格するというのは、無理です。
 いやむしろ、現役で合格するようなところは受けないでください」


子供を初めてこの高校に入れたお母さんたちは、
びっくりして、今自分の耳で聞いたことが信じられない、といったふうでした。
そりゃそうだ、
「みなさん高校に合格したからといってここで気を抜くのではなく、次の大学受験に向けてスタートを切りましょう」
と言われるのならまだしも、
入学したらいきなり浪人のススメですからね。
ひょっとして子供をとんでもない高校に入れちゃったのでは? と思ったお母さんも多いと思います。


さてはな子はどんな高校生活を送るのでしょうか。
ちなみに入学式からもう4日たちましたが、
授業はまだ1つもなく、部活の勧誘や、身体測定や、軽音楽部の舞台発表や、自転車通学のガイダンスなどに
楽しく時間を費やしているようです。



by powderblueY | 2019-04-11 21:52 | 日常 | Comments(0)

はな子 高校合格

c0147790_11191037.jpg

昨日は、愛知県の公立高校の合格発表でした。
はな子は、無事に第1志望の高校に受かってました。
おめでとう。
4月から、ジロの卒業した同じ高校に通うことになります。


愛知県の公立高校の入試制度はかなり変わっていて、
第1志望と第2志望と、2回受験チャンスがあります。
筆記、面接、中1日休んで、筆記、面接 と長く受験が続きます。
3年前のジロの高校受験のときには、息詰まるような1週間でしたが、
今回は、ジロの大学の前期日程の発表や、後期日程の受験と重なっていたため、
みんな、ジロのことに振り回され、
はな子に関しては、あれ? まだ面接あるんだっけ? え? もう合格発表? って感じでした。
ごめんよ。
でもそれも、内申点が十分にあり、あまり不安のない受験だったからに他なりません。
はな子の努力の成果だね。


この高校は、生徒の自主性を重んじて、勉強も部活動も自分たちで責任持って、自分で考えてやりなさい、という方針なので、
めんどうみてくれ度は非常に低いです。
「自由」というより「放任」ですね。
だから1年生の最初から、自分で塾に通い、予習復習をし、模試を受けてないと、はっと気づいたら
あらあら〜あなた大学行く気あるの〜〜? って成績になってます。


はな子は、兄を見ていてそのへんはよくわかっているので、

「春から河合塾に通う。認定テストを受けてくる。
 わたしは◯◯地方の大学の◯◯学部に現役で行きたいから
 お兄みたいな夢みたいなところは受けない。
 確実に通るところを受ける」

と言ってます。
すごーい現実的。
やっぱり下の子はしっかりしてるわねー。


でも校則の厳しかった中学時代が終わったので、
髪染めていい? とか ピアスの穴開けていい? とかも言ってます。


楽しい高校生活が待ってるわよ。
自由を謳歌して、しっかり勉強もしてね。おめでとう。



by powderblueY | 2019-03-19 11:39 | 日常 | Comments(8)

後期日程

みなさまに応援やご心配をいただいていますが、
ジロは前期日程は残念な結果で、
今日、後期日程を受けてきました。


後期は、前期に合格した人たちが抜けるので、
倍率がうんと下がるのが普通ですが、
今日のジロの受けたところは、ざっと見たところ、まだ4~5倍くらいの人数はいたそうな。


いつまでも受験が続き、本人も親も消耗して、うんざりって感じですが、
もう後期が終わったので、いくら心配してもしなくても、結果は変わりません。
発表の日を待つしか仕方がないのです。


ジロのことにかまけている間に、はな子はA日程、B日程の受験を無事に終え、
こちらはまあ大丈夫そう。


明日からは映画も観て、エクササイズも行って、荷作りもして、
間に合うならサンダルやドレスも買おうかしら。



by powderblueY | 2019-03-12 23:47 | 日常 | Comments(6)

3月9日

「卒業を祝う会で流れて、お母さんたちみんな号泣だったんだけどさ、
 あれ、なんて歌だっけ? カロリーメイトのCMにも使われた曲。『3月7日』? 」


「ちがうよ。『3月9日』だよ 」


「ああそうか。『3月9日』ね。あれホント泣けるよね。
 お前は3月10日に泣かないといいね」


「・・・合格発表の日かよ・・・」



なんて言い合って笑えてたのに、
いよいよそれが明日となり、緊張して笑えなくなってきました。


ジロは今日、沖縄から帰ってきます。
ダイビング中にザトウクジラの鳴き声を聞いたんだそうな。
渡嘉敷をはじめとする慶良間諸島には、冬の間ザトウクジラがやってくるのです。
よい知らせもやってきてほしい!


by powderblueY | 2019-03-09 06:52 | 日常 | Comments(0)